--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
16

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は生長の勢いを止めることなく大きくなる葉がとてもきれいな葉色で

害虫が一匹も付いておらず、黄金色に輝く根も4(cm)以上に肥大し

収穫が近付いていることをお伝えしました。

 

一段と暖かくなり春本番を迎え「黄金かぶ」のさらなる生長が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から114日目を迎えた「黄金かぶ」

相変わらず、きれいな緑色をした葉が大きくなり、

虫一つ付いていませんでした。

ペトさい(黄金かぶ)55

 

ただ、一週間前に比べると葉が横に広がりを見せ

「黄金かぶ」を早く収穫しろと問い掛けているように感じました。

 

株元付近の様子を見てみますと、

黄金色に輝く根は目測で5(cm)近くに肥大していて

収穫しても問題なさそうな大きさに育っていました。

ペトさい(黄金かぶ)56

 

思えば、「黄金かぶ」はこれまでに目立ったトラブルが発生することなく、

葉もほとんど折れることがなく順調に育ってくれました。

 

これほど完璧な状態で収穫することができるのは数少ないことですので、

収穫するのはもの凄く慎重になってしまいます。

 

何はともあれ、緊張感を持って収穫することにしましょう!!

★収穫のポイント★

・根の太さが5(cm)ほどで、葉が横に広がり見せた頃を目安に収穫する。

・根の周りの土を深さ5(cm)ほど掘り起こし、収穫しやすくする。

ペトさい(黄金かぶ)57

 

一つ一つ丁寧に「黄金かぶ」を引き抜いていったのですが、

プックリ膨らんだ根の大きさはほぼ完璧で、

根の色も種を蒔くときに想像した通りのキレイな黄金色をしていました。

ペトさい(黄金かぶ)58

 

ほぼ無傷の状態で「黄金かぶ」を収穫できたことに自画自賛してしまい、

自然とニンマリしている私がいました。

 

それと同時に、この栽培を始めるキッカケとなった

野菜投票で当選したことに対する責任を果たすことができホッとしました。

 

今回の「黄金かぶ」栽培についてはこれまでお伝えしてきたように

ほぼ完璧に近い状態で収穫することができましたので、

問題なく栽培レシピに追加したいと思います。

 

ただ、カブ栽培についてはまだ宿題が残されていますので、

他の品種でも「黄金かぶ」と同じクオリティで育てることができるように

頑張りたいと思います。

 

基本的なカブの育て方は同じですので、

これからカブを育ててみたいと思われた方はこちらをご参照頂き、

育ててみて下さい。

 

これまで、「黄金かぶ」栽培のお話をご覧頂きありがとうございました。

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
08

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回100日目という節目を迎えても害虫が一匹たりとも付かず、

葉がさらに大きくなって張りがあり根も4(cm)ほどの大きさとなり、

順調に育っていることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から107日目を迎えた「黄金かぶ」

生長の勢いを止めることなく葉がさらに大きくなっていました。

ペトさい(黄金かぶ)52

 

しかも、葉色がとても綺麗な緑色をしていて虫が付いておらず

一週間前に噴霧した'栽培用炭酸水'の効果が出ているように思います。

 

それにしても、新たな葉が続々と出てきているなんて、

「黄金かぶ」のどこからそのような力が出てくるのでしょうか?

 

また、肝心の根の肥大のほうはさらに進み、

目測で4(cm)以上はあるように感じました。

ペトさい(黄金かぶ)53

 

黄金色に輝く根の色はとても綺麗で、収穫したときの姿が楽しみです。

 

「黄金かぶ」を全体として見たとき、葉が少し横に広がりを見せ始め、

根の大きさ的に見ても収穫できそうな状態に近付いてきたように感じます。

 

いよいよ、収穫の時が訪れるのでしょうか?

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)54

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19  

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
28

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は春の陽気を感じられる日が続くようになり、

葉が大きくなる一方で根の肥大も順調に進み

丸みを帯びてきたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど100日目の節目を迎えた

「黄金かぶ」葉がさらに大きくなり張りがあって元気に育っていました。

ペトさい(黄金かぶ)48

 

このくらいの日数になると少しくらい虫が付いていてもいても

不思議ではないのですが、一匹たりとも虫が付いておらず

キレイな葉色をしていて嬉しくなります。

 

肝心の根のほうはさらに一回り大きくなったように感じ、

目測で4(cm)程度の大きさはあるように感じました。

ペトさい(黄金かぶ)49

 

根の色もとてもキレイな黄金色をしていて、

種を蒔いた時に想像していたイメージに近い形に生長していることに

ニンマリしてしまう今日この頃です。

 

しかし、ここで自画自賛して油断していると

その隙に「黄金かぶ」の天敵であるアブラ虫が付いてしまいますので、

綺麗な葉の表面に'栽培用炭酸水'を吹き付け防虫対策をしておきます!!

ペトさい(黄金かぶ)50

 

'栽培用炭酸水'は野菜の生育を促すだけでなく、

アブラ虫などの害虫を防ぐ効果があるのでお勧めです!!

 

「黄金かぶ」の生長具合を見た感触では収穫が視野に入りそうですね。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)51

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
22

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は依然として厳しい寒さが続く中葉がさらに大きくなり、

根の肥大もさらに進み2(cm)弱の太さになったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から86日目を迎えた「黄金かぶ」は、

春の陽気を感じられるようになったことから

葉数を増やした葉が大きくなりワサワサと茂っていました。

ペトさい(黄金かぶ)45

 

キレイな緑色をした葉が大きくなる一方で根の肥大も順調に進み、

目測で2(cm)くらいの大きさになり少し丸みを帯びてきました。

 

大分カブらしさが出てきた「黄金かぶ」の生長を見ると嬉しくなります。

 

さらに一週間が経過しますと「黄金かぶ」一段と葉が大きくなり

鉢の底に届きそうな大きさに育っていました。

ペトさい(黄金かぶ)46

 

近くに寄って葉を見てみたところ、

「黄金かぶ」の天敵である'アブラムシ'が付いている様子はなく、

至って順調に育っていることにホッとしました。

 

となると、根の肥大の進み具合ですが、

さらに5(mm)ほど太くなったように感じ、順調さが窺えました。

 

これからも春の陽気を感じられる日が続きそうですので、

「黄金かぶ」のさらなる生長に期待を寄せてしまいます。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)47

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

03月
13

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は自然とニンマリしてしまうほど

順調に大きく生長していることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から79日目を迎えた「黄金かぶ」

ギザギザとした葉がさらに大きくなり新たな葉も出ていて

元気に育っているように感じます。

ペトさい(黄金かぶ)42

 

厳しい寒さが続いているというのに、

「黄金かぶ」はどうして葉を大きくすることができるのでしょうか?

 

そして、株元付近を見てみたところ、

(cm)ほどの太さがあった根はさらに肥大していて

目測で2(cm)弱の太さはあるように感じました。

ペトさい(黄金かぶ)43

 

順調に肥大も進んでいる様子で、この調子で生長してくれたら

あと1ヶ月もあれば収穫できるかもしれませんね。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)44

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
04

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は葉が一段と数を増やして大きくなり、

どの株も鉢からはみ出るほどの大きさに生長し込み合っていることから

最後の間引きを行ったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から72日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

間引いた後も順調に葉が大きくなり葉色もより鮮やかな緑色をして

元気に育っているように感じました。

ペトさい(黄金かぶ)39

 

まだまだ厳しい寒さは続いているのに、

どうして鉢からはみ出るほど葉が大きくなるのか不思議でなりません。

 

また、前回の間引きで確認された根の肥大ですが、

株元付近を見てみたところ目測で1(cm)ほどの太さになっていて、

キレイな黄金色をした根が見えていました。

ペトさい(黄金かぶ)40

 

ここまで順調に生長する「黄金かぶ」の様子を見ることができると

嬉しくなって自然とニンマリしてしまいます。

 

今の「黄金かぶ」には厳しい寒さは無関係なようですので、

さらに大きく生長する様子を見るのが楽しみです。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)41

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
26

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さが続いているにも関わらず草丈を5(cm)ほど伸ばし、

本葉が比べものにならない大きさになり葉数も倍近くに増え、

順調に生長していることをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から65日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

まだまだ厳しい寒さが続く中、葉色が濃い緑色をしていて元気そうでした。

ペトさい(黄金かぶ)34

 

葉は一段と数を増やして大きくなり、

どの株も鉢からはみ出すほどの大きさに生長し好調さが窺えます。

 

近くに寄って見てみたところ、

葉が大きくなっていることから再び込み合っている様子で、

一部の株は大きくなれずにいるものが見受けられました。

 

このため、本葉はどの株も5~6枚着けていることから

最後の間引きを行うことにしました。

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が5~6枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(黄金かぶ)35

 

今回の間引きでは株数は少ないものの葉が大きいこともあり、

ちょっとした料理に使えそうな気がしました。

ペトさい(黄金かぶ)36

 

また、間引いた時に気付いたことなんですが、

ようやく根の肥大が始まり間引いた芽の根が(mm)ほどの太さがあり、

ほんのりオレンジ色をしていました。

 

今回の間引きでは生育の良さそうな芽を1株ずつ残し、

いずれの芽も間引いた芽と同様に根の肥大が始まっていました。

ペトさい(黄金かぶ)37

 

これからは葉だけでなく根のほうも生長していく様子をお伝えしますが、

次に見た時にどこまで大きく育っているのか楽しみですね。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)38

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
19

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は一段と寒さが厳しさを増す中で本葉が3~4枚に増え、

カブらしい形に生長をした葉が込み合うようになったことから

二回目の間引きを行ったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から59日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

厳しい寒さが続いているにも関わらず草丈が5(cm)ほどに伸び、

葉は比べものにならないほど大きくなり倍近くの葉数に増えていました。

ペトさい(黄金かぶ)32

 

「黄金かぶ」がここまで大きく生長することは

想像も期待もしていませんでしたが、もしかすると間引いたことにより

各株による土の栄養分を吸収しやすくなったからかもしれません。

 

いずれにしても、厳しい寒さが続く中での劇的な生長は

今後の「黄金かぶ」の生長にプラスとなるのか気になります。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉5~6枚になったら、生育の悪い芽を一株間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)33

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
12

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はどの芽も本葉が双葉よりも大きくなり

葉色がキレイな緑色をしていたことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過し栽培開始から52日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

本葉が3~4枚に増えカブらしい形をした葉に生長していました。

ペトさい(黄金かぶ)28

 

一段と寒さが厳しさを増す中、「黄金かぶ」のどこに

これだけ大きく生長するだけの力があるのか不思議でなりません。

 

どの芽も葉が大きくなったことで触れ合うようになり

込み合ってきましたので再び間引きをして株間を開けるようにしましょう。

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(黄金かぶ)29

 

今回の間引きで生育の良さそうな芽を2株ずつ残すようにしたのですが、

これらの芽に本葉を5~6枚着けある程度の大きさに生長したとき、

最後の間引きを行いたいと思います。

ペトさい(黄金かぶ)30

 

まずは「黄金かぶ」を大事に育てることに注力しましょう。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉5~6枚になったら、生育の悪い芽を一株間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)31

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

02月
05

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は厳しさ寒さの中双葉が一回り大きくなり

本葉も2枚に増え双葉より大きくなったことから込み合うようになり、

一回目の間引きを行ったことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から44日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

間引いたことが功を奏したのかは分かりませんけど

どの芽も本葉が双葉よりも大きくなり、葉色もきれいな緑色をしていて

元気に育っているように感じました。

ペトさい(黄金かぶ)26

 

草丈の伸びはあまり変わらないようですが、

厳しい寒さに耐えながらも葉枯れすることなく生長する「黄金かぶ」は

意外とタフなかぶさんなのかもしれません。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
28

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さの中徒長することなく双葉が大きくなり、

小さな本葉も出てきたことをお伝えしました。

 

「黄金かぶ」は未だに発芽していない種が数粒あり、

これらが無事に発芽してくれるのかも気になるところです。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から38日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

草丈は微妙に伸び葉が大きくなったように感じます。

ペトさい(黄金かぶ)22

 

近くに寄って見てみますと双葉は一回り大きくなり、

本葉は2枚に増えて双葉より大きくなっていました。

 

このため、株同士の葉が触れ合うようになり込み合ってきました。

 

通気性が悪くなって徒長することはありませんが、

それぞれの株の生育が悪くなりますので間引くことにしましょう。

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(黄金かぶ)23

 

今回間引いた芽は小さいですが、

ちょっとした料理に使えそうなので間引き菜として利用できます。

 

ひとまず、間引きを終えた「黄金かぶ」ですが、

これから一段と気温が下がることを考えますと

急激に大きく生長することはないと思われます。

ペトさい(黄金かぶ)24

 

しかしながら、葉が少しずつ大きくなることは考えられますので、

できるだけ日の当たりのよい場所で育てるようにしましょう。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)25

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
16

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は播種時期が遅かったことが影響したものの、

蒔いた種の殆どが無事に発芽したことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過し栽培開始から31日目を迎えた「黄金かぶ」ですが、

懸念された徒長は進むことなく双葉が大きくなっていました。

ペトさい(黄金かぶ)20

 

近くに寄って見てみますと、

2枚の双葉の間から小さな本葉が出ているのを確認でき、

順調に育っている様子が窺えました。

 

ただ、蒔いた種の中でまだ発芽していないものが数粒あり、

厳しい寒さにより発芽できずにいるのかもしれません。

 

よって、当面の間は芽が出ているものを優先して育てることにします。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉1~2枚になったら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)21

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
07

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は播種時期としてはやや遅い中で種を蒔いたことをお伝えしました。

 

一応、様々な防寒対策は施したのですが、

「黄金かぶ」の種は一般的なカブの種よりも粒が細かいため、

発芽には地温20℃前後で播種後2~6日ほどかかることから

順調に発芽してくれるのかが気になるところです。

 

種を蒔いてから二週間以上が経過し、

ペットボトル菜園は朝晩の気温が一桁代まで下がるほど冷え込み、

「黄金かぶ」の生長にはやや厳しい環境にありました。

 

このため、当然ながら発芽している様子は伺い知ることができず、

半ば諦めムードが漂っていました。

 

栽培開始から18日目を迎え、

「黄金かぶ」の鉢をいつまでも同じ場所に放置して置くわけにも行かず、

ダメもとで発芽の様子を確認してみることにしました。

 

まず、ガーゼを被せた状態で見てみたところ、

ガーゼから発芽する様子を伺うことができませんでした。

ペトさい(黄金かぶ)15

 

ガーゼから透けて見えるわけでも芽がガーゼを押し上げる形跡もないため、

ガーゼを取り除いて確認することにしました。

 

すると、パッと見では分かりづらいのですが、

小さな芽がポツポツと出ているのを確認できました。

ペトさい(黄金かぶ)16

 

発芽した芽の状態から推察してみると、

発芽してからそれほど日数が経っていないように感じ、

少なくとも、厳しい温度環境の中で二週間程かけ発芽したように感じます。

 

双葉も光合成できずにいたこともあって黄緑色をしていて、

少々土に埋もれているようにも見えました。

 

それから一週間が経過し、再び「黄金かぶ」の様子を見てみたところ、

蒔いた種の殆どが発芽し、双葉もしっかり光合成できているようでした。

ペトさい(黄金かぶ)17

 

元気そうに見える「黄金かぶ」ですが、

近くに寄ってみますと草丈が1~2(cm)ほどに伸びていて

若干徒長しているのが気になりました。

 

'徒長'とは草丈がヒョロヒョロと長く伸びる症状のことで、

この原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

これらに加えて、土の温度が高い場合でも起こりやすい症状です。

 

徒長すると、正常に育った植物と比べて病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減ってしまう恐れがあるのです。

 

このため、少しの間は水やりの間隔を開けるようにして様子を見るようにし、

これ以上徒長するようなら間引きや増し土などで対応することにしましょう。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉1~2枚になったら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)18

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
29

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は先日の野菜投票でも非常に人気の高かった

「黄金かぶ」を育ててみたいと思います。

 

このかぶは見た目の黄金色に輝くところに興味をそそると思いますが、

以前育てた小カブよりも若干大きめな株になる以外は

栽培方法に違いはないため、ペットボトル栽培で育てることができます。

 

実のところ、私自身もこのかぶには色々な面で興味がありますので、

これから立派なかぶに育て上げるところをご覧頂ければ幸いです。

 

それでは、皆さんにも「黄金かぶ」を育ててもらえるように、

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう!!

 

★品種選び★

「カブ」には様々な大きさや品種がありますけど、

これまでペットボトル栽培で育てる場合は栽培の管理がしやすい

'小カブ'を選ぶことをお勧めしてきました。

 

しかしながら、今回育てる「黄金かぶ」は中カブであることから

前回育てた小カブに比べると栽培期間が若干長くなってしまいますが、

ペットボトル栽培のように限られた容量の土で育てることは可能です。

 

このため、「黄金かぶ」の栽培管理は小カブとほぼ同じと思って構いません。

 

今回の栽培では藤田種苗社で販売されている「黄金かぶ」の種を用いて、

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(黄金かぶ)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

「黄金かぶ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~6月下旬、8月上旬~10月下旬

発芽日数:播種後2~6日

発芽率:85%

発芽適温(地温)20℃前後

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「黄金かぶ」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、「黄金かぶ」は根の生育を促進させることが大事ですので、

元肥をしっかりと施すとよいです。

 

このことから今回の栽培では下図に示す市販の粒状野菜用培養土2()

一摘みの'カリ系肥料''発酵油かす'を混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(粒状培養土)01

 

カリ系肥料は「黄金かぶ」の根の張りや肥大を良くするために用いるもので、

今回の栽培では草木灰を使用しています。

ペトさい(有機肥料)03

 

発酵油かすは葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときに追肥としても利用します。

ペトさい(有機肥料)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「黄金かぶ」は根を深くまで張ることはありませんが

根が肥大することから、今回の栽培では安定した収穫が期待できる

'ツイン型ペットボトル鉢'を使いたいと思います。

ペトさい(ペットボトル鉢)07

 

'ツイン型ペットボトル鉢'では一鉢で2株育てることができますので、

この鉢を新規で作る方はこちらを参照して製作してみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

黄金かぶの種、ツイン型ペットボトル鉢、霧吹き、移植ゴテ、

粒状野菜用培養土、ガーゼ(もしくは防虫ネット)、麻ヒモ

ペトさい(黄金かぶ)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防虫対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(黄金かぶ)03

'ツイン型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

粒状野菜用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状野菜用培養土を粉末状にした土を薄くかけることにより、

種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(黄金かぶ)04

 

ペトさい(黄金かぶ)05

野菜用培養土を入れたら「黄金かぶの種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)06

 

ペトさい(黄金かぶ)07

黄金かぶの種を蒔いたら「粒状野菜用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(黄金かぶ)08

ペットボトル鉢に「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度水の入った

「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

この作業は「黄金かぶ」の葉に寄り付く害虫から守る、

防虫対策として行っています。

 

また、「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せるのが面倒な場合は、

衣類用の洗濯ネットなどを使うとよいでしょう。

 

 

★最後に★

皆さん、「黄金かぶ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(黄金かぶ)09

 

しかし、栽培時期によっては気温が上昇・低下することから

「黄金かぶ」の生育のために鉢内の地温を栽培適温に保つ必要があります。

 

このため、ペットボトル鉢に下図に示すようなアルミバッグを被せ、

地温を栽培適温に保つようにします。

ペトさい(黄金かぶ)10

 

◆アルミバッグの被せ方手順◆

ペトさい(黄金かぶ)11

「アルミバック」の縦の長さをペットボトル鉢の高さと合わせるため、

カッターやハサミなどを使ってカットし調整しておいて下さい。

 

二つ折り型ペットボトル鉢の高さは15(cm)くらいです。

 

ペトさい(黄金かぶ)12

種蒔き作業を終えた鉢の上から「アルミバッグ」を被せて、完了です。

 

アルミバッグを被せたペットボトル鉢は下図のようになります。

ペトさい(黄金かぶ)13

 

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

アルミバッグを被せたこれらの鉢は下図に示すトレイに入れると

管理しやすくなります。

ペトさい(黄金かぶ)14

 

鉢を入れたトレイは日が当たる場所に置いて育てるようにしましょう!!

 

最後に、今回の「黄金かぶ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆黄金かぶの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

黄金かぶの種

1

320

320

霧吹き

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

草木灰(500ml)

1

298

17
 (10ml使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

アルミバッグ(Sサイズ)

1

108

108

合計金額 

929

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金