--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
04

[原子力発電] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、原子力発電にまつわるお話にお付き合い下さい。

 

東日本大震災が発生してから3年5ヵ月が経過しようとしていますが、

あの震災が原因で福島第一原発事故が起きて以来、

一連の報道を聞かない日はありません。

 

事故が起きた後に結果論を言うのは簡単なことではあるのですが、

今大事なことは事故を起こした原因を究明することはもとより、

一日も早く、放射能汚染を最小限に抑えることに全力を尽くし、

汚染廃棄物の処理を適切に行うことが急務です。

 

現場で作業されている方々は命懸けで作業されているわけで、

そのような方々に敬意を表したいと思います。

 

思えば、私は東日本大震災が発生する前までは、放射能汚染の危険性を

危惧しながらも原子力発電を進めるような発言をしました。

 

あの当時、CO2などの温室効果ガスを大量に排出することは

地球温暖化を促進させるだけでなく、京都議定書に批准した

日本の削減目標を達成することができないなどの理由から

火力発電を廃止し原子力発電や太陽光発電などに代表される

クリーンエネルギー発電に切り替えることをお伝えしてきたのでした。

 

しかし、あの甚大な被害をもたらした震災をキッカケに、

その発言を覆せざるを得ない状況に変わりました。

 

あの当時、日本の電力発電の割合は火力発電が全体の約7割を占め、

原子力発電が約2割、残り1割が水力発電などでしたが、

震災のあった2011年を境に原発事故の影響で原子力発電は1割を下回り、

火力発電が全体の約9割を占めるようになったのです。

 

原子力発電を稼働できない状況となった現在、

我々が生活する上で必要な電力は他の発電方式で発電しなければならず、

温室効果ガスを大量に排出する火力発電に頼らざるを得ない現状。

 

誰しもが地球温暖化を進行させていることを認識していても、

生活していかなくてはならないので綺麗ごとばかりも言っていられず、

頭が痛くなるような問題が山積していく一方なのです。

 

現在の発電技術は以前に比べたら格段に向上しましたが、

それでも実用化にはかなりの年月とコストがかかるそうなので、

この状況はしばらく続くことになりそうです。

 

福島第一原発事故が発生してから原子力発電に反対するデモが

各地で行われるようになりました。

 

たしかに、あれだけの深刻な事故を引き起こしてしまったわけですから、

原子力発電をゼロにすることには一定の理解はします。

 

しかし、デモをやられているのを拝見していつも思うことが一つあって、

原子力発電には反対と言うのは良いとして、その代替えになるものは

具体的に発言されないことに疑問を感じるのです。

 

とにかく、'原子力発電には反対。後のことは後から考える'では、

日々生活するために必要な電力はどこでどうやって賄うのでしょうか?

 

同じデモをやるのであれば、もっと具体性のある発言をしなければ

それを聴く者が共感してくれないだろうし、

単なるお祭り騒ぎで終わってしまうように感じるのです。

 

あまりにも原子力発電のことに無知で無責任な発言に終始したデモには

理解したいどころか、憤りを感じてしまうのです。

 

原子力発電の一連の問題はそんな単純に解決できるような話ではなく、

山積している様々な問題を一つずつ解決していくしかなく、

問題が解決した時には私はこの世にいないかもしれません。

 

それだけこの問題は難しいのです。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

03月
23

[放射能] ブログ村キーワード:市民活動、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今までに経験したことのない壮絶な揺れを感じた

「東日本大震災」が発生してから2週間近く経ちました。

 

今回の震災では、震源地に近い海岸部で変動が大きく、

石巻市周辺では地盤の沈降や東へのズレから

()以上の差異が解析されています。

 

また、意外と知られていないようですが、

今回の震災によって地球の自転がわずかに速くなり、

一日の長さが100万分の1.8秒短くなったのだそうです。

 

さて、今回の震災では様々な被害が報告されておりますが、

ここ数日は、東京電力福島第一原発の事故を受けて実施した

食品のサンプル調査で、福島県県内の酪農家で採取された'牛乳'と、

茨城県内の6市町村で採取された'ほうれん草''カキ菜'から、

食品衛生法の暫定規制値を超える放射性ヨウ素などの

放射性物質が検出され、出荷停止となる事態になりました。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
14

[計画停電] ブログ村キーワード:市民活動、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

先日発生した東日本大震災を受け、

温かいコメントを寄せて下さいましてありがとうございました。

 

我が家の被害は被災地で被害に遭われた方に比べれば軽いもので、

住居の損傷が少なく、電気・ガス・水道などのインフラを

使えるだけでもありがたいことだと思っております。

 

とりあえず、床に下ろしたパソコンのモニターやプリンターは、

地震の揺れにも耐えられるように、

下図の「耐震接着ゴム」を貼り付けて対処しました。

耐震接着ゴム

 

さて、皆さんもご存知のことと思いますが、

今回の震災で発電所の停止が相次ぎ、

電力供給が大幅に落ち込むことから、

東京電力と東北電力が電力供給している区域において

'計画停電'を実施することになりました。

 

この'計画停電'とは、電力需要に対して供給能力が下回る場合に

電力会社が一定区域への供給を順番に止める処置のことです

心ひとつに キャンドルナイト

02月
16

[メール]ブログ村キーワード:植林、Water Planet、地球

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは以下に示すメールの文面を見て、

どのようにお感じになられますか?

迷惑メール

 

一読してみて、食料自給率に関する内容が記述されているので

このメールを送信された方はこの問題について精通し、

熱心に取り組まれているのかと思ってしまいます。

 

しかし、このメールを汲まなく見てみると、

少し怪しいメールのようにも感じられます。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
29

[検定]ブログ村キーワード:コンポスト、仮想水、COD

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ここ最近、環境意識の高まりから、

環境問題に関する検定が続々と実施されているようで、

遂に、環境分野にも検定ブームが浸透してしまったようです。

 

そんな中、先日いつものようにネットサーフィンをしていた時、

ある環境問題に関する検定のバナーが目に入りました。

 

そのバナーは「環境カオリスタ検定」と呼ばれるもので、

どのような内容なのか気になり、バナーをクリックして

確かめてみることにしました。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
21

[環境問題]ブログ村キーワード:コンポスト、仮想水、COD

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんもご存じのように、先日管改造内閣が発足しました。

 

これに伴い、組閣人事が行われることになるため、

当然ながら、環境大臣も変わる可能性があるのです。

 

今から3ヵ月前にも同じことをお伝えしたかもしれませんが、

組閣が行われる度に環境大臣が誰になるのかは

私にとって最大の関心時であり、今回も例外ではありません。

 

新しくなった環境大臣が「地球環境問題」を理解しているのかを

見極めるのは新閣僚の記者会見での発言です。

 

特に、知ったかぶりのマスコミ関係者からの質問に対して、

どのような受け答えをするのかが一番重要なポイントであり、

この受け答え次第で今後の環境問題に向けた国の取り組み方が

見て取れると言っても過言ではないのです。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
13

[環境配慮]ブログ村キーワード:環境教育 動物保護 NPO

おはようございます、M.Ishiiです。

 

フランスでは9月から新学期が始まるそうで、

普通の学校では9月3日に入学式を行うのだそうです。

 

つまり現在、フランスでは新しい環境下で

勉強している学生さんが多いということですね。

 

そんな中、フランスの環境・エネルギー管理庁(ADEME)では、

新学期を迎える時期に当たり、学用品の購入に環境配慮

取り入れるよう呼び掛けているのだそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
18

[うなぎ]ブログ村キーワード:コンポスト、ビオトープ、外来種

おはようございます、M.Ishiiです。

 

度々、本ブログでも食にまつわる問題を取り上げておりますが、

殆どの問題の原因は偽装によるものが大半で、

その都度、モラルの欠落を指摘しているように感じます。

 

さて、先日また、食に関する偽装問題が明るみになりました。

 

今度は、大手スーパーの「イトーヨーカ堂」が

輸入し売れ残った中国産冷凍ウナギを、

別の業者が輸入したように装って転売していたことが、

神奈川県警生活経済課の調べて明らかになったのです。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
11

[LED]ブログ村キーワード:食育、グリーン購入、光触媒

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは、現在の日本の食料自給率が

何%なのかをご存じでしょうか?

 

農林水産省の発表によれば、

2008年度のカロリーベースにおける食料自給率は

41なんだそうです。

 

この数値が高いのか低いのかと聞かれれば、

先進国の中で極めて低い水準ですので、

紛れもなく低いと言えます。

 

日本の食料自給率は1960年度で79%あったそうですが、

日本人の食生活が米や魚などの伝統的な日本食から、

肉やパン中心の洋食へと変化した事に加え、

消費者がより安価な輸入品を選びがちにある状況などから、

食料自給率が長期的に低迷しているのです。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
09

[LED]ブログ村キーワード:食育、グリーン購入、光触媒

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは「マクロビオティック」というのを

聞いたことがあるでしょうか?

 

あまり聞き慣れない言葉ですが、

この「マクロビオティック」とは穀物や菜食を中心とした

食生活によって、'健康で長生き'を実践しようという

考え方のことです。

 

「マクロビオティック」は、'マクロ=大きい''ビオ=生命'

'ティック=術'というそれぞれの語源を持ち、

ソクラテス以前のギリシャの哲学者や医学者が

'自然に則した命のあり方'という意味で

使われている'マクロビオス'に由来しているそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
23

[知床]ブログ村キーワード:エコカー、バイオマス、LED

おはようございます、M.Ishiiです。

 

梅雨が開けた途端に、毎日厳しい暑さが続いておりますが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

これから夏本番を迎えると同時に、行楽シーズンの到来となり、

既に、夏休みの計画を立てられていることと思います。

 

さて、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川では、

休日になりますと、河川敷でバーベキューを楽しむ利用者で

盛り上がっています。

 

以前、マスコミでも取り上げられたことがありますが、

現在、多摩川河川敷ではバーベキュー利用者によるゴミの

大量発生など数多くの問題が後を絶たない状況にあります。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
08

[病院食]ブログ村キーワード:ゴミ分別、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

人間って、健康体でいるときは健康でいることの有り難さを

忘れがちで、いざ、何かの病気になった時にその有り難さを

痛感するのでしょうか?

 

一部のブログ仲間の方々にはお知らせしておりますが、

私は先週末に近くの病院に入院し、昨日手術を受けました。

 

現在の心境を一言で表すとするならば、

「この痛みと苦しむから早く解放されたい」に尽きます。

 

なんせ、今までに経験したことのない痛みが体中に走り、

呼吸もしにくいため苦しいのです。

 

しかし、これらの苦しみは自分がまいた種であるから、

誰にも文句は言えず、自分の日々の行いを恨む以外にありません。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
01

[環境月間] ブログ村キーワード:リサイクル、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

早いもので、今日から6月に入りました。

 

6月と言うと、先日の「オレ流eco検定」でも取り上げたように、

'環境月間'ということもあって、

環境問題に関する話題が豊富な月でもあるのです。

 

そのため、国や各自治体では「環境問題」に関するイベントが

開かれ、皆さんもよくご存じのメジャーな行事で言いますと、

6月21日の夏至に実施される「100万人のキャンドルナイト」が

あります。

 

私も本ブログを通じて環境問題について語っていますので、

この日は部屋の電気を消してロウソクを灯しています。

(ロウソクと言えば、ブログ仲間のami-s

 リサイクルキャンドル作りで忙しくなるのかなぁ。)

心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

[自転車]ブログ村キーワード:地球温暖化、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今更ながら、こんなことを聞くのはヤボだと思いますが、

皆さんは交通ルールを守って自転車を乗っているでしょうか?

 

ここ最近、環境への配慮やモーダルシフトなどにより、

自転車を利用される方が増えているそうです。

 

特に、電動付きアシスト自転車が低価格化していることもあり、

その利用者は増加傾向にあるのだそうです。

 

私は元々、サイクリングが好きなので、

普段職場へは自転車通勤しています。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
06

[教科書]ブログ村キーワード:京都議定書、排出権取引

おはようございます、M.Ishiiです。

 

新聞やテレビなどでご存じの方もいらっしゃると思いますが、

来年度から使用される各教科の教科書の内容は、

「脱ゆとり教育」と言われる程、追加された項目が多数あるそうです。

 

たしかに、「ゆとり教育」で使用された算数の教科書で、

円周率が'3.14'から''に変更されたり、

台形の面積の公式が削除されるなど、

その内容に驚かされました。

 

現在、大学生の数学力の低下が深刻な問題になっている背景には、

このような基礎的な教育が省かれてしまったことにも

原因があるように感じますよね。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
10

[給食]ブログ村キーワード:省エネ、植樹・植林、バイオマス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは給食の中で

もう一度食べてみたいものはありますでしょうか?

 

私は、揚げパンや焼きそば、マカロニグラタンが好きでしたが、

もう一度食べてみたいものはポークカレーとソフトめんです。

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、

このソフトめんはうどんに似ているようで違うものでして、

実は麺の太さがうどんよりも細く、市販されていないのです。

 

最近では、給食と同じメニューを食べることのできる

給食レストランが東京都心にあるそうですので、

子供の頃に食べた思い出の味を堪能できるのは嬉しい限りです。

 

それにしても、私の素朴な疑問ですが、

給食に出る食べ物はカロリー計算されているのに、

病院食とは比較にならないほど美味しいのはなぜでしょう?

(健康体であって、かつ、食欲があるのに、病院食はマズイ。)

 

さて、昨日も少し暇ができたのでネットサーフィンしたところ、

ネットニュースに給食に関する話題が掲載されていました。

 

なんでも、給食に出るパンの持ち帰り禁止について、

論争を巻き起こしているのだそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
12

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは日本の食料自給率がどのくらいあるか

ご存じでしょうか?

 

週刊誌やワイドショーなどでは、

食料自給率が40%を切っているような報道がされています。

 

しかし、実際には40ありまして、

けしてこの数値を下回っているわけではないのです。

 

食料自給率とは、1国内で消費される食料のうち、

どの程度が国内産で賄われているかを表す指標のことです。 

心ひとつに キャンドルナイト

04月
28

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんは、日本が食品の廃棄量の多さで

世界有数であることをご存じでしょうか?

 

日本の食料自給率が40しかないにもかかわらず、

外食などで食べ残された食料が捨てられる現状は無視できません。

 

また、一時期、中国製毒入り冷凍餃子事件が騒動になりましたが、

現在の日本は、中国を含めた外国から輸入された食料に

頼らなければないない現状もあるのです。

 

以前、本ブログでお伝えしたことがありますが、

外国から輸入される食料の一部は、

本来、飢餓で苦しむ国々の方の口に入るものが含まれており、

このような食料を食べ残し、捨てられている日本のあり方は、

反省と改善すべき点ではないかと思います。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
28

おはようございます、M.Ishiiです。

 

いつも本ブログをご覧頂いている方を中心として、

様々な環境問題に関するアンケート調査を行ってきました。

 

本ブログでこの環境アンケートを行ってきたのは、

環境意識に関する調査結果がキッカケでした。

 

言うまでもなく、環境問題に関心があり、

自主的に行動できる方は環境意識の高さが伺えますが、

無関心な方の意識を変えることは並大抵なことではありません。

 

本ブログでは、毎日様々な環境問題に関する話題を

お伝えしておりますが、本ブログを閲覧される方の環境意識を

少しでも高めるキッカケになることを願っているのです。

 

今回のアンケートでは、この企画を始めるキッカケになった、

「性別で環境意識が高いと感じるのはどちらなのか?」

いうことをお尋ね致しました。

 

今回の環境アンケートにご投票頂いた数は86でした。

今回も環境アンケートへのご協力ありがとうございました。

 

私自身も、今回のアンケート結果には興味津々ですので、

早速その結果を見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
15

おはようございます、M.Ishiiです。

 

毎回、様々な環境問題をテーマに、

皆さんのご意見や環境意識をお尋ねしているこの企画も、

早いもので半年近くが経過しました。

 

本アンケートにおける無理難題なご質問を

出題させて頂いているにも関わらず、

貴重なご意見やご提案などを頂くことが多く、

環境問題への意識の高さを実感しました。

 

この企画を始めた当初、

巷のウワサで「日本の環境意識の低さ」について耳にし、

その中でも性別では、女性よりも男性のほうが圧倒的に低く、

年代的には1020歳代よりも50歳以上のほうが低いという、

根拠のないデータも目にしました。

 

私は、「本当に、日本人ひとり一人が

このようなデータに示す環境意識なのか?」と疑問に思い、

本ブログでこの企画を始めたのでした。

 

前述したように、様々な環境問題に対するテーマについて、

貴重なご意見を頂き大変感謝しておりますが、

どうしても、皆さんに一つだけお尋ねしたいことがあります。

 

今回の環境アンケートのご質問になりますが、

「皆さんから見て、環境意識が高いと思われるのは

 どちらでしょうか?」

 

()男性の方

()女性の方

()どちらでもない

 

今回の環境アンケートの投票についてですが、

上記の項目から該当するものに一つ選んでご回答ください。

 

今回の環境アンケートの実施期間は、

2009年3月15()2009年3月27()までとします。

 

また、今回の環境アンケートの結果発表は、

2009年3月28()に行う予定です。

 

皆さんの環境アンケートへのご協力をよろしくお願い致します。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
14

おはようございます、M.Ishiiです。

 

環境問題を語る上で、地球温暖化に始まる

気候変動の話を切り離すことはできません。

 

このため、環境問題にあまり関心のない方でも、

地球温暖化問題が最重要課題である事はご存じであると同時に、

「環境問題=地球温暖化問題」と認識されている方も

少なくないのではないかと思います。

 

確かに、「環境問題=地球温暖化」は間違いではありませんが、

正確な答えでもありません。

 

今回のアンケートの質問編でお伝えしたように、

日本が京都議定書で批准された温室効果ガス削減量は、

2008年から2012の4年間に、

1990年度比で6%削減することになっており、

削減目標を達成するために様々な取り組みを行っています。

 

しかし、2005年時点で既に8%増加していることから、

この目標を達成するためには14もの温室効果ガスを

削減する必要があるのです。

 

昨年4月から京都議定書の約束期間が開始されましたが、

あまりにも緊迫した様子が見られず、ここ最近になって、

俄かに温室効果ガス削減に向けた話が出てくるようになり、

本当に、目標達成のために取り組む気があるのかについて

疑問を感じてなりません。

 

今回、皆さんには「温室効果ガス削減に向けた数値目標の

設定について、どのようにお考えになられているか」について、

お尋ね致しました。

 

今回の環境アンケートにご投票頂いた数は76でした。

今回も環境アンケートへのご協力ありがとうございました。

 

それでは、皆さんがどのようなお考えを持たれているのか、

見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
01

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんもご存知の通り、近年、地球温暖化による影響で

地球環境や生態系が壊れ始めています。

 

先日お伝えした北極に生息する北極グマは、

餌を捕るための氷が溶け、断食状態になっていますし、

オーストラリアに生息するタスマニアデビルは、

顔に腫瘍ができる感染症の拡大により10年間で60%も減少し、

今年度の絶滅危惧種リストに登録されるなど、

地球温暖化による影響は深刻なものとなっているのです。

 

ところで、日本では昨年から京都議定書で批准された、

2008年から2012年までの4年間に温室効果ガスを

1990年度比で6%削減するための取り組みを開始しています。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
28

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今回のアンケートの質問編でも少し触れましたが、

「エコ」という言葉を耳にすると、

なぜか環境に配慮した気分になります。

 

たしかに、この言葉は'ecology'を省略したものであり、

新聞やテレビなどによる報道であったり、

環境に配慮した製品の商品名に使用されるなどの影響から、

自然と意味を理解した上で使われるようになったと思います。

 

しかし、環境に配慮した行動や商品に対して、

「エコ」という言葉を抵抗なく使うことは理解できますが、

最近、必要以上に使い過ぎているように感じるのです。

 

例えば、ゴミを拾っただけで「エコ」というのは、

いささか、気が引けますよね。

 

さて、今回の環境アンケートでは、

「皆さんは、どのようなことをしたときに、

'エコだなぁ'と感じますか?」とお尋ねしました。

 

今回の環境アンケートへの投票数は165だったのですが、

皆さんがどのような行動をとった時に

'エコ'と感じるのかを見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
17

おはようございます、M.Ishiiです。

 

首都圏内にお住まいの方はご存じかと思いますが、

首都圏内では、主要鉄道駅やコンビニエンスストア、

飲食店などで無料配布されている「R25」という

フリーペーパーがあります。

 

「R25」とは、政治や経済などの時事情勢の解説や

著名人へのインタビューなどの記事で構成される

男性向け総合週刊誌のことです。

 

この雑誌は40ページというコンパクトさから

通勤時の電車内でちょうど読み切れるほどの

ボリュームなのです。

 

先月、色々な方が書いた環境ブログを眺めていたら、

「eco R25」というフリーペーパーを入手したとの

貴重な情報が掲載されていました。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
15

おはようございます、M.Ishiiです。

 

近年、地球温暖化や酸性雨、オゾン層の破壊などの

地球環境問題が深刻な問題としてクローズアップされ、

世界各国ではこれらの問題を解決するために

様々な取り組みを行っています。

 

「これらの環境問題を解決する」と言葉で表すのは簡単ですが、

実際には、これらの問題はプロセスが複雑で多岐にわたるため、

即効性な対策が難しく、その改善方法も単純ではありません。

 

ただ、これらの問題を解決する最善な方法としては、

一人ひとりが問題を認識し、情報を共有するとともに、

ライフスタイルや事業活動のあり方を見直すことが

重要ではないかと思います。

 

幸いにも、ここ最近、環境問題に関心を持たれる方が増え、

ご家庭から出るゴミを分別したり、

家電製品などを省エネルギーの物に替えたり、

色々な工夫をしています。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
14

おはようございます、M.Ishiiです。

 

本日は、言わずと知れたバレンタインデーです。

 

おそらく、男性の方は彼女や嫁さんからチョコレートを

頂いていることと思います。

 

また、今年のバレンタインデーは土曜日ということもあり、

会社勤めの女性の方にとっては義理チョコをあげなくてすむ分、

負担が軽くなったのではないかと思います。

 

今回のアンケートの質問編でお伝えしました、

私が考えている「ある計画」についてお話しないといけません。

 

それほど大したことをやらかすつもりはないのですが、

嫁さんからチョコレートを頂いた後に、何気な~く、

密かに用意していた「エコチョコ」を贈るというものです。

(この記事を公開しているときには実行していると思います。)

 

クリスマス会によくやるプレゼント交換のようなものです。

 

私が嫁さんにあげる「エコチョコ」については後ほど...

 

さて、今回の環境アンケートの投票数は、103でした。

今回もご投票下さいましてありがとうございました。

 

今回の質問は「皆さんは、バレンタインデーを通じて、

環境への取り組みを行うことはよいことだと思いますか?」

いうものでしたが、どのような結果になったのか

見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは「チョコレート」はお好きでしょうか?

 

私は甘さを抑えた少し苦みのあるチョコレートか、

アーモンドチョコレートを好んで食べます。

 

さて、バレンタインデーというと、

女性が男性にチョコレートを贈るのが通例ですが、

今年は男性が女性にチョコレートを贈るという

「逆バレンタイン」が話題になっており、

バレンタインチョコレートを贈る派と貰う派の派閥が

出来そうな感じがあります。

 

私は、「逆バレンタイン」については肯定的でして、

これを利用したある計画を考えているのですが、

この詳細については今回のアンケートの回答編まで内緒(笑)。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
25

おはようございます、M.Ishiiです。

 

本日は待ちに待った第1回目となる環境アンケートの結果発表。

 

本ブログになってから初めてということもあり、

今回の環境アンケートの投票数が気になるとここですが、

私が想像していた数を上回り、78の投票がありました。

 

今回の環境アンケートに投票して下さった方々に、

この場をお借りして感謝申し上げます。

 

さて、今回の質問は「皆さんは、使い捨て可能な食器類を

安易に使うことにどう考えますか?」というものでした。

 

私はリユース推進派ですので、

割り箸やプラスチック製カップは使用していません。

 

基本的に、自宅では普通の箸や茶碗、ガラス製のコップを使い、

仕事などで外出した場合は100円ショップで購入した

プラスチック製の食器を洗って使い回すようにしています。

 

それでは、今回の質問についてご投票された方々は

どのようなお考えをお持ちなのか見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
11

おはようございます、M.Ishiiです。

 

旧ブログに引き続き、本ブログでも様々な環境問題について

皆さんのご意見をお聞きし、一緒に環境意識を高めたいと

思いますので、ご参加頂きたいと思います。

 

さて、皆さんは初詣に行かれたかと思いますが、

今年は不景気の影響から参拝客が前年よりも多かったそうで、

今年一年を神頼みで乗り切ろうとされているように思います。

 

私も初詣に行こうと思っていたのですが、

あいにく、今年のお正月は風邪をひいて寝込んでいたため、

私の胸の中にポッカリ穴が開いたような感じで、

お正月気分を全く感じることのない寂しい日々を

送っていました。

 

このため、今年の初詣の状況を知ることができなかったので、

私の憶測で話を進めさせて頂きたいと思います。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
30

おはようございます、M.Ishiiです。

 

毎週、環境問題に関する質問について、

本ブログをご覧になられた方からご回答頂いた結果をもとに、

お互いに環境意識を高めようという企画。

 

選手の環境アンケートの質問は、

「皆さんは、ペットボトルを使ったプランターで

花や野菜を育ててみたいですか?」でしたが、

この質問にご回答頂いた方は今回も100でした。

 

今回もご協力ありがとうございました。

 

さて、今回のご質問は環境問題というよりも

趣味的な要素が色濃く出ていたため、

投票数オーバーになる程のご回答を頂けるとは

思っていませんでした。

 

私がペットボトル栽培を始めたキッカケは、

災害用に備蓄していたペットボトルの水

新しいものと交換しようとした際、

古くなった水を有効活用できないものかと考えたことでした。

 

普通でしたら、水よりペットボトルのほうをなんとかしようと

考えると思うのですが、やはり私は変わり者?

 

今では本ブログの看板企画となったペットボトル栽培ですが、

実はペットボトル栽培歴は半年なんです。

 

最初は手探り状態から始めたのですが、

失敗の連続ではありますけど、結構ハマってしまいました。

 

現在、30日絹さや」「カラフルファイブ」を育てていますが、

既に、次回育てたい野菜を探しています。

 

それでは、今回のアンケート結果を見ることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金