--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
27

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は葉が数を増やして大きくなりワサワサと茂る一方で、

株元付近の葉が少し太くなり分球が進んでいるように感じるものの

土の中の様子を伺うことができず、はっきりとした事が言えない

もどかしさを感じていることをお伝えしました。

 

この栽培は半年近く続けているためそろそろ収穫できそうな時期となり、

もしかすると、最後の瞬間を迎えることになるかもしれません。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から255日目を迎えた「島らっきょう」

パッと見では生長の変化が分からないほど元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)70

 

しかし、近くに寄ってみると以前に比べて葉の色が黄色く変色し、

密集していた葉の隙間が少しできているように感じたのです。

ペトさい(島らっきょう)71

 

また、ほとんどの葉が折れ曲がっていて垂れ下がっていたのです。

 

微妙な変化ではありますが、もしや'収穫'のサインなのでしょうか?

 

株元付近を見てみたところ、葉がわずかに太くなっていて

分球がさらに進んでいるように感じました。

ペトさい(島らっきょう)72

 

とはいえ、土の中を掘って確認しているわけではないので、

本当のところはどうなのか分かりませんが…。

 

また、鉢の横から根の張り具合を見てみたところ

たくさんの太い根が張っていることが分かり、

分球しているのかはともかく、土の中で生長していることは分かりました。

ペトさい(島らっきょう)73

 

これまで、土の中の様子が気になっていても土を掘り返すことなく

ただ「島らっきょう」の生長を固唾を飲んで見守ってきました。

 

しかし、これまでとは違う葉の変化から察して、

土の中で何かが起きているかと思うと気になって仕方がありません。

 

このため、土の中がどうなっているのかを確認するため、

思い切って土を掘り返すことにしました。

 

まるでパンドラの箱を開けるように土を掘り進めていき、

土面から5(cm)ほど掘り返したところで白く肥大した根

見ることができました。

ペトさい(島らっきょう)74

 

この肥大した根が「島らっきょう」なのでしょうか?

 

「島らっきょう」を育てるのは初めてなので大きさが分からないのですが、

一般のラッキョウより一回り小さいものがたくさんあって、

不思議なことにホッとしました。

 

よって、「島らっきょう」がちゃんと育っていることを確信できましたので、

さらに土を掘り進めて収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・葉が横に倒れた頃を目安に収穫する。

・肥大した株の周りの土を掘り起こして、収穫しやすくする。

ペトさい(島らっきょう)75

 

株の周りの土を堀り返して「島らっきょう」を引っ張り出そうとしたものの、

根が鉢底に密集していてなかなか引っ張り出すことができず、苦戦しました。

 

時間をかけてようやく引っ張り出すことに成功した「島らっきょう」は

思っていたよりしっかりと育っていて嬉しかったです。

 

収穫した「島らっきょう」を水洗いして笊にあけてみたところ、

ペットボトルで育てたとは思えないほど大きく育ったように感じ

収穫した量もわりと多かったことに感動しました。

ペトさい(島らっきょう)76

 

これだけの量を収穫できたら、ちょっとした料理を作れそうです。

 

今回の「島らっきょう」栽培はM.Ishiiさんの教えを乞うて育てましたが、

初めて育てたこともあり要領が悪いところがあったにも関わらず

目立ったトラブルがなく育てることができました。

 

もう少しこうしたらよかったのになぁ?というのはありますが、

なんとか、無事に収穫することができてよかったです。

 

「島らっきょう」を収穫したことをM.Ishiiさんにお伝えしたところ、

M.Ishiiさんがツイッターでお付き合いしている方と一緒に

喜んでくれたみたいで、今回の栽培を栽培レシピに追加するとの

お褒めのお言葉を頂くことができました。

 

けして満足のいく出来ではありませんでしたが、

栽培レシピに追加して頂けるのは大変光栄なことです。

 

ペットボトルで「島らっきょう」を無事に育てることができましたが、

これを真似して育てようと思う方は少ないと思いますけど、

これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらを参照して育ててみて下さい。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

 

ここまで、「島らっきょう」栽培のお話にお付き合い下さいまして

ありがとうございました。

【終わり】

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
18

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は新しく出た葉が伸びてワサワサと茂り太くなる一方で、

追肥して2週間が経過しても土の中の様子を伺うことができないこともあり

分球が進んでいるようには感じられなかったことをお伝えしました。

 

大きな生長の変化を感じられず忍耐強く見守るしかないのですが、

栽培日数的に見て、そろそろ収穫してもよさそうな感じがします。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から227日目を迎えた「島らっきょう」

続々と出てくる小さな葉が大きくなりワサワサと茂っていて、

相変らず元気に生長していました。

ペトさい(島らっきょう)63

 

近くに寄って葉の様子を見てみたところ、

半数近くの葉は30(cm)近く伸びているため折れ曲がっているものが多く、

これらの葉の隙間から小さな葉が出てきていました。

ペトさい(島らっきょう)64

 

このため、折れ曲がっている葉は鉢底に着いてしまっていて、

葉が茂っているところを見ると通気性はあまり良くないように感じました。

 

また、株元付近の様子を見てみたところ、

若干分球が進んでいるような感触があり株数が増えたように感じました。

ペトさい(島らっきょう)65

 

とはいえ、土の中の様子を探ることはできないため、

実際に分球しているかどうかは分かりませんでした。

 

それからさらに二週間が経過「島らっきょう」の様子を見てみますと、

一段と葉が大きくなりワサワサとして茂っていました。

ペトさい(島らっきょう)66

 

さらに葉が密集していて通気性はかなり悪そうな感じがしたのですが、

それでも、長く伸びた葉は殆ど葉色が変わっておらず

葉の隙間からは小さな葉が依然として出ていて、元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)67

 

また、株元付近の様子を見てみますと以前よりさらに株数が増えていて

少し太くなっていることから、分球は進んでいるように感じました。

ペトさい(島らっきょう)68

 

しかし、土の中の様子は伺うことができず、

はっきりとした事が言えないもどかしさを感じています。

 

この栽培は半年近くになりそろそろ収穫してもよさそうな時期となり、

もう少しだけ「島らっきょう」の様子を見てさほど変化が見られなかったら

思い切って収穫することにしたいと思います。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)69

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

06月
11

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は続々と新たに出る葉が生長しワサワサと茂り

株元付近は一段と太くなっていく一方で、

土の中の様子が分からないこともあり根の肥大を伺うことができず、

そのもどかしさから追肥したことをお伝えしました。

 

根の生育を促す'草木灰'と葉の生長を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えた「島らっきょう」は大きく生長してくれるのでしょうか?

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から213日目を迎えた「島らっきょう」

新しく出た葉が伸びたこともあって、さらにワサワサと茂っていました。

ペトさい(島らっきょう)59

 

近くに寄って見てみたところ、

元からある葉は少し太くなったように感じられ、

長く伸びた葉の間からは小さな葉が続々と出ていました。

ペトさい(島らっきょう)60

 

また、株元付近を見てみたところ微妙に太く感じられるものの、

土の中の様子を伺うことができないこともあり

分球が進んでいるようには感じませんでした。

ペトさい(島らっきょう)61

 

「島らっきょう」に追肥して2週間が経過し

そろそろその効果が出始めてもよい頃なのですが、

今のところは大きな生長の変化は見られないため

今しばらくは忍耐強く見守る時期かもしれませんね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)62

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

05月
13

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は一段と葉数を増やす葉が草丈を十数(cm)の長さに伸び、

分球もさらに進んで順調に生長していることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から199日目を迎えた「島らっきょう」

再び葉がまっすぐに伸び、元気に生長していました。

ペトさい(島らっきょう)54

 

近くに寄って見てみたところ、

長く伸びた葉の間から新たな葉が続々と出ていて、

さらにワサワサとした印象を受けました。

ペトさい(島らっきょう)55

 

また、株元付近を見てみたところ一段と太くなりましたが、

分球が進んでいるようには感じませんでした。

ペトさい(島らっきょう)56

 

しかしながら、「島らっきょう」は玉ねぎのように根が肥大している様子を

伺うことができないことにもどかしさを感じていて、

現在の状態を見た限りではしっかり肥大しているようには感じられず、

物凄く心配しているのでした。

 

このことから、根の生育を促す'草木灰'と葉の生長を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(島らっきょう)57

 

気休めかもしれませんが、

「島らっきょう」の根が少しでも大きくなってくれることを期待します。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)58

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

03月
26

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は依然として厳しい寒さが続いているにも関わらず、

太くなった葉が真っ直ぐに数(cm)伸び分球も球数を増やして大きくなり

元気に育っていることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から171日目を迎えた

「島らっきょう」は相変わらず葉が真っ直ぐに伸びていて

元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)47

 

葉がワサワサと茂っていてパッと見では生長の違いがよく分かりませんが、

近くに寄って見てみますと二週間前よりもさらに葉数が増えており、

十数(cm)の長さに伸びていました。

ペトさい(島らっきょう)48

 

また、株元付近を見てみると葉数が増えたこともあり少し太くなっており、

分球もさらに進んで増えていました。

ペトさい(島らっきょう)49

 

もうそろそろ、肥大した根の姿を拝むことができそうな気がするのですが、

いつになるのでしょうか?

 

それからさらに2週間が経過して「島らっきょう」の様子を見てみたところ、

大分春陽気を感じられるほど暖かくなってきたことから

横に傾いていた葉が真っ直ぐに伸びていて、

葉色もさらに良くなっていて元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)50

 

近くに寄るまでもありませんが、新たな葉が続々と出ていて長く伸び、

一段とワサワサと茂っているように感じました。

ペトさい(島らっきょう)51

 

また株元付近を見てみますと、

葉数が増えたことにより葉がさらに太くなったように感じ、

分球した数もさらに増え土の中で生長する様子が気になってしまいました。

ペトさい(島らっきょう)52

 

あと2週間程で栽培開始からちょうど200日目という節目を迎えますので、

本当に、「島らっきょう」が肥大している様子を見てみたいですね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)53

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子
心ひとつに キャンドルナイト

02月
25

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さの中、葉がシャキッとして真っ直ぐ伸び葉色もよくなり、

分球の球がさらに大きくなっていることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から157日目を迎えた

「島らっきょう」は依然として葉が真っ直ぐに伸び元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)44

 

近くに寄って見てみたところ草丈が数(cm)伸びていることが分かり、

葉数もさらに増え葉が太くなっているように感じました。

 

まだ厳しい寒さは続いているにも関わらず、「島らっきょう」はどうして

こんなにも大きく生長することができるのでしょうか?

 

株元付近を見てみたところ分球のほうにも生長の変化が見られ、

球数が少し増え球の大きさもより大きくなっているように感じました。

ペトさい(島らっきょう)45

 

分球の生長の変化も見られるようになり、

少し様子を見て一度追肥してみたほうがいいかもしれませんね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)46

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

02月
18

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は少し日をおいて観察してみたところ、

葉が数を増やして太くなる一方で、根の分球のほうは数はそのままにして

一つ一つの球が大きくなっていることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過し栽培開始から143日目を迎えた「島らっきょう」

なぜか葉がシャキッとして真っ直ぐに伸び、葉色も濃い緑色をしていて

元気に育っているように感じました。

ペトさい(島らっきょう)41

 

葉のほとんどはさらに太くなったように感じ張りもありました。

 

また、株元付近の様子を見てみたところ、

二週間前に見たときと同様に分球の数は増えていないものの、

球がさらに大きくなっているように感じました。

ペトさい(島らっきょう)42

 

また、一つの球から2~3本の葉が出ているのを確認することができ、

葉数が増える分だけ球の大きさも比例して大きくなるように感じ、

今後の生長を楽しみたいと思います。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)43

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

02月
12

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さに対応できないのか葉の生長や根の分球が進まず、

目立った大きな生長の変化を確認できずにいることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過し栽培開始から129日目を迎えた「島らっきょう」

二週間前に比べると葉数が増え葉も太くなったように感じました。

ペトさい(島らっきょう)38

 

葉の太さは正確ではないにしても葉数については明らかに増えており、

厳しい寒さを堪えながら頑張って生長してくれていたことが分かりました。

 

また、根の分球のほうは分球の数は変わらないように感じるのですが、

一つ一つの球が大きくなっているように感じました。

ペトさい(島らっきょう)39

 

少しずつではありますが、生長の変化を確認できることは嬉しいものです。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)40

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

02月
07

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回はより一層寒さが厳しさを増していることもあり、

「島らっきょう」の根はしっかりと張っていることが分かったものの

葉や根はあまり育っていないことをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから6日が経過し栽培開始から109日目を迎えた「島らっきょう」

葉がさらに数を伸びていたものの大きな生長の変化は見られませんでした。

ペトさい(島らっきょう)35

 

当然ながら、分球のほうも進んでおらず

厳しい寒さの影響で生長できずに入るのかもしれません。

 

さらに6日が経過し、「島らっきょう」の様子を見てみたところ、

葉や根の分球が進んでおらず大きな生長の変化がありませんでした。

ペトさい(島らっきょう)36

 

「島らっきょう」にとって最も生長しにくい時期であることは分かり、

忍耐強く育てていかなければいけないことも分かっているのですが、

どうしても「島らっきょう」の生長を期待してしまうことは

仕方のないことでしょうか?

 

しばらくの間は少し間隔を開けて様子を見たいと思います。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)37

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

01月
28

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さで目立った生長の変化が見られない中、

葉が太くなったり株間が広がるなどの微妙な変化が見られ、

「島らっきょう」が頑張っている様子をお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから9日が経過し栽培開始から96日目を迎えた「島らっきょう」

パッと見では大きく生長したような印象を受けないのですが、

近くに寄って見てみますと微妙に葉が太くなっていることに気付きました。

ペトさい(島らっきょう)31

 

また分球も順調に進んでいるようで、

少しずつ数を増やしているように見えました。

 

地味な生長を続けながらも元気に育っているのは

根の張り具合からもよく分かります。

ペトさい(島らっきょう)32

 

さらに一週間が経過しますと、

「島らっきょう」は相変わらず大きな生長の変化が見られませんでした。

ペトさい(島らっきょう)33

 

株元付近を見てみたところ分球している様子は見られず、

厳しい寒さの影響もありそうすぐに生長しないように感じられます。

 

厳しい寒さはまだまだ続きますので、

しばらくの間は辛抱強く育てることになりそうですね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)34

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

12月
17

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は以前に比べると気温がぐんと下がってきたことから、

葉の張りがなくなり、緩やかに分球していることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから一週間が経過し栽培開始から73日目を迎えた「島らっきょう」

パッと見では生育しているのかが分かりづらいのですが、

株元付近は微妙に太くなっているように感じます。

ペトさい(島らっきょう)27

 

やはり、肌寒い日が続くようになり「島らっきょう」の生長が鈍り、

見た目には気付かないような生長をしているようです。

 

さらに一週間が経過しますと、

「島らっきょう」は若干葉が上を向いて立つようになるものの、

目立った生長の変化はありませんでした。

ペトさい(島らっきょう)28

 

さらに一週間が経過しますと一部の葉が茶色く変色するものが出てきて、

株元付近のではさらなる分球を確認できました。

ペトさい(島らっきょう)29

 

しばらくの間は緩やかな生長の変化を確認することしかできないようで、

これまでのような見た目に分かる生長の変化は期待できないようです。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)30

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

12月
04

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は「島らっきょう」の葉がさらに長く伸び、

根のほうも分球が始まったような形跡が見られることをお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから一週間が経過し栽培開始から52日目を迎えた「島らっきょう」は、

さらに葉が長く伸び四方八方に乱れていました。

ペトさい(島らっきょう)23

 

以前に比べると気温が下がってきたからなのか葉の張りが衰え、

横に靡いているように感じるのは気のせいでしょうか?

 

そんな「島らっきょう」の株元を見てみますと、

さらに分球しているのが確認でき、しっかり育っているのが分かりました。

 

さらに6日が経過し、「島らっきょう」の様子を見てみますと

見た目には生長の変化がないように見えたのですが、

株元を覗いてみると分球する株の株間が少し広がっているのを確認でき、

地中の根が生長しているのかもしれません。

ペトさい(島らっきょう)24

 

それから8日が経過し、再び「島らっきょう」の様子を見てみたのですが、

葉が微妙に太くなってきたように感じるものの、

相変わらず、横に靡いて地に付いていました。

ペトさい(島らっきょう)25

 

以前のようなハッキリとした生長の変化は見られなくなったものの、

株元付近の分球はさらに進んでいるようで微妙に株数が増えていました。

 

時期的にも、生育適温以下という過酷な栽培環境で生長する

「島らっきょう」はこれまでのような生長を期待することができませんが、

できる範囲での防寒をして生長を促進させることが大事になりそうですね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)26

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

11月
06

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットシア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は「島らっきょう」の葉が数を増やして大きくなり、

横に靡くようになったことをお伝えしました。

 

「島らっきょう」は株元から続々と小さな葉が出てくるようになり、

元気に育っていることからその後の生長が気になるところです。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから9日が経過した「島らっきょう」さらに葉を伸ばし、

一段と横に靡くようになっていました。

ペトさい(島らっきょう)20

 

しかし、株元付近に寄ってみると分球が始まっているのかはわかりませんが、

大きく3つに分かれていたのです。

 

相変わらず、小さな葉は続々と出ているようですが、

3ヵ所から出ているところから見ると分球していると言ってもよさそうです。

 

さらに6日が経過しますと、

「島らっきょう」は見た目には大した変わりがありませんが、

さらに葉が伸びたように感じます。

ペトさい(島らっきょう)21

 

ただ、株元付近の様子を見てみたところ、

3つに分かれた箇所が少し太くなったように感じたのです。

 

「島らっきょう」は葉だけでなく根のほうも順調に生長しているようで、

今後の生長が楽しみになってきました。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)22

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は「島らっきょう」の球根から芽が出たことをお話しました。

 

無事に発芽したのは嬉しかったのですが、

ネギ坊主のような物が出来てしまったのは気になります。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから一週間が経過し栽培開始から23日目を迎えた「島らっきょう」

葉を倍以上の長さに伸ばし葉数も倍近くに増え、元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)17

 

近くに寄って見てみますと小さな葉が数本出ているのを確認でき、

順調に育っていることが伺えます。

 

さらに一週間が経過しますと、

「島らっきょう」は葉をさらに伸ばし殆どの葉が横に靡くようになりました。

ペトさい(島らっきょう)18

 

また一枚一枚の葉が少し太くなり、株元からはさらに小さな葉を出し、

少し肌寒く感じる中、「島らっきょう」は元気に生長していました。

 

これからどのように育っていくのか楽しみになってきました。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)19

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

10月
10

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、愛犬家

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は「島らっきょう」の球根を植え付けたことをお話しました。

 

「島らっきょう」発芽は地温1520℃で植え付けてから

5~8日ほどかかるので、それまでの間は適度な水やりを心掛けました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

植え付けてからちょうど10日目を迎える「島らっきょう」なんですが、

これまでのところ何も変わった様子がなく、

本当に芽が出てくれるのか心配になりました。

 

この日もペットボトル菜園で栽培中の「島らっきょう」の様子を

見てきたんですけど、パッと見では何に変わった様子はありませんでした。

ペトさい(島らっきょう)10

 

やはり、「島らっきょう」をペットボトルで育てるのは難しいのかと

思ったのですが、師匠のM.Ishiiさんに'始めたばかりで諦めるのは早い'

喝を入れられ、「島らっきょう」の近くに寄って見てみることにしました。

 

すると、見た目には生長の変化を感じない「島らっきょう」でしたが、

目を凝らしてよく見てみると小さな芽が出ているのを確認できました。

ペトさい(島らっきょう)11

 

しかも、鉢の2つのエリアで発芽を確認することができ、

紛れもなく一つの関門を突破することができました。

ペトさい(島らっきょう)12

 

さらに6日が経過し、「島らっきょう」の様子を見てみたんですけど、

あまりの生長の変化に驚いてしまいました。

 

というのも、まっすぐに伸びる葉が5~6本出ていて、

目測で7~10(cm)伸びていたのです。

ペトさい(島らっきょう)13

 

ここのところ、肌寒く感じる気温になってきましたので

「島らっきょう」にとっては生長しにくい状況にあったと思うのですが、

意外とペットボトル内に入れている粒状培養土は保温効果があるみたいで

温かかったようで、生長を促してくれたようです。

 

ただ、順調に育ってくれそうな雰囲気がある中、

一つ気になることもありました。

 

それは、一部の葉にネギ坊主のようなものが出ていること。

ペトさい(島らっきょう)14

 

まさか、発芽して間もない「島らっきょう」がトウ立ちしているなんて

時期的にあり得ないことなんですが、コレってどうすればよいのでしょう?

 

M.Ishiiさんに聞いてみます。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)15

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

10月
05

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことができません。

簡単な挨拶程度なら話せますけど…(苦笑)

 

今はM.Ishiiさんにペットボトル栽培の極意を学ぶため、

横浜のボロいアパートに住んでおります。

 

今回はM.Ishiiさんの了承を受け、

ペットボトル栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

私が今回育てたいと思う野菜は「島らっきょう」でして、

M.Ishiiさんがツイッターでお付き合いしている方の勧めで、

そのお話を聞いて興味が湧いて育てることにしました。

 

ペットボトルで「島らっきょう」を育てるだなんて

バカバカしい話かもしれませんが、M.Ishiiさん曰わく数年前に

ペットボトルでニンニクを育てたことがあるらしく

ちゃんと収穫することができたらしいので、

この実例を参考にすれば「島らっきょう」を育てることができると考え、

今回挑戦することを決めました。

 

「島らっきょう」をペットボトルで育てるという前代未聞のような挑戦を

これから解説しながらご紹介したいと思います。

 

あんせー、「しまラッチョウ」栽培をはじみーん!!

(それでは、「島らっきょう」栽培を始めます!!)

 

★品種選び★

「島らっきょう」は私の生まれ故郷である沖縄名産のらっきょうで、

高血圧や動脈硬化予防、肝機能強化によいされる健康野菜です。

 

見た目は'エシャロット'と似ていますが、

'エシャロット'は軟白栽培されたらっきょうであるのに対し、

今回育てる「島らっきょう」は一般的ならっきょうよりも小型で細かく、

ネギに似た強い辛みがあるのが特徴のらっきょうなのです。

 

「島らっきょう」には様々な品種があるようですが、

品種間による大きな生長の差はないためお好みの品種をお選び下さい。

 

「島らっきょう」は球根ですので植え付けるとすぐに芽が出て大きくなり、

植え付ける深さに応じた大きさや数の分球を着けてくれます。

 

今回の栽培ではポナフィオリア社から販売されている

「島らっきょう」の球根を使って生長していく様子をお伝えします。

ペトさい(島らっきょう)01

 

 

★植え付け時期と発芽日数★

「島らっきょう」の植え付け時期と発芽日数は以下のようになります。

 

植え付け時期:9月上旬~10月下旬

発芽日数:植え付け後5~8日

発芽率:90%

発芽適温(地温)1520

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「島らっきょう」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、「島らっきょう」は葉の生育をよくすることが重要なため、

下図に示す市販の粒状野菜用培養土2()に対して

一摘みの'発酵油かす'を混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(粒状培養土)01

 

発酵油かすは葉の生育を良くするために用いるものですから、

葉の色が悪くなった場合に追肥としても使用します。

ペトさい(有機肥料)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「島らっきょう」は栽培期間が長く、根も深くまで張りません。

 

このため、今回の栽培では安定した収穫に期待できる

'ツイン型ペットボトル鉢'を使いたいと思います。

ペトさい(ペットボトル鉢)07

 

'ツイン型ペットボトル鉢'では一鉢で2株育てることができますので、

この鉢を新規で作られる方はこちらをご参照の上製作してください。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

植え付けるときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

島らっきょうの球根、ツイン型ペットボトル鉢、ジョウロ、移植ゴテ、

粒状野菜用培養土、ペットボトルのキャップ

ペトさい(島らっきょう)02

 

 

★植え付け作業時の注意点★

・球根を植え付けた後の覆土は球根の先端が少し出る程度にすること。

・植え付け後の水やりはたっぷりと与えること。

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(島らっきょう)03

'ツイン型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

粒状野菜用培養土は鉢の縁から2(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(島らっきょう)04

野菜用培養土を入れたら「ペットボトルのキャップ」を使って

球根を植え付ける穴を作ります。

 

ペトさい(島らっきょう)05

球根を植え付ける穴を作ったら「島らっきょうの球根」を植え付けます。

 

このとき、「島らっきょうの球根」は鉢の中央に植え付けるようにします。

ペトさい(島らっきょう)06

 

ペトさい(島らっきょう)07

島らっきょうの球根を植え付けたら「粒状野菜用培養土」で覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

島らっきょうの球根を植え付けた後の覆土は、

球根の先端が少し出る程度にして下さい。

ペトさい(島らっきょう)08

 

また、「ジョウロ」で水を与えるときはジョウロの注ぎ口に手を添えて

水の勢いを和らげながら株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

この作業が終わったら、植え付け作業は完了となります。

 

 

★最後に★

皆さんは、「島らっきょう」の球根を植え付けることができたでしょうか?

 

今回の栽培では球根を植え付けた鉢を2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(島らっきょう)09

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「島らっきょう」の植え付け作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆島らっきょうの植え付け作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

島らっきょうぎの球根

1

322

322

ジョウロ

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

合計金額 

590

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金