--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
18

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[しま菜] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

こんにちは、M.Ishiiです。

 

これまでのところ順調に生長しているしま菜の「マナっち」

栽培開始から23日目を迎えていました。

 

鉢の1エリアにつき2株ずつ残すようにして間引いてから

2日しか経っていませんので、生長の変化がないのは当然のこと。

 

この日もいつものように水やりをしたのですが、

その時に目を疑うような「マナっち」の姿を目にしました。

ペット栽培III(しま菜)09

 

それは、茎が株元から折れていたのです。

う、うそ~ぉ()

 

これまで順調に育っていた「マナっち」が痛々しい姿になってしまい、

しばらくフリーズしてしまいました。

 

如何せん、折れてしまった'しま菜の芽'4本中3本あったので...

 

「マナっち」が折れてしまった原因は言うまでもなく、

ここ最近の強風によるもの。

 

せっかく、ブログ仲間のsemireyさんから種を頂いたのに、

このような残念な結果で終わらせるわけにはいきませんので、

折れてしまった芽を丁寧に抜き取り、種を蒔き直しました。

ペット栽培III(しま菜)10

 

今度こそ、ちゃんと育てないといけませんね。

私に渇っ!!

【次回に続く】

ペット栽培III(しま菜)02

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
10

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[しま菜] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から21日目を迎えたしま菜の「マナっち」ですが、

これまでのところトラブルもなく順調に育ち、

本葉が数枚に増えたことから少し込み合ってきました。

ペット栽培III(しま菜)06

 

「マナっち」の生育を考えるとこのあたりで間引いて

風通しをよくしてあげた方がよいかと思います。

 

このため早速、下記のポイントを参考に間引きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(しま菜)07

 

今回の栽培では一つの鉢に4株育てたいと思いますので、

生育の良さそうな芽を一株ずつ残して間引きました。

 

今回の間引き作業で残した芽はどれも本葉を数枚付け、

大きく育ってくれること間違いなしでしょう()

ペット栽培III(しま菜)08

次回に続く

ペット栽培III(しま菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
06

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

[しま菜] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ブログ仲間のsemireyさんから頂いた'しま菜の種'を蒔いてから

一週間が経過しましたが、蒔いた翌日から不安定な天気が続き、

ちゃんと芽を出してくれるのかが気掛かりです。

 

'しま菜'が沖縄県の地方野菜であることは

この栽培を始める冒頭でお話したとおりですが、

我が横浜などの中間地では地温1525℃で播種後3~5日

発芽するとのことですので、日数的には芽を出しても良さそうです。

 

この日もペットボトル菜園で栽培中の'しま菜'の様子を見てみますと、

ペットボトル鉢の真ん中から小さな芽が出ているのを確認できました。

ペット栽培III(しま菜)04

 

寒暖の差が激しい中、無事に発芽してくれてホッとするのも束の間、

恒例の愛称を考えることにしました。

 

沖縄では'しま菜'のことをシマナーと呼ぶそうですので、

これをモジって「マナっち」と呼ぶことに決めました。

 

栽培開始から13日目を迎え、「マナっち」は蒔いた種の殆どから発芽し、

双葉が(cm)近くの大きさに育っていました。

ペット栽培III(しま菜)05

 

また、近くに寄って見てみますと、

一部の芽からは本葉らしきものが出てきていました。

 

ここのところ、肌寒い日が続いており、

「マナっち」の防寒対策を万全にして育てていきたいと思います。

次回に続く

ペット栽培III(しま菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
29

◆これまでのお話◆

第1話  

[しま菜] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

こんばんは、M.Ishiiです。

 

いつもお世話になっているブログ仲間のsemireyさんから

貴重な'しま菜の種'を頂きましたので、早速種を蒔くことにしましょう。

 

'しま菜'はアブラナ科に属していることもあり、

種の色や形は他のアブラナ科野菜と変わらないようですね。

ペット栽培III(しま菜)03

 

今回の栽培では一つの鉢で4株収穫したいと思いますので、

'2つ折り型ペットボトル鉢'を使って育てます。

ペット栽培III・ペット鉢03_2

 

'しま菜'は言うまでもなく葉物野菜ですので、

今回も葉物野菜の生育を促す'葉菜・香菜類用培養土'を作り、

この土を用いて育てます。

 

準備が整い次第、下図に示す手順に沿って

種を蒔くことにしましょう。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように水を与えること。

しま菜の種蒔き作業

 

とりあえず、'しま菜'の種蒔き作業は無事終えることができ、

後は蒔いた種が発芽するのを待つだけですね。

 

発芽には地温1525℃で播種後3~5程度かかるようなので、

芽を出すまでの間に'しま菜'の愛称でも考えようかな()

次回に続く

◆「しま菜」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

しま菜の種

1

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

56
(2L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

天然水のペットボトル (2L)

1

88

88

合計金額 

147

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

 

ペット栽培III(しま菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[しま菜] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

こんにちは、M.Ishiiです。

 

皆さんは今回育てる'しま菜'という葉物野菜をご存知でしょうか?

ペット栽培III(しま菜)01

 

'しま菜'はカラシ菜の一種で、沖縄では最も一般的な葉物野菜とのこと。

 

このため、沖縄では'しま菜'のことを「シマナー」と呼ぶそうで、

炒めたり塩漬けにして食べられているのだそうです。

 

今回、この'シマナー'を育てることにしたのは、

いつもお世話になっている沖縄県在住のsemireyさんから

貴重な種をお譲り頂いたことによるもの。

 

沖縄県ではほぼ一年中育てられる'しま菜'

私が住んでいる横浜でもちゃんと育つのか、少し緊張します()

次回に続く

ペット栽培III(しま菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金