--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

03月
07

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:ゴミ分別、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回根の太さが1.5(cm)ほどになり収穫間近となった、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から82日目を迎えていました。

 

「ユキちゃん」は葉がさらに大きくなり、

ぶっ太い根もはっきりと確認することができます。

ペット栽培III(ハツカ大根)16

 

ただ、根の太さは前回見たときとさほど変わらず、

葉の色が若干黄色みがかっているのが気になったため、

このタイミングで「ユキちゃん」収穫することにしました。

 

'ハツカ大根'を収穫する際は根元付近を持って、

手で引き抜いて収穫します。

ペット栽培III(ハツカ大根)17

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

02月
23

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:ゴミ分別、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回劇的に株を大きくし1(cm)ほどに肥大した、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から61日目を迎えました。

 

「ユキちゃん」は葉がさらに大きくなり、

根の肥大も少し進んでいたのです。

ペット栽培III(ハツカ大根)14

 

栽培開始から69日目になると、

「ユキちゃん」一段と株周りが大きくなり、

少し離れた場所から肥大する白い根が見えるようになったのです。

ペット栽培III(ハツカ大根)15

 

近くに寄って株元を見てみたところ、

根の太さは目測で1.5(cm)近くあって、

あと少しで収穫できそうな状態になっていました。

 

'ハツカ大根'を育てるのは初めてですので、

今から「ユキちゃん」を収穫するのがすごく楽しみです。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
03

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回大きく生長したことを受けて少し間引きした、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から37日目を迎えていました。

 

寒さがより厳しさを増していることから、

簡易温室に移して育てている「ユキちゃん」は

本葉が倍近くまで大きくなっていて、

株としてみても一回り大きくなったように感じます。

ペット栽培III(ハツカ大根)12

 

簡易温室内の温度(日中)は屋外と比べると15℃前後高いため、

多少換気しないといけませんが、

'ハツカ大根'の生長には適した温度といえそうです。

 

栽培開始から51日目

「ユキちゃん」劇的に大きく育っていました。

ペット栽培III(ハツカ大根)13

 

横から見ても本葉が大きくなっていることは一目瞭然で分かり、

根元付近に寄って見てみたところ、

(cm)近くに肥大している根が覗いていました。

 

なんだか小さくてカワイいので癒されてしまいます。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
26

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回やや遅い発芽ながらも順調に生長を続ける、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から25日目を迎えていました。

 

「ユキちゃん」は厳しい寒さに耐えながらも大きく生長していました。

ペット栽培III(ハツカ大根)08

 

近くに寄って見てみると分かるんですが、

小さかった本葉は二枚になり、(cm)以上の大きさに育っていたのです。

 

言うまでもなく、お互いの芽は同様に生長しているため、

葉が重なり込み合ってきていました。

 

このため、「ユキちゃん」の生育をよくするためにも、

元気そうな芽を残すようにして間引くことにしました。

 

'ハツカ大根'を間引く際には下記のポイントを参考にし、

強引に引き抜かないことが賢明です。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合を見て、根元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ペット栽培III(ハツカ大根)09

 

間引いた芽は少し多かったので、

間引き菜として味噌汁の具に使いました。

ペット栽培III(ハツカ大根)11  

 

元気そうな芽を一本ずつ残した「ユキちゃん」は、

少しサッパリした姿になってしまいましたが、

今後、温かくなるまでの間は簡易温室に入れて育てたいと思います。

ペット栽培III(ハツカ大根)10

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
07

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回2つ折り型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から8日目を迎えていました。

 

今回育てている'ハツカ大根'の発芽日数は、

発芽適温(地温)1525播種後3~5日ほどかかるため、

ペットボトル菜園で育てる「ユキちゃん」が気になり、

様子を見に行ってみました。

 

すると、ペットボトル鉢の数ヵ所から芽が出ているのを見つけました。

ペット栽培III(ハツカ大根)05

 

播種時期が遅く、発芽適温も低かったことが影響し、

やや遅い発芽となったようです。

 

しかし、蒔いた種からすべて発芽してくれましたので、

不安要素が一つ消え、少し安心して育てられそうです。

 

栽培開始から15日目

「ユキちゃん」どの芽も双葉が大きくなり、

光合成して濃い緑色に変わっていました。

ペット栽培III(ハツカ大根)06

 

近くで見たところ、徒長している様子は見られず、

順調に育っているように感じます。

 

栽培開始からちょうど20日目になりますと、

「ユキちゃん」草丈を少し伸ばし双葉が一段と大きくなっていました。

ペット栽培III(ハツカ大根)07

 

また、近くに寄って観てみますと、

小さな本葉が出てきているのを見つけました。

 

厳しい寒さの中、順調に生長している「ユキちゃん」なのでした。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
28

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回「ハツカ大根」栽培の概要をお話しましたが、

もう一度、今回の栽培で必要な道具をおさらいしましょう。

 

今回の栽培で用意して頂きたい道具は下の写真に示すように、

ハツカ大根の種粒状の野菜の培養土

2Lのペットボトルジョウロ移植ゴテです。

ペット栽培III(ハツカ大根)02

 

今回の栽培に必要な道具について、もう少し詳しく説明したいと思います。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
17

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは今回から育てます「ハツカ大根」

20日間で収穫できると思ったことはありませんか?

 

「ハツカ大根」は小型だいこんの極早生種でラディッシュと呼ばれており、

根の形状や色は品種によって様々あるようですが、

実際の栽培期間は春・秋の場合で3040日、夏の場合で20日、

冬の場合では5080日で収穫することができるそうです。

ペット栽培III(ハツカ大根)01

 

従って、「ハツカ大根」の和名の由来は意外とアバウトなのです。

 

何はともあれ、「ハツカ大根」は一年中栽培することができ、

サラダや酢の物、一夜漬けなどにして美味しく頂けますので、

手頃に育てられるペットボトル栽培は打ってつけではないでしょうか?

 

さて、今回から育てる「ハツカ大根」については、

'誰でも簡単に始められ、かつ、1コインで育てる'という

スローガンの下、煩わしい作業を省いた栽培をしますので、

栽培に必要な道具を準備して頂きたいと思います。

 

今回の栽培で最低限用意して頂きたい道具は、

ハツカ大根の種粒状の野菜の培養土

2Lのペットボトルジョウロ移植ゴテです。

 

次回は「ハツカ大根」の種蒔き作業をやりますので、

それまでに準備のほうはしておいてくださいね。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金