--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
18

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始からちょうど90日目を迎えただるま大根の「ダル次郎」

葉が少し横に広がりを見せるようになり、

収穫のサインを出しているように感じます。

ペット栽培III(だるま大根・改)19

 

肝心の根の肥大は微妙な状態で、

目測で4(cm)あるように見えました。

 

収穫の目安としては'だるま大根'の根径が4~5(cm)とのことなので、

この時点で収穫しても良いのですが、少し欲張ることにしました。

 

栽培開始から98日目

「ダル次郎」は相変わらず葉が横に広がり、根の太さも4(cm)ほどで

ほとんど生長していないように感じました。

ペット栽培III(だるま大根・改)20

 

根をもう少し太くしたいと思って欲張ってみたのですが、

生長の変化を見せないのであれば、

トウ立ちする前に収穫したほうがよいので収穫することにしました。

 

根の太さが4(cm)しかないので指で摘んで引き抜いてみたのですが、

想像していたよりも小さくてカワイらしく

形はたしかにダルマみたいな形をしていました。

ペット栽培III(だるま大根・改)21

 

ちょっとプチサイズの'だるま大根'を収穫したので、

無性に食べたかった豚汁に使いました。

ペット栽培III(だるま大根・改)22

 

だるま大根の食感は少しカブみたいでしたが、

甘みがあって美味しかったです。

 

今回、二度目の挑戦となった'だるま大根'栽培でしたが、

種を蒔く時期が遅かったこともあり、

トウ立ちを心配しながらの栽培となりました。

 

しかしながら、生長が比較的早かったことから

育てていて楽しむことができ、無事に収穫することができました。

 

'だるま大根'がこんなに小さいものとは思いませんでしたが、

なんとか、リベンジを果たすことができてよかったです。

【ペットボトル栽培III~だるま大根・改~ 完】

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
08

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

だるま大根の「ダル次郎」は栽培開始から76日目を迎えたのですが、

見た目にはあまり生長しているようには見えません。

ペット栽培III(だるま大根・改)17

 

株元付近を見てみても生長の変化は見られなかったのですが、

宿命ともいえるアブラムシが付いているのを発見し、

すかさず、'栽培用炭酸水'を噴霧して駆除しました。

 

栽培開始から83日目を迎え、「ダル次郎」の様子を見てみますと、

まだ少しアブラムシの痕跡はありましたが、

葉が少し大きくなり、根の肥大も進んでいるように感じました。

ペット栽培III(だるま大根・改)18

 

目測で3(cm)近くある「ダル次郎」ですが、

収穫するにはまだまだ時間がかかりそうで、

追肥をしながら地道に育てるしかないようですね。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
15

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から62日目を迎えただるま大根の「ダル次郎」ですが、

新たに出てきた葉が大きくなり、大根らしい姿に戻りつつありました。

ペット栽培III(だるま大根・改)15

 

葉の生長が活発なのは嬉しいことですが、

大きくなり過ぎてしまうとトウ立ちの危険性もあり、

栽培管理には気を付けたいところです。

 

栽培開始から69日目になりますと、

「ダル次郎」は葉がそれほど大きくなっていませんでしたが、

以前に増して横に広がるようになってきました。

ペット栽培III(だるま大根・改)16

 

また、株元付近の様子を見てみますと、

土を掘り返さなくても肥大している根が見えるようになり、

目測で3(cm)ほどの太さに育っていました。

 

根の肥大具合から判断するとまだ太くなるような感じがするのですが、

葉が横に広がりを見せるようになり、このタイミングで収穫するのは

かなり難しい決断が求められそうです。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
02

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

だるま大根の「ダル次郎」は栽培開始から55日目を迎え、

一段と葉が大きくなってきました。

ペット栽培III(だるま大根・改)14

 

肝心の根のほうは2.5(cm)ほどの太さになり、

順調に肥大しているように感じます。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から48日目を迎えただるま大根の「ダル次郎」ですが、

強風の影響により葉が折れてしまい、

少々元気のない姿となってしまいました。

ペット栽培III(だるま大根・改)13

 

そうは言っても、葉は大きくなっていますし、

肝心の根のほうも(cm)近くの太さになっており、

育つところはちゃんと育っていたのです。

 

大根の葉は栄養価が高く美味しいので、

強風の影響で葉を失うのは残念なことですが、

できる限り風の影響を受けない工夫が必要ですね。

 

宿題として考えま~す()

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
18

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から42日目を迎えただるま大根の「ダル次郎」

葉っぱがより大きくなり、順調に育っています。

ペット栽培III(だるま大根・改)12

 

若干葉数が少ないのは気になりますが、

これだけ大きくなると強風による被害にだけは遭いたくないですね。

 

ところで、葉が大きくなってきましたので、

そろそろ根の肥大が始まってもよさそうな時期だと思い、

少しだけ株元付近の土を掘り返してみました。

 

すると、根の太さが1(cm)ほどあり、肥大が始まっていました。

 

冬の寒い時期に育てるのとは違って生長が早いですので、

きめ細やかな栽培管理が求められますね。

 

一度、「ダル次郎」に草木灰を追肥してあげようかな?

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
13

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

だるま大根の「ダル次郎」は栽培開始から35日目を迎え、

葉っぱがより大きくなり、順調に育っていました。

ペット栽培III(だるま大根・改)11

 

葉っぱが少しヨレヨレとしていますが、

けして衰弱しているわけではありません。

 

ヨレッとした葉っぱを見ていたら、

犬の耳みたいな形をしていて癒されてしまいました()

 

そんなカワイらしい「ダル次郎」にハプニングが...

 

なんでも、あの爆弾低気圧の影響をもろに受けてしまい、

ご覧の通り、茎をポキッと折られてしまい、

痛々しい姿にされてしまいました。

 

春先は寒暖の差が激しい上に突然の強風に見舞われますので、

これらの対策をやらないといけないことを痛感するのでした。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
01

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

だるま大根の「ダル次郎」は栽培開始から27日目を迎え、

葉の形がギザギザとした大根らしい形になっていました。

ペット栽培III(だるま大根・改)10

 

また、葉数が倍近くに増え、肌寒い日が続いても

元気に生長する「ダル次郎」なのでした。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
30

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

だるま大根の「ダル次郎」

栽培開始からちょうど20日目を迎えました。

 

「ダル次郎」は間引いたことが功を奏したのか、

株全体が大きくなっていました。

ペット栽培III(だるま大根・改)09

 

草丈は(cm)近く伸び、本葉も劇的に大きくなり、

この急生長ぶりには驚きました。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
19

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんばんは、M.Ishiiです。

 

カイワレ大根が土に埋まっているのかと思うほど小さかった、

だるま大根の「ダル次郎」は栽培開始から13日目を迎え、

(cm)ほどになる双葉の間から小さな本葉を出していました。

ペット栽培III(だるま大根・改)06

 

本葉はまだ小さいのですが、

発芽した芽が密集していることから込み合っているため、

下記のポイントを参考にして間引きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合を見て根元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ペット栽培III(だるま大根・改)07

 

今回の栽培では一鉢に一株の'だるま大根'を育てますので、

生育の良さそうな芽を一株だけ残すようにして間引きました。

ペット栽培III(だるま大根・改)08

 

若干徒長していましたので、

間引いたついでに増し土をして安定感Up!!

 

「ダル次郎」が元気良く育つといいなぁ。

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
16

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

種を蒔いてから6日目を迎えた'だるま大根'

 

だるま大根の発芽についてはそれほど心配していないのですが、

寒暖の差が激しいこの時期の発芽では若干の遅れが出るかも...

 

そう思いつつ、ペットボトル菜園に行ってみますと、

鉢の真ん中から小さな芽を出しているのを確認しました。

ペット栽培III(だるま大根・改)05

 

発芽した'だるま大根の芽'を見た感触では、

確認したこの日の前日に芽を出したように感じます。

 

従って、気温のほうは若干低かったのですが、

想定内の日数で発芽したことにニンマリしました()

 

というわけで、無事に発芽しましたので、

今回育てる'だるま大根'の愛称を考えることにしました。

 

あまり深く考えるといい愛称が思いつかないのでシンプルに考え、

二代目のだるま大根にちなんで「ダル次郎」に決定!!

 

相変わらず、センスのないネーミングに少々ヘコみました(苦笑)

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
11

◆これまでのお話◆

第1話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんばんは、M.Ishiiです。

 

今回の'だるま大根'栽培は以前育てたときのリベンジですが、

あまり力んでも初歩的なミスを生み出すだけですので、

楽しみながら育てたいと思います。

 

今回の栽培で使用する種は以前育てたときと同じ

中原採種場社の種を使いたいと思います。

ペット栽培III(だるま大根・改)04

 

'だるま大根'は根長15(cm)ほどのミニ大根ですので、

'縦型ペットボトル鉢'を使うことにしました。

ペット栽培III・ペット鉢01_5

 

今回の栽培では根の生育を良くしたいので、

'根菜類用培養土'を作り、これを用いて育てます。

 

'だるま大根'の種蒔き作業は下記のポイントに注意して、

下図に示す手順で行いました。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように水を与えること。

だるま大根の種蒔き作業II

 

今回の栽培では以前育てたときのようにトウ立ちしないよう

細心の注意を払いつつも、楽しく育てたいと思います。

次回に続く

◆「だるま大根」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

だるま大根の種

1

210

210

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

56
(2L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

天然水のペットボトル(2L)

1

88

88

合計金額 

357

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

 

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
17

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今回育てる'だるま大根'は写真を見ても分かるように、

ユニークな形をしていることに加え、ネーミングに惹かれて

昨シーズン育てたことがあるミニ大根です。

ペット栽培III(だるま大根・改)01

 

昨シーズンは4(cm)ほどの太さに肥大するまでは順調でしたが、

その後、とう立ちしてしまって不本意に結末を迎えました。

ペット栽培III(だるま大根・改)02

 

今回はとう立ちを回避するべく、この時期から育てることで

リベンジを果たしたいと考えています。

 

冒頭の写真に示すような'だるま大根'を収穫できるといいなぁ()

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
28

[だるま大根] ブログ村キーワード:京都議定書、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、根の太さが4(cm)ほどに肥大した、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から116日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は相変わらず元気に育っていたんだけど、

根の肥大のほうは進んでおらず、(cm)ほどの太さのままだったジョ。

ペット栽培III(だるま大根)38

 

「ダイきち」の生長に変化が見られないとすんごく心配になるけど、

けして、葉が萎れているわけでも根腐れを起こしているわけでもなく、

元気に育っているからそれほど心配することはなさそうだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
14

[だるま大根] ブログ村キーワード:京都議定書、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、3(cm)ほどの太さに肥大していることがわかった、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から97日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は葉をより大きくし、元気に育っていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)35

 

相変わらず、新しい葉は出てきているみたいで、

根の肥大も順調そうだジョ。

 

栽培開始から103日目

「ダイきち」新たに出てきた葉が大きくなり、

葉のボリュームが少し増したように感じたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)36

 

株元付近の様子を見てみたんだけど、

根の太さはあまり変わっていないみたいだったジョ。

 

新たな葉が増えているところを見ると、

土の栄養のほとんどは葉に取られてしまい、

肝心の根の方には届いていないように感じるジョ。

 

栽培開始から109日目

「ダイきち」は葉がピーンと伸びていて、

元気ハツラツといった感じだったジョ。

ペット栽培III(だるま大根)37

 

こんなに元気な「ダイきち」を見ることはあまりないので、

おいらはビックリしたジョ。

 

相変わらず、葉のほうに栄養が行っているのか、

大きく育っている印象を受けたんだけど、

ここにきて、根の肥大の方が少し進んでいたんだジョ。

 

根の太さは目測で4(cm)近くあったんだけど、

ようやく春の陽気を感じられるようになったから、

今後の「ダイきち」の生長に期待しちゃうジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[だるま大根] ブログ村キーワード:京都議定書、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、順調に葉を増やし大きく生長している、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から75日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は簡易温室内で育てていることもあり、

ほとんど水やりをしなかったことが悪かったのか、

葉が萎れてしまって元気がなかったんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)31

 

完全においらのミスなので仕方のないことだけど、

このような姿をM.Ishiiに見せたら怒られてしまうジョ。

 

元気のない「ダイきち」を見ていたら、

変わり果てた初代だるま大根の「だいまる」のことを思い出したので、

慌てて水をたっぷりとあげたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)32

 

なんとか、M.Ishiiにバレないうちに、

「ダイきち」が元気いっぱいに回復してくれることを願うジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

02月
20

[だるま大根] ブログ村キーワード:リサイクル、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、葉の形がギザギザとした大根らしい葉になってきた、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から62日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は厳しい寒さが続いているにも関わらず、

葉がより大きくなり、葉数も増えていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)29

 

葉の長さは目測で15(cm)ほどあり、

わずか10日で5(cm)伸びていたんだジョ。

 

「ダイきち」のどこにこんな力があるのか不思議でならないジョ。

 

栽培開始からちょうど70日目

「ダイきち」さらに葉を大きくし、元気に育っていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)30

 

近くに寄って見てみたんだけど、

根元付近からは小さな葉が数枚出ていて、カワイらしかったジョ。

 

今後、これらの葉は大きくなると思うんだけど、

そろそろ、根のほうも生長する様子を見せてほしいジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

[だるま大根] ブログ村キーワード:地球温暖化、バイオエタノール

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、元気そうな芽を一つだけ残して間引きした、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から38日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は本葉を4枚に増やし、双葉よりも大きくなっていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)27

 

簡易温室内で育てているとはいっても、

室内の温度は15℃以下しかないため、生育適温とはいえないんだけど、

それでも、大きく育つ様子を見ると嬉しくなるジョ。

 

栽培開始から52日目

「ダイきち」さらに大きな葉になっており、

葉の形がギザギザとした大根らしい葉になっていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)28

 

寒さがより厳しくなる中、小さな葉が続々と出てきており、

順調に生長していることが窺えるジョ。

 

現在の「ダイきち」を見ていると、安心して育てることができそうだけど、

油断せずに頑張って育てるジョ。

次回に続く 

by PETくん


心ひとつに キャンドルナイト

01月
23

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、新たな栽培を始めるべくして種を蒔いた、

だるま大根の「ダイきち」は無事に発芽し、

双葉も大きくなっていたジョ。

 

「ダイきち」は栽培開始から26日目を迎えていたんだけど、

草丈が少し伸び、出てきたばかりの本葉も大きくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)24

 

しかも、本葉の数は一つの芽につき2~3枚出てきていて、

少し込み合ってきていたんだジョ。

 

「ダイきち」は順調に育っているものの、

この状態のままだと生育によくないから、

「だいまる」のときと同様のやり方間引くことにしたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)25

 

今回は元気そうな芽を一つだけ残して間引いたんだけど、

「ダイきち」が元気に育ってくれることに期待するジョ。

ペット栽培III(だるま大根)26

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
12

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、だるま大根の「だいまる」が残念な結果になったことを受け、

心機一転、新たな栽培をスタートさせたんだジョ。

 

新たな仲間に加わっただるま大根の「ダイきち」

栽培開始から9日目を迎えていたんだけど、

ペットボトル鉢の中央から芽を出してくれたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)21

 

「だいまる」のときに比べると6日遅い発芽となったけど、

播種時期が2ヵ月遅ければ気温のほうも変わるから、

まずまずのスタートを切ることができたと思うジョ。

 

栽培開始から16日目

「ダイきち」蒔いた種すべてから発芽したみたいで、

それぞれの芽の双葉が光合成して緑色をしていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)22

 

寒さが厳しくなる中、順調に生長する様子を見ると、

すんごく勇気をもらった気がするジョ。

 

栽培開始から21日目

「ダイきち」双葉をさらに大きくし、草丈も1(cm)伸びていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)23

 

また、近くに寄って観てみると、

小さな本葉が出てきているのを見つけたジョ。

 

少し込み合って来ているようにも感じたけど、

本葉がもう少し大きくなったときに間引きしたいと思うジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
05

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、青虫の食害から立ち直りつつある、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から65日目を迎えていたジョ。

 

ようやく復活の兆しを見せ、

今後の巻き返しに期待する「だいまる」の様子を見るべく、

ペットボトル菜園に行ってみたんだけど、

「だいまる」の変わり果てた姿に凍り付いてしまったんだジョ。

 

何が原因だったのかは分からないんだけど、

「だいまる」は葉が萎れてしまい、

復活できないほどグッタリしていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)18

 

「だいまる」には定期的に水やりしていたので、

このような状態になることは考えられなかっただけに、

ただ悔しさだけがこみ上げてくるジョ。

 

何をどうやっても回復させることはできないため、

「だいまる」をペットボトル鉢から抜き取り、

この栽培を終わらせることにしたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
13

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、アオムシの食害に遭う一方で根元が2(cm)弱に肥大した、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から44日目を迎えていたジョ。

 

「だいまる」の葉はアオムシの食害に遭った上に、

強風でペットボトル鉢を横に倒してしまい

葉の一枚を折ってしまったことから

以前よりも寂しい姿になってしまったんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)15

 

しかし、根元付近を覗いてみると根の肥大が進んでおり、

新たな葉が出てきていることを確認できたんだジョ。

 

「だいまる」は一生懸命に再生しようと頑張っていることを

すんごく伝わったジョ。

 

栽培開始から52日目

「だいまる」は若干アオムシによる食害が進んでいるように見えたけど、

根の肥大は順調に進んでいることを見て取れたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)16

 

ただ、新たに出てきた葉は食害で少し小さくなり、

葉色も若干濃い緑色に変わっていて、

「だいまる」の生長が物凄く不安になってきたジョ。

 

栽培開始から59日目

「だいまる」はさらに衰弱していて絶体絶命だと思われたんだけど、

近くに寄って見てみると嬉しい発見があったんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)17

 

それは肥大がさらに進んだことじゃなくて、

新たに小さな葉が2枚出てきたいたんだジョ。

 

おいらはすんごく嬉しくて、

近くにいたM.Ishiiとハイタッチしちゃったジョ。

 

「だいまる」は再生に向けて一生懸命に頑張っているから、

おいらも最後まで諦めずに育てたいと思うジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

12月
03

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、ダイコンらしい形の葉に生長した、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から36日目を迎えていたジョ。

 

「だいまる」のさらなる生長ぶりを一目見るべく、

ペットボトル菜園に行ってみたんだけど、

おいらが想像していたものとはかけ離れた姿になっていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)12

 

おいらはその姿を見て落胆してしまったんだけど、

ほとんどの葉を食い荒らした犯人を探すことにしたジョ。

 

食い荒らされた葉の裏を念入りに調べたところ、

数ヵ所から小さなアオムシが寄生しているのを発見し、

悪びれる様子もなく黙々と葉を食べていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)13

 

おいらはもの凄く腹が立ったから、

憎きアオムシを摘み、ティッシュに繰るんで潰してあげたジョ。

 

大根の葉は栄養価が高く美味しいから、

M.Ishiiも何かの料理に使いたかったらしいんだけど、

今回のことでショックを受けていたみたいだったジョ。

 

でも、葉は寂しい姿になってしまった一方で、

嬉しいこともあったんだジョ。

 

実はアオムシを探し当てたときに気づいたんだけど、

「だいまる」の根元から(cm)弱の太さに肥大する根茎が

土面から覗かせていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)14

 

おいらは肝心の根のほうが生長してくれたことは嬉しかったけど、

やっぱり、葉がフサフサと茂っている状態じゃないから、

嬉しさは半減したジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
26

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、元気そうな苗を一つ残しそれ以外は全て間引いた、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から21日目を迎えていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)10

 

上の写真を見ても分かるように、

「だいまる」は一つだけ残して間引いたことが功を奏したのか、

数枚の本葉が10(cm)近くまで大きく育っていたんだジョ。

 

間引く前までは、お互いの苗が土中の栄養素を奪い合っていたから、

なかなか大きくなれずにいたんだと思うジョ。

 

このため、栽培開始から29日目になると、

「だいまる」飛躍的に大きく生長し、

葉の形がダイコンらしくなってきたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)11

 

ただ少し残念なのは、大きく育つ葉が虫に食われているようで、

ポツポツと小さな穴が開いていたんだジョ。

 

誰がこんなことをしたのかは特定できていないけど、

なにかしらの防虫対策はやる必要がでてきたジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
09

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、蒔いた種全てから発芽した、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から16日目を迎え、

草丈は数(cm)伸び、本葉は双葉と同じくらいの大きさになり、

大きく生長していたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)07

 

でも、若干徒長気味に育っているためなのか、

それぞれの芽がヒョロッとして横に倒れかかっていて、

お互いの芽同志で支え合っているように見えたジョ。

 

違う見方をすれば混み合っているようにも見えるけど、

いずれにしても、このままの状態で生育上よくないので、

元気そうな苗を一株だけ残し、残りを全て間引くことにしたジョ。

 

間引く際には下記のポイントを参考にして頂き、

強引に苗を引き抜かないようにすることが大事だジョ。

 

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て根元からやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用はさみを使って根元を剪定する。

ペット栽培III(だるま大根)08

 

やさしく間引いた「だいまる」だけど、

これだけでは横に倒れてしまうので土を少し盛って

土寄せして真っ直ぐになるようにしてあげたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)09

 

今後、「だいまる」がどのように育っていくのか

静かに見守ることにするジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

10月
25

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、縦型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から3日目を迎えたジョ。

 

「だいまる」の様子を見てみたところ、

ペットボトル鉢の真ん中から小さな芽が出ているのを確認したジョ。

ペット栽培III(だるま大根)05

 

'だるま大根'の発芽日数は播種後3~5日らしいので、

まずは順調なスタートを切ることができてホッとしたジョ。

 

栽培開始から7日目になると、

「だいまる」は蒔いた種全てから発芽していて、

いずれの芽も草丈を2(cm)ほど伸ばし、

(cm)近くある双葉を広げていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)06

 

たった4日間でここまで大きく生長しているとは思わなかったので、

おいらはビックリしたんだけど、今後の生長が楽しみだジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

10月
19

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、変わり種野菜の「だるま大根」を育てるべく、

今回の栽培の概要をお話ししたジョ。

 

前回の最後にお伝えしたけど、

今回の栽培で必要な道具をおさらいするジョ。

 

今回の栽培で用意して頂きたい道具は下の写真に示すように、

だるま大根の種粒状の野菜の培養土

2Lのペットボトルジョウロ移植ゴテだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)02

 

今回の栽培に必要な道具について、もう少し詳しく説明するジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
25

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ペットボトル栽培III・第4期においても、

PETくんがペットボトル栽培についてお話したいそうなので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

突然だけど、皆さんは今日から育てる'だるま大根'という

珍しい大根の存在を知っているかだジョ?

ペット栽培III(だるま大根)01

 

「だるま大根」は以前育てたことのあるミニ大根・ころ愛と

同じくらいの大きさがある病害に強い大根なんだけど、

上の写真をご覧の通り、ダルマに似た形がカワイらしいジョ。

 

この「だるま大根」はでんぷん質が多く、ビタミンが豊富な上に、

おろしたてのピリピリする辛さは昔懐かしいおろし大根の味で、

葉も一夜漬けにすると辛みがあって美味しいとのことなので、

収穫するのが楽しみな栽培になりそうだジョ。

 

今回の「だるま大根」栽培においても、

'誰でも簡単に始められ、かつ、1コインで育てる'という

スローガンの下、煩わしい作業を省いた栽培をするので、

栽培に必要な道具を準備してほしいジョ。

 

今回の栽培で最低限用意して頂きたい道具は、

だるま大根の種粒状の野菜の培養土2Lサイズの

ペットボトルジョウロ移植ゴテだジョ。

 

次回は「だるま大根」の種蒔き作業をやるんだけど、

先日の野菜投票で当選した野菜だから気合を入れて頑張るジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金