--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
23

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回の「エダマメ」栽培はペットボトル菜園で栽培中の野菜を育てる過程で、

コンパニオンプランツとして育てる必要が出てきたことから始めました。

 

さて前回は、双葉こそは開いていなかったものの、

予定内の発芽日数で蒔いた種全てから発芽したことをお伝えしました。

 

やはり、豆野菜の生長は早いことから、

これからの育苗での栽培管理は大事になってきそうです。

 

あれから6日が経過して栽培開始から12日目を迎えた「エダマメ」

草丈を5(cm)以上に伸ばし、双葉はおろか初生葉も開いていました。

ペトさい(エダマメR)15

 

わずか6日の間にここまで生長するとは「エダマメ」恐るべしです()

 

近くに寄って見てみますと脇芽のようなものが出ているのを確認でき、

そこから本葉が出てきそうな気配を感じました。

ペトさい(エダマメR)16

 

「エダマメ」は放っておくとグングンと大きくなりますので、

植え付けの目安となる本葉が出てくるタイミングを

見逃さないようしないといけませんね。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を一株間引き、

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「エダマメ」の水やりは大きめの鉢に植え付けるまでの間は

水の入った霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(エダマメR)17

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメR)14

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
12

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は現在ペットボトル菜園で栽培中の野菜を育てていく過程で、

コンパニオンプランツとして育てる必要が出てきたことから

「エダマメ」の種蒔き作業に着手したことをお伝えしました。

 

「エダマメ」はよほどのことがない限りはすぐに発芽するため、

それほど心配しなくてもよさそうな感じはします。

 

とりあえず、種を蒔いてから6日が経過し、

ペットボトル菜園で育苗中の「エダマメ」の様子を見てきました。

 

すると、ペットボトル鉢に被せたガーゼに出っ張っているところが見られ、

発芽している気配を感じました。

ペトさい(エダマメR)11

 

早速、ガーゼを取り除いて確認してみたところ、

カワイらしい芽が土面から覗かせていました。

ペトさい(エダマメR)12

 

しかし、どの芽も発芽して間もない様子で、

双葉は開いていませんでした。

 

「エダマメ」の発芽は地温2530℃で播種後5~7日かかりますので、

あと一日経てば双葉を開いてくれそうな感じがし、

順調に育っていると言ってもよいと思います。

 

さあ、「エダマメ」が発芽するとあっという間に大きく生長しますので、

気が抜けなくなりますね。 これから忙しくなるでぇ!!

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を一株間引き、

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「エダマメ」は無事に発芽しましたが、

芽がある程度の大きさに育ち、大きめの鉢に植え付けるまでの間は

水の入った霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(エダマメR)13

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメR)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
01

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今日から6月ですが、地球温暖化の影響から例年よりも早く

夏を感じる今日この頃。

 

最近、訳あってビールを飲む機会が増えているのですが、

美味しいビールをグビグビッと飲むために欠かせないのが「エダマメ」

 

昨年の「エダマメ」栽培では栽培レシピに追加するほどの出来でしたので、

今年は「エダマメ」を育てることは考えていませんでした。

ペトさい(エダマメR)01

 

ところが、先述のビールのお供はさておき、

現在ペットボトル菜園で様々な夏野菜を育てていく過程において、

コンパニオンプランツとして「エダマメ」を育てる必要が出てきたのでした。

 

コンパニオンプランツとは、2種類以上の植物を一緒に植えることにより

互いの生育を良くしたり、病害虫被害を軽減させるなどの効果が

得られる植物のことをいいます。

 

かくして、今年はシンプルに「エダマメ」を育てつつ、

昨年同様にビールのお供にできるほどの収穫を目指したいと思います。

 

★品種選び★

「エダマメ」には様々な品種があるため、

ペットボトル栽培に適した品種を選ぶことが重要になります。

 

一般的に、「エダマメ」は栽培期間が長くなると難易度が高くなるため、

ペットボトル栽培では栽培期間が短い早生種のものを選ぶようにします。

 

今回の栽培ではタキイ種苗社の「ビアフレンド」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきます。

ペトさい(エダマメR)02

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「エダマメ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:5月上旬~6月中旬

発芽日数:播種後5~7日

発芽率:75%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「エダマメ」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

また、「エダマメ」には根粒菌が付くことから、

元肥を施す必要はありません。

 

しかし、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する

培養土はそれぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する土は種から発芽させ苗を育てることを

目的とすることから'市販の粒状種蒔き用培養土'200(ml)用います。

ペトさい(粒状培養土)03

 

植え付け後に使用する土は植え付けた「エダマメ」の生育をよくするため、

元肥を施さず、下図に示す'市販の粒状野菜用培養土'を2()使います。

ペトさい(粒状培養土)01

 

但し、「エダマメ」が大きく生長し蕾を着け始めた頃に、

'リン酸系肥料''発酵油かす'を一摘みずつ与えます。

 

'リン酸系肥料'は「エダマメ」の実着きを良くするために使い、

今回の栽培ではバッドグアノを使用し、収穫後の追肥にも利用します。

ペトさい(有機肥料)02

 

'発酵油かす'は葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときに追肥としても利用します。

ペトさい(有機肥料)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「エダマメ」は他の豆野菜とは違って、

根が深くまで張りません。

 

しかしながら、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する鉢も

それぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'小型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)05

 

植え付け後に使用する鉢は根を深く張っても問題なく育てることができ、

安定した収穫が期待できる'縦型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上製作してみてください。

小型ペットボトル鉢の作り方】【縦型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

エダマメの種、小型ペットボトル鉢、霧吹き、移植ゴテ、

粒状種蒔き用培養土、ガーゼ(もしくは防虫ネット)、麻ヒモ

ペトさい(エダマメR)03

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防鳥対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(エダマメR)04

'小型ペットボトル鉢'に「粒状種蒔き用培養土」を入れます。

粒状種蒔き用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状種蒔き用培養土を粉末状にした土を薄くかけてから

種を蒔くとさらに発芽しやすくすることができます。

ペトさい(エダマメR)05

 

ペトさい(エダマメR)06

種蒔き用培養土を入れたら「エダマメの種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は2(cm)程度開けて蒔くようにします。

ペトさい(エダマメR)07

 

ペトさい(エダマメR)08

'エダマメの種'を蒔いたら「粒状種蒔き用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(エダマメR)09

ペットボトル鉢に「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度水の入った

「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

この作業は「エダマメ」の種を発芽しやすくするために

土面を乾燥から守るためだけでなく、

エダマメなどの豆科の種を好んで食べる鳥から守る、

防鳥対策として行っているものです。

 

「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せるのが面倒な場合は、

衣類用の洗濯ネットなどを使うとよいでしょう。

 

 

★最後に★

皆さん、「エダマメ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は6鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示す1つのトレイに2鉢を入れると

管理しやすくなります。

ペトさい(エダマメR)10

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

200

200

霧吹き

1

108

108

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

合計金額 

648

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は莢が大きくなりプックリと膨らんできたことをお伝えしました。

 

いよいよ収穫が間近に迫った「エダマメ」

栽培開始からちょうど60日目を迎えました。

 

若干葉が少なくなったように感じる「エダマメ」ですが、

元気に育っていることに変わりはありませんでした。

ペトさい(エダマメ・改)49

 

株元付近にはあまり葉を着けていませんでしたが、

莢の方は大きくなり、プックリと膨らんでいました。

ペトさい(エダマメ・改)50

 

どの莢を見ても収穫できそうな状態で、

ビールを用意することを考えてしまいました()

 

上端部では株元付近より多く葉を着けており、

収穫できそうな状態の莢も多数見られました。

ペトさい(エダマメ・改)51

 

若干莢着きが悪いのが気になるところですが、

莢がほど良く膨らみましたので一斉に収穫することにしましょう。

★収穫のポイント★

・莢が膨らみ、押すと飛び出すくらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(エダマメ・改)52

 

皆さんは、無事に「エダマメ」を収穫することができたでしょうか?

 

今回の栽培では、予想よりも多くの「エダマメ」を収穫することができました。

ペトさい(エダマメ・改)53

 

収穫した「エダマメ」時間が経つにつれて鮮度が落ちるため、

お湯を沸かした鍋に速攻で茹で上げましょう。

 

ほど良い具合に茹で上げた「エダマメ」を小皿に盛りつけ、

ビールと一緒に頂きましょう。

ペトさい(エダマメ・改)54

 

今回育てた「エダマメ」の品種名である'ピアフレンド'の名に相応しく、

ビールのお供にピッタリで美味しく頂きました。

 

今回、ペットボトルで「エダマメ」を育てましたが、

特に目立ったトラブルがなく順調に育てることができました。

 

若干莢着きに気になるところはありましたが、

ほぼ完璧な出来だったと思いますので栽培レシピに追加したいと思います。

 

「エダマメ」は比較的簡単に育てることができますので、

ご興味を持たれた方は是非お試し下さい。

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は追肥の効果がジワリと効き始め、葉数や脇芽を増やすだけでなく

小さかった莢が大きくなってきたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「エダマメ」ですが、

株全体としてはさほど変わった様子は見られませんでした。

ペトさい(エダマメ・改)45

 

しかし、近くに寄って見てみますと、

微妙な生長の変化を見ることができました。

 

まず、株元付近では小さかった莢が大きくなり、

少し膨らんできていました。

ペトさい(エダマメ・改)46

 

上端部ではふっくらとしていた莢がプックリとしてきており、

もう少し時間をかければ収穫できる位の膨らみ具合になりそうです。

ペトさい(エダマメ・改)47

 

このように、「エダマメ」は莢の生長に力を注いでいるようで、

もう少しで収穫できるところまで来たのかもしれません。

 

果たして、次回は収穫についてお話できるのか乞うご期待!!

 

早く、枝豆のおもちゃのように育った「エダマメ」を収穫したいですね()

ペトさい(エダマメ・改)43

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)48

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
04

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に大きく生長し、初追肥をしたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「エダマメ」は、

葉数はそれほど増えていないものの草丈が6~7(cm)伸び、

早くも追肥した効果が現れ始めたようです。

ペトさい(エダマメ・改)37

 

近くに寄って見てみますと葉は以前よりも大きくなり脇芽も増え

順調に育っていることが分かりました。

ペトさい(エダマメ・改)38

 

さらに株の中を覗いてみますと小さな莢を着けているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)39

 

小さな莢は着き始めてそれほど経っていないようで、

莢の産毛が柔らかそうだったので撫で撫でしてしまいました()

 

さらに一週間が経過しますと、

「エダマメ」草丈を数(cm)伸ばし葉数も格段に増え

青々として元気を取り戻したように感じました。

ペトさい(エダマメ・改)40

 

株元付近を見てみますと、大きくなった葉の陰にある脇芽から

小さな莢を着けているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)41

 

やはり、二週間前に追肥した効果がジワリと効いてきているようで、

葉数や脇芽を増やしていったのでしょう。

 

さらに、株の上端部を見てみますと、

支柱に絡み付いている「エダマメ」の様子を見ることができ、

ちらほらと大きくなった莢の姿も見ることができました。

ペトさい(エダマメ・改)42

 

莢の近くに寄ってみると、莢はただ大きくなっているだけでなく、

ほんのり膨らみ始めていたのです。

 

若干莢付きが悪い感じはしますが、

莢が膨らみ始めて少しゴールが見えてきたように感じました。

 

早く、枝豆のおもちゃのように膨らんでほしいなぁ()

ペトさい(エダマメ・改)43

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)44

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
26

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は徒長気味に伸びる芽を間引いて風通しをよくし、

支柱を立てて補強したことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「エダマメ」は依然として徒長気味に生長し、

草丈を5~7(cm)伸びていました。

ペトさい(エダマメ・改)29

 

ただ、草丈だけが突出して伸びているわけではなく、

脇芽が伸び葉数を増やしているため青々としていたのです。

ペトさい(エダマメ・改)30

 

やはり、支柱を立てる際に間引きを行ったことで、

土内にある栄養を奪い合う割合が緩和され、

残した株を大きくしたのかもしれませんね。

 

さらに1週間が経過しますと「エダマメ」草丈を5(cm)ほど伸ばし、

支柱の先端に届きそうな状態になっていました。

ペトさい(エダマメ・改)31

 

葉も数を増やして大きくなり、元気に育っていることが窺えます。

ペトさい(エダマメ・改)32

 

しかし、近くに寄って見てみますと一部の葉が黄色く変色しており、

だいぶ土の栄養が不足してきているのかもしれません。

ペトさい(エダマメ・改)33

 

このような場合には園芸用ハサミを使って剪定しましょう。

ペトさい(エダマメ・改)34

 

そして、これまで元肥や追肥などを行わずに育ててきましたが、

「エダマメ」がだいぶ大きく生長して葉も部分的に変色していることから、

葉の生育を良くする'発酵油かす'を一摘み与えておきましょう。

ペトさい(エダマメ・改)35

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)36

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
20

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は無事に発芽したものの、

その後の生長で徒長させてしまったことをお伝えしました。

 

あれから9日が経過した「エダマメ」ですが、

株が密集した状態のまま育てていることもあり徒長はさらに進み

草丈は20(cm)近くまで伸びていました。

ペトさい(エダマメ・改)20

 

しかしながら、「エダマメ」はただ草丈を伸ばしていたわけではなく、

きちんと脇芽を出しながら本葉を着けていたのです。

ペトさい(エダマメ・改)21

 

わずか9日でここまで生長するところは

さすが豆野菜の「エダマメ」といったところですが、

草丈がヒョロヒョロと伸びて頼りなさそうですので、

長さ75(cm)支柱を立てて補強することにしましょう。

 

まずは、支柱をたてる前にこれ以上の徒長を防ぐために、

生育の良さそうな株を4株ずつ残すようにして間引くことにします。

 

★間引きのポイント★

・本葉が2~3枚になり込み合ってきた時を目安に行う。

・間引く際は生育の悪い株を園芸用ハサミで株元から剪定すること。

ペトさい(エダマメ・改)22

 

皆さん、「エダマメ」の間引きは終わらせることができたでしょうか?

 

「エダマメ」の間引きを無事終わらせることができましたら、

次は、「エダマメ」の株周辺に支柱を立てて補強することにしましょう。

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(75cm)×8、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(エダマメ・改)23

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(エダマメ・改)24

'エダマメ'の周辺に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(エダマメ・改)25

'エダマメ'の株元から10(cm)のところを「麻ヒモ」で誘引し、

支柱立ては完了となります。

 

「麻ヒモ」で誘引する際、あまりキツくしないように固定して下さい。

 

 

各株について支柱を立てて誘引することができましたら、

第2の関門はクリアとなります。

 

防風対策としては不十分なところがありますが、

応急処置として支柱を立てましたので少し様子を見ることにしましょう。

 

支柱を立てて補強した「エダマメ」は間引きをしたこともあり、

だいぶスッキリとして風通しも良くなったように感じます。

ペトさい(エダマメ・改)26

 

とはいえ、これで徒長を完全に防げるわけではありませんので、

今後の水やりなどの栽培管理をしっかりやらないといけません。

 

今ある株には新芽をたくさん着けていますので、

これらの生長を見ながら定期的に誘引するようにしましょう。

ペトさい(エダマメ・改)27

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)28

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
25

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は「エダマメ」の種蒔き作業を行った後に

暑さ対策の保冷バッグを被せたことをお伝えしました。

 

種を蒔いてから6日が経過した「エダマメ」ですが、

豆野菜は比較的発芽しやすいことから順調に発芽させることができれば、

地温2530℃で播種後5~7日で発芽します。

 

よって、日数的には発芽してもおかしくないため、

ペットボトル菜園に行って様子を見てみることにしました。

 

トレイに入れた「エダマメ」の鉢を運び出し、

鉢に被せたガーゼ越しから確認して見たところ、

発芽している様子を伺うことはできませんでした。

ペトさい(エダマメ・改)15

 

このため、ガーゼを取り除いて確認することにしました。

それでは皆さん、いつもの掛け声をお願いします。

 

Open the ガーゼ!!

 

ありがとうございました。ガーゼを取り除いて様子を見てみますと、

ポツポツと芽らしきものが出ているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)16

 

しかし、発芽して間もないようで双葉は開いておらず、

本当に生まれて間もない赤ん坊のような状態だったのです。

 

このため、数日間様子を見ることにしました。

 

栽培開始から11日目を迎え、「エダマメ」の様子を見てみますと

蒔いた種の2/3が発芽して双葉を開き本葉が1~2枚出ていました。

ペトさい(エダマメ・改)17

 

なんとか発芽してくれたことは喜ばしいのですが、

発芽したどの芽も草丈が4~7(cm)ほどに伸び、徒長していたのです。

 

'徒長'とは草丈がヒョロヒョロと長く伸びる症状のことで、

この原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

これらに加えて、土の温度が高い場合でも起こりやすい症状です。

 

徒長すると、正常に育った植物と比べて病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減ってしまう恐れがあるのです。

 

今回の場合は必要以上に水を与えていなかったことに加え、

想定していた以上の温度上昇により徒長してしまったものと考えられます。

 

このため、発芽して間もなく徒長してしまいましたので、

今後の「エダマメ」の生長を考える上で最も厳しい栽培になることは

覚悟する必要があります。

 

発芽後の徒長を防ぐために播種時に暑さ対策の保冷バッグを被せたことは、

結果として無意味なものになったことは非常に悔やまれます。

 

しかしながら、徒長の原因は水やりや暑さだけではなく、

「エダマメ」を密集させて育てなければならない状況にもあったのです。

 

実は、「エダマメ」共生して生長する野菜なので、

株間をある程度狭くして育てないと大きく育たないのです。

 

このため、徒長させずに育てるには様々な条件をクリアしないと

実現させることは難しいのです。

 

今回は残念ながら徒長させてしまいましたが、

このまま栽培を続行させたいと思います。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が2~3枚になったら、生育の悪い株を一株間引くこと。

・草丈が1015(cm)くらいになったら支柱を立てること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「エダマメ」は無事に発芽しましたので、

これからの水やりは水の入った霧吹きで吹き付けずに

ジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)18

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
18

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これからの暑い日にはビールをグビグビと飲み干し、

そのおつまみもお供として食べる機会が増えるかと思います。

 

ビールと言えば'エダマメ'以外に他はなく、

'焼き鳥'なんて言ったらお仕置きです()

 

今回はビールのお供にしたい「エダマメ」を育てたいと思います。

 

「エダマメ」は昨年もペットボトル栽培したのですが、

想定していたよりも収穫量が少なく満足のいく出来ではありませんでした。

 

今年はある意味でリベンジとなる'エダマメ'栽培ですが、

なんと言っても、皆さんに野菜投票を通じて決めて頂きましたので、

気合いを入れて育てたいと思います。

 

それでは、皆さんでも「エダマメ」を育ててもらえるように

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう。

 

★品種選び★

「エダマメ」には様々な品種があるため、

ペットボトル栽培に適した品種を選ぶことが重要になります。

 

一般的に、「エダマメ」は栽培期間が長くなると難易度が高くなるため、

ペットボトル栽培では栽培期間が短い早生種のものを選ぶようにします。

 

今回の栽培ではタキイ種苗社の「ビアフレンド」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきます。

ペトさい(エダマメ・改)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「エダマメ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:5月上旬~6月中旬

発芽日数:播種後5~7日

発芽率:75%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「エダマメ」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

また、「エダマメ」には根粒菌が付くことから、

元肥を施す必要はありません。

 

このことから、今回の栽培では下図に示す市販の粒状野菜用培養土を

()使います。

ペトさい(粒状培養土)01

 

なお、「エダマメ」が生長して大きくなった際に、

葉の色が悪くなってきた場合には一摘みの'発酵油かす'

追肥してください。

 

発酵油かすは葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときなどに追肥として使用します。

ペトさい(有機肥料)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「エダマメ」は根を深く張りません。

このため、今回の栽培では安定した収穫が期待できる

'ツイン型ペットボトル鉢'を使いたいと思います。

ペトさい(ペットボトル鉢)07

 

'ツイン型ペットボトル鉢'では一鉢で4株育てることができますので、

この鉢を新規で作られる方はこちらをご参照の上製作してください。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

エダマメの種、ツイン型ペットボトル鉢、霧吹き、移植ゴテ、

粒状野菜用培養土、ガーゼ(もしくは防虫ネット)、麻ヒモ

ペトさい(エダマメ・改)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種時の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防鳥対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(エダマメ・改)03

'ツイン型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

粒状野菜用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状野菜用培養土を粉末状にした土を薄くかけることにより、

種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(エダマメ・改)04

 

ペトさい(エダマメ・改)05

野菜用培養土を入れたら「エダマメの種」を点蒔きします。

 

このとき、種は一箇所に3粒ずつ蒔き

各箇所の間隔は2(cm)程度開けるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)06

 

ペトさい(エダマメ・改)07

エダマメの種を蒔いたら「粒状野菜用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(エダマメ・改)08

ペットボトル鉢に「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度水の入った

「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

この作業はエダマメなどの豆科の種を好んで食べる鳥から守る、

防鳥対策として行っています。

 

また、「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せるのが面倒な場合は、

衣類用の洗濯ネットなどを使うとよいでしょう。

 

 

★最後に★

皆さん、「エダマメ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

涼しい時期に種を蒔いた場合は種を蒔いた鉢を2鉢使用しているため、

下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(エダマメ・改)09

 

しかし、高温期に種を蒔いた場合には鉢内の地温上昇を抑え、

発芽後の徒長を防ぐ必要があります。

 

このため、ペットボトル鉢に下図に示すような保冷バッグを被せ、

地温の上昇を抑えるようにしましょう。

ペトさい(エダマメ・改)10

 

◆保冷バッグの被せ方手順◆

ペトさい(エダマメ・改)11

「保冷バック」の縦の長さをペットボトル鉢の高さと合わせるため、

カッターやハサミなどを使ってカットし調整します。

 

ツイン型ペットボトル鉢の高さは15(cm)くらいです。

 

ペトさい(エダマメ・改)12

種蒔き作業を終えた鉢の上から「保冷バッグ」を被せて、完了です。

 

保冷バッグを被せたペットボトル鉢は下図のようになります。

ペトさい(エダマメ・改)13

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

保冷バッグを被せた鉢は下図に示すトレイに入れて管理しやすくします。

ペトさい(エダマメ・改)14

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

200

200

霧吹き

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

移植ゴテ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

合計金額 

681

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
18

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

莢がたくさん着き始めた「エダマメ」栽培は早いもので

栽培開始から51日目を迎え、時が経つのを早く感じます。

 

これまで観察する度に草丈がぐんぐんと伸びることに関心していましたが、

莢が着き始めたこの頃からは少し落ち着いて来たようです。

ペトさい(エダマメ)25

 

やはり、「エダマメ」の株全体の栄養分消費の大半は

莢のほうに取られていきますので、草丈の伸びが落ち着くのは納得です。

 

そんな「エダマメ」の様子を近くに寄って観察してみますと、

莢の着き方は極普通のようで若干ふっくらとしてきたように感じます。

ペトさい(エダマメ)26

 

栽培開始から58日目になりますと「エダマメ」の葉は一部が葉焼けし、

葉数も以前より少なくなっていました。

ペトさい(エダマメ)27

 

しかしながら、肝心の莢のほうはいい感じに膨らんでいて、

収穫できそうな状態になっていました。

ペトさい(エダマメ)28

 

「エダマメ」の収穫の目安は一般的な早生種の場合で播種後7080日程度

膨らむ莢を押すと飛び出すくらいの状態とされています。

 

現在育てている「エダマメ」は栽培期間が60日足らずですので

収穫するにはまだ早いように感じます。

 

でも、葉の状態を見た感触としては寿命が近いように感じ、

莢の膨らみ具合も収穫の目安に近いように感じましたので、

少し早めの収穫をすることに決めました。

 

早速「エダマメ」の収穫作業に取り掛かるのですが、

収穫する際の注意点として、莢が太ったものから

付け根を園芸用ハサミで切り取って収穫します。

ペトさい(エダマメ)29

 

収穫には多少時間が掛かりましたが、

私の想像したものより少なかったもののまずまずの収穫量となりました。

ペトさい(エダマメ)30

 

収穫した「エダマメ」は鮮度の落ちが早いので、

できるだけ早く塩茹でするようにしましょう。

 

茹で上がった「エダマメ」はご覧の通り綺麗な緑色をしており、

実際に食べてみますと豆本来の味がしっかりとあって、

市販のものでは味わえないペットボトル栽培ならでは旨さがありました。

ペトさい(エダマメ)31

 

新鮮な「エダマメ」の味を堪能できたところで今回の栽培を振り返りますと、

栽培方法にはいくつかの改善べきところがあるように感じました。

 

また、莢付きが思っていたよりも悪く栽培の終盤には葉焼けも認められ、

反省材料がいくつも見られました。

 

このことから、「エダマメ」栽培はまだクオリティを高められますので、

栽培レシピへの登録は見送ることにしました。

 

来年の夏は今回の栽培で確認された問題点を改善し、

より質の高い「エダマメ」栽培に取り組みたいと思います。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(エダマメ)09

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
17

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

蕾が膨らみ始めてきた「エダマメ」

栽培開始から37日目を迎えました。

 

草丈の伸びは少し落ち着いてきましたが、

それでも(cm)近く伸びていました。

ペトさい(エダマメ)21

 

本葉のほうはさらに増えたように感じ、

所々に莢が着いているのを確認できます。

ペトさい(エダマメ)22

 

近くに寄って見てみますと、

膨らんだ蕾からは小さな白い花が咲いており、

莢も少し膨らんでいるように感じます。

 

ところで、「エダマメ」の根には根粒菌と呼ばれる微生物がたくさん存在し、

エダマメの光合成によって作り出した物質をもらい、

その代わりに土に含まれる窒素を作り、エダマメの生長を促しています。

 

このため、'エダマメ'栽培には追肥をする必要がないのですが、

ペットボトル栽培の場合、土内に含まれる栄養分は限られ

不足しがちになりますので、蕾から花が咲き始めた頃を目安に、

リン酸系肥料を一摘み与えるようにします。

 

栽培開始から44日目になりますと、

「エダマメ」草丈をさらに数(cm)伸ばし、

元気に育っていました。

ペトさい(エダマメ)23

 

また、若干葉数が少なくなったように感じますが、

肝心の莢は順調に数を増やし、微妙に膨らんできました。

ペトさい(エダマメ)24

 

今後の「エダマメ」の生長から目が離せませんね。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(エダマメ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

栽培開始から23日目を迎えた「エダマメ」栽培ですが、

草丈がグンと伸び50(cm)近くになりました。

ペトさい(エダマメ)17

 

また、本葉も比較にならないほど増えており、

「エダマメ」の急生育ぶりには脱帽です。

ペトさい(エダマメ)18

 

近くに寄って見てみますと新芽が続々と出ていることに気付き、

また、小さな蕾を持っているものもありました。

 

栽培開始からちょうど30日目になりますと、

「エダマメ」の草丈はさらに20(cm)ほど伸びており、

支柱の先端に届きそうな状態になっていました。

ペトさい(エダマメ)19

 

本葉のほうはさらに数を増やし、青々としていました。

ペトさい(エダマメ)20

 

また、小さかった蕾は少し膨らみ、

花が咲きそうな状態になっていました。

 

ということは近々、待望の莢が着くことになりそうです。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(エダマメ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
15

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

数粒の種から発芽した「エダマメ」でしたが、

それから5日が経過しますと他の種も芽を出し、

蒔いた種の全てから発芽し、安堵しました。

ペトさい(エダマメ)12

 

が、その間に「エダマメ」は草丈を10(cm)以上に伸ばし、

本葉も数枚付けている状態でした。

 

このような状態ですと、

8株あった芽を半分に間引く必要があります。

ペトさい(エダマメ)13

 

間引く目安は本葉が2、3枚開いた頃ですので、

このタイミングで生育の悪そうな芽を

株元から園芸用ハサミで剪定しました。

ペトさい(エダマメ)14

 

間引き後、4株ずつ残した「エダマメ」

ヒョロッてして今にも倒れそうな状態でしたので、

長さ70(cm)の支柱を立てて支え、麻ひもで誘引しました。

ペトさい(エダマメ)15

 

支柱そのものも細くて頼りなさそうに見えますが、

支柱を立てる前とでは安心感があり、

「エダマメ」が立派に育ってくれると思います。

ペトさい(エダマメ)16

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(エダマメ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
14

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ツイン型ペットボトル鉢に「エダマメの種」を蒔いてから6日目を迎え、

'エダマメの芽'ガーゼから透けて見えていました。

ペトさい(エダマメ)10

 

早速ペットボトル鉢に被せたガーゼを取り除き、

「エダマメ」の様子を見てみることにしましょう。

 

すると、鉢の真ん中から3つの芽が出ているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ)11

 

ということは残り5粒の種からは

まだ発芽していないことになります。

 

従って、再びガーゼを被せて様子を見ることにします。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(エダマメ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
13

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回はペットボトルで「エダマメ」を育ててみたいと思います。

 

'エダマメ'はビールのおつまみに欠かせないものですが、

この'エダマメ'には様々な品種がありますので、

ペットボトル栽培に適した早稲種のものを選んで育てることにします。

ペトさい(エダマメ)01

 

今回は早稲種の'ビアフレンド'という品種を使いますが、

上図に示すように、種には赤い薬剤を塗布されています。

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから

種を守るために薬剤を塗布したもので、

このような薬剤処理された種には必ず種袋の裏側に記載されています。

ペトさい(エダマメ)02

 

'エダマメ'はどの鉢でも育てることができますので、

今回は少し欲をかいて'ツイン型ペットボトル鉢'で育てます。

 

それでは早速、エダマメの種蒔きから始めることにしましょう。

 

まず、今回の種蒔き作業で使用する道具を下図に示しますので、

各自でご用意下さい。

【用意するもの】

エダマメの種、ツイン型ペットボトル鉢、ジョウロ、

野菜用培養土、移植ゴテ、麻ヒモ、ガーゼ

ペトさい(エダマメ)03

 

上図の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「エダマメの種」を蒔きます。

 

【エダマメの種蒔き手順】

ペトさい(エダマメ)04

'ツイン型ペットボトル鉢'の縁から2(cm)下まで野菜用培養土を入れ、

「エダマメの種」を点蒔きします。

 

このとき、種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)ほど開けて下さい。

ペトさい(エダマメ)05

 

ペトさい(エダマメ)06

野菜用培養土を覆土した後、ペットボトル鉢を'ガーゼ'で被せ、

風に飛ばされないように麻ヒモで結びます。

 

この作業はエダマメなどの豆科の種を鳥が好んで食べることから、

その防鳥対策として行ったものです。

 

また、本来は寒冷紗を用いるのですが、

安価に購入できるガーゼで代用しました。

 

ペトさい(エダマメ)07

ガーゼを被せ麻ヒモで固定したら、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて完了です。

 

今回の栽培では「エダマメ」をたくさん育てたいと思い、

一鉢で8株収穫可能な'ツイン型ペットボトル鉢'を3鉢使いました。

 

よって、栽培しやすくするために、

下図のようなトレイに入れて育てます。

ペトさい(エダマメ)08

 

今回育てる「エダマメ」は地温2030

播種後4~6日程度発芽します。

 

このため、日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用と

エダマメの栽培データを以下に示しますのでご参照ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

189

189

ジョウロ

1

105

105

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

74
(3L使用)

移植ゴテ

1

105

105

麻ひも

1

105

105

ガーゼ

1

105

105

合計金額 

683

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で作成する場合は別途費用が掛かります。

ペトさい(エダマメ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金