--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

[だるま大根] ブログ村キーワード:地球温暖化、バイオエタノール

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、元気そうな芽を一つだけ残して間引きした、

だるま大根の「ダイきち」は栽培開始から38日目を迎えていたジョ。

 

「ダイきち」は本葉を4枚に増やし、双葉よりも大きくなっていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)27

 

簡易温室内で育てているとはいっても、

室内の温度は15℃以下しかないため、生育適温とはいえないんだけど、

それでも、大きく育つ様子を見ると嬉しくなるジョ。

 

栽培開始から52日目

「ダイきち」さらに大きな葉になっており、

葉の形がギザギザとした大根らしい葉になっていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)28

 

寒さがより厳しくなる中、小さな葉が続々と出てきており、

順調に生長していることが窺えるジョ。

 

現在の「ダイきち」を見ていると、安心して育てることができそうだけど、

油断せずに頑張って育てるジョ。

次回に続く 

by PETくん


スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[小松菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「小松菜」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

今回育てる「小松菜」は、東京都江戸川区の小松川地区の特産品として、

江戸時代から作られていることが由来とされているんだけど、

全国で生産されている、カロテンやビタミンC、ミネラル分を

豊富に含む栄養価の高い野菜なんだジョ。

ペット栽培III(小松菜)01

 

「小松菜」は一年中育てることができる野菜なんだけど、

一年で最も寒いこの時期に育てる「小松菜」は甘くて美味しいんだジョ。

 

今回は時期的にも、収穫までに播種後2~3ヵ月ほどかかるけど、

以前育てた'べんり菜'のように頑張って育てたいと思うジョ。

 

さて、今回の「小松菜」栽培においても、

'誰でも簡単に始められ、かつ、1コインで育てる'という

スローガンの下、できるだけ煩わしい作業を省いた栽培を

するつもりなので、栽培に必要な道具を準備してほしいジョ。

 

今回の栽培で最低限用意して頂きたい道具は、

小松菜の種粒状の野菜の培養土

2Lのペットボトルジョウロ移植ゴテだジョ。

 

次回は「小松菜」の種蒔き作業をやるんだけど、

家庭菜園向けの野菜だから気合いを入れて頑張るジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
28

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、厳しい寒さに耐えながらも頑張って育つ、二種類のニンニクは

栽培開始からちょうど100日目という節目を迎えていたジョ。

 

栽培用ニンニクの「ガリっぺ」は以前に比べると葉の張りがあって

元気に育っているように感じたジョ。

ペット栽培III(ニンニク)30

 

近くに寄って見てみると、所々で葉の枯れを確認できたけど、

根元付近の太さは1.5(cm)ほどあり、順調に育っていることが伺えたジョ。

ペット栽培III(ニンニク)31

心ひとつに キャンドルナイト

01月
26

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回やや遅い発芽ながらも順調に生長を続ける、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から25日目を迎えていました。

 

「ユキちゃん」は厳しい寒さに耐えながらも大きく生長していました。

ペット栽培III(ハツカ大根)08

 

近くに寄って見てみると分かるんですが、

小さかった本葉は二枚になり、(cm)以上の大きさに育っていたのです。

 

言うまでもなく、お互いの芽は同様に生長しているため、

葉が重なり込み合ってきていました。

 

このため、「ユキちゃん」の生育をよくするためにも、

元気そうな芽を残すようにして間引くことにしました。

 

'ハツカ大根'を間引く際には下記のポイントを参考にし、

強引に引き抜かないことが賢明です。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合を見て、根元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ペット栽培III(ハツカ大根)09

 

間引いた芽は少し多かったので、

間引き菜として味噌汁の具に使いました。

ペット栽培III(ハツカ大根)11  

 

元気そうな芽を一本ずつ残した「ユキちゃん」は、

少しサッパリした姿になってしまいましたが、

今後、温かくなるまでの間は簡易温室に入れて育てたいと思います。

ペット栽培III(ハツカ大根)10

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
24

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:生態系、食育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「さやエンドウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、急速な生長を続ける、さやエンドウの「サヤっち」

栽培開始から28日目を迎えていたジョ。

 

「サヤっち」は徒長気味に生長し、

草丈を5(cm)ほど伸ばしていたジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)08

 

葉数はほとんど増えていなかったんだけど、

数ヵ所から蔓が伸びているところを見ると、

元気に育っていることは感じたジョ。

 

栽培開始から39日目

厳しい寒さが続いていることもあり、

大きな生長の変化は見られなかったんだけど、

それでも、「サヤっち」(cm)伸びていたジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)09

 

依然として、徒長気味に育ち、頼りなさそうな様子だったので、

支柱を立ててみたジョ。

 

「サヤっち」はさらに蔓を伸ばし

早速、支柱に絡み付こうとしているので、

今後の生長が楽しみだジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
23

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、新たな栽培を始めるべくして種を蒔いた、

だるま大根の「ダイきち」は無事に発芽し、

双葉も大きくなっていたジョ。

 

「ダイきち」は栽培開始から26日目を迎えていたんだけど、

草丈が少し伸び、出てきたばかりの本葉も大きくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)24

 

しかも、本葉の数は一つの芽につき2~3枚出てきていて、

少し込み合ってきていたんだジョ。

 

「ダイきち」は順調に育っているものの、

この状態のままだと生育によくないから、

「だいまる」のときと同様のやり方間引くことにしたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)25

 

今回は元気そうな芽を一つだけ残して間引いたんだけど、

「ダイきち」が元気に育ってくれることに期待するジョ。

ペット栽培III(だるま大根)26

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
22

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「わさび菜」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、厳しい寒さの中を大きく生長する、

わさび菜の「ワサナ」は栽培開始から88日目を迎えていたジョ。

 

「ワサナ」はさらに葉を大きくし、順調に育っているように見えたジョ。

ペット栽培III(わさび菜)22

 

しかし、近くに寄ってみてみると、

葉が折れてしまっているものがあり、少しショックを受けたジョ。

ペット栽培III(わさび菜)23

 

何が原因で折れてしまったのかは分からないけど、

これ以上、「ワサナ」に被害を及ばせないためにも、

早めの収穫をすることにしたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
20

[しゅんぎく]ブログ村キーワード:砂漠化 ヒートアイランド

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、2つ折り型ペットボトル鉢に植え付けた、

中葉しゅんぎくの「シュンちゃん」は栽培開始から52日目を迎え、

衰弱することなく大きく生長していました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)21

 

栽培開始から59日目

「シュンちゃん」葉が大きくなるだけでなく葉数も増えており、

順調に育っているように感じます。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)22

 

植え付けてから2週間余りが経過し、

だいぶ栽培環境にも慣れてきたことが窺えます。

 

栽培開始から65日目

「シュンちゃん」草丈を5(cm)ほどに伸び、

葉もさらに大きくなっていました。

ペット栽培III(中葉しゅんぎく)23

 

ようやく気温も一桁台まで下がるようになり、

「シュンちゃん」の生育への影響が心配されますので、

防寒対策をきちんとして大事に育てていきたいと思います。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
19

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日はハーブのペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「チャービル」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、剪定後初となる再生栽培に臨んだ、チャービルの「セルフィ」

早くも剪定するまでに生長し、再び収穫したんだジョ。

 

二度目の再生栽培に臨む「セルフィ」は栽培開始から86日目を迎え、

早くも、葉が茂るほどに再生していたんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)22

 

厳しい寒さが続いているというのに、

こんなにワサワサしているなんてスゴい奴だジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
17

[ホーム玉ねぎ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ホーム玉ねぎ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、一段と葉を伸ばす一方で少し肥大が始まり出した、

ホーム玉ねぎの「ツンたま」は栽培開始から58日目を迎えていたジョ。

 

「ツンたま」は若干新たな葉が出てきているように感じるけど、

大きな生長の変化は見られなかったジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)19

 

さすがに、10℃を切る寒さの前では生長できないと感じたジョ。

 

栽培開始から65日目

「ツンたま」全ての葉が30(cm)以上の長さがあるため、

根元付近から折れ曲がり、横に倒れていたジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)20

 

おいらの理想としては「ツンたま」という愛称をで呼ぶだけに、

横に倒れることなくツンと上を向いていて欲しいんだけど、

実際はこのようになっていないからガッカリしたジョ。

ペット栽培III(ホーム玉ねぎ)21

心ひとつに キャンドルナイト

01月
16

[チューリップ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「チューリップ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、久しぶりにチューリップの「リップス」の様子を見に、

ペットボトル菜園に行ってみたんだけど、

未だに、発芽している様子はなく、少し心配になったんだジョ。

 

栽培開始から78日目を迎え、ダメ元で「リップス」の様子を見たところ、

ペットボトル鉢の中央から小さい芽らしきものを確認できたジョ。

花のペット栽培II(チューリップ)08

 

近くに寄って観てみたところ、ツンと尖った芽が土面から覗かせ、

おいらに挨拶をしているように見えたジョ。

 

'チューリップ'の発芽は発芽適温(地温)20℃前後だそうなので、

この寒い時期に発芽してくれたことは奇跡だと思うジョ。

 

栽培開始から85日目

「リップス」は厳しい寒さがより増す中、

小さな芽が(cm)ほどの大きさに育っていたんだジョ。

花のペット栽培II(チューリップ)09

 

近くに寄って観てみたところ、

葉っぱらしきものが出てきているのを発見したジョ。

 

少しずつでも生長する「リップス」の姿を見ると、

おいらも一生懸命に育ててあげようという気持ちが強くなるジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
14

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「わさび菜」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、順調に育っていたわさび菜の「ワサナ」

厳しい寒さの前では本領を発揮することができず、

あまり大きくはなれずにいたんだジョ。

 

栽培開始から66日目を迎えた「ワサナ」は、

寒さに耐えながらも元気に育っていたんだジョ。

ペット栽培III(わさび菜)19

 

生長の変化が分かりづらいため、

近くに寄って観てみないと分からないんだけど、

一枚一枚の葉の大きさは目測で12(cm)近くあり、

(cm)大きくなっていることが分かったんだジョ。

 

また、新たな葉も出てきていたので、

株としてボリュームが増したように感じるジョ。

 

栽培開始から76日目

「ワサナ」は厳しい寒さが続いていることもあり、

日当たりのよい室内に置いて育てることにしたんだけど、

温かい環境で育てているためなのか、すべての葉が大きくなり、

以前よりも葉色も良くなった感じがしたジョ。

ペット栽培III(わさび菜)20

 

さらに栽培開始から81日目になると、

「ワサナ」一段と葉が大きくなり、

逆立っている葉が目立つようになったんだジョ。

ペット栽培III(わさび菜)21

 

それだけ元気がある証拠だと思うんだけど、

「ワサナ」の葉をよく見てみると葉脈がくっきりと出ていたんだジョ。

 

'わさび菜'がこのような状態になっているところを見ると、

そろそろ収穫してもよさそうな予感がするジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
13

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、イタリアンパセリの「パセリーナ」は根腐れを起こしてしまい、

残念な結果に終わってしまったんだジョ。

 

「パセリーナ」がダメになってしまったことで、

最初から育ててきた全てのパセリは全滅してしまい、

今後の「イタリアンパセリ」栽培の存続の危機を迎えていたんだジョ。

 

おいらはM.Ishiiと相談したんだけど、

M.Ishii曰わく、この栽培は最低一年間育てる計画で始めたそうで、

今回このような結果になったことを受け、新たに種を蒔いて、

もう一度育ててもらいたいとのことなんだジョ。

 

おいらも最後まで育てることができなかったから、

リベンジしたい気持ちを強くもっているので、

この意見には大賛成だジョ。

 

かくして、おいらは新たに新調した縦型ペットボトル鉢を使い、

'イタリアンパセリ'を育てることにしたんだジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
13

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:生態系、食育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「さやエンドウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、縦型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

さやエンドウの「サヤっち」は栽培開始から8日目を迎えていたジョ。

 

「サヤっち」はパッと見した感じでは何も変わらないように見えたけど、

近くに寄って観てみるとペットボトル鉢の中央から

ツンとした小さな芽が出ているのを見つけたんだジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)05

 

'さやエンドウ'の発芽は発芽適温(地温)20℃前後

5~8日程度かかるそうなので、播種時期が遅かったことを考慮しても

順調なスタートを切ることができたと思うジョ。

 

栽培開始から16日目

「サヤっち」二つの種から発芽したんだけど、

後から出た芽は3日遅れだったこともあり、

まるで師弟関係のように、生長の差が顕著に現れていたんだジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)06

 

左の株は草丈10(cm)ほどあり、右の株は約4(cm)と小さく、

今後の生長過程で、どこまで巻き返せるかが気になるところだジョ。

 

栽培開始から24日目

「サヤっち」はどちらの株も順調に生長している様子で、

右の株の草丈が左の株との差を若干縮めたように感じたジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)07

 

ただ、左の株は数ヵ所から蔓が出てきていて、

これから本領を発揮してくれそうな予感がしたジョ。

 

今後の生長から目が離せなくなりそうだジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
12

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、だるま大根の「だいまる」が残念な結果になったことを受け、

心機一転、新たな栽培をスタートさせたんだジョ。

 

新たな仲間に加わっただるま大根の「ダイきち」

栽培開始から9日目を迎えていたんだけど、

ペットボトル鉢の中央から芽を出してくれたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)21

 

「だいまる」のときに比べると6日遅い発芽となったけど、

播種時期が2ヵ月遅ければ気温のほうも変わるから、

まずまずのスタートを切ることができたと思うジョ。

 

栽培開始から16日目

「ダイきち」蒔いた種すべてから発芽したみたいで、

それぞれの芽の双葉が光合成して緑色をしていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)22

 

寒さが厳しくなる中、順調に生長する様子を見ると、

すんごく勇気をもらった気がするジョ。

 

栽培開始から21日目

「ダイきち」双葉をさらに大きくし、草丈も1(cm)伸びていたジョ。

ペット栽培III(だるま大根)23

 

また、近くに寄って観てみると、

小さな本葉が出てきているのを見つけたジョ。

 

少し込み合って来ているようにも感じたけど、

本葉がもう少し大きくなったときに間引きしたいと思うジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
11

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「芽キャベツ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、アオムシの食害に遭ってしまった、

芽キャベツの「キャロちゃん」は栽培開始からちょうど130日目を迎え、

アオムシに喰われた跡が痛々しく感じるけど、

葉そのものは張りがあって、大きくなっていたジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)27

 

おいらが心配していたよりも元気そうだったので、

少し安心したジョ。

 

栽培開始から138日目

「キャロちゃん」葉の重みで右に少し傾いていたけど、

相変わらず、元気に育っていたジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)28

 

「キャロちゃん」の近くに寄って観てみたところ、

新たな葉がキャベツのように出てきていたんだジョ。

 

'芽キャベツ'だから、どこかしかキャベツに似ていても

不思議じゃないけど、復活の兆しを見せ始めたことで、

少し展望が開けたように感じたジョ。

 

栽培開始から145日目

「キャロちゃん」は新たな葉が大きくなったことで頭でっかちになり、

葉の重さでさらに右に傾いていたんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)29

 

支柱を立てて支えてあげたほうがよいかと思ったんだけど、

脇芽が出ることを考えると支柱を立てることに慎重になるジョ。

 

「キャロちゃん」の根元付近を観てみたところ、

黄色くなった葉があったので、

園芸用はさみを使ってその葉を摘み取ったジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)30

 

また、葉を摘芯したときに気付いたんだけど、

葉の付け根に(mm)ほどの脇芽が出ていたんだジョ。

ペット栽培III(芽キャベツ)31

 

ようやく、'芽キャベツ'らしい生長を見ることができ、

おいらはすんごく嬉しくて、今後の生長が楽しみになってきたジョ。

次回に続く 

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

01月
10

[えんどう] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象 捕鯨

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、無事発芽した後に順調に生長を続ける、

スナップえんどうの「ホック」は栽培開始から27日目を迎えていました。

 

「ホック」は草丈を10(cm)以上に伸ばし、葉も大きくなっていました。

ペット栽培III(スナップえんどう)08

 

順調に生長する「ホック」は一段と蔓を増やし

より大きく育ちそうな予感がします。

 

栽培開始から35日目

「ホック」は草丈の伸びはないものの、

葉は少し大きくなったように感じます。

ペット栽培III(スナップえんどう)09

 

寒さのほうは日々増していることもあり、寒さに強い「ホック」でも、

生長の遅れに影響を与えているのかもしれません。

 

栽培開始から43日目

「ホック」は草丈を若干伸ばしたように見えますが、

目立った生長の変化は見られませんでした。

ペット栽培III(スナップえんどう)10

 

厳しい寒さが続き、生長が止まってしまったように感じますので、

元気を取り戻してもらえるように防寒対策をしないといけませんね。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
09

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日はハーブのペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「チャービル」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、この栽培初となる収穫を果たした、

チャービルの「セルフィ」は栽培開始から71日目を迎えていたジョ。

 

これから再生栽培のスタートを切るわけだけど、

「セルフィ」の様子が気になり、ペットボトル菜園に行ってみたジョ。

 

すると、「セルフィ」は若干寒さが増している中を元気に育っていて、

葉が新たに出てきているように感じたジョ。

ハーブのペット栽培(チャービル)17

 

葉が再生していることを確認できるとすんごく嬉しくて、

安心して観ていられそうな気持ちになるジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
07

[ハツカ大根]ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回2つ折り型ペットボトル鉢に種を蒔いた、

ハツカ大根の「ユキちゃん」は栽培開始から8日目を迎えていました。

 

今回育てている'ハツカ大根'の発芽日数は、

発芽適温(地温)1525播種後3~5日ほどかかるため、

ペットボトル菜園で育てる「ユキちゃん」が気になり、

様子を見に行ってみました。

 

すると、ペットボトル鉢の数ヵ所から芽が出ているのを見つけました。

ペット栽培III(ハツカ大根)05

 

播種時期が遅く、発芽適温も低かったことが影響し、

やや遅い発芽となったようです。

 

しかし、蒔いた種からすべて発芽してくれましたので、

不安要素が一つ消え、少し安心して育てられそうです。

 

栽培開始から15日目

「ユキちゃん」どの芽も双葉が大きくなり、

光合成して濃い緑色に変わっていました。

ペット栽培III(ハツカ大根)06

 

近くで見たところ、徒長している様子は見られず、

順調に育っているように感じます。

 

栽培開始からちょうど20日目になりますと、

「ユキちゃん」草丈を少し伸ばし双葉が一段と大きくなっていました。

ペット栽培III(ハツカ大根)07

 

また、近くに寄って観てみますと、

小さな本葉が出てきているのを見つけました。

 

厳しい寒さの中、順調に生長している「ユキちゃん」なのでした。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
07

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:生態系、食育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ペットボトル栽培III・第4期においても、

PETくんがペットボトル栽培についてお話したいそうなので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「さやエンドウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、再び育てることになった「さやエンドウ」栽培の

概要についてお話したんだけど、

今回は「さやエンドウ」の種蒔き作業を行うジョ。

 

前回から少し日にちが経っているから、

今回の種蒔き作業で用意して頂きたい道具について

おさらいしたいと思うジョ。

 

今回の種蒔き作業で最低限必要な道具は以下の写真に示すように、

さやエンドウの種粒状の野菜の培養土

2Lサイズのペットボトルジョウロ移植ゴテだジョ。

ペット栽培III(さやエンドウ)02

 

これらの道具についてもう少し詳しく説明したいと思うジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
06

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、順調に生長を続けた後に収穫した、

イタリアンパセリの「パセリーナ」は栽培開始から213日目を迎え、

順調に葉の再生を始めていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)69

 

今回で6回目の再生栽培になるんだけど、

七度目の収穫ができることを期待しちゃうジョ。

 

栽培開始から221日目

「パセリーナ」葉数を増やし、順調に生長しているように見えたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)70

 

しかし、近くに寄って観てみたところ、

葉の一部に枯れている箇所があり、

今後の生長に影響を受けないか少し気になったジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
06

[ニンニク] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「ニンニク」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、肌寒い日が続くようになり、

生長がやや遅れてきた二種類のニンニクは

栽培開始から56日目を迎えていたんだジョ。

 

栽培用ニンニクの「ガリっぺ」は依然として葉を数(cm)伸ばし

ペットボトル鉢の底に届くようになったんだジョ。

ペット栽培III(ニンニク)26

 

一方、食用ニンニクの「ガリくん」はこれまで葉に張りがあったけど、

ここにきて少し張りがなくなり、元気がなくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(ニンニク)27

 

「ガリくん」も葉がペットボトル鉢の底に届くようになったけど、

萎れた状態で届いても嬉しくなく、むしろ心配になってきたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
05

[だるま大根] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「だるま大根」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、青虫の食害から立ち直りつつある、

だるま大根の「だいまる」は栽培開始から65日目を迎えていたジョ。

 

ようやく復活の兆しを見せ、

今後の巻き返しに期待する「だいまる」の様子を見るべく、

ペットボトル菜園に行ってみたんだけど、

「だいまる」の変わり果てた姿に凍り付いてしまったんだジョ。

 

何が原因だったのかは分からないんだけど、

「だいまる」は葉が萎れてしまい、

復活できないほどグッタリしていたんだジョ。

ペット栽培III(だるま大根)18

 

「だいまる」には定期的に水やりしていたので、

このような状態になることは考えられなかっただけに、

ただ悔しさだけがこみ上げてくるジョ。

 

何をどうやっても回復させることはできないため、

「だいまる」をペットボトル鉢から抜き取り、

この栽培を終わらせることにしたジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
04

[春菊] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は「スティック春菊」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、二つ折り型ペットボトル鉢に植え付けた、

スティック春菊の「キクぼう」は栽培開始から52日目を迎えていたジョ。

 

「キクぼう」は以前に比べると真っ直ぐに伸び

葉も大きくなっているように感じたジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)19

 

栽培開始から59日目

「キクぼう」は葉が大きくなり、葉数も増えていたジョ。

ペット栽培III(スティック春菊)20

 

しかし、順調に生長しているように見える「キクぼう」だったけど、

葉の一部に枯れている箇所があり、少し心配だジョ。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
03

[べんり菜] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、順調に生長を続けるべんり菜の「ベンちゃん」

栽培開始から77日目を迎えていました。

 

「ベンちゃん」はわずか5日しか経っていないにも関わらず、

両エリアの株は大きく生長してくれていました。

ペット栽培III(べんり菜)27

 

そろそろ、'収穫'の二文字が視野に入りそうな気配があり、

それぞれの株をスケールで測ってみたところ、

右エリアの株は草丈が25(cm)あり、

収穫の目安となるサイズに育っていました。

ペット栽培III(べんり菜)28

 

一方、左エリアの株は20(cm)ほどありましたが、

鳥による食害に遭った模様で、葉の一部を食べられてしまいました。

 

この時期はヒヨドリがお腹を空かせ、葉という葉を食べ尽くしますので、

鳥の食害を防止するためにネットや不織布を被せなくてはなりません。

 

実は、「ベンちゃん」もこの対策をしようと準備していたのですが、

時は既に遅く、ご覧の被害を受けてしまっていたのでした。

 

こうも左右の株の大きさや、被害の状況が異なりますと、

収穫してよいものなのかと悩んでしまいます。

心ひとつに キャンドルナイト

01月
02

[趣味の園芸] ブログ村キーワード:生態系、3R、リユース

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんはお正月をいかがお過ごしでしょうか?

私は川崎大師に初詣し、毎年恒例のおみくじを引きました。

おみくじ2012

 

今年は''とのことで、まずまずの結果でした。

 

そしてここ最近ハマっている、

「ピグライフ」というペットボトル栽培とは程遠い

ネット上での庭作りをPETくんと一緒に楽しんでいます()

新年のご挨拶2012_01

 

さて、昨年末は手前味噌ではありますが、

ペットボトル栽培というプランター栽培に毛の生えたようなもので、

'趣味の園芸 やさいの時間1月号'にて掲載させて頂き、

実のところ、大変恐縮しております(苦笑)

 

このテキスト発売以降、多くの方からお祝いのコメントや

記事におけるご感想を頂きありがとうございました。

 

また、今回掲載された記事をご覧になるために、

予約してご購入された方もいらしたようで大変嬉しく思いました。

 

この場をお借りしてお礼を言わせて下さい。

誠にありがとうございました。

 

先日、今回の誌面掲載についてエピソード的なお話をしましたが、

今回は大々的な記事として掲載させて頂くのは初めてだったため、

内容的にあまり情報を詰め込まないようにしたため、

いつも本ブログをご覧の方々にとりましては

物足りなさを感じられたかもしれません。

 

しかし、私としては可能であれば今後も誌面掲載を続けたいので、

読者がペットボトル栽培をより深く知りたいと思う程度に留めました。

 

ペットボトル栽培が現在の形態になったのは、

皆さんからの貴重なご意見を参考に改善した結果であり、

今後もより楽しんで頂けるものをご紹介したいと思いますので、

楽しみにしていて下さい。

 

最後に、お年玉というわけではありませんが、

この記事をご覧頂いた方に今後予定しているペットボトル栽培を

こっそりお教えしたいと思います。

 

これまで色々な野菜を育ててきましたが、

今年は地方にしかない珍しい野菜をペットボトル栽培します。

 

具体的に、育てる地方野菜は決めていませんが、

おそらくは恒例の野菜投票のような形で、

皆さんに決めて頂こうかと思っています。

 

詳しいことはその時が来ましたら告知しますので、

楽しみに待っていて下さい。

 

それでは、今後とも、本ブログへの応援をよろしくお願い致します。 

2012.1.2

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
01

[新年] ブログ村キーワード:レアメタル NPO 棚田

あけましておめでとうございます、M.Ishiiです。

 

今年も新たな年が始まり、

この時になると新鮮な気持ちになります。

新年のご挨拶2012_01

 

ただ、昨年3月に発生した東日本大震災で甚大な被害を受け、

いまも避難生活を送られている方々を思うと、

私は家で暖かくして新年を迎えられることができ、

それと同時にあまり浮かれた気持ちにはなれず、

何かのお役に立ちたい気持ちを強く持ちます。

 

今年は'復興'という言葉がキーポイントになりますので、

あまり湿っぽい話はせず、被災地の方々の心情を配慮しつつも

ペットボトル栽培をはじめとする環境活動に取り組みたいと思います。

 

今年も毎年恒例となった初日の出を見るべく、

元日の早朝に自宅のベランダから見ることができました。

新年のご挨拶2012_02

 

ただ、今年は厚い雲に覆われていて、

太陽を覗かせる位置が高くなってしまいましたが...

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金