--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

11月
30

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「芽キャベツ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、ポカポカ陽気が続いて急生長していた、

芽キャベツの「キャロちゃん」は栽培開始から116日目を迎えていたジョ。

 

「キャロちゃん」は若干草丈が伸びたように感じるけど、

どの葉も一段と大きくなっていることが一目で分かったんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)24

 

秋から冬の気候に変わり、気温がグッと下がってきたから

「キャロちゃん」にとっては生長しにくい環境にありそうだけど、

それでも元気よく育っているから見ていて頼もしいジョ。

 

栽培開始から122日目

「キャロちゃん」の生長ぶりが気になり

ペットボトル菜園に行ってみたんだけど、

相変わらず、葉はさらに大きくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)25

 

ところが、一部の葉に虫に食われたような跡が残されていたんだジョ。

 

おいらは「もしや」と思いその葉の裏を調べてみたんだけど、

案の定、葉を食べた犯人が巣食っていたんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)26

 

この犯人は長さ2(cm)、太さ2(mm)ほどのアオムシで、

複数による犯行だったんだジョ。

 

おいらがこれらを発見した時も悪びれる様子もなく、

大事な「キャロちゃん」の葉を食べていたんだけど、

あまりにもひどい振る舞いだったから、

そのアオムシを摘んでゴミ箱に投げ捨ててあげたジョ。

次回に続く 

by PETくん

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

11月
28

[べんり菜] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、発芽した芽の半分ほどを間引きした、

べんり菜の「ベンちゃん」は栽培開始から28日目を迎えていました。

 

「ベンちゃん」は間引いたことが良かったのか、

それぞれの株の葉が大きくなっていたのです。

ペット栽培III(べんり菜)14

 

近くに寄って観てみますと各株の葉が混み合っていて、

他の株を避けようとして少し斜めに伸びていました。

 

しかも、必要以上に水やりをしていないのに徒長しており、

今後の「ベンちゃん」を育苗させる上で障害になりそうなので、

二回目の間引きをすることにしました。

 

今回の間引きでも前回同様、無理やり引き抜こうとせずに、

園芸用ハサミを使って根元を剪定しました。

ペット栽培III(べんり菜)15

 

そして、いずれの株も徒長していたため、

株を鉢の中央に移動させ、土寄せしました。

ペット栽培III(べんり菜)16

 

今回残した株は本葉を5枚付けていますが、

あと3~4枚ほどに増えた頃に2つ折り型ペットボトル鉢に

植え付けたいと思います。

 

まずは、「ベンちゃん」が順調に育つのを見守りたいと思います。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
26

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、元気そうな苗を一つ残しそれ以外は全て間引いた、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から21日目を迎えていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)10

 

上の写真を見ても分かるように、

「だいまる」は一つだけ残して間引いたことが功を奏したのか、

数枚の本葉が10(cm)近くまで大きく育っていたんだジョ。

 

間引く前までは、お互いの苗が土中の栄養素を奪い合っていたから、

なかなか大きくなれずにいたんだと思うジョ。

 

このため、栽培開始から29日目になると、

「だいまる」飛躍的に大きく生長し、

葉の形がダイコンらしくなってきたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)11

 

ただ少し残念なのは、大きく育つ葉が虫に食われているようで、

ポツポツと小さな穴が開いていたんだジョ。

 

誰がこんなことをしたのかは特定できていないけど、

なにかしらの防虫対策はやる必要がでてきたジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
25

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日はハーブのペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「チャービル」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、無事発芽したと思われた芽の殆どが消滅し、

辛うじて2つの芽が残った、チャービルの「セルフィ」

栽培開始から27日目を迎えていたジョ。

 

「セルフィ」の状態が気になり様子を見てきたんだけど、

おいらの心配をよそに、大きく育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)08

 

いずれの芽も本葉が数枚出ていて、葉の形がどこか

'イタリアンパセリ'に似ているように感じたジョ。

 

栽培開始から35日目になると、「セルフィ」は葉数をさらに増やし

土面の2/3くらいが葉で覆われていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)09

 

ただ、草丈のほうはあまり伸びていないようで、

少し心配な面も見られたジョ。

 

いずれにせよ、ここまで大きく生長する様子が見られたから、

消滅することはないと思うのと同時に、その不安が払拭されたジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[シシトウ] ブログ村キーワード:バイオマス、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「シシトウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、シーズンオフだというのに今栽培最多となる収穫量を得た、

 

シシトウの「シシまる」は栽培開始から126日目を迎えていたジョ。

 

前回の大量収穫の反動からなのか、

「シシまる」は葉が枯れ落ち葉数を減らしていたんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)32

 

パッと見では気付かないことだけど、

「シシまる」は以前に比べると衰えたように感じるジョ。

 

衰えを感じる「シシまる」だけど、

近くに寄ってみると長さ5~6(cm)の実がたくさんぶら下がっていて、

所々に赤く熟した実もあったんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)33

 

今回も前回に匹敵するような収穫量が見込めそうだジョ。

 

でも、前述したように、今の「シシまる」はだいぶ衰えており、

今回収穫することでさらに衰えることが考えられるジョ。

 

だから、おいらはすごく残念に思ったんだけど、

今回の収穫を最後に、「シシまる」引退させることにしたジョ。

 

最後の収穫をしたんだけど、

前回に比べるとわずかに少ない59収穫できたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)34

 

辛党のM.Ishiiは大はしゃぎしていたけど、

おいらは辛いのが苦手だからどうでもよかったジョ(苦笑)

 

今回収穫した'シシトウ'M.Ishiiが色々な料理を作って

ハイテンションだったんだけど、M.Ishiiは辛いものを

食べ過ぎて頭がいかれたんだと思うジョ。

ペット栽培III(シシトウ)35

 

今回、「シシまる」はペットボトル菜園から姿を消すことになるけど、

ペットボトル栽培で'シシトウ'を大量収穫できた事は凄いことで、

文句なしに「大成功」と言ってもよいと思うジョ。

 

「シシまる」は8ヵ月近くに及び育ててきたんだけど、

これまでの生長を振り返りたいと思うジョ。

 

これをもって、「シシまる」と別れるのは辛いんだけど、

この'シシトウ'栽培にはもう少しだけ続きがあるんだジョ。

 

その続きのお話については次回お伝えしたいと思うジョ。

ペット栽培III(シシトウ)36

 

とりあえず、「シシまる」よ、長い間お疲れ様だジョ。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
23

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、2種類のニンニクは無事に発芽し、

栽培開始から26日目を迎えていたジョ。

 

栽培用ニンニクの「ガリっぺ」さらに5(cm)ほど葉を伸ばし、

横に倒れているものが見かけられるようになったジョ。

ペット栽培III(ニンニク)18

 

また、後から発芽した'ニンニク'は、

先に発芽した方と同程度の大きさに育っており、

その急生長ぶりに驚いたジョ。

 

一方、食用ニンニクの「ガリくん」なんだけど、

両エリアともに飛躍的な生長を遂げていてぶったまげたジョ。

ペット栽培III(ニンニク)19

 

葉の長さは目測で10(cm)以上伸び、葉数も増えていたんだジョ。

 

「ガリくん」の驚異的な生長は「ガリっぺ」に追い付く勢いで、

来週には「ガリっぺ」を越えてしまうかもしれないジョ。

 

根元の太さも(cm)近くあり、しっかり根付いている様子が窺え、

今後の生長がすんごく楽しみになってきたジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
21

[趣味の園芸] ブログ村キーワード:生態系、3R、リユース

おはようございます、M.Ishiiです。

 

重大発表という告知をさせて頂いたことで、

本ブログが閉鎖されるとご心配された方がおられたかもしれません。

 

しかし、本ブログは今月初めにタイトルを変更しましたし、

来年4月以降にも更なる展開を準備しているところなので、

閉鎖することはありませんのでご安心ください。

 

実はこれまで度々、本ブログやツイッターなどで口にしていましたが、

ようやくその呟きについて本当のことをお話することができ、

今回少しだけお話させて頂きたいと思った次第です。

 

今日まで詳細な話をしたくても話せなかったことがとても辛く、

ようやく解放された気がしています(苦笑)

 

とは言っても、発売まで1ヵ月あるために全てをお話できませんが、

可能な範囲内で皆様にお伝えしたいと思います。

 

さて、記事のタイトルにも記されているように、

この度、本ブログの人気企画であるペットボトル栽培

「趣味の園芸 やさいの時間」様のテキスト企画として

掲載させて頂けることになりました。

趣味の園芸_やさいの時間01  

 

今回の趣味の園芸 やさいの時間様での誌面掲載の話は、

今年3月のある日に、私がTwitterでペットボトル栽培の話を

ツィートしたことがきっかけで始まり、その後そのツィートを

ご覧になられたNHK出版の記者の方が私に声をかけて下さり、

今回の掲載に至りました。

 

誌面掲載については過去にも週刊SPA様で二度ありますが、

このときは出版社の記者の方が取材で私が発言したことを元に

出版社の決められたストーリーに沿う形で記事を書かれ、

誌面掲載されたことは嬉しかったものの、複雑な気持ちでした。

 

しかし、今回の誌面掲載については私の監修という位置付けで

私自身が記事の原案を書かせて頂きまして、

掲載される写真の一部についても私が撮影したものを

多数使用させて頂けることになりました。

 

従いまして、今回の掲載は最終的に出版元である

NHK出版の記者の方々が修正を加えて下さっているものの、

私の意向が強く反映されたものに仕上がっていますので、

大変満足のいくものとなりました。

 

当然ながら、よくありがちな1ページの一部分に掲載されるような

小規模の掲載ではなく、複数に及ぶページを使い、

大々的にペットボトル栽培を取り上げさせて頂いています。

 

まだ発売まで1ヵ月あるために詳しい内容はお話しできませんが、

一つ言えることはペットボトル栽培をこれから始められる方や

興味を持たれた方、あるいは、野菜を育てている熟練された方々にも

楽しんでもらえて参考になるであろう内容になっています()

 

今回の誌面掲載にごぎ着けることができたのは、

普段から本ブログで公開しているペットボトル栽培関連記事を

ご覧頂いている皆様のおかげであり、

また、皆様の温かいご声援・ご助言があるからこそ、

ペットボトル栽培や私自身を成長させて頂くことができ、

このような素晴らしい結果に結びつけたものと考えています。

 

皆様には大変感謝しており、

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

今回掲載される「趣味の園芸 やさいの時間1月号」

平成231221日より定価650(税込)にて

販売される予定になっております。

 

少し値は張るかもしれませんが、

本ブログで公開しているペットボトル栽培とはひと味違うものを

見て感じてもらえるのと同時に、一番気になる'アイツ'の存在が

明るみになるかもしれませんので、絶対に損はさせません。

 

ご興味のある方は是非とも立ち読みではなく、

この書籍をお買い求めの上、ご覧頂けますと大変ありがたいです。

 

今後とも、本ブログ、ならびに、ペットボトル栽培につきまして、

ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

2011.11.21

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
19

[小ナス] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「小ナス」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、若干の衰えを感じつつも5(cm)ほどの実を収穫した、

小ナスの「なすび丸」は栽培開始からちょうど220日目を迎えていたジョ。

 

この栽培は今年3月に小型ペットボトル鉢で育苗させ、

その後、育苗させた「なすび丸」は縦型ペットボトル鉢に植え替え、

現在まで元気に育っているからぶったまげるジョ。

ペット栽培III(小ナス)60

 

「なすび丸」を近くに寄って見てみると、

花が散った後の蕾がたくさん残っていて、

所々には大きくなった実が付いていたんだジョ。

ペット栽培III(小ナス)61

 

しかし、以前に比べ葉の張りがなくなり、

株全体としてはだいぶ衰えを感じるのも確かだったジョ。

 

従って、「なすび丸」は今回の収穫をもって撤収させることにしたジョ。

 

本当はもっとペットボトル菜園で育てたかったんだけど、

「なすび丸」の寿命が近づいているから仕方がなかったんだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
19

[グリムス] ブログ村キーワード:市民活動、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ブログパーツ内における苗を一本の樹に育てることで、

実際の森に苗木を植樹することができるというgremz

 

前回、早くも8本目の「グリムスの苗」は苗木にクラスチェンジし、

大人の樹への生長に一歩近づきました。

 

グリムス開始から38日目になり、

「グリムスの苗木」は大きく生長し立派な木に育っていたのです。

グリムス記録176

 

さらに6日が経過すると苗木の枝が太くなり、

葉もたくさん付けていました。

 

この日は私の誕生日だったからなのか、

gremzの背景が誕生日Ver.に変わっていました。

 

グリムス開始からちょうど50日目

「グリムスの苗木」は予定通り6日おきに生長しており、

一段と大木らしくなってきました。

グリムス記録177

 

さらに6日が経過するとより葉数が増え

順調に育っている様子が窺えます。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
18

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、亡き2種類のパセリを受け単独で生長を続ける、

イタリアンパセリの「パセリーナ」は栽培開始から184日目を迎え、

残していた葉が大きくなっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)60

 

幾度となく再生した葉を摘み取っているけど、

「パセリーナ」はいつものように新たな葉を出してくれていたジョ。

 

栽培開始からちょうど190日目

「パセリーナ」葉数を倍以上に増やし

いずれの葉も大きく育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)61

 

一部の葉には収穫できそうなものがあったので、

今回もこれらを剪定することにしたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)62

 

今回収穫した葉はわずか3枚だったんだけど、

どれも大きな葉なので料理の付け合わせに使えそうだジョ。

 

今回は偶然収穫したばかりの'バジル'を使ったパスタを作ったので、

その飾り付けに使ってみたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)63

 

おいらは食べる専門だけど、不細工な顔をしているM.Ishii

いつも美味しいものを作ってくれるなんていい奴だジョ。

 

剪定した後の「パセリーナ」だけど、

いつものように小さめの葉を数枚残し、再び育てることにしたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)64

 

「パセリーナ」の再生能力にはいつも感心させられるけど、

今度も大きく育ってくれることを期待しているジョ。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
18

[べんり菜] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、徒長気味に生長している、べんり菜の「ベンちゃん」

栽培開始から14日目を迎えていました。

 

「ベンちゃん」は徒長気味に育っていることから、

水やりの回数を少し減らし、日当たりのよい場所に置いて

育てるようにしました。

 

その結果、「ベンちゃん」若干の草丈の伸びはあるものの

さらなる徒長は回避できたようで、

本葉は双葉とほぼ同じ大きさに育ってくれたのです。

ペット栽培III(べんり菜)10

 

この栽培法を続け、栽培開始からちょうど20日目

 

「ベンちゃん」は本葉が2(cm)ほどの大きさに育ち、

それぞれの芽が込み合っていました。

ペット栽培III(べんり菜)11

 

この状態のまま放置することは「ベンちゃん」の生育によくないので、

元気そうな芽を残すようにして間引くことにしました。

 

「ベンちゃん」の芽は出ている箇所が近く、

指で摘んで強引に引き抜くわけにはいかないため、

下記の方法で間引いたほうが賢明だと思います。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て根元からやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用はさみを使って根元を剪定する。

ペット栽培III(べんり菜)12

 

半分程度の芽を間引いた「ベンちゃん」ですが、

本葉が大きいこともあってその存在感は健在のようです。

ペット栽培III(べんり菜)13

 

今後の「ベンちゃん」の生長に期待したいですね。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
17

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「芽キャベツ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、少しずつ大きく生長を遂げつつある、

芽キャベツの「キャロちゃん」は栽培開始から101日目を迎えたジョ。

 

「キャロちゃん」はここ最近のポカポカ陽気の中で育っているためか、

一枚一枚の葉がより大きくなり、葉数も増えたこともあって

'芽キャベツの株'としてしっかり育ってきていたんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)22

 

草丈こそはあまり伸びていなかったんだけど、

この先、ぐんぐんと伸びてくれることを信じているジョ。

 

栽培開始から107日目

「キャロちゃん」一段と葉が大きくなり、

株全体で見ると、少し頭でっかちに見えたジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)23

 

とはいっても、草丈のほうは(cm)伸びていたので、

おいらは「キャロちゃん」の飛躍的な生長に期待しちゃうジョ。

 

皆さんも「キャロちゃん」の生長を応援して欲しいんだジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
16

[ソラマメ] ブログ村キーワード:京都議定書、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「ソラマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、育苗した苗を縦型ペットボトル鉢に植え付けた、

ソラマメの「クウちゃん」は栽培開始から19日目を迎えていたジョ。

 

「クウちゃん」は植え付け後から衰弱することなく、

草丈を数(cm)伸ばし、新たな葉を数枚増やしていたジョ。

ペット栽培III(ソラマメ)13

 

また、ペットボトル鉢の側面から根の張り具合を見てみたら、

ぶっ太い根が張っているのを確認できたジョ。

ペット栽培III(ソラマメ)14

 

植え付けてから日が浅いのに根が張っているのを見ると、

おいらは植え付けた甲斐があって、すんごく嬉しくなるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
16

[しゅんぎく]ブログ村キーワード:砂漠化 ヒートアイランド

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、無事に発芽した後に数枚の本葉を付け始めた、

中葉しゅんぎくの「シュンちゃん」は栽培開始から21目を迎え、

ほとんどの芽から本葉が出てきていました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)10

 

近くに寄って見てみますと、

大きくなった本葉がお互いの芽と重なり合っており、

窮屈そうな印象を受けました。

 

「シュンちゃん」は生育上このまま放置するわけにはいかないので、

元気そうな苗を数本残すようにし、少しだけ間引くことにしました。

 

「シュンちゃん」の芽はかなり密集していることもあり、

強引に引き抜こうとせずに下記の方法で間引くのか賢明です。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て、園芸用はさみを使って根元を剪定する。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)11

 

間引いた後の「シュンちゃん」はどこか寂しく感じられますが、

これから残された芽は立派な苗を育てなくてはならないため、

徒長させることなく大切に育てていきたいと思います。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)12

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
15

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、植え付けた殆どの球根から発芽した、

2種類の「ニンニクたち」は栽培開始から18日目を迎えたんだジョ。

 

この「ニンニク」栽培は他の野菜の栽培とは違って、

少し変わった趣向で育てているから、

二種類の'ニンニクたち'の生長する姿がすんごく楽しみなだジョ。

 

早速今日もペットボトル菜園に行って様子を見てきたんだけど、

栽培用ニンニクの「ガリっぺ」両エリアとも大きく育っていたジョ。

ペット栽培III(ニンニク)16

 

特に、左エリアの株のほうは後から発芽したにも関わらず、

右エリアの株に追いつく勢いの生長を見せており、

今後の生長がすんごく楽しみになってきたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
14

[ホーム玉ねぎ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ホーム玉ねぎ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、急激に葉を伸ばしたことにより半分に折れてしまった、

ホーム玉ねぎの「ツンたま」は栽培開始から27日目を迎えていたジョ。

 

「ツンたま」は相変わらず葉をぐんぐんと伸ばし

真っ直ぐに伸ばしたら60(cm)近くあったジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)14

 

また、生長したところは葉の長さだけじゃなく、

新たな葉がいくつか出てきていて、

根元付近の葉の太さも1(cm)ほどあったんだジョ。

 

葉が折れ曲がってしまったことで、

微妙な生長の違いに気付き難くなっているけど、

おいらは注意深く見守っていくジョ。

 

それにしても、「ツンたま」はこんなに大きく育ってしまい、

昔のツンと尖っていたときの面影がなくなってしまったから、

愛称にマッチしていないように感じたジョ。

 

最近、某有名ゲームの人気キャラクターが

コンビニで肉まんデビューしたらしんだけど、

おいらはこんなグロテスクな奴とは違って、

美味しく食べることのできる'ホーム玉ねぎ'を育てるジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)15

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
12

[イルミネーション] ブログ村キーワード:市民活動、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

久し振りに環境問題に関する話題をお伝えしたいと思います。

 

ハロウィンが終わり、早くもクリスマスモードに

模様替えされている方も少なくないと思います。

 

既に、街中を歩くと、キレイなイルミネーションが飾られており、

夜の幻想的な明かりに感動してしまいます。

 

今年のイルミネーションは、今年3月発生の東日本大震災における

東京電力福島第一原発事故の影響から節電対策が求められているため、

昨年以上に環境に配慮した取り組みが目立つように感じます。

 

如何せん、冬の最大消費電力のピークは朝晩の1日二回あり、

今年夏のときよりも節電対策はシビアなものになりそうなので、

消費電力を通常の3040%削減して点灯するとのことです。

 

さて、我が家でも毎年囁かなイルミネーションを点灯させていて、

近所ではイルミネーションをやるお宅が少ないことから、

楽しみにされている方がいらっしゃいます。

 

昨年は野菜が赤色や青色の光を照射させることで

生育がよくなるという情報を耳にしていたことから、

簡易温室の骨組みにイルミネーションを取り付け、

少し変わった明かりを楽しみました。

簡易温室のイルミネーション

 

そして、今年のイルミネーションなんですが、

やはり節電対策のこともあり、あまり気乗りしないのです。

 

イルミネーションに使用する電力量は微々たるものではありますが、

周りでは節電対策に必死に組んでいる方がおられますし、

日常生活においてプライオリティの低いイルミネーションに

電力を費やすのは自粛するべきという気持ちがあるのです。

 

一つの策として、太陽光発電を利用したイルミネーションを飾るという

方法はあるのですが、結構高い値が張るのでボツりたいところ。

 

でも、他の方法でイルミネーションを飾る方法は思い付かず、

今年のイルミネーションは難しい決断が迫られそうです。

 

ここはスパッと諦めて、クリスマスはキャンドルライトを灯す、

キャンドルナイトで過ごそうかな?

エコグッズ2011_04-3

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
12

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「わさび菜」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、ブログ仲間のさやちゃんから種を頂いたことを受け、

小型ペットボトル鉢で育苗させることにした、

わさび菜の「ワサナ」は栽培開始から4日目を迎えていたジョ。

 

'わさび菜'発芽適温(地温)2025

播種後3~5日ほどで発芽するそうなので、

早速ペットボトル菜園で育苗中の「ワサナ」の様子を見に行ったジョ。

 

すると、ペットボトル鉢の中央から芽が出ているのを発見したジョ。

ペット栽培III(わさび菜)08

 

近くに寄って見てみると、

発芽してそれほど時間が経っていないように感じたんだけど、

発芽したばかりの芽は小さくてカワイらしいんだジョ。

 

栽培開始から8日目

「ワサナ」蒔いた種全てから発芽し、

草丈が1(cm)に伸び、葉も少し大きくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(わさび菜)09

 

さらに、栽培開始から14日目になると、

「ワサナ」さらに双葉が大きくなり、

ギザギザした本葉も出てきていたんだジョ。

ペット栽培III(わさび菜)10

 

草丈は若干伸びたように感じるけど、

徒長することなく順調に育っているみたいだジョ。

 

おいらは辛いのが苦手だけど、

辛党のM.Ishiiのために頑張って育てるジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
11

[シシトウ] ブログ村キーワード:バイオマス、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「シシトウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、秋が深まる中二度目の収穫を果たした、

シシトウの「シシまる」は栽培開始から95日目を迎えていたジョ。

 

以前に比べると気温が10℃近く下がる日もあり、

'シシトウ'の生育適温に満たなくなってきているにも関わらず、

「シシまる」は以前と変わらず、元気に育っていたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)28

 

その証拠に、「シシまる」を近くに寄って観てみると、

白い花や長さ5~6(cm)になる実をたくさん付けていて、

一部の実については赤く熟しているものがあったんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)29

 

真夏の頃には見られなかった「シシまる」の姿に、

おいらはぶったまげてしまったジョ。

 

これだけたくさん花や実を付けているのを目の当たりにしたら、

今回の収穫はいつもとは違ってテンションが上がるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
11

[春菊] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「スティック春菊」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、蒔いた種全てから発芽した、

スティック春菊の「キクぼう」は栽培開始から16日目を迎えたジョ。

 

「キクぼう」は若干徒長しているように見えるものの、

殆どの芽から本葉が出てきていて、順調に育っていたジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)10

 

「キクぼう」はどこか'中葉春菊'に似ているように見えるけど、

観察を続けていなかったらその違いに気づかないかもしれないジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)11

 

栽培開始から21日目

「キクぼう」草丈を数(cm)伸ばし、本葉も大きくなっていたジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)12

 

しかし、芽が密集していて本葉が重なり合っているものや

他の芽を避けるようにして育つ芽も見られるため、

強引に根を引っ張らずに下記の方法で間引くことにしたジョ。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て、園芸用はさみを使って根元を剪定する。

ペット栽培III(スティック春菊)13

 

一つの鉢に数本の芽を残したことに加え、

若干徒長気味に育っていることから

頼りなさそうに見える「キクぼう」だけど、

今後の生長を静かに見守りたいと思うジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)14

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
09

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、蒔いた種全てから発芽した、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から16日目を迎え、

草丈は数(cm)伸び、本葉は双葉と同じくらいの大きさになり、

大きく生長していたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)07

 

でも、若干徒長気味に育っているためなのか、

それぞれの芽がヒョロッとして横に倒れかかっていて、

お互いの芽同志で支え合っているように見えたジョ。

 

違う見方をすれば混み合っているようにも見えるけど、

いずれにしても、このままの状態で生育上よくないので、

元気そうな苗を一株だけ残し、残りを全て間引くことにしたジョ。

 

間引く際には下記のポイントを参考にして頂き、

強引に苗を引き抜かないようにすることが大事だジョ。

 

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て根元からやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用はさみを使って根元を剪定する。

ペット栽培III(だるま大根)08

 

やさしく間引いた「だいまる」だけど、

これだけでは横に倒れてしまうので土を少し盛って

土寄せして真っ直ぐになるようにしてあげたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)09

 

今後、「だいまる」がどのように育っていくのか

静かに見守ることにするジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
09

[にら] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「大葉にら」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、二度目の再生栽培で収穫を果たした、

大葉にらの「ニラっち」は栽培開始から185日目を迎え、

早くも三回目の再生栽培をスタートさせていたジョ。

 

前回の剪定から1週間以上が経過したこともあり、

「ニラっち」は葉を20(cm)近くまで伸ばしていたんだジョ。

ペット栽培III(大葉にら)37

 

三回目の栽培にもなると、この程度の生長には驚かないけど、

順調に育ってくれていることに安心感を持てるジョ。

 

栽培開始から191日目

「ニラっち」30(cm)近くまで葉を伸ばし

収穫できる長さに再生していたジョ。

ペット栽培III(大葉にら)38

 

前回の剪定からちょうど2週間が経過し、

元の状態に再生するところは流石という感じがしたジョ。

 

再生して間もないけど「ニラっち」の生育を考え、

早速葉を剪定してみたジョ。

ペット栽培III(大葉にら)39

 

今回収穫した'大葉にら'前回よりも少量だったため、

M.Ishiiには渡さずに内緒で、

おいらの大好きな'お浸し'にして食べたんだジョ。

 

こっそり隠れて食べるのは少し気まずづかったけど、

いつもより美味しかったから幸せだジョ()

 

M.Ishiiに何を言われるかは分からないけど、

新たな再生栽培に向けて頑張るジョ。

ペット栽培III(大葉にら)40

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
08

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、早くも発芽した栽培用ニンニクの「ガリっぺ」と、

根は張っているものの発芽していない食用ニンニクの「ガリくん」

栽培開始から12日目を迎えていたジョ。

 

発芽一番乗りを果たした「ガリっぺ」だけど、

左エリアからも芽が出てきていたんだジョ。

ペット栽培III(ニンニク)13

 

近くに寄って見てみたんだけど、

先に発芽した芽は(cm)ほどに伸びていて、

後から発芽したほうも(cm)位伸びていて健闘していたジョ。

ペット栽培III(ニンニク)14

 

倍近くの差はあるけど、「ガリッペ」は順調に育っているようで、

今後の生長が楽しみだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
08

[バジル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

前回、今栽培における最多収穫量を更新した、

バジルの「ジルちん」は栽培開始からちょうど150日目を迎え、

これまでと変わらずに元気に育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(バジル)35  

 

「ジルちん」は二週間近くの間に前回剪定前の状態に戻りつつあり、

いつもながらに、「ジルちん」の再生能力には感服するジョ。

 

しかし、何度も剪定しては再生させることを繰り返した結果、

一枚の葉の大きさは少しずつ小さくなっていることが気になり、

「ジルちん」徐々に衰えているようにも感じるジョ。

 

このため、おいらにとっては辛い決断だったんだけど、

「ジルちん」は今回の葉の剪定を持って撤収させることにしたジョ。

 

今回収穫した'バジルの葉'は収穫量としてはまずまずの量だったけど、

一枚一枚の葉の大きさは小さいことから

これまでに収穫したものとの比較はできないように感じたジョ。

ハーブのペット栽培(バジル)36  

 

それでも、たくさん収穫できたことは嬉しいから、

M.Ishii'バジルソースのパスタ'を作ってもらったんだジョ。

ハーブのペット栽培(バジル)37  

 

'バジル'はあまり使う機会がないから、

今回は収穫したばかりの葉をフルに使ってもらったんだけど、

すんごく美味しくて幸せな気分に浸ったジョ。

 

剪定した後の「ジルちん」を見ると、

このまま育てたい気持ちが強くなり、撤収させるのが辛いジョ。

ハーブのペット栽培(バジル)38  

 

でも、おいらは涙を堪えて撤収させたんだジョ。

 

今回の「バジル」栽培は比較的楽に育てることができ、

早めの摘芯をしたことにより今日まで収穫を楽しむ事ができたジョ。

 

最後になるけど、これまでの「ジルちん」の生長過程を振り返り、

この栽培を締め括りたいと思うジョ。

 

皆さんも、興味があったらでいいんだけど、

ペットボトル栽培で'バジル'を育ててみてほしいジョ。

【ハーブのペットボトル栽培~バジル~ 完】 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
05

[ホーム玉ねぎ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ホーム玉ねぎ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、発芽後まもなくして急生長する、

ホーム玉ねぎの「ツンたま」は栽培開始から12日目を迎え、

葉っぱが倍以上に伸びていたんだジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)11

 

前回の急生長ぶりに驚いたけど、

今回はそれ以上に生長していたから度肝を抜かれたジョ。

 

「ツンたま」のどこに急激な生長を遂げるだけの

パワーがあるのか不思議でならないジョ。

 

栽培開始から21日目

「ツンたま」はさらに葉を30(cm)近くまで伸ばし

葉が伸び過ぎて長くなってしまったためなのか、

葉の半分あたりから折れていたんだジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)12

 

「ツンたま」は少しハッスルし過ぎて逆に心配になってしまうけど、

全く大きく育たないよりはましだと思うから、

おいらの贅沢な悩みだと思うことにしたジョ。

 

おいらの度肝を抜く位に大きく育ってくれることは嬉しいけど、

某有名ゲームに出てくるモンスターみたいに化けて欲しくないジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)13

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
05

[しゅんぎく]ブログ村キーワード:砂漠化 ヒートアイランド

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、育苗させるために小型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

中葉しゅんぎくの「シュンちゃん」は栽培開始から4日目を迎え、

早くも小さな芽を出してくれました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)07

 

'中葉しゅんぎくの種'発芽率が低く

発芽適温(地温)20℃前後播種後4~7日ほどで発芽するので、

順調に芽が出てくれてホッとしました。

 

でも、発芽しやすくするために行った浸水処理は

効果があったのか疑問ですけどね...

 

栽培開始から8日目になりますと、

蒔いた種のほとんどが発芽している様子で、

一部の芽からは本葉が出てきているものが見られました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)08

 

さらに一週間が経過しますと、

「シュンちゃん」草丈が1~2(cm)ほどに伸び、

'中葉しゅんぎく'独特のギザギザの葉が大きくなっていました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)09

 

若干徒長が見受けられるものの、

順調なスタートを切ることができた'中葉しゅんぎく'栽培です。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
04

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日はハーブのペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「チャービル」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、縦型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

チャービルの「セルフィ」は栽培開始から8日目を迎えていたジョ。

 

おいらは野菜栽培が専門でハーブを育てた経験が浅いから、

今回の'チャービル'栽培でも手探り状態で育てているだけど、

おいらが種を蒔いた「セルフィ」の様子が気になり、

ペットボトル菜園に行って様子を見てきたジョ。

 

すると、「セルフィ」はペットボトル鉢の中央から

細長い葉を2枚広げた芽が出ているのを発見したんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)05

 

おいらはすんごく嬉しくてM.Ishiiとハイタッチしちゃったジョ。

 

'チャービル'の発芽は発芽適温(地温)

播種後7~14日ほどかかるそうなので、

比較的早い発芽だっただけに余計に嬉しかったんだジョ。

 

栽培開始から14日目

「セルフィ」蒔いた種のほとんどから発芽していて、

最初に見つけた芽からは本葉が出てきていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)06

 

近くに寄って見てみたんだけど、

この本葉はどこか'イタリアンパセリ'に似た形をしていて、

「グルメのパセリ」と呼ばれていることに納得したジョ。

 

栽培開始から21日目になると、

「セルフィ」は後から発芽したほとんどの芽が消滅してしまい、

おいらはすんごくショックを受けたジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)07

 

どうして姿を消してしまったのかは分からないけど、

残った2つの芽が大きく育っていることがせめてもの救いだジョ。

 

おいらはこの芽を大事に育てることを約束するジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
04

[ソラマメ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「ソラマメ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、蒔いた種全てから発芽した、ソラマメの「クウちゃん」

栽培開始から15日目を迎えていたジョ。

 

「クウちゃん」の様子が気になりペットボトル菜園に行ってみると、

おいらが想像していたよりも大きく育っていてビックリしたジョ。

ペット栽培III(ソラマメ)09

 

草丈は12(cm)ほどあり、本葉も5~6枚付いていたんだジョ。

 

近くに寄って見てみると、土中にはぶっ太い根が張っていて、

急生長した理由が分かった気がしたジョ。

ペット栽培III(ソラマメ)10

 

「クウちゃん」がこんなに大きくなるなんて思わなかったジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

11月
03

[べんり菜] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、小型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

べんり菜の「ベンちゃん」は栽培開始から5日目を迎え、

アブラナ科の植物というだけあってペットボトル鉢の中央から

小さな芽を出してくれました。

ペット栽培III(べんり菜)06

 

さらにその翌日には蒔いた種全てから発芽し、

草丈が1(cm)に伸び、双葉も光合成して緑色に変わっていました。

ペット栽培III(べんり菜)07

 

'べんり菜'は一般的に発芽適温(地温)2025

播種後3~5日ほどで発芽しますので、

「ベンちゃん」はすごく順調に育っていると思います。

 

栽培開始から11日目

「ベンちゃん」の様子が気になりペットボトル菜園に行ったところ、

前日夜の激しい雨が降ったことに加え、

10℃近く気温が上がったことが影響して、

草丈が3~4(cm)ほどに徒長していたのです。

ペット栽培III(べんり菜)08

 

「ベンちゃん」が順調に育っていることに有頂天になった私は

すごく自分に腹が立ちました。バカな奴ですよ、私は。

 

でも、「ベンちゃん」を念入りに観察してみたところ、

リカバリーできそうな芽を見つけることができました。

ペット栽培III(べんり菜)09

 

私はこの芽を徒長させずに大事に育てることを誓うのでした。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
02

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、ツイン型ペットボトル鉢に栽培用ニンニクの「ガリっぺ」

スーパーで売られている食用ニンニクの「ガリくん」

それぞれ植え付けたジョ。

 

2種類の'ニンニク'は栽培開始から9日目を迎えたんだけど、

どちらが先に発芽するかすんごく気になったから、

ペットボトル菜園に行って様子を見てきたジョ。

 

まずは「ガリっぺ」だけど、ツイン型ペットボトル鉢の

右エリアから小さな芽らしきものが出ているのを確認したジョ。

ペット栽培III(ニンニク)09

 

近くに寄ってみるとよく分かるけど、

ツンと尖った芽が(mm)ほど出ていたんだジョ。

 

でも、同じ日に植え付けたのに、

左エリアからはまだ発芽していないのは少し気になるジョ。

 

一応、ペットボトル鉢の側面から観てみたんだけど、

太い根が張っているのを確認できたから

もう少しだけ様子を見ることにするジョ。

ペット栽培III(ニンニク)10

 

「ガリっぺ」は順調に育っているように見えたから、

「ガリくん」のほうもすんごく気になるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金