--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

12月
22

[キャベツ] ブログ村キーワード:砂漠化、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

一時期は異常なくらいに高騰していた「キャベツ」

芯栽培(キャベツ)01

 

特に、「春キャベツ」は葉が柔らかく甘みがあって美味しいのですが、

東日本大震災の影響により発生した東京電力福島第1原発事故で、

福島県産、茨城県産などの一部野菜から食品衛生法上の

暫定規制値を超えた放射性物質が検出され、

出荷や摂取の制限が行われたことから入手が困難だったことに加え、

天候不順による影響が原因とされました。

 

さて、本ブログでは以前、ペットボトル栽培を始めて間もない頃に、

'キャベツの芯'を使ったペットボトル栽培を行いました。

芯栽培(キャベツ)02

 

この栽培を始めた当初は今以上に環境問題に熱心に取り組み、

生ゴミとして処分される'キャベツの芯'を有効活用するべく、

市販のキャベツ一玉を育てることを目標に育てていました。

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

07月
07

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

2ヵ月ぶりの更新となる「キャベツの芯」栽培ですが、

けして忘れていたわけでも話のネタが切れたわけでもありません。

 

コレには'ある理由'があるのですが、

その理由については後ほど明らかにしたいと思います。

 

前回「三代目キャベツ」は抽苔したことにより、

すっかり菜の花のように育っていました。

 

ご存じの通り、キャベツはアブラナ科の植物なため、

菜の花と似ても不思議ではありません。

 

キャベツの生育適温は5~25であるため、

時期的に春か秋に育てるのが適しているのですが、

キャベツを結球させるためには1320必要となるため、

秋から育てるのは難易度が高く、急激な気温差によって、

今回の「三代目キャベツ」のように抽苔してしまうのです。

 

栽培開始から147日目になり、

支柱で支えた「三代目キャベツ」は真っ直ぐに

伸びるようになっていました。

キャベツの芯栽培84

 

それにしても、完全に菜の花と化し、

一玉のキャベツとは遠い存在に

なってしまった事が淋しく感じます。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
01

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回「三代目キャベツ」は抽苔が進み、

蕾ができてしまったことから当初の目的を変更し、

花を咲かせることにしました。

 

また、「紫キャベツ」はペットボトル鉢で育てたときのような

勢いのある生長が観られなくなり、栽培方法を再検討することに...

 

両者の生長が気になるところです。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
20

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回「三代目キャベツ」はマルチングを施したことにより、

何者かによる食害から完全回復を遂げました。

 

その後、「三代目キャベツ」は飛躍的に生長したのですが、

葉の生え方が以前とは異なり、一枚一枚の葉の大きさが小振りで、

芯を包み込むように生えていなかったのです。

 

そう、怪しげな雰囲気を感じさせる「三代目キャベツ」は、

もはや、一玉のキャベツになるような姿ではなかったのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
03

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、何者かに食べられた「三代目キャベツ」の葉は、

マルチングを施したことにより少しずつではありますが、

復活の兆しを見せ始めました。

 

元々は何者かによる食害から「三代目キャベツ」を守る目的で

マルチングを施したのですが、防寒対策にもなったことが

功を奏したのではないかと思います。

 

「三代目キャベツ」は栽培開始から85日目を迎え、

マルチングによる効果もあって元の状態に戻りつつありました。

キャベツの芯栽培69

心ひとつに キャンドルナイト

03月
11

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、庭の花だんに直植えした「三代目キャベツ」は、

初めのうちは順調に育っていました。

 

しかし、連日の厳しい寒さの影響から、

次第に「三代目キャベツ」の生長はトーンダウン

 

さらに、何者かに「三代目キャベツ」の葉を食べられるという

食害まで勃発する始末。

 

果たして、「三代目キャベツ」はこの危機から脱出し、

大きく生長することができるのでしょうか?

 

そして、直植えした「紫キャベツ」は慣れない環境下で

元気に育ってくれているのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

02月
28

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、ペットボトル鉢で育てた「三代目キャベツ」は、

無事に庭の花だんに直植えしました。

 

直植えした「三代目キャベツ」の周りには藁を敷き詰め

防寒対策も万全なハズです。きっと...

 

この厳しい寒さの中、「三代目キャベツ」は

順調に育ってくれているのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、ペットボトル鉢で育てている「三代目キャベツ」は、

プリンの容器で育てていたときと同様に、

順調に生長していきました。

 

いまや、「三代目キャベツ」はペットボトル鉢をはみ出し、

私の想像を超える大きさに生長していることから、

いよいよ、未体験ゾーンである[第三段階・直植え]

移行することに…。

 

一方の「紫キャベツ」も負けじと、

[第二段階・ペットボトル鉢への移植]に移行し、

両者ともにその後の生長が楽しみになってきました。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
17

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、炭酸水による効果から劇的に生長した

「三代目キャベツ」をペットボトルの鉢に移植しました。

 

この作業は、初代キャベツに次いで二回目のことであり、

これから、一つの苗に仕立てなければなりません。

 

「三代目キャベツ」は、[第三段階・直植え]までに

一つの苗に仕立てることができるのでしょうか?

 

そして、劇的な生長を遂げている「紫キャベツ」は

[第二段階・ペットボトル鉢への移植]に移行するのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

01月
03

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回「三代目キャベツ」の芯からほとんどの葉が開き、

ペットボトル鉢への移植を考える段階に差し掛かりました。

 

この凄まじい勢いで生長する「三代目キャベツ」の姿は、

「炭酸水」を導入した効果の顕れであることは

言うまでもありません。

 

しかし、今の「三代目キャベツ」は全体的に小ぶりであることと、

過去の実例から見ても、移植するには時期尚早だったのでした。

 

果たして、「三代目キャベツ」はペットボトル鉢への移植に

こぎ着けることができるのでしょうか?

 

そして、前回新たにスタートした「紫キャベツ」のほうは

順調に育ってくれているのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

12月
20

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、三度目の挑戦となる「キャベツの芯」栽培を始めましたが、

栽培に使用した「三代目キャベツ」は栽培には不向きであるという

ハンデを負っていたのです。

 

しかし、今回の挑戦では「炭酸水栽培」という

強力な武器を引っさげていたこともあり、

三代目キャベツが面白いように葉を付き始めていたのでした。

 

今週、「キャベツの芯」はどこまで生長するのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

12月
06

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

訳あって、3週間お待たせしました!!

 

前回、私の不手際により枯らしてしまった「二代目キャベツ」

キャベツの芯栽培32

 

初代キャベツの時とは違い、原因を特定することができた分、

次の栽培に向け改善することができます。

 

あれから3週間あまりが過ぎましたが、

実はこの間、三回目の挑戦となる「キャベツの芯」栽培に向け、

準備を進めていたのでした。

 

ところで、今度の栽培で使うキャベツの芯ですが、

キャベツが既にシーズンオフなこともあって、

キャベツの中身がスカスカで、

栽培には少し不向きなものしか用意できなかったのです。

キャベツの芯栽培33

 

従って、今度のキャベツの芯栽培は開始する前から

ハンデを背負うことになるのです。

 

しかし、今度の栽培ではこの不安要素を払拭するであろう

「新兵器」を用意していたのです。

 

そう、前回の文末で公表した「ある試み」...

心ひとつに キャンドルナイト

11月
16

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、2回目の挑戦となった「キャベツの芯」栽培は、

早くも「二代目キャベツ」の芯から根が生え始め、

その生長振りから順調に育っていることが分かります。

 

また、「二代目キャベツ」の芯に付いていた葉っぱも

一段と大きくなっています。

 

もうしばらく様子を見る必要はありますが、

このままの調子で育ってくれたら、

第二段階である[鉢への移植]に移行できるかも...

心ひとつに キャンドルナイト

11月
15

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、2回目の挑戦となる「キャベツの芯」栽培において、

「二代目キャベツ」は順調な生長ぶりを見せています。

 

これは、過去の「キャベツの芯」栽培のときと同じでした。

 

このまま、何事もなく「二代目キャベツ」が

育ってくれることを切望します。

 

さて、その後の「二代目キャベツ」の様子は

どのようになったのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

11月
01

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、色々と悩んだ末に「キャベツの芯」栽培を再開し、

二回目の挑戦に向けた準備を始めました。

 

今回の栽培では、前回での教訓から栽培に使用する

「キャベツの芯」を(cm)の長さに短くし、

植木鉢で育てるまでの間は小さなペットボトル鉢の代わりに

プリンの容器を使用して育てることにしました。

 

いよいよ、本日から「二代目キャベツ」の生長過程を

お伝えすることになりますけれども、

どんなふうに育ってくれるのか大変楽しみですね。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
18

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、変わり果てしまった「キャベツ」の直接的な原因を

究明しながらも、「キャベツの芯」栽培を続けることに苦悩。

 

悩んだ末、この栽培を続けることができたのは、

「キャベツの芯」栽培にご興味を持って下さる方々の

お力添えによるものであることを再認識し、

心機一転、「キャベツの芯」栽培を再開する事にしたのです。

 

結局のところ、直接的な原因につながる手がかりは見つからず、

厳しい暑さの中で育てたこと、長すぎた「キャベツの芯」

土の中に埋めたこと、栽培に使用する土が悪かったことなどを

次の「キャベツの芯」栽培への教訓に活かすことにしました。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
11

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、再び萎れてしまった「キャベツ」でしたが、

暑さに弱いことを知ってからは室内の日の当たりの

よい場所で育てるようにし、元気に回復してくれました。

 

しかし、元気に回復してくれたのもつかの間、

「キャベツ」は変わり果てた姿になっていたのです。

 

あまりにも衝撃が大きく一時動揺しましたが、

冷静さを取り戻してこの原因を探ってみたものの、

原因の特定はできずじまい...

 

その後、変わり果てしまった「キャベツ」は、

完全に枯れてしまいました。

キャベツの芯栽培20

 

この枯れてしまった「キャベツ」では、直接的な原因を

探ることは困難ですけど、再度、「キャベツの芯」栽培を

続けることのであれば原因を特定し、

次の栽培への教訓に活かさないといけません。

 

結果的に、直接的な原因につながる手がかりは見つからず、

やはり、厳しい暑さの中で育てたことと、

移植する際に、長すぎた「キャベツの芯」を土の中に埋めたこと、

そして、どの栽培にも重要な土が悪かったことなどを

改善する必要があると結論づけることにしました。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
27

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、屋外に出したことで萎れてしまった「キャベツ」は、

室内の日の当たりのよい場所で育てることにしたところ、

珍客を引き連れながらも元気に回復してくれました。

 

ここ最近の気候が大分秋めいたこともあり、

その分、気温が下がったことから回復した「キャベツ」を

屋外で育てることにしたのですが、

結果は再び、葉っぱが萎れてしまうことに...

 

「キャベツ」は暑さに弱いことを痛感するのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
13

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、小さなペットボトル鉢で育てた「キャベツの芯」

この鉢からはみ出るほど大きく育ったため、

別のペットボトル鉢に移植することに...

 

しかし、移植した「キャベツ」は日の当たりのよい場所に

置いたところ、「キャベツの葉」が萎れてしまったため、

しばらくの間は室内で育てることにしたのでした。

 

「キャベツ」は若干元気を取り戻したようですが、

その後どのようになったのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

08月
30

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、順調に育っている「キャベツの芯」は、

ペットボトル鉢からはみ出るほど大きな葉っぱを

身にまとっていました。

 

この「キャベツの芯」の生長振りから判断して、

そろそろ、第二段階である[植木鉢への移植]に移行する事を

視野に入れてもよさそうな感じです。

 

果たして、大きく成長した「キャベツの芯」は、

ペットボトル鉢に移植できるのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、頼りなさそうな「キャベツの芯」は、

私の想像をいい意味で裏切るように全体的に青みがかり、

何枚かの葉っぱや根が出てきました。

キャベツの芯栽培07

 

この栽培を開始した当初は、

「本当に一玉のキャベツに育つのか?」と半信半疑でしたが、

キャベツの芯の生長する姿を見て一気に期待感が高まりました。

 

この先、「キャベツの芯」はどのように生長するのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

08月
02

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、市販のキャベツから芯を取り除き、

間に合わせに小さなペットボトル鉢に立てかけるように入れ、

今回の栽培の準備を完了しました。

キャベツの芯栽培05

 

上の写真を見ても分かるように、

「キャベツの芯」がペットボトルの中に入っている姿を

見ていると、何だか頼りなさを感じてしまいます。

 

本当に、一玉のキャベツが育つのかが半信半疑ですが、

とりあえず、しばらく様子を見ることに...

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証したいこの企画。

 

今回は、この企画のメインとなる「キャベツの芯」

栽培するための準備作業についてお伝えしたいと思います。

 

早速、この企画のために、

近くのスーパーで1玉のキャベツを購入!!

キャベツの芯栽培02

 

まずは、「キャベツの芯」を栽培するために、

スーパーで購入したキャベツを下の写真に示すように、

縦、横ともに約2~3(cm)高さ10(cm)くらいの大きさに

芯が残るようにカットしました。

キャベツの芯栽培03

 

'キャベツの芯'を取り除くために

キャベツの葉の部分をカットしたのはいいのですが、

正直なところ、キャベツの葉の部分の使い道については

まったく考えおらず、結構な量になってしまったキャベツを

どのようにして使おうか悩む私...

 

しかし、もう一つのブログで環境問題を語っている私が

このキャベツを無駄にするわけがなく、

ちゃんと、焼きそばや鮭フライのつけ合わせ、

私の好きなインスタント麺の具材用の野菜炒めなどに使い、

なんとか3日間で使い切ることができました。

キャベツの芯栽培04

 

ところで、今回の「キャベツの芯」栽培における

一連の流れについて、ご説明します。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
12

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは「キャベツの芯」をどうされていますか?

 

おそらく、多くの方は生ゴミとして処分されていると思います。

 

しかし、環境問題に取り組む私としては、

この「キャベツの芯」を有効活用出来ないものかと考えます。

 

そんな中、私がいつも愛読している万年草管理人様のブログ

興味深い記事が掲載されていたのです。

 

それは、「キャベツの芯を使って、市販されているような

キャベツを育てることができる」という、驚くべき内容。

 

初めてこの記事を拝見したとき、

「キャベツの芯」で一玉のキャベツを育てることができるのかが

半信半疑だったのと同時に、これを実現させたら面白いことになるという

好奇心を擽られ、今回挑戦することを決意しました。

 

基本的に、私は人がやらなそうな事をやって驚かす事が好きで

どうせやるなら、ペットボトル鉢を使って、

キャベツを育ててみようかと思っています。

キャベツの芯栽培01

 

とは言っても、普通に考えてみて、

「どこのスーパーでも売っている'キャベツ'

ペットボトル鉢で育てることができても実用的ではない。」

思われる方は少なくないと思います。

 

それでも、私はこの「キャベツの芯」栽培を行います。

 

なぜなら、本当にキャベツの芯から一玉のキャベツに

育つ姿を見定めたいから...

 

さて、今回の「キャベツの芯」を使ったペットボトル栽培は、

これまでのペットボトル栽培のように、

最初から最後までペットボトル鉢で育てるわけではなく、

ある程度、苗に仕立てたところで直植えするという

相違点があります。

 

果たして、「キャベツの芯」から「一玉のキャベツ」に育つ姿を

見ることができるのか、今後の記事で見守る事にしましょう。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金