--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

10月
25

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回の「ししピー」栽培では収穫回数が少なかったものの

一度に収穫できた量は比較的多く、

ちょっとした料理に使うことができました。

ペトさい(ししピー)51

 

そこで今回は収穫時にお伝えしなかった「ししピー」の使い道を

ご紹介したいと思います。

 

「ししピー」は見た目がシシトウに似ていますが、

列記としたピーマンの一種ですので一品目はナポリタンを作りました。

ペトさい(ししピー)52

 

収穫した「ししピー」は調理しやすく、

実際に食べてみても一般的なピーマンの味や食感と変わらなかったので

美味しく頂くことができました。

 

続いて最後に収穫した「ししピー」ですが、

収穫量が多めでしたので酢豚に使ってみました。

ペトさい(ししピー)53

 

ナポリタンを食べたときに「ししピー」の食感が分かりましたので、

その食感を味わえることを念頭に作ったのですが、

想像していたよりも美味しかったのでやみつきになりそうでした。

 

とは言っても、「ししピー」を再び育てるかは未定なので、

来年育てることがありましたらもう一度酢豚を作りたいと思います。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii


スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

10月
24

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

初収穫してから2週間余りが経過した「ししピー」

未だ劣ることを知らずに元気に育っています。

ペトさい(ししピー)45

 

株元付近に伸びる脇芽はさらに大きくなり、

開花しそうな蕾をたくさん持っていました。

ペトさい(ししピー)46

 

株の中間部に目を移しますと葉数が以前に比べて少なくなっており、

(cm)大の実をたくさん着けていました。

ペトさい(ししピー)47

 

株の上端部には相変わらず大きな実をたくさん着け、

私に収穫してもらいたいと言わんばかりの豊作ぶりでした。

ペトさい(ししピー)48

 

実をたくさん着けてくれることは大変喜ばしいことではありますが、

株の中間部と同様に本葉の数が若干減っており、

新たな蕾は殆ど見られませんでした。

 

株全体の栄養分の大半は実のほうで取られていると思われますが、

それでも少しぐらいは蕾を着けてもおかしくありません。

 

このことと時期的なことを踏まえますと、

「ししピー」寿命が迫っているように感じます。

 

従って、もう少し収穫を楽しみたい気持ちはありますが、

今回の収穫を最後に「ししピー」を撤収することに決めました。

 

それでは最後の収穫を行うことにしましょう。

 

今回も園芸用ハサミを使って収穫するのですが、

「ししピー」を撤収しますので5(cm)程度の大きさの実も収穫します。

ペトさい(ししピー)49

 

さすがに、少し小さめの実も収穫したこともあり大量収穫となりました。

ペトさい(ししピー)50

 

こんなにたくさん収穫できると撤収するのが残念な気もしますが、

株そのものが寿命ですので割り切りましょう。

 

無事に「ししピー」を収穫することができたところで、

今回の栽培をレシピに追加するかを決めましょう。

 

今回の栽培では育苗させた後に植え付けて育てましたが、

植え付け後の生長は順調に進めることができたと思います。

 

しかしながら、育苗には生育適温下と日照不足で思うように育たず、

多少手こずる場面が見られました。

 

このことを踏まえますと、育苗にはもう少し工夫が必要であると思い、

今回の栽培についてはレシピへの追加を見送ることにしました。

 

今回は少し変わった形のピーマンを育てましたが、

来年はごく普通のピーマンで再挑戦したいと思います。

 

これまでの間、「ししピー」栽培のお話にお付き合い下さり

ありがとうございました。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

シシトウのような形をした実がなり、収穫まで今か今かと待ちきれない

「ししピー」栽培はちょうど180日目を迎えました。

ペトさい(ししピー)39

 

不要な葉を摘み取り実のほうに栄養分が行き届くようにしているものの、

葉数が増えることには「ししピー」の活発な生長ぶりに驚かされます。

 

それは株元付近を見ても分かることで、

脇芽が大きくなり蕾を着けていたのです。

ペトさい(ししピー)40

 

本葉がワサワサと茂っている株の中間部では

蕾から白い花が咲くものや開花したところに実を着けるもの

あちらこちらで見られるようになりました。

ペトさい(ししピー)41

 

そして、既に実を着けている株の上端部では

シシトウに似た実が大きくなり、収穫できそうな状態になっていました。

ペトさい(ししピー)42

 

「ししピー」の収穫の目安は開花してから2025日程度で、

実の大きさが7~8(cm)ほどです。

 

今着果している「ししピー」は目測でも8(cm)近くありますので、

十分に収穫することはできそうです。

 

それでは待ちに待った「ししピー」の収穫を始めましょう。

 

「ししピー」を収穫するときは枝が折れやすい為園芸用ハサミを使います

ペトさい(ししピー)43

 

今回収穫した「ししピー」は初回にしてはたくさん穫ることができ、

まずまずの出来だと思います。

ペトさい(ししピー)44

 

これに満足することなくより多くの「ししピー」を収穫するためにも、

収穫した後には必ず実付きを良くするリン酸系肥料

葉の生育を促す発酵油かす一摘みずつ与えるようにしましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
22

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

葉が茂るほどたくさん着いてしまった「ししピー」

栽培開始から166日目を迎えたのですが、

草丈が支柱よりも50(cm)近く伸びたことから長い支柱に立て直し、

そのついでにたくさん着いていた本葉を摘み取りました。

ペトさい(ししピー)35

 

このため、以前よりもスッキリした姿になったと思います。

 

そんな「ししピー」には続々と蕾から開花小さな実も着き始めました。

ペトさい(ししピー)36

 

今回は一番果ではないため小さな実を摘み取ることはせず、

大きくなるのを見守ることにします。

 

それから一週間が経過し、「ししピー」は実を着け始めたこともあり

株に負担がかからないようにするため葉をさらに摘み取り

一段とスッキリした姿にしました。

ペトさい(ししピー)37

 

近くに寄って観察してみますと開花した箇所には小さな実を着け、

小さかった実はシシトウのような形をして大きくなっていました。

ペトさい(ししピー)38

 

まだ収穫するには時間がかかりそうですが、

そう遠くない時期に実を収穫できそうです。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
21

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

一番果を摘果してから8日が経過した「ししピー」一段と葉数が増え

立派な株に生長していました。

ペトさい(ししピー)31

 

近くに寄って観察してみますとあちこちから新芽が出ており、

再び開花しそうな蕾が見られるようになりました。

ペトさい(ししピー)32

 

栽培開始から146日目を迎えますと、

「ししピー」には葉がワサワサと茂るほど増え、

育てている私を驚かしてくれます。

ペトさい(ししピー)33

 

しかしながら、倍返しとばかりに葉がたくさん着いてしまうと

逆に、栄養分が葉に取られてしまうため肝心の花芽のほうに行き届かず、

悩みの種が一つ増えることになるのです。

 

だからと言って本葉を摘み取るわけにもいかず、

今の「ししピー」にはきれいに咲く花や蕾がたくさん着いているため、

しばらくの間は実付きを良くするリン酸系肥料と発酵油かすを

一摘みずつ与えながら様子を見るしかないようです。

ペトさい(ししピー)34

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
20

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

アブラ虫の駆除から一週間が経過した「ししピー」のその後の様子ですが、

さらに草丈を伸ばし葉数も増え、立派な株に育っていました。

ペトさい(ししピー)27

 

近くに寄って観察してみますと、アブラ虫を駆除する前よりも

葉色が良くなり張りが出てきたように感じます。

ペトさい(ししピー)28

 

しかも、開花したところには小さな実を着けていたのです。

 

待望の一番果を着け喜びたいところですが、

今後の「ししピー」の生育を考える上で

この一番果が大きくならないうちに摘み取る必要があります。

 

せっかく着けた実を摘み取るのは勿体無いと感じるかもしれませんが、

実が小さいうちに摘み取ることで品質のよい実を着けることができ、

実の肥大に消費する栄養分を無駄なく行き届かせることができるため、

大切な作業なのです。

 

従って、今回着けた一番果は園芸用ハサミを使って切り取りましょう。

ペトさい(ししピー)29

 

少し可哀想な気持ちにはなりますが、

摘果した一番果は小さくてカワイらしいですね。

ペトさい(ししピー)30

 

一番果を摘み取りましたので、これからたくさん実を着けられるように

大事に育てていきましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
19

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てている私が驚くほど大きく生長する「ししピー」

早くも124日目を迎えていました。

ペトさい(ししピー)23

 

相も変わらず大きく生長する「ししピー」は遂に支柱の先端を超え

追肥の効果が着実に形となって現れてきました。

 

しかし、大きく生長することに喜んでばかりもいられません。

 

近くに寄って観察してみますときれいな葉が茂るようになり、

あちこちから開花しそうな蕾や花が咲いているものを目にする一方で、

葉の表面に憑くアブラムシの姿も確認するようになったのです。

ペトさい(ししピー)24

 

これまでアブラムシのような害虫に対する対策は行っていなかったため、

このような状態になっても仕方がありません。

 

そんな呑気なことを言っていられるのは、

不幸中の幸いにもアブラムシが寄生して間もないことに加え、

葉を食する葉物野菜ではなかったからです。

 

言い換えれば、この状態ならばまだ取り返しはつくのです。

 

さて、早速アブラムシの駆除作業に取り掛かることにしましょう。

 

アブラムシは黄色いものに寄りつく習性があり、

逆に光が入る場所や眩しい場所を苦手とします。

 

従って、今回の作業としては本葉に憑いたアブラ虫を駆除し、

その後にアブラ虫が再び現れないように防虫対策を施します。

 

まずはアブラ虫の駆除ですが、

葉に憑いたアブラ虫を手で追い払っても株元に落ちるだけで

再び葉に憑いてしまいますのでこの方法はやらないで下さい。

 

アブラ虫を駆除するためにはアブラ虫の苦手とする'栽培用炭酸水'

アブラ虫に直接噴霧します。

ペトさい(ししピー)25

 

'栽培用炭酸水'市販の炭酸水と水道水を5:5の割合で

混ぜ合わせたもので、アブラ虫の駆除以外にも液体肥料代わりにも

利用できる優れ物なのです。

 

実際に'栽培用炭酸水'でアブラ虫を駆除してもらえれば分かると思いますが、

気持ちがいいくらい葉の表面からアブラ虫の姿がなくなりますので

是非ともお試しください。

 

アブラ虫の駆除が完了しましたら、続いて防虫対策をしましょう。

 

防虫対策には様々な方法がありますが、

ここではご家庭にあるものを使って行いたいと思います。

 

前述したように、アブラ虫には光るものを苦手とする習性があります。

 

そこで、今回はその習性を利用し、ご家庭に一つはあるであろう

'アルミ箔'を鉢の土面に敷きたいと思います。

ペトさい(ししピー)26

 

'アルミ箔'をハサミなどで適当な大きさに切り鉢の土面に敷くことにより

日光が株の上方に反射するためアブラ虫が寄り憑きにくくなるのです。

 

最後に、アブラ虫が再び発生しないためにも

その原因を覚えて対処できるようにしましょう。

 

アブラ虫は日当たりや風通しの悪い環境で発生し、

土の栄養分のうち窒素分が不足すると大量発生します。

 

このため、前述した方法で防虫対策をすることに加えて、

「ししピー」の生育状況を見て追肥するように心がけましょう。

 

とりあえず、アブラ虫を駆除した「ししピー」

再びきれいな葉に蘇りましたので今後の生長を見守りましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
18

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

縦型ペットボトル鉢に植え付けてから9日が経過した「ししピー」ですが、

衰弱することなく順調に生長していました。

ペトさい(ししピー)19

 

私の心配をよそに草丈は30(cm)近くまで伸び、

本葉も数を増やして大きくなっていたのです。

 

また、蕾もポツポツと出てくるようになり、

開花しそうなものも見られるようになっていました。

 

順調に生長してくれますと自然と笑みがこぼれ、

さらなる生長を期待してしまいます。

 

栽培開始から108日目になりますと、

「ししピー」はさらに草丈を伸ばし、これに伴い葉数も増えていました。

ペトさい(ししピー)20

 

また、蕾からは待望の白い花がきれいに咲いていました。

 

「ししピー」は観察する度に大きく生長しており、

土中の様子をペットボトル鉢の側面から見てみますと

しっかりと根が張っているのを確認でき、絶好調なのが納得できます。

 

さらに9日が経過しますと「ししピー」草丈を1()近くまで伸ばし、

支柱の先端に届いてしまう好調ぶりでした。

ペトさい(ししピー)21

 

このため、「ししピー」の全体像を撮影するのに

カメラの向きを変えないと捉えることができないので、

撮影泣かせな生長ぶりに嬉しいような悲しいような複雑な気持ちです。

 

近くに寄って観察してみますと一段と葉数が増え

株の上のほうがワサワサと茂ってきました。

ペトさい(ししピー)22

 

また、脇芽からは蕾があちこちに着くようになりました。

 

このような状態になりますと土の栄養分を吸収する割合が増えるため、

2週間に1回は実付きを良くするリン酸系肥料と葉の生育を促す

発酵油かすを一摘みずつ追肥するようにしましょう。

 

こうすることで土の栄養分が不足することなく、

元気な「ししピー」に育ってくれます。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
17

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

順調に生長を続ける「ししピー」は栽培開始から87日目を迎え、

この日もまた、一段と大きく生長していました。

ペトさい(ししピー)16

 

草丈は目測で20(cm)以上に伸び本葉もより大きくなり倍近くに増え

ノリに乗っているといった感じです。

 

しかも、近くに寄って見てみますと、

(mm)ほどの大きさになる蕾を着けていました。

 

上の写真をご覧の通り、「ししピー」は立派な苗に育っていますので、

そろそろ'縦型ペットボトル鉢'への植え付けをすることにしましょう。

 

育苗した苗の植え付けの目安は草丈が1520(cm)程度で、

本葉の数が8枚以上あり、そして蕾を持つようになった頃です。

 

このため、この条件は全てクリアしていますので植え付けるわけです。

 

「ししピー」を植え付ける際の注意点としては、

育苗した苗を小型ペットボトル鉢から取り出すときに

株元の茎を人差し指と中指の間に挟むようにし、

ペットボトル鉢を逆さにして取り出して下さい。

 

こうすることで苗を傷めずに取り出すことができます。

 

小型ペットボトル鉢から取り出した「ししピーの苗」

縦型ペットボトル鉢に野菜用培養土を入れ、

鉢の中央に置いて株の周りから野菜用培養土を入れて植え付けます。

ペトさい(ししピー)17

 

野菜用培養土は縦型ペットボトル鉢の縁から15(cm)下まで入れ

その状態から「ししピーの苗」の根鉢と野菜用培養土を密着させるようにし

野菜用培養土を入れていきます。

 

こうして植え付けた「ししピー」は草丈が20(cm)程度ありますので、

風に吹かれて横に倒されないように支柱を立てて支えましょう。

ペトさい(ししピー)18

 

これで植え付け作業は完了し、あとは大きく生長するのを待つだけです。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
16

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

間引き作業を終えてから2週間が経過した「ししピー」の様子ですが、

間引き直後の頼りなさそうな姿から一変、見違えるほど大きくなりました。

ペトさい(ししピー)14

 

草丈は目測で6(cm)ほどになり、

本葉も5~6枚に増え立派な大きさに生長していました。

 

ようやくお日様も出るようになり気温のほうも上がってきたことが

「ししピー」の生長を後押ししたのでしょう。

 

栽培開始から69日目になりますと

「ししピー」草丈をさらに3~4(cm)伸ばし、

本葉の数も倍近くに増えていました。

ペトさい(ししピー)15

 

ようやく本領発揮の兆しを見せ始めた「ししピー」の今後が楽しみですね。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
15

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スッキリしない天候の中で小さな芽を出し本葉が出てきた「ししピー」

栽培開始から41日目を迎えました。

 

その後もお日様が出る日は少なく、

「ししピー」にとっては生長しにくい環境にありました。

 

そうは言っても、しっかりと育つところは育っているようで、

どの芽も本葉が2~3枚付いていて双葉と同程度の大きさがありました。

ペトさい(ししピー)11

 

このため、お互いの芽の葉が触れ合っていて少し窮屈そうな感じがします。

 

どの野菜にも言える話ですが、株が込み合ってきますと生育が悪くなり、

土の栄養分の消費も激しくなり栄養不足で葉色が黄色くなってきます。

 

このような状態にしないためには早めに間引くことが大事になります。

 

「ししピー」の場合は草丈3(cm)程度で本葉を2~3枚付いた頃

間引きを行う必要がありますので、まさに今がその適期となります。

 

また、今回の栽培中の「ししピー」は育苗のため小型ペットボトル鉢で

育てていますので、土の容量が少なく栄養不足になりやすいのです。

 

早速、「ししピー」の芽を間引きたいと思うのですが、

元気そうな芽を一株だけ残すようにして下さい。

ペトさい(ししピー)12

 

間引く際の注意点としては、葉の色が黄色くなっていたり、

草丈が異様に長くヒョロッとしているなど生育の悪そうな芽を

指で軽く摘んで引き抜きます。

 

間引き作業を終え、元気そうな芽を一株だけ残した「ししピー」を見ますと

まだまだ小さな芽で頼りなさを感じます。

ペトさい(ししピー)13

 

とはいえ、数ある芽の中から一番良さそうな芽を選びましたので、

この芽の生長を信じて育てていきましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
14

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

小型ペットボトル鉢に「ししピーの種」を蒔き、

早く芽が出てくれないかと期待が膨らむ今日この頃。

 

今回育てる「ししピー」の発芽日数は地温2530℃で5~7日ほどかかり、

今回蒔いた「ししピーの種」が発芽したのは10日ほど遅い15でした。

ペトさい(ししピー)08

 

こんなに発芽に日数を要してしまったのは様々な要因が重なったためで、

そのうち最も遅らせる引き金になったのは

発芽適温の低下と梅雨による日照不足が考えられます。

 

これらは「ししピー」に限らずほかの野菜にも言える話ですので、

生育不良になることは悩みの種になります。

 

まずは発芽が遅れましたが、無事に芽が出てくれたことを喜びましょう。

 

発芽してから12日が経過「ししピー」の様子を見てみますと、

蒔いた種全てから発芽草丈が1(cm)ほど伸びていました。

ペトさい(ししピー)09

 

また、双葉もカワイらしく開いて大きくなっていました。

 

栽培開始から34日目になりますと、

「ししピー」草丈を5(cm)ほど伸び双葉もより大きくなりました。

ペトさい(ししピー)10

 

目を凝らして見てみますと、

双葉と双葉の間から本葉が出ているのを確認できました。

 

まだまだ「ししピー」の生育に適した気温とはいえませんが、

少しずつ大きくなる様子を観察していきましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
13

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回はちょっと変わったピーマンの「ししピー」を育てたいと思います。

 

この「ししピー」はその名から想像できるように、

シシトウのように細長くて辛みがないピーマンです。

ペトさい(ししピー)01

 

なんだかそのまんまのネーミングのように感じますが、

今回の栽培では'小型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育苗し、

育てた苗を'縦型ペットボトル鉢'に植え付けて育てます。

 

それでは、ししピーの種を蒔いてみましょう!!

 

いつものように、今回の種蒔き作業で使用する道具を

下図に示しますので各自ご用意下さいね。

【用意するもの】

ししピーの種、小型ペットボトル鉢、ジョウロ、

霧吹き、種蒔き用培養土、移植ゴテ

ペトさい(ししピー)02

 

上記の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「ししピーの種」を蒔きます。

 

【ししピーの種蒔き手順】

ペトさい(ししピー)03

「小型ペットボトル鉢」の縁から3(cm)下まで種蒔き用培養土を入れ、

「ししピーの種」を点蒔きします。

 

種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)ほど開けて下さい。

ペトさい(ししピー)04

 

ペトさい(ししピー)05

種蒔き用培養土を覆土し、「霧吹き」で種蒔き用培養土を湿らせて完了です。

 

もし霧吹きがない場合はジョウロの注ぎ口に手を添えて

種が流れないように注意して水を与えて下さい。

 

今回の栽培では「ししピー」を二株育てたいと思い、

下図のようなトレイに入れて育てます。

ペトさい(ししピー)06

 

「ししピー」地温2530℃で播種後5~7日程度で発芽しますので、

まずは日当たりのよい場所において観察することにしましょう。

 

最後に、今回の「ししピー」の種蒔き作業にかかった費用と

ししピーの栽培データを以下に示したいと思います。

◆ししピーの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ししピーの種

1

378

378

霧吹き

1

105

105

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

6
(200ml使用)

移植ゴテ

1

105

105

合計金額 

594

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で作成する場合は別途費用が掛かります。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金