--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
25

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」は

新たな葉が増えて大きくなってきたことから株が一回り大きくなり、

ランナーも一段と数を増やして芽が大きくなり、元気を取り戻しました。

 

一方、4代目の「採種イチゴ」から採種して育苗中の5代目の「採種イチゴ」は

草丈をさらに数(cm)伸ばし葉も格段に大きくなっていることから、

立派な苗に育っているように感じたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から945日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」はさらに葉数が増えてワサワサとしていて、

株周りがさらに大きくなったように感じました。

ペトさい(採種イチゴ・改)093

 

近くに寄って見てみたところ、

葉の色は若干濃い緑色に変わってきたように感じたものの

クラウン付近から新たな葉が出ているのを確認でき、

まだまだ大きく生長しそうな予感がしました。

ペトさい(採種イチゴ・改)094

 

また、ランナーのほうはさらに長く伸びていて、

続々と芽が出ていて大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)095

 

ランナーの数が増えることは4代目の「採種イチゴ」の生長という

意味においては嬉しいのですが、今回の栽培ではこれ以上の株数を

増やすことは考えていないため少々困惑しているのが本当のところです。

 

また、ランナーの数が増えることにより4代目の「採種イチゴ」の着果にも

影響を及んでいることからなんらかの対処が必要になりそうです。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」のほうは栽培開始から93日目を迎え、

さらに葉が大きくなり葉数も増え、土面が隠れて見えなくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)096

 

いつの間にか小さかった芽がこんなに大きく生長し、

お互いの葉が触れ合うようになって再び込み合っているなんて不思議です。

 

なにはともあれ、再び生育の悪そうな芽を間引いて風通しを良くし、

土の栄養を吸収しやすくしたほうがより立派な苗に生長すると思います。

 

よって、生育の悪そうな芽を一株間引くことにしました。

★間引きのポイント★

・本葉が5~6枚に出てきて、込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・生育の良さそうな芽を1株残すようにすること。

ペトさい(採種イチゴ・改)097

 

生育の悪そうな芽を間引いた5代目の「採種イチゴ」は一株が残り、

これから植え付けるまでの間立派な苗に育てていかなければなりません。

ペトさい(採種イチゴ・改)098

 

採種イチゴの育苗期間もあと僅かとなりましたが、

立派な苗に育つように頑張りましょう!!

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が10枚程度に増え、ランナーが出てきた頃を目安に

 大きめの鉢に植え付けること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)099

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)100

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
06

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

新たな葉を出して大きくなり、元気を取り戻しつつありました。

 

一方、4代目の「採種イチゴ」から採種して育苗中の5代目の「採種イチゴ」は

さらに葉数を増やして鉢からはみ出すほど大きくなり、それぞれの芽が

込み合って来たことから間引きを行ったことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から939日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」株が一回り大きくなり、

葉も青々としていて元気を取り戻してきました。

ペトさい(採種イチゴ・改)087

 

近くに寄って見てみますと、

元からある葉も新たに出てきた葉も大きくなっていて、

葉のボリュームが増したように感じます。

ペトさい(採種イチゴ・改)088

 

しかし、葉が大きくなる一方で蕾が出てこなくなったのは

気になるところです。

 

また、4代目の「採種イチゴ」は一段とランナーの数を増やし

そのランナーから芽が続々と出てきていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)089

 

もしかすると、4代目の「採種イチゴ」はランナーのほうに

栄養が行き届いてしまい、肝心の蕾を着けるだけのパワーが

残っていないのかもしれません。

 

少しの間様子を見て、4代目の「採種イチゴ」に生長の変化が

見られないときには追肥を行うことにしましょう。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から86日目を迎え、

草丈をさらに数(cm)伸ばし葉も格段に大きくなり、元気に育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)090

 

やはり、小さな鉢で育苗させていることもありますが、

8日前に間引いたことで5代目の「採種イチゴ」が吸収できる栄養分が

増えたからかもしれません。

 

このまま順調に生長を続けていければ大きめの鉢に植え付けるのも

そう遠くない時期に行えるかもしれませんね。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)091

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)092

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii


心ひとつに キャンドルナイト

05月
22

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

水不足による影響からか葉数が減り実が萎みランナーが枯れてしまいました。

 

一方、4代目の「採種イチゴ」から採種して育苗中の5代目の「採種イチゴ」は

順調に本葉の数を増やして大きく生長していたことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から931日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」は若干葉色が濃い緑色に変わり

新たに出てきた葉も大きくなり、元気を取り戻しつつありました。

ペトさい(採種イチゴ・改)079

 

しかし、実のほうは依然として茶色く枯れてしまい、

深刻な状況は続いていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)080

 

また、ランナーについてはいくらか本数を増やし

ランナーの先端から新芽が出てきていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)081

 

4代目の「採種イチゴ」は着実に以前のような

元気な姿に戻りつつあることに間違いなさそうです。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から78日目を迎え、

本葉の数がさらに増え、葉が鉢からはみ出るほど大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)082

 

このため、それぞれの芽が込み合っていて、

土面が殆ど隠れて見えなくなっていました。

 

今のところ順調に生長している5代目の「採種イチゴ」ですが、

将来的な生長を考えたとき、生育の悪そうな芽を間引いて風通しを良くし、

土の栄養を吸収しやすくしたほうがより立派な苗に生長すると思われます。

 

このことから、生育の悪そうな芽を二株間引くことにしました。

★間引きのポイント★

・本葉が3~4枚に出てきて、込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・生育の良さそうな芽を2株残して間引くこと。

ペトさい(採種イチゴ・改)083

 

とりあえず、生育の悪そうな芽を二株間引いた5代目の「採種イチゴ」は、

株間が広くなり通気性が改善され、さらなる生長に期待が持てそうです。

ペトさい(採種イチゴ・改)084

 

5代目の「採種イチゴ」は最終的に元気の良さそうな芽を

一株残すことになるため、これからの育苗はとても大事になってきます。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)085

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)086

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
15

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

ポツポツと小さな実を着け、続々と出てくるランナーが50(cm)近く伸び、

順調に育っていました。

 

一方、4代目の「採種イチゴ」から採種して育てる5代目の「採種イチゴ」は

本葉を3~4枚に増やし大きくなっていることをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から918日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」葉と葉の隙間が大きくなり、

葉数が少し少なくなったように感じます。

ペトさい(採種イチゴ・改)069

 

元気に育っていた4代目の「採種イチゴ」をよく見てみますと、

葉色はさほど変わらず元気そうだったのですが、

なぜかポツポツと着けていた実が萎んでいたのです。

ペトさい(採種イチゴ・改)070

 

しかも、長く伸びていたランナーも半数以上が茶色く枯れていて、

新芽も枯れ果てていたのです。

ペトさい(採種イチゴ・改)071

 

さらに一週間が経過すると、これ以上に悲惨な姿に変わった

4代目の「採種イチゴ」を見ることになりました。

ペトさい(採種イチゴ・改)072

 

葉数はさらに減って葉と葉の隙間ができ、

葉色も少し濃い緑色をして固い葉になり、

ほぼ全ての実がカピカピに乾燥しきった状態で枯れていたのです。

ペトさい(採種イチゴ・改)073

 

挙げ句の果てにはランナーの数がわずか4本しか残っておらず、

それ以外のランナーは枯れてしまって姿を消してしまったのです。

ペトさい(採種イチゴ・改)074

 

ここまで4代目の「採種イチゴ」が急変してしまったのは、

おそらく気温が急激に上がったことによる水分不足が考えられ、

二日に一回の間隔での水やりでは二日目に4代目の「採種イチゴ」が

萎れてしまうところを目にしたことがありました。

 

ハッキリとした原因の特定には時間を要しますが、

これからはほぼ毎日一回の水やりをするようにしたいと思います。

 

幸いにも、ランナーの一部からは新芽が出てきていますからね。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
03

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は二種類の採種イチゴが個性的な生長を見せ、

順調に育っていることをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から910日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」は見た目からさほど大きくなっていませんが、

順調に育ってくれています。

ペトさい(採種イチゴ・改)063

 

近くに寄って見てみますと葉数はそれほど増えていませんでしたが、

葉がより大きくなり、ポツポツと小さな実を着けていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)064

 

そして、4代目の「採種イチゴ」で一番目立っていた

ランナーの数はさらに増え長さが目測で50(cm)以上あり、

一部のランナーには芽が出ていて葉を着けていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)065

 

こんなに元気に生長する4代目の「採種イチゴ」を見たら

この先の生長が楽しみになります。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から64日目を迎え、

本葉が3~4枚に増え大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)066

 

6日前はポツポツと葉が出ていた程度で存在感が薄かったのですが、

気温が上がって暖かくなり生長のエンジンがかかったのかもしれません。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)067

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)068

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種した4代目の「メイちゃん」が

さらに葉数を増やして大きくし花数を増やしていて、

さらに、10(cm)くらいの長さのランナーを数本出していました。

 

一方、5代目の「メイちゃん」は本葉が少し大きなる一方で、

一部の芽が枯れそうな状態になるという対照的な状況になっていました。

 

果たして、5代目の「メイちゃん」は無事に生長しているでしょうか?

 

あれから一週間が経過し栽培開始から904日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」は草丈が一週間前とは比較にならないほど長く伸び

葉もより大きくなり元気にいっぱいに育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)057

 

近くに寄って見てみますと新たに出た葉も大きくなっていて、

開花したところからは続々と実を着け順調に生長していました。

ペトさい(採種イチゴ・改)058

 

これだけいいことばかり続くとテンションはアゲアゲです()

 

実は、4代目の「採種イチゴ」にはもう一つ嬉しいことがあり、

数本しか出ていなかったランナーが倍以上に増え

いずれも目測で20(cm)以上の長さに伸びていたのです。

ペトさい(採種イチゴ・改)059

 

これだけ様々なところで生長している様子が確認できると嬉しくなり、

4代目の「メイちゃん」の今後の生長が楽しみになってきます。

 

一方、不安が残る5代目の「採種イチゴ」栽培開始から58日目を迎え

見た目にはさほど大きな生長の変化は見られず、

一週間前に心配していたような葉枯れは解消されていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)060

 

なぜ葉枯れが解消されていたのかは謎ですが、

近くに寄ってみると本葉が少し大きくなっているものや

2枚に増えたものがあったのです。

 

5代目の「メイちゃん」は4代目の「メイちゃん」のように

大きな生長の変化を見せることはなく、地味な生長を見せてくれそうです。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)061

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)062

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

04月
19

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

さらに新たな葉を出して大きく生長し蕾の数を倍近くに増やしました。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」は発芽の数を増やし、

一部の芽が草丈を1(cm)以上に伸ばして本葉を着けていたことから

新たな鉢に植え付けたことをお伝えしました。

 

春本番を迎え暖かい日が続くようになって、

2つの「採種イチゴ」のさらなる生長が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど890日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」一段と葉数が増えて茂っているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ・改)047

 

近くに寄って見てみますと新たに出てきた葉が大きくなり

ランナーも数本出ていて10(cm)以上に伸びていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)048

 

また、蕾の数はさらに増え開花しているのをよく見られるようになり、

順調に育っていることが窺えます。

ペトさい(採種イチゴ・改)049

 

さらに一週間が経過して4代目の「採種イチゴ」の様子を見たところ、

草丈がさらに伸び葉もより大きくなってワサワサとして茂っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)050

 

近くに寄って株元付近を見てみると新たな葉が出ているのを確認でき、

ランナーもさらに数を増やして20(cm)近い長さに伸びているものもあり、

4代目の「採種イチゴ」の目覚ましい生長には驚かされます。

ペトさい(採種イチゴ・改)051

 

また、蕾のほうはさらに数を増やし、

開花する白い花の数も増えたように感じます。

ペトさい(採種イチゴ・改)052

 

これだけ花数が増えると着果する「イチゴ」の数を気になり、

これからちゃんと赤い実を着けてくれるのか期待して待つことにします。

 

一方、植え付けてから5日が経過して栽培開始から44日目を迎えた

5代目の「採種イチゴ」本葉が微妙に大きくなっていて

順調に育っているように感じました。

ペトさい(採種イチゴ・改)053

 

ところが、一週間が経過して5代目の「採種イチゴ」の様子を見てみると、

一部の芽に枯れかかっているものがあり、少し心配な状態になっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)054

 

やはり、小さな芽を植え付けることはかなりのリスクを伴い、

水やりの際も跳ね返った土が小さな葉をかかる恐れがあり

これが原因で葉が枯れてしまうことがあるのです。

 

しばらくの間は様子を見ることにしたいと思いますが、

なんとか、5代目の「採種イチゴ」が持ち直してくれることを期待します。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)055

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)056

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
04

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販イチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

草丈をさらに5(cm)ほど伸ばし、新芽が続々と出てくるようになり、

本領発揮モードに突入しました。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」は蒔いた種の半数近くが発芽し、

草丈が1(cm)ほど伸びていたことをお伝えしました。

 

春の陽気というよりは初夏のような汗ばむ陽気を感じるようになり、

二つの「採種イチゴ」のさらなる生長が期待できそうです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から883日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」は新たに出てきた葉が草丈を伸ばし

葉も大きくなったことでワサワサと茂っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)034

 

近くに寄って見てみますとさらに出たばかりの芽を見ることができ、

4代目の「採種イチゴ」が本領発揮モードに入っていることが窺えます。

 

これを証拠に、蕾の数も一週間前より倍近くに増え、

開花した白い花も数を増やしていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)035

 

4代目の「採種イチゴ」は順調に生長を続け、

これからも大きく生長しそうな予感がします。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から39日目を迎え、

一段と発芽の数を増やしていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)036

 

パッと見では分かりづらいのですが、

すでに発芽した一部の芽は草丈を1(cm)以上に伸びたものばかりで、

これらの半数近くの芽には本葉を着けていたのです。

 

至って順調に育っている5代目の「採種イチゴ」ですが、

これから立派な苗にするためには新たな鉢に植え付け、

屋外で育てる必要があります。

 

このことから、本葉を着けている芽を新たな鉢に植え付けることにします。

★植え付けのポイント★

・草丈が1(cm)程度で本葉が1枚出てきた頃を目安に植え付けること。

・植え付ける鉢は深さ10(cm)程度ある小さめの鉢を用いること。

・植え付けに使用する培養土は粒状種蒔き用培養土を使うこと。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自でご用意下さい。

 

発芽させた採種イチゴの芽、小型ペットボトル鉢、ピンセット、

粒状種蒔き用培養土、霧吹き

ペトさい(採種イチゴ・改)037

 

 

★植え付け作業時の注意点★

・発芽させた芽を鉢から取り出すときはピンセットで挟んで、

 根を傷めないように取り出すこと。

・植え付け後の水やりはたっぷりと与えること。

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(採種イチゴ・改)038

'小型ペットボトル鉢'に「粒状種蒔き用培養土」を入れます。

粒状種蒔き用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状種蒔き用培養土を粉末状にした土を薄くかけることにより、

'採種イチゴの根'を密着させやすくすることができます。

ペトさい(採種イチゴ・改)039

 

ペトさい(採種イチゴ・改)040

「ピンセット」を使って'採種イチゴの芽'を取り出します。

 

'採種イチゴの芽'を取り出す際は株や根を傷めないように注意して下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ・改)041

'採種イチゴの芽''小型ペットボトル鉢'の4ヵ所に配置し、

その周辺に「粒状種蒔き用培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

このとき、芽と芽の間隔は3(cm)程度開けて配置するようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)042

 

ペトさい(採種イチゴ・改)043

土と根鉢を密着させたら、水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

この作業が終わったら、植え付け作業は完了となります。

 

皆さんは、「採種イチゴ」の芽を無事に植え付けることができたでしょうか?

 

これからはこの鉢である程度の大きさの苗に育てることになりますので、

5代目の「採種イチゴ」の様子を見ながら霧吹きで水を与えるようにします。

ペトさい(採種イチゴ・改)044

 

5代目の「採種イチゴ」にとっては初めての屋外での栽培となりますので、

しばらくの間は静観することにしましょう。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)045

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりはある程度の苗に育つまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)046

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
27

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は暖かい日が続くようなり、市販イチゴから採種して育てた

4代目の「採種イチゴ」は草丈をさらに伸ばし

葉数も増やしてワサワサと茂り、待望の花が咲きました。

 

一方、ようやく一粒の種から芽を出した5代目の「採種イチゴ」は

草丈を7(mm)ほど伸ばしその他の種も発芽したことをお伝えしました。

 

ここのところ、汗ばむような陽気を感じられるようになり、

2つの「採種イチゴ」のますますの生長が期待されます。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から876日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」草丈をさらに5(cm)ほど伸ばし、

新芽も続々と出てくるようになり春を感じさせるものとなりました。

ペトさい(採種イチゴ・改)029

 

近くに寄って見てみますと蕾がたくさん出ていて

白い花が咲くものも多く見られるようになりました。

ペトさい(採種イチゴ・改)030

 

4代目の「採種イチゴ」はポカポカ陽気が続いたことにより

本領発揮モードがONされたようでこれからの生長が楽しみです。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から32日目を迎え、

パッと見では生長の変化がないように見えるのですが、

近くに寄って見てみますと草丈が1(cm)ほどに伸びていて

順調に育っていることが分かります。

ペトさい(採種イチゴ・改)031

 

ただ未だに全く発芽しない種が半数近く残っていて、

播種から一ヵ月以上が経過しても反応を示さないところを見ると

これらの種は諦めた方が良さそうですね。

 

発芽した芽には小さな双葉を開かせていますので、

第一段階の集大成として本葉を1~2枚出せるように

最後の追い込みをかけたいと思います。

 

ここ数日は寒の戻りで肌寒い日が続いていましたが、

これから再び暖かい日が戻り春本番を迎えようとしている

ペットボトル菜園の「採種イチゴ」たちの生長に期待が高まります。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)032

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりは発芽するまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)033

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
21

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は春の陽気を感じられるようになり市販のイチゴから採種して育てた

4代目の「採種イチゴ」が草丈を伸ばして葉が青々としていて、

蕾が大きくなって開花しそうになっていました。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」は種粒が大きくなり

小さな芽を出していたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から869日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」ですが、さらに暖かい日が続くようになって

草丈がさらに伸び葉数が増えてワサワサと茂ってきました。

ペトさい(採種イチゴ・改)024

 

このため、一週間前よりも葉が密集した状態でスカスカではなく、

葉を掻き分けないと新たな葉が出ているのを確認できませんでした。

 

そして、花が咲きそうだった蕾を見てみたところ、

白くて小さな花がカワイらしく咲いていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)025

 

ここまでくれば後は着果するのを待つだけですので

これからの生長が楽しみです。

 

一方、5代目の「採種イチゴ」栽培開始から25日目を迎え、

一粒だけ出ていた芽の数がさらに増えていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)026

 

しかも、草丈が7(mm)ほど伸びていて小さな双葉が開いていたのです。

 

ここまで発芽することは想定外のことでしたので

嬉しい展開にニンマリしてしまいました。

 

なんとか発芽させることに成功したようですが、

'小型ペットボトル鉢'に植え付けるためには本葉を1枚出す必要があり、

しばらくの間は現状維持で育てることになりそうです。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)027

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりは発芽するまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)028

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
16

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は市販のイチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

厳しい寒さの中葉数を増やして大きく育っていました。

 

一方、その「採種イチゴ」から収穫したイチゴから採種し、

その種で育苗中の5代目の「採種イチゴ」は発芽する様子を確認できず

しばらくの間様子を見ることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から862日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」は少し気温の方が暖かくなってきたことから

全体的に草丈を少し伸ばして葉がより青々としていて元気にそうでした。

ペトさい(採種イチゴ・改)020

 

新しい葉が続々と出てきている一方で、

蕾が大きくなって開花しそうなものを確認することができました。

 

ここのところ、蕾や開花を見る機会がなかったことから

この開花寸前の蕾を見たときにはテンションが上がりました。

 

一気にいいムードに変わったところで、

このよい流れを5代目の「採種イチゴ」に繋げたいところ。

 

その5代目の「採種イチゴ」栽培開始から18日目を迎えたのですが、

一週間前に比べると種粒の大きさが少し大きくなっているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ・改)021

 

まぁ、乾燥しないように霧吹きを使って絶えず水を噴霧しているため

種がふやけているだけかもしれませんが…()

 

しか~し、近くに寄って見てみますと、

一部の種から小さな芽が出ているのを確認できたのです。

 

イチゴの種は種殻が固く発芽に時間を要することを覚悟していたのですが、

思っていたよりも早く発芽させることができ、少しホッとしました。

 

次は発芽した芽から本葉が出るように大事に育てないといけないのですが、

これにもかなりの時間を要しそうですので

小型ペットボトル鉢への植え付けは当分先になりそうですね。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)022

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりは発芽するまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)023

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

03月
07

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はかつて市販のイチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

半年経った今でも順調に育っていることをお伝えするとともに、

そのイチゴから採取した種で新たな栽培に着手したことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から848日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」ですが、厳しい寒さが続く中元気に育っています。

ペトさい(採種イチゴ・改)014

 

写真をご覧の通り、濃い緑色になった葉がワサワサとしていて

蕾らしきものも確認することができました。

 

さらに一週間が経過しますと、

4代目の「採種イチゴ」はさらに葉数を増やして大きくなり、

株元付近からは新たな葉が出ているのも確認することができました。

ペトさい(採種イチゴ・改)015

 

順調に生長を続ける4代目の「採種イチゴ」ではありますが、

再び新たな実を着けるのを楽しみに待ちたいと思います。

 

一方、4代目の「採種イチゴ」から収穫したイチゴから採種し、

その種を蒔いた5代目の「採種イチゴ」ですが、

種殻が固いせいなのか発芽する様子を確認することはできませんでした。

ペトさい(採種イチゴ・改)016

 

4代目の「採種イチゴ」の時も発芽に三週間以上かかりましたので、

今回もかなりの日数をかけないと発芽してくれないかもしれません。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)017

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

5代目の「採種イチゴ」の水やりは発芽するまでの間は

霧吹きで優しく吹きつけて与えるようにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ・改)018

 

 

★採種イチゴの芯の栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)019

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
22

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はかつて市販のイチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

半年経った今でも元気に生長している様子をお伝えするとともに、

その「採種イチゴ」から収穫したイチゴから新たな種を採取し

その種を育てることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から841日目を迎えた

4代目の「採種イチゴ」葉が少し大きくなり葉数も若干増え

順調に生長していました。

ペトさい(採種イチゴ・改)005

 

ただ、株の負担を軽くするために蕾や花を摘み取って以来、

全く蕾を付ける気配が感じられなくなり少し心配になってしまいました。

 

ここ最近、凍えるような寒い日が続いていたこともありますので、

防寒対策を施したところで蕾を着けるまでの生長は厳しいかもしれません。

 

少し様子を見て生長の変化が見られないようでしたら、

何らかの対策をとることにしましょう!!

 

最後に、4代目の「採種イチゴ」の栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

4代目の「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)006

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
09

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

皆さんは覚えているであろうか?

 

かつて、市販のイチゴから採取した種を使って育苗し、

その苗を立派に生長させた株からイチゴを収穫した話を…。

ペトさい(採種イチゴ・改)001

 

あれから半年以上が経過し栽培開始から834日目を迎えた「採種イチゴ」

今もなお元気に育っていて、以前に比べると葉がワサワサと茂っていて

かつての子株のような姿になっていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)002

 

この「採種イチゴ」は一ヶ月前にはたくさんの花や実を着けていたのですが、

株に負担を掛けてしまうことから剪定していたのでした。

 

このため、現在の「採種イチゴ」には大きな葉しか着けていません。

 

そんな「採種イチゴ」が生長する様子を再び、皆さんにご紹介していきます。

 

ただ、今回の「採種イチゴ」栽培ではもう一つやり残していたこと

この機会に始めたいと思っています。

 

やり残していたこととは、4代目の「採種イチゴ」で収穫したイチゴから

採取した種を使って新たなイチゴ栽培を始めるというもの。

ペトさい(採種イチゴ・改)003

 

半年以上前に採取した種が発芽するのかは分かりませんが、

「採種イチゴ」から収穫したイチゴから種を採取し、

その種を使って育苗させることができるのかを当面の目標として

栽培を始めたいと思います。

 

この栽培を始めるときに何度もお伝えしていることですが、

あくまでも趣味の範囲でイチゴを育てるものであり、

けして販売目的で育てるものではありません。

 

というのも、市販のイチゴから採取した種で育苗したものを販売することは

「種苗法」という法律で禁じられていて、このような行為に及んだ場合は

厳重な罰則を受けることになるからです。

 

種苗法とは新品種の保護のための品種登録や指定種苗の表示などについて

定めた法律のことです。

 

また、今回の方法で「イチゴ」を育てた場合には劣性遺伝といって

採取した種から育てることにより遺伝子が変わってしまい、

元のイチゴと同様の品質のイチゴには育ちません。

 

従って、この栽培に限っては栽培レシピの有無は無関係としていますので、

純粋にイチゴが育つ様子を楽しんで頂ければ幸いです。

 

さあ、次回から本格的に新たな栽培をスタートさせたいと思っています。

 

★水やりの注意点★

「採種イチゴ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)004

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
02

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は収束したかに見えたウドン粉病が「採種イチゴ」の孫株ではなく

子株の方に発症してしまい、感染した葉を剪定したことをお伝えしました。

 

孫株が感染したときとは規模が違うため子株の状態が気になるところです。

 

あれから一週間が経過し、「採種イチゴ」の孫株はそっぽを向いていますが、

近くに寄ってみると、葉が大きくな新たな葉も続々と出ていて

順調に育っているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)196

 

また、ランナーもさらに伸び、脇芽から出る葉が大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ)197

 

さらに一週間が経過しますと、

「採種イチゴ」の孫株は葉数を比べものにならないほど多く増やし

それぞれの葉が大きくなり、ワサワサと茂っていました。

ペトさい(採種イチゴ)198

 

しかも、どの葉を見ても青々としていて

ウドン粉病に感染している様子は窺うことができませんでした。

 

また、株元のクラウンからは新たな葉が出てきており、

これからも葉数を増やしながら大きく生長し、

来年には子株のように真っ赤な実を着けてくれることでしょう。

 

そのためにも、定期的にジョウロを使って水やりを行いましょう。

ペトさい(採種イチゴ)199

心ひとつに キャンドルナイト

08月
12

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」の孫株が大きく生長したことから、

親株である「採種イチゴ」の子株と独立したことをお伝えしました。

 

再び別々の鉢で間隔を開けて育てることになった「採種イチゴ」親子ですが、

あれから一週間が経過したその後の様子を見てみることにしましょう。

 

まずは「採種イチゴ」の子株のほうですが、

以前に比べるとだいぶ葉数が少なくなったように感じるものの、

まだまだ葉色もよく元気に育っているように見えました。

ペトさい(採種イチゴ)187

 

しかし、近くに寄って見てみますと、

葉の至る所に白い斑点のようなものが出ていたのです。

 

そう、二週間前に「採種イチゴ」の孫株のほうで発症したウドン粉病

子株の方に感染していたのでした。

 

今回は大きく生長していることもあり孫株のように小規模ではなく、

葉の半数近くが感染しせっかく結んだ実も茶色く枯れ果てていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)188

 

かなりの重病といえる状況のため、

感染した葉や実などを園芸用ハサミで剪定することにしました。

ペトさい(採種イチゴ)189

 

なんだか、絶望感に襲われそうで力が抜けてしまいましたが、

剪定しているときにカワイらしい花や実を着けている様子を目にして、

少しの希望を持てるようになりました。

ペトさい(採種イチゴ)190

 

とりあえず、赤く熟した実を収穫して、お口にパクリとしました。

ペトさい(採種イチゴ)191

 

子株は半数以上の葉を剪定したためにスカスカな状態になり、

非常に寂しい姿になってしまいました。

ペトさい(採種イチゴ)192

 

しかし、子株にはまだ小さな蕾や花を持っているため、

今後の生長に期待が持てそうです。

 

一方、「採種イチゴ」の孫株のほうは独立後も順調に生長しているようで、

葉数が倍近くに増えて大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ)193

 

しかし、収束したように見えたウドン粉病は完全には消滅しておらず、

ごく一部の葉にその症状が出ていたのです。

 

そもそも子株がウドン粉を発症した原因は孫株から感染した可能性が高く、

孫株に発症したウドン粉病の葉を完全に剪定してしまうことにしました。

 

ウドン粉病を発症した葉は子株の時と同様、

園芸用ハサミを使って行いました。

ペトさい(採種イチゴ)194

 

孫株のほうは症状が軽いことから葉の剪定は少なくて済み、

見た目にも違和感はあまりありませんでした。

ペトさい(採種イチゴ)195

 

孫株は新しい採種イチゴ栽培で活躍してもらう大事な存在ですので、

これから病気になることなく元気に育ってもらいたいと思います。

 

孫株には早くもランナーが伸び始めていました。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ)186

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
02

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」親子の葉にまさかのウドンコ病の症状が現れ、

葉の剪定を行ったことをお伝えしました。

 

ウドンコ病は空気感染して発症する病気ですから、

「採種イチゴ」親子だけでなくその周辺の野菜たちにも影響を及ぼすため、

被害が拡大しないことを願うばかりです。

 

葉の剪定を行ってから一週間が経過した「採種イチゴ」親子

元からある葉が大きくなり新たな葉も出てきていて、

剪定する前とさほど変わらない状態に戻っていました。

ペトさい(採種イチゴ)179

 

「採種イチゴ」の子株'ウドンコ病'の症状が出ている葉はなく、

大きく生長していました。

ペトさい(採種イチゴ)180

 

少し葉を掻き分けると白い花が咲いているのを確認でき、

別のところでは12(mm)ほどの大きさになる実を着けていました。

 

これらの実はまだ収穫できる状態ではありませんが、

この時期に実を着けるなんて珍しいこともあるものですね()

 

一方、「採種イチゴ」の孫株のほうは残していた葉が大きくなり、

新たな葉も続々と出てきていました。

ペトさい(採種イチゴ)181

 

ただ、孫株は植え付けてから間もなかったために葉数が少なく、

一部の葉に'ウドンコ病'の症状が出ていても剪定することができず

そのままの状態にせざるを得なかった葉が数枚あるのですが、

幸いにも、その症状は拡大することなく葉だけが大きくなっていました。

 

また、クラウン付近からは新たな葉が出てきており、

至って元気に生長している様子が窺えます。

 

また、孫株の生長はこれだけに止まらず、

早くもランナーが出ていて、目測で30(cm)近く伸びていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)182

 

この孫株は子株の遺伝子を引き継いでいることもあり、

活発な生長を見せるのは子株譲りのようです。

 

これだけ様々なところで大きな生長を見せることができるのは

しっかりと根が張っていないとできないことですから、

孫株がしっかり根付いたものと判断できます。

 

よって、孫株は立派に生長していけると思いますので、

子株と孫株とを繋いでいたランナーを剪定し独立させることにしました。

 

早速、ランナーの剪定を行うために、

孫株側のランナーを固定していた'クリップ'を取り除きましょう。

ペトさい(採種イチゴ)183

 

2箇所で固定していた'クリップ'を取り除いたら、

孫株側のランナーを園芸用ハサミで剪定します。

ペトさい(採種イチゴ)184

 

孫株側のランナーを剪定したら子株側のランナーも同様に剪定し、

作業は完了となります。

 

こうして、両側のランナーの剪定を終えたこの瞬間から孫株は独立して

一人前の「採種イチゴ」の株として生長していくことになります。

ペトさい(採種イチゴ)185

 

孫株は「採種イチゴ」栽培の将来を担う大事な役目がありますので、

子株のような活躍を見せてもらいたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ)186

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回はこの栽培でやり残していた'何か'を全て思い出し、

それをきっかけに収穫したイチゴで新たな種を採取しました。

 

この栽培は新たな展開を迎え、再スタートすることになるのです。

 

栽培開始から616日目を迎えた「採種イチゴ」親子たち

どちらの株も葉がワサワサとしていて一回り大きくなったように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)173

 

「採種イチゴ」の子株を見てみますと、

より大きくなった葉の陰にある蕾からカワイらしい花を咲かせ、

違う場所ではほんのり赤く色付いている小さな実がありました。

ペトさい(採種イチゴ)174

 

一般的なイチゴの収穫期は過ぎているのですが、

未だに実を着けている子株は頑張り屋やさんですね。

 

一方、「採種イチゴ」の孫株の孫株のほうは葉が大きくなり、

新たな葉も出ている状態で順調そうに見えます。

ペトさい(採種イチゴ)175

 

しかし、大きくなった葉の表面をよく見てみますと、

白い斑点のようなものが出ていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)176

 

植え付けして日が浅い中で、まさかの'ウドンコ病'の発症です。

 

'ウドンコ病'とは葉や茎などに白い粉をまぶしたような症状のことで、

葉の表面が覆われると光合成が阻害されたり、葉から栄養を吸収されて

生育不良になったり、あるいは、果実が肥大しなくなるのです。

 

従って、この病気に侵された葉は剪定するしか対処する術はないため、

園芸用ハサミを使って剪定することにしました。

ペトさい(採種イチゴ)177

 

孫株は植え付けて間もないことから葉数が少ないため、

ウドンコ病に侵された葉を剪定したらハゲ鷹みたいな姿になりました。

ペトさい(採種イチゴ)178

 

一株に最低2枚残すように剪定していますので、

少し時間が経てば新たな葉が出てきてくれると思います。

 

まずは'ウドンコ病'が子株の方に感染しないように

管理することが大事ですね。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
12

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は植え付け後も「採種イチゴ」親子たちは順調に生長し、

この栽培でやり残した'何か'のヒントが分かったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し、「採種イチゴ」の様子を見てみたところ、

どちらの株も葉数を増やして大きくなっているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)162

 

近くに寄って見てみたところ、

「採種イチゴ」の子株新たに出た葉が大きくなり、

だいぶ土面が見なくなってきました。

ペトさい(採種イチゴ)163

 

至って順調に育つ子株は未だに小さな実を着け赤く熟していました。

 

今回も赤く熟した実の殆どが小ぶりではあるものの、

園芸用ハサミを使って収穫しました。

ペトさい(採種イチゴ)164

 

今回は久々に「採種イチゴ」をたくさん収穫することができたのですが、

いつものように口に頬張ることはせず、違う目的に使うことにしました。

 

これまで「採種イチゴ」栽培を続けてきてやり残していた'何か'

ようやく思い出すことができたので...

 

その'何か'についてお伝えする前に、孫株の様子をお伝えしましょう。

 

新たな鉢に植え付けた「採種イチゴ」の孫株

土面が見えなくなるほど葉が大きくなり、

株元付近からは新たな葉が出てきていました。

ペトさい(採種イチゴ)165

 

ただ、順調に生長しているように思える孫株でしたが、

葉の表面に白い斑点のようなものが出るようになり、

あの病気に侵されているのかもしれず、

何らかの処置をしないといけないようですね。

 

さて話を戻して、「採種イチゴ」栽培でやり残した'何か'ですが、

実は2つのことをやり残していたのです。

 

一つは既に実行していることなんですが、

子株から出たランナーを別の鉢に植え付けて育てること。

 

もう一つは子株から収穫した「採種イチゴ」を使って種を採取し、

その種を発芽させて育てること。

 

長いこと、四代目となる「採種イチゴ」に頑張ってもらっているため、

そろそろ、新しい世代にバトンタッチしても良いかなと考えたとき、

先述の2つのことが頭の片隅にあったのでした。

 

よって、採取したイチゴの種を使って育苗させるところから始めるため、

先ほど収穫した「採種イチゴ」を使って種を採ることにしました。

ペトさい(採種イチゴ)166

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

イチゴの種はイチゴのつぶつぶの部分でこれを丁寧に採っていきます。

 

★イチゴの採種作業に必要な道具★

「採種イチゴの種」を採取するときに必要な道具を下記に示しますので、

各自でご用意ください。

 

収穫した採種イチゴ、小皿(少量の水を入れたもの)、ピンセット、

キッチンタオル、チャック付き収納バッグ

ペトさい(採種イチゴ)167

 

★イチゴの採種作業手順★

ペトさい(採種イチゴ)168

収穫した採種イチゴの粒を「ピンセット」で一粒ずつ採ります。

 

ペトさい(採種イチゴ)169

ピンセットで採った'イチゴの粒'を「水の入った小皿」に入れます。

 

採取した'イチゴの粒'には果肉や果汁が付着していますので、

カビ防止のためよく取り除いて水で洗うようにして下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ)170

'洗ったイチゴの粒'を「キッチンタオル」に乗せ、水分を吸い取って下さい。

 

吸い取った後は'洗ったイチゴの粒'を「キッチンタオル」の上に乗せ、

よく乾かして下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ)171

キッチンタオルに乗せた'イチゴの粒'が乾いたら

チャック付き収納バッグ」に入れて、イチゴの採種作業は完了です。

 

皆さん、「採種イチゴ」の種を採ることはできたでしょうか?

 

今回採取した「採種イチゴ」の種は思っていたよりも多かったように感じ、

これらは採種時期になりましたら蒔きたいと思います。

ペトさい(採種イチゴ)172

 

それまでの間は「採種イチゴ」の種を日の当たらない涼しい場所

保存するようにしましょう。

 

以前もお伝えしたことがありますが、

ここで一つ大事なことをお伝えしておきたいと思います。

 

現在もこれから始める「イチゴ」栽培もあくまで趣味の範囲で行うものとし、

けして商用目的で育てるものではありません。

 

なぜこのようなことを断り書きするのかと言いますと、

市販のイチゴから採取した種から育苗したものを販売することは

「種苗法」という法律で禁じられていて、このような行為に及んだ場合は

厳重な罰則を受けることになるからなのです。

 

種苗法とは新品種の保護のための品種登録や指定種苗の表示などについて

定めた法律のことです。

 

また、今回の方法で「イチゴ」を育てた場合には劣性遺伝といって

採取した種から育てることにより遺伝子が変わってしまい、

元のイチゴと同様の品質のイチゴには育ちません。

 

このことを踏まえた上で、今後も「採種イチゴ」栽培を楽しみましょう。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
01

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」の子株から伸びた6本のランナーの中から

選りすぐりの2本を新たな鉢に植え付けたことをお伝えしました。

 

あれから5日が経過し、「採種イチゴ」親子の様子を見てみました。

 

親子水入らずで同じトレイに入れて育てている「採種イチゴ」親子

パッと見してみて元気に育っているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)158

 

「採種イチゴ」の子株はバッサリと葉を剪定してすかすかの状態だったのが、

この5日間で残る葉が大きくなり新芽を伸びて青々としていました。

ペトさい(採種イチゴ)159

 

その葉をバックにして新たな花は開花し、小さな実も熟していました。

 

イチゴが生長するパワーはもの凄いものを感じ、感動してしまいました。

 

とりあえず、赤く熟した実がいくつかありましたので、

いつものように園芸用ハサミを使って収穫しました。

ペトさい(採種イチゴ)160

 

今回収穫できた「採種イチゴ」は全部で3個でしたが、

小粒でカワイらしくて食べるのが惜しいです。

 

食べるのが惜しい?

 

う~ん、収穫したイチゴを使って'何か'をやろうとしていたのですが、

今は何も思い出すことができません。

 

きっとやり残していた'何か'とは

収穫したイチゴを使うのかもしれません。

 

一方、植え付けた「採種イチゴ」の孫株のほうですが、

5日が経過して少しは大きくなっているのかなと思いきや、

私が想像していたよりも大きく生長しているのに驚きました。

ペトさい(採種イチゴ)161

 

葉数は倍以上に増えて葉が大きくなっていて、

クラウン付近から出る芽も今にも葉が開きそうな状態で

目覚ましい生長を遂げていたのです。

 

これほどまでに大きく生長されると栽培管理が大変なのですが、

これは嬉しい悩みでもありますね()

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
27

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」の葉が大きくなりジャングルのように茂ったことから、

半数近くの葉を剪定し、数多くのランナーから厳選した6本を残して

剪定したところまでお伝えしました。

 

今回は厳選した6本のランナーを新たな鉢に植え付けるところから

お伝えしたいと思います。

ペトさい(採種イチゴ)150

 

前回、ランナーの剪定で各鉢のエリアごとに3本ずつ分けていますので、

早速、「採種イチゴ」の孫株を植え付けることにしましょう。

 

★植え付けのポイント★

・脇芽から本葉が2~3枚になり根が生えてきた頃を目安に行う。

・植え付けに使用する培養土はリン酸系肥料と発酵油かすを混ぜ込んだ

 粒状野菜用培養土を用いること。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

ランナー付きの採種イチゴの株、ツイン型ペットボトル鉢、ジョウロ、

粒状野菜用培養土、ジョウロ、クリップ×4つ、保冷バッグ(15cmx17.5cm)

ペトさい(採種イチゴ)151

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(採種イチゴ)152

'ツイン型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

 

粒状野菜用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(採種イチゴ)153

'粒状野菜用培養土'を入れた鉢の上から「保冷バッグ」を被せます。

 

「保冷バック」はあらかじめペットボトル鉢のサイズに合うように、

カッターやハサミなどを使ってカットして調整します。

 

ツイン型ペットボトル鉢の高さは15(cm)くらいです。

 

ペトさい(採種イチゴ)154

植え付ける'採種イチゴのランナー''ツイン型ペットボトル鉢'の中央に

配置し、その周辺に「粒状野菜用培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(採種イチゴ)155

植え付けた'採種イチゴのランナー'をクリップで固定します。

 

クリップは植え付けた'採種イチゴのランナー'がしっかりと根付くまで

外さないようにして下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ)156

クリップで固定したら「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、

植え付け作業は完了となります。

 

 

皆さんは「採種イチゴのランナー」を植え付けることができたでしょうか?

 

これから先は植え付けたランナーがしっかりと根付くまでには

約2週間程度かかりますのでそれまでの間はクリップで固定し、

下図に示すトレイに入れて管理していきます。

ペトさい(採種イチゴ)157

 

その間、「採種イチゴ」の子株のほうは2週間に1回の間隔で

実付きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

それぞれ一摘みずつ与えるようにしましょう。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

 

今回の「採種イチゴ」の植え付け作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆採種イチゴの植え付け作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

採種イチゴの苗

1

ジョウロ

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

バッドグアノ(500ml)

1

198

4
 (10ml使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

クリップ(2本)

2

108

216

保冷バッグ

1

108

108

合計金額 

547

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
22

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回、これまでの「採種イチゴ」栽培で'何か'を忘れているような

感覚があったことからその'何か'を探すため、

新たなスタートを切ることになったところまでお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し、「採種イチゴ」さらに葉が大きくなり、

ワサワサのジャングル状態は横だけではなく上にも拡大していました。

ペトさい(採種イチゴ)138

 

葉が大きくなってしまうと花や実の方に栄養が行き届かなくなりそうで

心配になってしまいますが、意外とそうでもなさそうです。

 

近くに寄って見てみますと少しまばらになってきていますが、

白い花がキレイに咲いていましたし、

ペトさい(採種イチゴ)139

 

また、違うところを見てみますと、

小さな実を着けているのを確認できました。

ペトさい(採種イチゴ)140

 

ランナーの方も一段と本数を増やし脇芽を着けて葉が大きくなり、

根が生えるランナーが目立つようになってきました。

ペトさい(採種イチゴ)141

 

「採種イチゴ」は私にまだまだ元気に生長できることを

必死に訴えてかけるように育っているように見えました。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
06

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回、「採種イチゴ」に着いた実は見事に熟し、

待望の収穫に成功することができました。

 

また、続々と伸びる新たなランナーには新芽を着け、

新たな孫株を増やすことができる状況にありました。

 

この栽培に完全燃焼することができて満足感はあるのですが、

何かを忘れているような感覚があり、続けることになりました。

 

「何か」を探すために何ができるのかは分からないのですが、

新たな栽培はここからスタートすることになるのです。

 

栽培開始から574日目

まだ「採種イチゴ」を収穫した余韻が残る中、

ペットボトル菜園で栽培中の「採種イチゴ」の子株の様子を見てみますと、

葉がさらに大きくなりワサワサとして再びジャングルと化していました。

ペトさい(採種イチゴ)129

 

近くに寄って見てみますと蕾から白い花が咲いており、

4日前に小さかった実も大きくなって赤く熟していました。

ペトさい(採種イチゴ)130

 

実をもう少し大きくしたいと思ったのですが、

過去の失敗による教訓から早めに収穫してパクリと食べてしまいました。

ペトさい(採種イチゴ)131

 

この日に収穫した「採種イチゴ」はこの1個のみでしたが、

収穫予備群ともいえる実はたくさん着き始めていますので、

今後の収穫が楽しみです。

 

気になるランナーの状況はというとはさらに数(cm)伸び

先端に新芽を着けるランナーも増えてきました。

ペトさい(採種イチゴ)132

 

その一部には葉が大きくなっているものもあり、

新たな鉢に孫株を植え付けるというのも悪くないように思いました。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
26

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回、「採種イチゴ」の子株は続々と色付き始め、

完熟するのも時間の問題となりました。

 

一方、ランナーのほうは先端部が全て千切れてしまい、

新芽を出してくれるかは微妙な状態となりました。

 

果たして、「採種イチゴ」の子株は収穫することができ、

ランナーには新芽を着けてくれるのでしょうか?

 

栽培開始からちょうど570日目

「採種イチゴ」の子株は初夏の陽気を感じるようになったこともあり、

生長しやすい環境になってきたのか一段と葉を大きくし、

剪定する前の状態に戻りつつありました。

ペトさい(採種イチゴ)123

 

しかし、新たに出てくる葉は小さいこともあり、

風通しは良さそうなので生育を鈍らせることはなさそうです。

 

株の周りには新たな蕾をたくさん着けるようになり、

その一部からは白い花が咲いていました。

ペトさい(採種イチゴ)124

 

このようなお花にはすかさず人工受粉をして、

新たな実を着けさせるようにしました。

 

さて、赤く熟し始めていた実ですが、

実の大きさは小さいものの真っ赤に熟していました。

ペトさい(採種イチゴ)125

 

もちろん、グロテスク2号くんも含めて...

 

また、別の場所でも一番期待していた形のよい実がいい感じに色づき

収穫できる状態になっていました。

ペトさい(採種イチゴ)126

 

まさか、「採種イチゴ」を収穫する日がやってこようとは思いもよらず、

これまでの栽培での出来事が走馬燈のように蘇ってきました。

 

ここまで育て上げるのにどれだけの年月がかかったでしょうか?

 

思えば、この栽培を始めたのは今から4年前の3月のことで、

その当時は市販のイチゴから採取した種を発芽させるのに苦労しました。

 

これまで触れてこなかった採種イチゴの愛称「メイちゃん」の由来ですが、

中国語でイチゴのことを『ツァオメイ』というそうで、

路地物のイチゴの収穫期が5月(May)ごろとされることから名付けました。

 

その後も育苗させるのに一苦労で何度も挫折を経験した後、

現在栽培している「採種イチゴ」は4代目で親株と孫株を失いながらも、

頑張って育て上げることができたのです。

 

さぁ、この栽培の最後の仕事をしましょう。

赤く熟した実を一つ一つ丁寧に園芸用ハサミで収穫していきました。

ペトさい(採種イチゴ)127

 

イチゴを収穫するときはつけ根から切り取るのですが、

株の近くに寄るだけで甘酸っぱい香りがしてきました。

 

今回収穫できた実は大小様々ありますが9粒採ることができ、

何も付けずにそのまま食べました。

 

今回収穫したイチゴは今から4ヵ月前に摘果したものより甘さがあって、

ジューシーで美味しかったです。

 

やはり、水やりの際に栽培用炭酸水を使ったのは正しかったようですね。

 

なんとか、「採種イチゴ」を収穫することはでき、

残すはランナーの状態です。

 

ランナーはどれも先端が千切れてしまい、

30(cm)程度の長さしかありませんでした。

ペトさい(採種イチゴ)128

 

しかし、このランナーに奇跡は起きたのです。

 

一部のランナーを見てみたところ脇芽が伸びていて

新たな芽を出しそうな状態になっていたのです。

 

また、このタイミングで新たなランナーが数本伸びていて、

新芽を着けてくれていたのです。

 

これにより、新たな孫株を増やすことができる状態になりました。

 

でも、過去に孫株を失ったことがあるだけに

なかなか積極的に増やそうという気にはなれないのです。

 

この栽培でやりたかったことは全てできて満足しましたので、

終わりにしようかなと思う今日この頃なのですが、

皆さんは今後も「採種イチゴ」の様子を見てみたいでしょうか?

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

(ペトさい(採種イチゴ)08.png)

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
20

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

汗ばむ陽気になり、ますます生長の勢いを加速させてきた

「採種イチゴ」の子株は栽培開始から567日目を迎えていました。

 

ここ最近の「採種イチゴ」の飛躍的な生長には驚かされ、

毎回様子を見る度にワクワクしてしまいます。

 

この日も同じ気持ちで様子を見てみますと、

剪定した際に残していた小さな葉が大きくなり、

開花した花や着果している実を守るように株を覆っていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)119

 

剪定してから5日しか経過していないのに

この急生長ぶりにはただただ驚かされるばかりです。

 

しかし、本当に驚くのはまだ早いのです。

というのも、既に数ヵ所で着果した実が赤く熟し始めていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)120

 

もちろん、グロテスク2世クンも()

 

そして、今まで長いこと「採種イチゴ」栽培をやってきて

最高の出来になるであろうイチゴも形や艶がよく

赤く色付き始めていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)121

 

この実が完熟するのは時間の問題であり、

この栽培のゴールはすぐそこまで来ているのです。

 

早く収穫したい気持ちを抑えつつランナーの様子を見てみますと、

なぜか先端部が全て千切れており、

新芽が出てくるかは微妙な状態となってしまいました。

ペトさい(採種イチゴ)122

 

果たして、熟した「採種イチゴ」は無事に収穫することができ、

ランナーには新芽を着けてくれるのでしょうか?

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
15

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」」栽培。

 

一段と株が大きくなり花や実も続々と着ける「採種イチゴ」の子株は

栽培開始から562日目を迎えていました。

 

「採種イチゴ」の子株はさらに草丈を伸ばし葉も大きくなり、

ジャングル状態が拡大したように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)114

 

また、ここにきて花数は少なくなりましたが、

その分人工受粉した花には続々と実を着け始めていました。

ペトさい(採種イチゴ)115

 

それらの実の一部は1015(mm)ほどの大きさになるものや

赤く色付くものを見かけるようになり、収穫の期待度が高まります。

 

さらに、ランナーのほうも数を増やし

一部のランナーからは小さな芽が出ていました。

ペトさい(採種イチゴ)116

 

このランナーは株元付近から出て間もないものがありましたので、

今後も数を増やすことは間違いないでしょう。

 

しかしながら、「採種イチゴ」の子株が様々なところで

大きな生長を見せる一方で肥料不足にならないか不安にもなります。

 

これまでも定期的に追肥をしてきましたが、

今後もたくさん実が大きくなり赤く熟してくることを考えますと、

最悪な事態を招く前に何かの手だてをしておかなくてはなりません。

 

そこで、株全体の栄養分の消費を考えたときに

実を大きくすることに最優先したいところですので、

無駄とは言わないにしても大きくなった葉のほうに

栄養分を供給するのはマイナス要素となります。

 

このため、少し大きめの葉を剪定することにしました。

 

葉の剪定はけして栄養分温存のためだけでなく、

風通しをよくする目的も兼ねて行うのですが、

二度目の剪定とは言え、少し心苦しくなります。

ペトさい(採種イチゴ)117

 

バッサリと葉を剪定したため、少し離れたところから見ても

たくさんの実を着けているのがよく分かります。

ペトさい(採種イチゴ)118

 

これらの実はより日が当たるようになりましたので、

小さくてカワイらしい赤いイチゴに育ってもらいたいと思います。

 

でも、剪定したときにアイツの再来を思わせる実を発見してしまい、

少しブルーになりました()

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

05月
09

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」」栽培。

 

爆発的な生長にテンションが高まる「採種イチゴ」の子株は

栽培開始から546日目を迎えていました。

 

子株はさらに葉で青々とした印象を受け、一回り大きくなりました。

ペトさい(採種イチゴ)108

 

近くに寄って見てみますとどの葉も一回り大きくなり、

株元付近からは新たに出てきた葉が覗かせていました。

ペトさい(採種イチゴ)109

 

また、大きな葉に守られるように白い花がさらに開花し、

'人工受粉して下さい'とおねだりされているように咲いていました。

 

しかも、今にも咲きそうな蕾もありまして...

 

もちろん、私としてはたくさん実を着けてもらいたいですので、

子株のお望み通りに人工受粉してあげました()

 

さらに別のところを見てみますと、

人工受粉したお花から着果しているのを見ることができました。

ペトさい(採種イチゴ)110

 

着果した実はどれも1(cm)弱の大きさにあり、

これからが甘くて美味しいイチゴになることを期待します。

 

もうグロテスクな形はなしだよ()

 

さらに、株元付近を見てみますと、

ランナーがさらに2本増えいずれも25(cm)近くの長さに伸びていました。

 

このランナーは今までのように脇芽を付けてくれないので

別の鉢への植え付けができず、伸びるだけ伸びているという

ある意味で迷惑な存在になりつつあります(苦笑)

 

栽培開始から554日目を迎え、

「採種イチゴ」の子株は一段と株が大きくなり、

青々とした葉がワサワサとしていて

再び剪定したほうがよさそうな状態に育っていました。

ペトさい(採種イチゴ)111

 

近くに寄って見てみますと株元付近の葉が大きくなったように感じ、

元々ある大きな葉は草丈を数(cm)伸ばしていました。

ペトさい(採種イチゴ)112

 

また、花のほうは続々と開花しさらに花数を増やしており、

見た目にもカワイらしく咲いていました。

 

人工受粉した花を見てみますとどれも花は散り、

カワイらしい実をちょこんと着けていました。

ペトさい(採種イチゴ)113

 

着果して間もないこともありますが、

今のところ、実の形のほうは順調なようで

この調子で大きくなってもらいたいです。

 

ランナーはさらに2本増え相変わらず伸び放題の状態ですが、

ここにきて、脇芽を着け始める兆候が見られますので、

今後の生長から目を離せなくなりそうです。

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
02

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」」栽培。

 

グロテスクな実を摘果したことをきっかけに、

生育の悪そうな葉をバッサリと剪定してから6日が経過し、

「採種イチゴ」の子株は新たな葉を増やし白い花も続々と咲いていました。

ペトさい(採種イチゴ)104

 

元からある葉も倍近くの大きさになり人工受粉したお花も結実し、

剪定したことによる生長の変化が一目見てわかりました。

 

気温のほうも以前に比べると暖かくなってきたことも要因の一つですが、

ここまでハッキリと生長の変化がわかるとテンションが上がります。

 

さらに一週間が経過しますと、

「採種イチゴ」の子株は草丈が伸び葉もワサワサとしていました。

ペトさい(採種イチゴ)105

 

また、小さかった蕾も大きくなりキレイな花を咲かせていたので、

人工受粉をしておきました。

 

一週間足らずで葉がここまで大きくなるとは想像しておらず驚きです。

ということはさらなる生長を期待してもよいでしょ?

 

栽培開始から536日目を迎え、さらなる生長の期待に胸を躍らせ、

ペットボトル菜園で栽培中の「採種イチゴ」の子株の様子を見てみました。

 

すると、株として一段と大きく生長している子株の姿があり、

草丈は数(cm)伸び葉は数を増やしてより大きくなり、

そして、開花する花数が格段に増えていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)106

 

こんなに大きく生長するなんて誰が予想したでしょうか?

テンションがさらに上がり、高血圧症で倒れそうになります。

 

葉の色もキレイでカワイらしい花も咲き文句の付けどころがありません。

おまけに、新たなランナーまで伸びていたらね()

ペトさい(採種イチゴ)107

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
23

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で始めてしまった「採種イチゴ」栽培。

 

新たに数ヵ所で確認された花に人工受粉を施した「採種イチゴ」の子株は

栽培開始から514日目を迎えていました。

 

「採種イチゴ」の子株はさらに葉数を増やし

葉の隙間から白い花をポツポツと見かけるようになりました。

ペトさい(採種イチゴ)100

 

新しい葉が増えることは嬉しいことではあるのですが、

その一方で古くからある葉は風通しが悪くなったことにより

黄色く変色するようになってきたのです。

 

また、これまでグロテスクと言い続けてきた実は

収穫せずに放置していたことから萎びてしまい、

何とも言えない寂しい姿になってしまいました。

ペトさい(採種イチゴ)101

 

あまりも可哀想だったのでこのグロテスクな実を摘果してみたのですが、

時はすでに遅く、実はブヨブヨしていて食べられるような状態ではなく、

そのまま処分してしまいました(苦笑)

 

最後まで可哀想なことをしてしまったグロい実に別れを告げ、

今後はこのようなことをしないためにも、

思い切って生育の悪そうな葉をバッサバサと剪定しました。

ペトさい(採種イチゴ)102

 

葉の剪定には園芸用ハサミを使ったのですが、

切り出したら結構な量になってしまい、

'ハゲいちご'になってしまうのではないかと心配になりました()

 

剪定を終えた「採種イチゴ」の子株は若い葉を多く残すようにしたので、

まだ葉のワサワサ感が残っていますが、

以前のような風通りの悪い状態を解消することができました。

ペトさい(採種イチゴ)103

 

また、花や蕾がある箇所にはなるべく日光が当たるように剪定したので、

今後の人工受粉や収穫が容易になり、栽培管理もしやすくなったと思います。

 

「採種イチゴ」の子株にはカワイらしい花がたくさん咲いていますので、

これから人工受粉をしたいと思います。

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
18

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で始めた「採種イチゴ」栽培。

 

この栽培は早いもので500日目という節目を迎えました。

 

数々の苦難を乗り越え、やっとのことで着果したイチゴが

グロテスクだったのは衝撃でしたが、

実を着けたことを確認できたことは一つ前進と言ってもよいでしょう。

 

そんな「採種イチゴ」の子株ですが、

以前よりもさらに葉数が増えワサワサとしており、

その隙間を縫うように小さな実が顔を覗かせていました。

ペトさい(採種イチゴ)96

 

近くに寄って見てみますと新たに咲く花を数ヵ所で確認することができ、

あのグロテスクな実もさらに赤みを増していました。

ペトさい(採種イチゴ)97

 

栽培開始から508日目を迎え、

「採種イチゴ」の子株はワッサワサの葉に張りが出ていて元気です。

ペトさい(採種イチゴ)98

 

また、小さかった実は少し大きくなり、

グロテスクな実はちょっと萎びてきたように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)99

 

どうもグロい形をした実を収穫する気にはなれず、食べる気もしません。

 

とはいえ、このイチゴの立場に立てば

きっとこんな形になりたくなかったと思うだろうし、

人工受粉した私に不満をぶつけたくて仕方がないかもしれません(苦笑)

 

そんなわけで、ワサワサの葉をかき分けて見つけた白い花には

二の舞にならないように丁寧に受粉をしました。

 

キレイな実を着けておくれよ、と...

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金