--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
09

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

莢が着き始めた「エダマメ」栽培は栽培開始から51日目を迎えました。

 

これまで草丈をぐんぐんと伸ばしていましたが、

莢が着き始めてからは少し落ち着いてきました。

ペット栽培III(エダマメR)25

 

やはり、「エダマメ」全体のエネルギー消費の大半は

莢の方に取られていきますので、

草丈が伸びることはなくなっているのでしょう。

 

そんな「エダマメ」を近くに寄って見てみますと莢付きは極普通ですが、

若干ふっくらとしてきたように感じます。

ペット栽培III(エダマメR)26

 

栽培開始から58日目になりますと、

「エダマメ」は一部の葉が葉焼けして茶色くなり

葉が以前よりも少なくなっていました。

ペット栽培III(エダマメR)27

 

しかし、莢の方はだいぶ膨らんできていて、

収穫できそうな状態になっていました。

ペット栽培III(エダマメR)28

 

一般的な早生種のエダマメでは播種後約7080日程度で収穫でき、

膨らむ莢を押すと飛び出すくらいの状態が収穫の目安となります。

 

今回の場合、栽培期間が10日近く短く収穫には早い気もするのですが、

葉の状態を見た感触としては寿命が近いように感じます。

このため、少し早めの収穫をすることにしました。

 

「エダマメ」を収穫する際は莢が太ったものから、

付け根を園芸用ハサミで切り取って収穫します。

ペット栽培III(エダマメR)29

 

今回収穫した「エダマメ」は私の想像したものよりは少ないですが、

まずまずの収穫量といえます。

 

収穫した「エダマメ」は鮮度が落ちますので、

できるだけ早く茹でるようにしましょう。

 

茹で上がった「エダマメ」を食べてみましたが、

豆の味がしっかりとあり、

市販のものでは味わえない旨さがありました。

ペット栽培III(エダマメR)30

 

新鮮な「エダマメ」の味を堪能したところで、

装いを新たに始めた最初の栽培について

栽培レシピに加えるかの判定をしましょう。

 

今回の栽培を総合的に吟味したところ、

栽培方法に改良の余地が認められたことに加え、

莢付きが思っていたよりも悪く、葉焼けも認められたことから、

今回の栽培については見送ることにしました。

 

今回の栽培の問題点における改善策をまとめた上で、

来年の栽培に再挑戦したいと思います。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

【ペットボトル栽培III~エダマメR~ 完】

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

08月
30

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

蕾が膨らみ始めてきた「エダマメ」

栽培開始から37日目を迎えました。

 

草丈の伸びは少し落ち着いてきましたが、

それでも(cm)近く伸びていました。

ペット栽培III(エダマメR)21

 

本葉のほうはさらに増えたように感じ、

所々に莢が着いているのを確認できます。

ペット栽培III(エダマメR)22

 

近くに寄って見てみますと、

膨らんだ蕾からは小さな白い花が咲いており、

莢も少し膨らんでいるように感じます。

 

ところで、「エダマメ」の根には根粒菌と呼ばれる微生物がたくさん存在し、

エダマメの光合成によって作り出した物質をもらい、

その代わりに土に含まれる窒素を作り、エダマメの生長を促しています。

 

このため、'エダマメ'栽培には追肥をする必要がないのですが、

ペットボトル栽培の場合、土内に含まれる栄養分は限られ

不足しがちになりますので、蕾から花が咲き始めた頃を目安に、

リン酸系肥料を一摘み与えるようにします。

 

栽培開始から44日目になりますと、

「エダマメ」草丈をさらに数(cm)伸ばし、

元気に育っていました。

ペット栽培III(エダマメR)23

 

また、若干葉数が少なくなったように感じますが、

肝心の莢は順調に数を増やし、微妙に膨らんできました。

ペット栽培III(エダマメR)24

 

今後の「エダマメ」の生長から目が離せませんね。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から23日目を迎えた「エダマメ」栽培ですが、

草丈がグンと伸び50(cm)近くになりました。

ペット栽培III(エダマメR)17

 

また、本葉も比較にならないほど増えており、

「エダマメ」の急生育ぶりには脱帽です。

ペット栽培III(エダマメR)18

 

近くに寄って見てみますと新芽が続々と出ていることに気付き、

また、小さな蕾を持っているものもありました。

 

栽培開始からちょうど30日目になりますと、

「エダマメ」の草丈はさらに20(cm)ほど伸びており、

支柱の先端に届きそうな状態になっていました。

ペット栽培III(エダマメR)19

 

本葉のほうはさらに数を増やし、青々としていました。

ペット栽培III(エダマメR)20

 

また、小さかった蕾は少し膨らみ、

花が咲きそうな状態になっていました。

 

ということは近々、待望の莢が着くことになりそうです。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
02

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

数粒の種から発芽した「エダマメ」でしたが、

それから5日が経過しますと他の種も芽を出し、

蒔いた種の全てから発芽し、安堵しました。

ペット栽培III(エダマメR)12

 

が、その間に「エダマメ」は草丈を10(cm)以上に伸ばし、

本葉も数枚付けている状態でした。

 

このような状態ですと、

8株あった芽を半分に間引く必要があります。

ペット栽培III(エダマメR)13

 

間引く目安は本葉が2、3枚開いた頃ですので、

このタイミングで生育の悪そうな芽を

株元から園芸用ハサミで剪定しました。

ペット栽培III(エダマメR)14

 

間引き後、4株ずつ残した「エダマメ」

ヒョロッてして今にも倒れそうな状態でしたので、

長さ70(cm)の支柱を立てて支え、麻ひもで誘引しました。

ペット栽培III(エダマメR)15

 

支柱そのものも細くて頼りなさそうに見えますが、

支柱を立てる前とでは安心感があり、

「エダマメ」が立派に育ってくれると思います。

ペット栽培III(エダマメR)16

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ツイン型ペットボトル鉢に「エダマメの種」を蒔いてから6日目を迎え、

'エダマメの芽'ガーゼから透けて見えていました。

ペット栽培III(エダマメR)10

 

早速ペットボトル鉢に被せたガーゼを取り除き、

「エダマメ」の様子を見てみることにしましょう。

 

すると、鉢の真ん中から3つの芽が出ているのを確認できました。

ペット栽培III(エダマメR)11

 

ということは残り5粒の種からは

まだ発芽していないことになります。

 

従って、再びガーゼを被せて様子を見ることにします。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
05

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今回はペットボトルで「エダマメ」を育ててみたいと思います。

 

'エダマメ'はビールのおつまみに欠かせないものですが、

この'エダマメ'には様々な品種がありますので、

ペットボトル栽培に適した早稲種のものを選んで育てることにします。

ペット栽培III(エダマメR)01

 

今回は早稲種の'ビアフレンド'という品種を使いますが、

上図に示すように、種には赤い薬剤を塗布されています。

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから

種を守るために薬剤を塗布したもので、

このような薬剤処理された種には必ず種袋の裏側に記載されています。

ペット栽培III(エダマメR)02

 

'エダマメ'はどの鉢でも育てることができますので、

今回は少し欲をかいて'ツイン型ペットボトル鉢'で育てます。

 

それでは早速、エダマメの種蒔きから始めることにしましょう。

 

まず、今回の種蒔き作業で使用する道具を下図に示しますので、

各自でご用意下さい。

【用意するもの】

エダマメの種、ツイン型ペットボトル鉢、ジョウロ、

野菜用培養土、移植ゴテ、麻ヒモ、ガーゼ

ペット栽培III(エダマメR)03

 

上図の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「エダマメの種」を蒔きます。

 

【エダマメの種蒔き手順】

ペット栽培III(エダマメR)04

'ツイン型ペットボトル鉢'の縁から2(cm)下まで野菜用培養土を入れ、

「エダマメの種」を点蒔きします。

 

このとき、種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)ほど開けて下さい。

ペット栽培III(エダマメR)05

 

ペット栽培III(エダマメR)06

野菜用培養土を覆土した後、ペットボトル鉢を'ガーゼ'で被せ、

風に飛ばされないように麻ヒモで結びます。

 

この作業はエダマメなどの豆科の種を鳥が好んで食べることから、

その防鳥対策として行ったものです。

 

また、本来は寒冷紗を用いるのですが、

安価に購入できるガーゼで代用しました。

 

ペット栽培III(エダマメR)07

ガーゼを被せ麻ヒモで固定したら、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて完了です。

 

今回の栽培では「エダマメ」をたくさん育てたいと思い、

一鉢で8株収穫可能な'ツイン型ペットボトル鉢'を3鉢使いました。

 

よって、栽培しやすくするために、

下図のようなトレイに入れて育てます。

ペット栽培III(エダマメR)08

 

今回育てる「エダマメ」は地温2030

播種後4~6日程度発芽します。

 

このため、日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用と

エダマメの栽培データを以下に示しますのでご参照ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

189

189

ツイン型ペットボトル鉢

1

967

967

ジョウロ

1

105

105

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

74
(3L使用)

移植ゴテ

1

105

105

麻ひも

1

105

105

ガーゼ

1

105

105

合計金額 

1,650

 

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
06

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01

 

前回、株そのものの大きさは変わらなかったものの、

莢が少しふっくらとしてきた、エダマメの「マメぞう」

栽培開始から53日目を迎えていたジョ。

 

「マメぞう」は草丈の伸びや葉の生長に変化が見られなかったんだけど、

所々にプックリと膨れた莢が見え隠れしていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)18

 

近くに寄って見てみると、

相変わらず、茂っている葉の隙間から莢を覗かせ、

その莢は市販のエダマメと区別が付かないほど膨らんでいて、

収穫できる状態に育っていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)19

 

'エダマメ'は鮮度が落ちやすい豆野菜で、

収穫するタイミングと収穫後にすぐ茹でることが大事だから、

このタイミングで収穫することにしたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
08

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01

 

前回、開花した所から莢を付けていた、

エダマメの「マメぞう」は栽培開始から45日目を迎えていたジョ。

 

「マメぞう」は草丈の伸びや葉数に変化はなかったんだけど、

葉の隙間から大きくなった莢が見え隠れしていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)16

 

近くに寄って確かめてみたところ、

開花した箇所からたくさん莢が出ていて、

少しふっくらとしてきていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)17

 

「マメぞう」を見た限りでは一株に20莢くらい付いていたので、

今栽培の目標とする大量収穫を狙えそうな予感がするジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

08月
29

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01

 

前回、所々に出てきた蕾から白い花を咲かせている、

エダマメの「マメぞう」は栽培開始から38日目を迎えていたジョ。

 

「マメぞう」は比べものにならないほど草丈が伸び

葉も数を増やして大きくなっていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)14

 

この急生長ぶりはめちゃくちゃ驚いたんだけど、

「マメぞう」を近くに寄って見てみたらもっと嬉しいことがあったジョ。

 

それは白い花が咲いた所に莢が付いていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)15

 

前回、'エダマメ'を育てていてもあまり見ることのない花を見たけど、

未だに、あちらこちらに白い花が咲いていて、

今後の生長が楽しみになってきたジョ。

 

それにしても、莢の大きさにはバラつきがあるけど、

待望の収穫までにそれほどの時間はかからないように感じるジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

08月
21

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01

 

前回、鉢の一つのエリアに2株残すようにして間引きした、

エダマメの「マメぞう」は栽培開始から17日目を迎えていたジョ。

 

「マメぞう」は間引きしたことが功を奏したのか、

草丈が5(cm)以上に伸び、葉数は比べものにならないほど増え

飛躍的な生長を遂げていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)11

 

「マメぞう」がこんなに大きくなるなんて思わなかったので、

おいらはすんごく嬉しかったジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
11

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01

 

前回、厳しい暑さの中、鉢の数ヵ所から芽を出した、

エダマメの「マメぞう」は栽培開始から9日目を迎えていたジョ。

 

「マメぞう」は蒔いた種全てから発芽し、

草丈が10(cm)以上に伸びていたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)08

 

大きく生長することは嬉しいことだけど、

「マメぞう」は双葉の位置のみならず双葉と本葉の間隔が開きすぎていて、

徒長しているためヒョロヒョロとして頼りなさそうなんだジョ。

 

この状態だと、丈夫な'エダマメ'に育てるのは用意じゃなく、

先が思いやられそうだジョ。

 

とりあえず、徒長していることから支柱を立てて支えるついでに、

各株に栄養を行き渡らせるために元気そうな株を

一つのエリアに2株残すようにし、残りの株を間引くことにしたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
23

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01  

 

前回、今回育てる「エダマメ」を紹介したけど、

今日はいよいよ種を蒔いて育てたいと思うジョ。

 

今回育てる「エダマメの種」はタキイ苗種社のもので、

エダマメは色々な品種があるので、お好みで選んでほしいジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)04  

 

今回の栽培で使うペットボトル鉢なんだけど、

本来、「エダマメ」は根を深く張る野菜なので、

深さのある鉢を使わないといけないんだジョ。

 

だけど、今回はコストを抑えることが求められている上に、

大量収穫を目指して育てようと思うので、

「ツイン型ペットボトル鉢」を使うことにしたジョ。

ペット栽培III・ペット鉢14_4

 

「ツイン型ペットボトル鉢」で育てるにあたり、

少し工夫して育てるので今後の記事を楽しみにしてほしいジョ。

 

最後に、今回の栽培で使う土は清潔な土であれば問題はないんだけど、

おいらは予め'エダマメ'の生育に必要な栄養素が入っている

「粒状の野菜培養土」を使うジョ。

ペット栽培III・ツール01

 

この土は'エダマメ'の生育を良くするだけでなく、

排水性もいいのでお勧めするジョ。

 

ただ、'エダマメ'の根には根粒という粒が付いているんだけど、

この粒の中には根粒菌という微生物があって、

光合成に必要な窒素を作り出すため、

窒素の少ない土を使うほうが良さそうだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(エダマメ・改)01  

 

夏と言ったら、'エダマメにビール'というのは

欠かすことのできないものだと思うんだけど、

毎年、我がペットボトル菜園では色々な品種の「エダマメ」

育てているんだジョ。

 

昨年は二つの品種の'エダマメ'を育てたんだけど、

天候不順などの影響によりささやかな収穫となり、

少し悔しい思いをしたんだジョ。

 

今年は昨日、M.Ishiiがぼやいていたみたいだけど、

「ビアフレンド」という品種のエダマメを育てることにしたジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)02  

 

この品種は白毛の早稲種で、低温着莢性に優れていることから

莢付きがよく、三粒莢率が高いらしいんだジョ。

 

だから、家庭菜園向きの品種ということなので、

これをペットボトル栽培しようと思うジョ。

 

今回の「エダマメ」栽培においても、

'誰でも簡単に始められ、かつ、1コインで育てる'という

スローガンを掲げて育てるので煩わしい作業は省いているジョ。

 

また、今回はリベンジを果たす意味もあり、

たくさん収穫することを目標として育てるジョ。

 

次回は「エダマメ」の種蒔き作業をやるので、

それまでに下記の道具を用意して待っていてほしいんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ・改)03  

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

09月
11

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、一段と新たな莢を増やし続けている、

2品種のエダマメたちは栽培開始から63日目を迎えたジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」若干葉数が減っているものの、

元気に育っているように見えたジョ。

ペット栽培III(エダマメ)42

 

「ツナひめ」を近くに寄って見てみると、

生長の方はだいぶ落ち着いてきたからなのか、

新たな莢が出ている様子は見られなかったジョ。

ペット栽培III(エダマメ)43

 

だけど、これまでに成った莢はいい感じに膨らんでいて

収穫してもよさそうな感じがしたジョ。

 

一方、茶毛の茶豆で極早生種の「ナツみん」の生長が気になるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
01

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、小さな莢が続々と出てくるようになった、

2品種のエダマメたちは栽培開始から55日目を迎えたジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」は草丈の伸びがないものの、

脇芽が続々と出てきているので、葉や莢が増えていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)38

 

「ツナひめ」の莢を近くに寄って見てみると、

小さかった莢は(cm)ほどの大きさになり、

大きくなった莢はプックリと膨れてきていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)39

 

莢の膨らみ具合と栽培期間からみても

収穫するにはまだまだ時間がかかりそうだけど、

一日も早く収穫してみたいジョ。

 

順調に生長している「ツナひめ」の姿を見たら、

茶毛の茶豆で極早生種の「ナツみん」の生長も気になるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
25

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、莢がぷっくり膨らんできた、2品種のエダマメたちは

栽培開始から47日目を迎えていたジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」は葉っぱがより大きく

そして、少し濃い緑色に変わったように感じるジョ。

ペット栽培III(エダマメ)32

 

近くに寄って見てみると、

プックリと膨らむ莢が目立つように成っていて、

前回よりも数が増えたように感じるジョ。

ペット栽培III(エダマメ)33

 

その証拠に、小さな莢が至る所から出てきていて、

たくさん収穫できそうな強い期待を持ってしまったジョ。

ペット栽培III(エダマメ)34

 

「ツナひめ」が順調に育っているところを見ると、

茶毛の茶豆で極早生種の「ナツみん」の様子が気になるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
19

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、草丈の伸びがだいぶ収まってきた一方で

待望の莢が付き始めた、2品種のエダマメたちは

栽培開始からちょうど40日目を迎えていたんだジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」は若干草丈を伸ばしていたけど、

着実に新芽を増やしているように感じだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)28

 

前回確認した莢の状態なんだけど、

格段に大きくなっていて、一部の莢については

プックリと膨らんできていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)29

 

「ツナひめ」が順調に生長していることが分かり、

茶毛の茶豆で極早生種の「ナツみん」の様子が気になるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
13

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、依然として徒長気味に伸びる一方で

新芽が増え始めてきた、2品種のエダマメたちは

栽培開始から34日目を迎えていたんだジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」草丈を数(cm)伸ばし、

新芽がさらに増えたように感じるジョ。

ペット栽培III(エダマメ)20

 

しかも、近くに寄って見てみると、

小さな白い花が数箇所で咲いていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)21

 

おいらは'エダマメの花'を見たのは初めてだったんだけど、

近々莢になると思うと、「ツナひめ」の生長を期待してしまったジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
10

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、急激に草丈が伸びてしまった、2品種のエダマメたちは

栽培開始から19日目を迎えたんだジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」と、茶毛の茶豆で

極早生種の「ナツみん」のその後の様子なんだけど、

どちらの株も草丈がさらに1520(cm)ほどに伸び、

葉の数も増やすなど、飛躍的な生長を遂げていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)14

 

ペット栽培III(エダマメ)15

 

おいらは二品種の'エダマメ'が生長してくれる事は嬉しいけど、

さらに徒長が進んでいる事に、素直には喜べなかったんだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
06

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、本葉が開き始めた、2品種のエダマメたちは

栽培開始から11日目を迎えたんだジョ。

 

白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」と、茶毛の茶豆で

極早生種の「ナツみん」のその後の様子なんだけど、

どちらも草丈が目測で12(cm)ほどに伸びていたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)10

 

ペット栽培III(エダマメ)11

 

過度な水やりは控えていたんだけど徒長してしまい、

ヒョロヒョロして頼りない奴になってしまったんだジョ。

 

おいらはすんごくショックを受けたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、白毛の緑豆で早生種の「ツナひめ」と、

茶毛の茶豆で極早生種の「ナツみん」の2品種の種を

縦型ペットボトル鉢に蒔いたんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)05

 

今回育てる'エダマメ'の発芽日数が気になるところだけど、

「ツナひめ」「ナツみん」地温2530℃で5~7日なので、

まずは無事に発芽してくれるのを期待するジョ()

心ひとつに キャンドルナイト

06月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「エダマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

以前、M.Ishiiはダイズを育てたみたいだけど、

今回は同じ早生種でも違う品種を育てることにしたんだジョ。

 

ダイズと「エダマメ」は同じ豆野菜なんだけど、

M.Ishiiはどれだけ同じものを育てれば気が済むのか、

おいらには分からない奴だジョ。

 

だけど、今回育てる「エダマメ」2品種育てるみたいだから、

新しい仲間が増えることはすんごく嬉しいんだジョ。

ペット栽培III(エダマメ)01

 

ところで、皆さんは今回育てる「エダマメ」に苦み成分である

サポニンが多く含まれていることを知っているかだジョ?

 

「エダマメ」は人類の主食にまではなっていないけど、

植物の中では唯一肉に匹敵するだけのタンパク質を含有する

特徴があるから、近年の世界的な健康志向の中で

'ミラクルフード'として脚光を浴びているんだジョ。

 

こんな栄養価の高い野菜をペットボトル栽培で育てるんだから、

健康志向の方にはお勧めしたいんだジョ。

 

おいらも頑張って育てるんだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
13

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、ダイズの「ズンダくん」は葉数を減らしたものの、

莢がエダマメとして収穫できるほど膨れてきました。

 

このため、ダイズにするにはもったいないと思いつつ、

栽培開始から91日目を迎えました。

 

「ズンダくん」はこれまでとは比較にならないほど

葉が枯れ落ちてしまい、莢が残された状態となっていました。

ペット栽培III(ダイズ)23

 

この変わり果てた姿を目の当たりにすると、

やはり、あの時にエダマメとして収穫したほうが

良かったのかと一瞬過ぎりました。

 

下の写真をご覧の通り、

莢はパンパンに膨れているのですから...

ペット栽培III(ダイズ)24

心ひとつに キャンドルナイト

07月
23

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、莢がプックリ膨れてきたダイズの「ズンダくん」

栽培開始から74日目を迎えました。

ペット栽培III(ダイズ)19

 

以前に比べると、葉数が減ったように感じますが、

ここにきて、「ズンダくん」は衰え始めたのでしょうか?

心ひとつに キャンドルナイト

06月
27

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、蕾らしきものが出てきたダイズの「ズンダくん」

栽培開始からちょうど60日目を迎えました。

ペット栽培III(ダイズ)15

 

草丈がさらに伸び、葉数も増えているように感じ、

「ズンダくん」は順調に育っているように思えます。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
20

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、着実に生長を続けるダイズの「ズンダくん」

栽培開始から45日目を迎えました。

ペット栽培III(ダイズ)12

 

依然として、草丈は数(cm)伸び、葉数はさらに増え

梅雨の影響を感じさせない生長を続けていたのです。

 

元気がいいですよね、「ズンダくん」。

心ひとつに キャンドルナイト

06月
07

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、無事発芽してくれたダイズの「ズンダくん」

栽培開始から21日目を迎え、草丈が5(cm)に伸びていました。

ペット栽培III(ダイズ)07

 

初夏を感じるような暑さが続いたこともあり、

草丈でなく、葉のほうも数を増やし大きくなっていました。

 

この様子を見た限りではよほどのことがない限り、

順調に育ってくれそうな感じがしますね。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
10

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、ダイズの「ズンダくん」は2つ折型ペットボトル鉢に種を蒔き、

発芽するのを心待ちにしていました。

ペット栽培III(ダイズ)04

 

ダイズの発芽には地温25304~6日かかるそうですが、

播種後に雨が降り続く予報が出ているため、少し心配です。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前シーズンでは、「大豆100粒運動」という取り組みに触発され、

ペットボトル栽培で「ダイズ」を育てました。

 

当時はまだ、ペットボトル栽培の経験も浅かったこともあり、

2種類のペットボトル鉢を使って育てたため時間とコストがかかり、

その割には収穫量が少なかったことを記憶しています。

 

このため、今回はある意味でリベンジとなりますが、

同じ品種のダイズを育てたいと思います。

ペット栽培III(ダイズ)01

 

ところで、「ダイズ」は農作物として、

世界中で広く栽培されていることをご存じでしょうか?

 

栽培の歴史には諸説があるようですが、

4000年前に中国でツルマメの栽培が始められたそうで、

その後、「ダイズ」として作物化されたと考えられています。

 

「ダイズ」の原産地は中国東北部からシベリアとの説が有力で、

日本には朝鮮半島を経由して約2000年前に伝来したそうで、

縄文時代に存在したと思われる'ダイズ'の出土例もあり、

「古事記」に記録が記載されているとのことです。

 

そんな長い歴史のある「ダイズ」をペットボトル栽培で

育てようと思うと、恐れ多いことをしている様にも感じます。

心ひとつに キャンドルナイト

07月
01

[大豆]ブログ村キーワード、エコマーク

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦置き型ペットボトル鉢に移植したことにより

少し衰弱気味になった「大豆・はやみどり」でしたが、

強風が吹き荒れる中、元気に生長していました。

 

以前から豆科の植物はタフさがあることを知っていましたが、

もの凄く強い風に耐えうる力があるとは、

恐るべし、「大豆・はやみどり」。

 

そんな「大豆・はやみどり」は日を重ねるごとに葉数を増やし、

そして、待望の実が付くまでに生長してくれたのです。

 

ところが、一般的に豆科の植物は花が咲いた後に

実が成るはずなのですが、「大豆・はやみどり」の場合は

花が咲かずに実が成ってしまったことに

素直に喜べないでいたのでした。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金