--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
20

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、春の陽気を感じられるようになり、

ぐんぐんと生長するミニちんげん菜の「ちげモン」

 

思えば、この栽培を始めてから2ヵ月が経過し、

「ちげモン」と共に過ごした時間を早く感じます。

 

さて、「ちげモン」は栽培開始から66日目を迎え、

どこまで大きくなったのか覗いてみましょう。

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
14

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、厳しい寒さと激しい揺れに耐え元気に生長を続ける、

ミニちんげん菜の「ちげモン」は栽培開始から46日目を迎え

葉が5~6(cm)ほどに大きく育っていました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)24

 

ここにきて、春の陽気が感じられるようになり、

「ちげモン」は生育のスイッチがONになったのかもしれません。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
21

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、間引いたついでに土寄せをした、

ミニちんげん菜の「ちげモン」は栽培開始から27日目を迎え

衰弱することなく、元気に育っていました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)21

 

本葉の数は5枚に増え、最初に出た葉は大きくなりました。

 

ここのところ、気温の変化が激しいため、

「ちげモン」の生育に影響が及ぶと心配されましたが、

様子を見たところ、順調に育っているようで安心できます。

心ひとつに キャンドルナイト

03月
03

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、新たな栽培を始めるにあたり、

再び、二つ折型ペットボトル鉢に種を蒔いた

ミニちんげん菜の「ちげモン」は早くも発芽しました。

 

それから5日が経過し、

「ちげモン」は草丈を1.01.2(cm)ほど伸び、

双葉が大きく育っていました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)17

 

「ちげモン」を間近で見てみますと小さな本葉が出ており、

順調に育っている様子が窺えます。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
10

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今から半年前のこと...

 

'1コインで育てる栽培'というスローガンのもと、

ペットボトル栽培で'ミニちんげん菜'を収穫しました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)14

 

前期の'ミニちんげん菜'栽培は厳しい暑さの中、

31日という短い期間で収穫まで育てることができました。

 

さて、'ミニちんげん菜'は暑さや寒さに強い野菜ですので、

今度は厳しい寒さの中、育てたいと思いました。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
31

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、間引いたミニちんげん菜の「チゲぽん」

本葉の数を増やし、飛躍的に大きく生長していました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)09  

 

ここまで大きく生長してくれたのは気温が上昇したことに加え、

コンパニオンプランツの'中葉しゅんぎく'の存在によるもの。

 

「チゲぽん」は鉢の土面が隠れてしまうほど大きくなり、

そろそろ'収穫'の二文字が見えてきたのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
15

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、ミニちんげん菜の「チゲぽん」捲種後5日目に発芽し、

まずは順調なスタートを切ることができました。

 

その後、やや徒長気味に生長する「チゲぽん」は、

双葉が大きくなり混み合ってきたため、

芽を1本ずつ残すようにして間引きました。

ペット栽培III(ミニちんげん菜)06  

 

早速、間引いた「チゲぽん」のその後の生長を覗いてみましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
07

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、2つ折型ペットボトル鉢に種を蒔いた「ミニちんげん菜」

ペット栽培III(ミニちんげん菜)03  

 

今回育てる'ミニちんげん菜'「チゲぽん」という愛称で

呼ぶことにしますが、順調に育ってくれれば30日程度

収穫することができる極早生種です。

 

また、この時期に'ミニちんげん菜'を栽培するため、

生育適温にはできるだけ注意して管理する必要がありますが、

生育促進を目的として、コンパニオンプランツである

'中葉しゅんぎく'を別の鉢で育てることにしています。

 

というわけで、「チゲぽん」は無事に発芽してくれたのかを

見てみることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
01

[ちんげん菜]ブログ村キーワード:食物連鎖 マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんもご存じの通り、今回から育てる「ミニちんげん菜」は、

中国野菜の中でも身近な野菜の一つです。

 

ペット栽培III(ミニちんげん菜)01  'ちんげん菜'はアブラナ科の

 野菜で、和名は「タイサイ」

 いうそうです。

 

 前述した通り、'ちんげん菜'

 原産地は中国華南地方でして、

 1970年代の日中国交回復の頃に

 日本へ入ってきたそうです。

 

 露地栽培では秋から冬にかけ

 育てるのが一般的ですが、

 生育期間が50日程度と短く、

 気温の変化に比較的強い事から

 日本ではプランター栽培で

 一年中育てることができるのです。

 

今回育てる'ちんげん菜'は一般的なものよりも少し小さいため、

生育期間は若干短く、ペットボトル栽培で育てるのには

適しているのではないかと思います。

 

従って、手軽に育てることができれば、

炒め物やスープ、煮物などで使うのに重宝しそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
15

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は、

先代のちげ坊に負けないくらいの大きさに生長していました。

 

「ちげ坊Jr.」の葉はさらに増えたことにより、

ボリューム感が出てきたこともあり、'収穫'の二文字が

見えてきそうな状態になっていたのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
29

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は、

先代'ちげ坊'を彷彿とさせる生長を見せ、

一段と大きく育ってくれました。

 

先代'ちげ坊'を収穫したことで、

「ちげ坊Jr.」のペットボトル鉢はすっかり独壇場となっており、

のびのびと育ってくれている様子がよく分かります。

 

「ちげ坊Jr.」はどこまで生長を続けてくれるのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

12月
14

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は、

ハモグリバエの幼虫に寄生した影響を全く感じさせることなく、

のびのびと生長していました。

 

しかも、葉色が濃い緑色に変わってきたため、

元気そのものといった感じてす。

 

やはり、先代の'ちげ坊'を収穫したことで、

土の栄養分を独占することができたのが影響したのでしょう。

 

果たして、「ちげ坊Jr.」は先代'ちげ坊'と同じ位の大きさに

生長するのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

12月
05

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は順調に育っていましたが、

一部の葉に'ハモグリバエの幼虫'が寄生していました。

 

とんでもない奴に目を付けられてしまったことはショックですが、

これ以上の被害を食い止めるためにも、

寄生した部分の葉を除去することで対応しました。

 

この結果、可食部割合が減ってしまうのはイタいですよね。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は、

「ちげ坊」を収穫した事で土の栄養分を奪われる心配が無くなり、

若干大きく育っているようです。

 

一方、「ちげ坊」を収穫した裏では別の鉢でも

'チンゲン菜'を栽培し、収穫できそうな状態に...

 

ところが、青虫による食害の魔の手がこのチンゲン菜を襲い、

壊滅的な状態となってしまったのです。

 

現在もこのチンゲン菜は復活に向けて頑張って育てていますが、

「ちげ坊Jr.」もこのチンゲン菜のことを教訓にして

育てることを新たにしたのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
13

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊」は、

ペットボトル鉢を覆うほど大きく生長したため、

栽培開始55日目にして収穫することができました。

 

しかし、今回の収穫にはもう一つの理由があり、

右側の株の生長を妨げていることへの配慮もあったのです。

 

何はともあれ、'チンゲン菜'を収穫できた事は喜ばしいことであり、

残されたもう一つの株も大きく育て上げないといけませんよね。

ペット栽培II(チンゲン菜)25  

 

これまで、残された株を「右側の株」と表記していましたが、

すでに、左側にあった株は収穫しており、

収穫した'チンゲン菜'を「ちげ坊」と解釈されている方が多いため、

残された株のことを「ちげ坊Jr.と呼ぶことにします。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
08

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、アブラムシを駆除したチンゲン菜の「ちげ坊」は、

秋晴れの中、飛躍的に生長してくれました。

 

駆除後のアブラムシは寄り付かなくなり、

左側の株が大きく育つことは嬉しい反面、

右側の株は左側の株ほどには大きくなっていなかったのです。

 

新たな悩み事が増え、

どのように解決するかが今後の課題となります。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
29

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊」は左右の株で

生長のバラつきがあるものの、元気に育っていました。

 

しかし、左側の株にはベッタリとアブラムシ

付いているのを確認し、即座に'栽培用炭酸水'

アブラムシを駆除するのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、大きく生長した「ちげ坊」は、

市販されるような'チンゲン菜'の容姿に近づいてきました。

 

とはいっても、これは左側の株の話しであって、

右側の株はいくらか大きくなったものの、

左側の株との差を埋めることができていません。

 

なんとか、右側の株も左側の株のように

大きくなってもらいたいものなんですが...

心ひとつに キャンドルナイト

10月
21

[チンゲン菜]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、播種後わずか4日目にして発芽した「ちげ坊」は、

日を増すごとに大きく生長しました。

 

ただ、二株の'チンゲン菜'は左右で生長のスピードが異なり、

左側の株は右側の株とは比較にならないほど

大きく生長していたのです。

 

右側の株の生長が気になるところですが、

その後の様子をお伝えすることにしましょう。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
14

[チンゲン菜]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、皆さんのご期待に応えるべく、

横置きペットボトル鉢に種を蒔いた'チンゲン菜'

 

私自身も以前から'チンゲン菜'を育ててみたかったので、

今回の栽培では楽しんで育てたいと思います。

 

ところで、前回皆さんに'チンゲン菜'の愛称を公募したところ、

'チーぼう''チゲたん'など多数お考え下さいました。

 

どれも個性的な愛称ばかりで一つだけ選出するのは

大変悩みましたが、今回の'チンゲン菜'の愛称は

「ちげ坊」と呼ぶことにしたいと思います。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
22

[チンゲン菜]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「ペットボトル栽培II・最終章」の第四弾として育てる野菜は、

皆さんからのご投票で選出された'チンゲン菜'となります。

 

ペット栽培II(チンゲン菜)01  今回から育てる'チンゲン菜'は、

 以前から育ててみたかった野菜で、

 今回の選出により育てる事ができ、

 大変嬉しく思っております。

 

 この'チンゲン菜'は八宝菜などに

 代表される炒めもののほか、

 スープや煮込み料理などにも

 使われる野菜で知られています。

 

 また、'チンゲン菜'には

 βカロチンやカルシウム、

鉄分、食物繊維などの栄養素を多く含んでいることで知られ、

熱冷ましや胸焼け、胃のムカつきなどに効果があるそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金