--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

[ブログ] ブログ村キーワード:レアメタル NPO 棚田

こんばんは、M.Ishiiです。

 

早いもので4月は今日で終わり、明日から5月になります。

 

未だに、強風が吹き荒れているため、

計画通りに栽培することができずにいるのが現状で、

また、既存の栽培においても栽培管理が若干困難な面が出てきており、

これらの早急な見直しが求められています。

 

一つの反省点としては、似たような品種の野菜を育てているものが多く、

しっかりとした管理が行き届かない栽培を行っていることに加え、

本来ならペットボトル栽培で収穫できるはずの野菜が

きちんと育てることができずに途中でリタイアしてしまう

ケースが多発していることなどです。

 

以前からクオリティの高い栽培を目指していることを

念仏を唱えるように言及しているのですが、

結果として、栽培の質を低下させてしまっており、

このまま同じようなことを繰り返し行っていたら、

目標を達成することは愚か、不本意な結果を招く野菜が

さらに増えてしまうと考えます。

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[京水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

京水菜の「キョウさん」は栽培開始から61日目を迎えたのですが、

葉が大きくなり葉数も倍以上に増えたため、

株が一回り大きくなっていました。

ペット栽培III(京水菜)14

 

これだけ大きくなると、水やりするのも容易ではなく、

置き場所にも気を使うので大変です。

 

でも、「キョウさん」は順調に育ってくれているので、

我慢して育てることができるんですよね()

次回に続く

ペット栽培III(京水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

ミニトマトの「シュガぽん」は栽培開始から25日目を迎えました。

 

「シュガぽん」はようやく発芽したように感じたのですが、

その面影は少し残しつつも双葉が2(cm)の大きさに

生長していました。

ペット栽培III(ミニトマト)05

 

また、よく目を凝らして見てみますと、

小さな本葉が出てきているのを確認できました。

 

寒暖の差が激しいのでなかなか大きくなれずにいますが、

もう少し時間が経ったら立派な苗に化けてくれると信じています。

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[正月菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

 

正月菜の「ショウ次」は栽培開始から25日目を迎え、

本葉が3(cm)ほどの大きさに育っていました。

ペット栽培III(正月菜)20

 

間引きをしただけでここまで大きくなるのかという疑問はありますが、

まずは順調に育ってくれていることに喜びを感じます。

次回に続く

ペット栽培III(正月菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんばんは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から34日目を迎えたししピーの「シッピィ」ですが、

双葉が少し大きくなる中に、小さな本葉が出てきていました。

ペット栽培III(ししピー)07

 

まだまだ小さな本葉ですが、

これから大きく育ってくれることに期待です。

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[サラダ水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から61日目を迎えたサラダ水菜の「ずうサラ」

一段と葉数が増え一回り大きくなりました。

ペット栽培III(サラダ水菜)13

 

葉の長さは目測で20(cm)くらいありそうで、

栽培管理するのがやや大変になってきました。

 

ご覧の通り、葉がワサワサとしていますので置き場所に苦慮します。

次回に続く

ペット栽培III(サラダ水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[本紅丸かぶ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から25日目を迎えた本紅丸かぶの「ベイニー」ですが、

本葉が二枚に増えて大きくなってきました。

ペット栽培III(本紅丸かぶ)19

 

一見、順調に育っているように見える「ベイニー」ですが、

近くに寄って見てみますと一部の葉が黄色く変色していたのです。

 

コレって、「ベイニー」がなんらかの病気に侵されているなど、

衰弱していることの現れですので凄く心配です。

次回に続く

ペット栽培III(本紅丸かぶ)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  

[野沢菜] ブログ村キーワード:絶滅動物、生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から25日目を迎えた野沢菜の「ノザっち」

草丈を5(cm)近くまで伸ばし、葉も大きくなっていました。

ペット栽培III(野沢菜)19

 

間引きした効果が表れたのかは分かりませんが、

小さな葉が出ているのを見ると嬉しくなり、栽培にも力が入ります。

次回に続く

(ペット栽培III(野沢菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
28

[イチゴ] ブログ村キーワード:コンポスト

こんばんは、M.Ishiiです。

試験録(イチゴ)28

 

前回、採種した市販イチゴの「四代目メイちゃん」

これまでにない生長を見せ、待望のクラウンが出てきました。

 

「四代目メイちゃん」は新たなステージに入り、

未知の栽培に挑むことになります。

 

栽培開始からちょうど170日目

「四代目メイちゃん」葉数が増え一段と大きくなっていました。

試験録(イチゴ)55

 

しかも、株元付近に目をやると、

なんとランナーが出てきているではありませんか。

 

ランナーはクラウンから(cm)ほど伸びていましたので、

新たな対策を講じなくてはなりません。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

[花ニラ] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

地味に'花ニラ'の種を蒔きましたが、

この時期に注目度の高い野菜は実のなる野菜ですので、

存在感が薄くなるのは仕方のないことです。

 

とはいえ、せっかく種を蒔いたのですが、

最後まできちんと育てないと可哀想ですよね()

 

さて、栽培開始から14日目を迎えた'花ニラ'ですが、

パッと見では分からないほど小さな芽が出てきました。

ペット栽培III(花ニラ)04

 

どの野菜も発芽したばかりの芽は小さくてカワイらしいですね。

 

それから4日が経過しますと、

'花ニラ'数ヶ所から発芽しているのを確認できました。

ペット栽培III(花ニラ)05

 

しかも、葉が折れ曲がった状態のまま大きくなっていて、

これから立派な'花ニラ'に育ってくれることでしょう。

 

遅れ馳せながら、今回育てる花ニラのことを

品種名からとって「テンちゃん」と呼ぶことにします。

次回に続く

ペット栽培III(花ニラ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

新たな環境に慣れているのかが気になる茎ブロッコリーの「ブロりん」

栽培開始から77日目を迎えました。

 

「ブロりん」は草丈を少し伸ばし葉数も増えていて、

生長具合から見て少しは新しい環境に馴染んできたのかなと感じます。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)14

 

株元付近を見てみますと、茎が(mm)近くの太さになっていて、

順調に育っている様子が伺えます。

 

今後の「ブロりん」の生長に期待が持てそうです。

次回に続く

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[ガーデンレタス] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から55日目を迎えたガーデンレタスの「オッくん」ですが、

間引いたことが功を奏したのかは分からないものの、

葉数が増え、それぞれの葉が大きくなっていました。

ペット栽培III(ガーデンレタス)15

 

寒暖の差が激しいので生育に影響を及びそうな感じがしたのですが、

想像していたよりも、「オッくん」は元気に育っており、

今後も葉数を増やして大きく生長してくれることを期待できそうです。

次回に続く

ペット栽培III(ガーデンレタス)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

 

[グラジオラス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、あやめ

おはようございます、M.Ishiiです。

 

寒暖の差が激しく、肌寒い日に逆戻りすることもあって、

植え付けた'グラジオラスの球根'の発芽はしばらくなさそうな予感。

 

球根を植え付けてから12日目を迎えたこの日、

いつものように水やりをしたときにある異変を感じました。

花のペット栽培II(グラジオラス)04

 

それは、土面から小さな芽らしきものを確認したこと。

 

間近で見てみると、間違いなく'グラジオラス'の芽のようで、

ペットボトル鉢の側面を見てみるとぶっ太い根が張っているのを確認。

 

それから6日が経過し、'グラジオラス'の様子を見てみますと、

芽が(cm)近くまで伸びていて、根もさらに深く張っていたのです。

花のペット栽培II(グラジオラス)05

 

肌寒い日が続いているというのに、

'グラジオラス'というお花は元気いっぱいに育ってくれています。

 

100円ショップの球根だからといって侮ってはいかず、

立派に育っているご褒美に「グラっち」という愛称を付けて上げるよ!!

次回に続く

花のペット栽培II(グラジオラス)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ちょうほう菜の「チョンちゃん」は栽培開始から77日目を迎え、

一段と葉が大きくなっていました。

ペット栽培III(ちょうほう菜)16

 

「チョンちゃん」は葉が大きくなっても丸っこい形をしており、

今後もこの形を維持しながら大きくなっていくのでしょうか?

次回に続く

ペット栽培III(ちょうほう菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

[赤葉チマサンチュ] ブログ村キーワード:マイ箸

こんばんは、M.Ishiiです。

ペット栽培III(赤葉チマサンチュ)01

 

前回、通算三度目の収穫を果たした、

赤葉チマサンチュの「チマちゃん」は栽培開始から125日目を迎え、

早くも赤い葉が数枚出てきていました。

ペット栽培III(赤葉チマサンチュ)61

 

寒暖の差が激しいにもかかわらず、

コンスタントに葉が再生してくれると

収穫した際の使い道を考えることができて嬉しくなります。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  

[ニンジン] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から48日目を迎えたニンジンの「キャロっち」の近況です。

 

「キャロっち」は本葉の数を4枚に増やし、

大きく育っていました。

ペット栽培III(ニンジン)11

 

株元付近を見てみますと、小さな葉が出てきていましたので、

これから、葉がワサワサと茂りそうですね。

次回に続く

ペット栽培III(ニンジン)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[京水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

茎が折れたりして元気のなかった京水菜の「キョウさん」でしたが、

栽培開始から54日目を迎えたこの日は別物と思うほど、

葉がシャキッとしていて元気ハツラツでした。

ペット栽培III(京水菜)13

 

「キョウさん」は葉がさらに大きくなりましたので、

水やりや写真撮影などで鉢を動かす際には細心の注意を払う必要があり、

これらを行うときは妙に緊張します()

 

株元付近には小さな葉がたくさん出てきていますので、

「キョウさん」はこれから本領を発揮してくれそうですね。

次回に続く

ペット栽培III(京水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

'ミニトマト'の種を蒔いてから18日が経過しますが、

この間、寒暖の差が激しく発芽しにくい状態となり、

地温2030℃で播種後4~6日かかるだけに心配です。

 

如何せん、3月下旬並みの気温に戻ったこともありましたからね...

 

そんな中、いつものようにペットボトル菜園の

野菜たちの様子を見てみますと'ミニトマト'発芽しているのを発見!!

ペット栽培III(ミニトマト)04

 

寒暖の差が激しかったので発芽に18日もかかってしまったことは

仕方のないことですが、少し徒長気味なのか気になるところです。

 

とりあえず、ミニトマトの種が無事に発芽しましたので、

品種名からとって「シュガぽん」という愛称を付けて上げました。

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[黄金カブ] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から18日目を迎えた黄金カブの「キンタ」ですが、

本葉が二枚出ていて、いずれも双葉よりも大きくなっていました。

ペット栽培III(黄金カブ)06

 

少し見ない間に大きく生長していると嬉しくなります()

 

ようやく本葉が出てきて間もないのですが、

本葉が出る前から少し込み合っていましたので、

生育の良さそうな芽を数株残すようにして間引くことにしました。

 

'黄金カブ'の間引き作業は下記のポイントに注意し、

下図に示す手順で行いました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合を見て根元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ペット栽培III(黄金カブ)07

 

とりあえず、間引き作業は無事に終えることが出来たのですが、

他の品種に比べて芽が小さい印象を受け、

今後の生長が気になりました。

ペット栽培III(黄金カブ)08

 

まずは、「キンタ」が元気良く育ってくれることを見守りますね。

次回に続く

ペット栽培III(黄金カブ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[ほうれん草] ブログ村キーワード:生態系、葉物野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から77日目を迎えたほうれん草の「トゲちぃ」ですが、

その生長した姿を見たとき愕然としました。

 

如何せん、まさかのトウ立ちをしてしまったのですから...

ペット栽培III(ほうれん草)15

 

たしかに、寒暖の差が激しかった上に、

日当たりのよい場所に長時間置いていたのですから、

トウ立ちしないほうが不思議なことなのです。

 

「トゲちぃ」がトウ立ちしたことを知った後、

'ほうれん草'に関する情報を調べてみたところ、

ほうれん草には西洋種と東洋種の二品種があり、

西洋種である「トゲちぃ」はトウ立ちしやすい品種であることが判明。

 

このことをトウ立ちしたことの言い訳にするつもりはありませんが、

初めての'ほうれん草'栽培はほろ苦い経験をして

幕を下ろすことになりそうです。

次回に続く

ペット栽培III(ほうれん草)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  

[きゅうり] ブログ村キーワード:植林・植樹、生態系

こんばんは、M.Ishiiです。

 

いよいよ、'ミニきゅうりの種'を蒔く日がやってきました!!

 

キュウリは私の大好きな野菜ですので自然と力が入ります。

 

というわけで、今回育てる品種選びや種蒔き作業の手順を

以下に示しますので、皆さんも育ててみませんか?

次回に続く

◆「ミニきゅうり」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ミニきゅうりの種

1

378

378

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

6
(200ml使用)

炭酸飲料のペットボトル(500ml)

1

98

98

合計金額 

482

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

 

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[山東菜] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から18日目を迎えた山東菜の「サトちん」ですが、

間引きしようか悩みながら様子を見ていたところ、

本葉が双葉よりも大きくなり、さらに込み合っていました。

ペット栽培III(山東菜)10

 

本葉の数は二枚以上ありますので、

早速、生育の良さそうな芽を数株残すようにして間引きました。

 

'山東菜'の間引き作業は今回が初となりますが、

株元を指で軽く摘んでやさしく引き抜きしました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(山東菜)11

 

間引いているときにも感じたことですが、

今回の「サトちん」は「サンちゃん」のときよりも生育がよく、

間引く芽を選ぶのに苦労しました。

 

数株残した芽は葉色もいいので、

日当たりと風通しのよい場所に置いて育てるようにしているのですが、

突然の強風が吹く恐れがありますので、気を抜かずに育てます()

ペット栽培III(山東菜)12

次回に続く

ペット栽培III(山東菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[だるま大根] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から48日目を迎えただるま大根の「ダル次郎」ですが、

強風の影響により葉が折れてしまい、

少々元気のない姿となってしまいました。

ペット栽培III(だるま大根・改)13

 

そうは言っても、葉は大きくなっていますし、

肝心の根のほうも(cm)近くの太さになっており、

育つところはちゃんと育っていたのです。

 

大根の葉は栄養価が高く美味しいので、

強風の影響で葉を失うのは残念なことですが、

できる限り風の影響を受けない工夫が必要ですね。

 

宿題として考えま~す()

次回に続く

ペット栽培III(だるま大根・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  

[マリーゴールド] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

春の花栽培第三弾として始めた'マリーゴールド'ですが、

今回の栽培では下図に示す2品種の種を使って育てたいと思います。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)04

 

品種間による違いを観察するのも一つの楽しみですが、

種を見ただけでは違いがわかりません。

 

今回の栽培では'小型ペットボトル鉢'を使って育苗し、

ある程度の大きさに育った苗を'花栽培用ペットボトル鉢'に植え替え、

開花させるまで育てたいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢20_2

 

このため、各ペットボトル鉢には品種の違いが分かるように

色の付いたテープを貼って判別できるようにしました。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)05

 

まずは小型ペットボトル鉢を用いて育苗させるため、

下図に示す手順で種を蒔きました。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように水を与えること。

マリーゴールドの種蒔き作業III

 

今回の種蒔き作業に使用した'粒状の種蒔き用培養土'ですが、

普段使用している'花栽培用培養土'よりも粒が小さく、

発芽しやすくなっています。

ペット栽培III・ツール07

 

小型ペットボトル鉢に種を蒔きましたので、

あとは発芽するのを待つだけですね。

次回に続く

◆「マリーゴールド」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

マリーゴールドの種

1

157

157

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

炭酸飲料のペットボトル(500ml)

1

98

98

合計金額 

271

※ ジョウロと霧吹き、移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[サラダ水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から54日目を迎えたサラダ水菜の「ずうサラ」の近況です。

 

「ずうサラ」は一段と葉が大きくなり、

栽培管理のほうが少々厳しくなってきました。

ペット栽培III(サラダ水菜)12

 

如何せん、強風対策で簡易温室内に入れて育てているのですが、

水やりが思うようにできず、不用意に鉢を動かして

茎を折ってしまう危険性が高くなってきましたので...

 

大きく育つことは喜ばしいことですが、

「ずうサラ」を大事に育てようと思うと神経を使うものですね。

 

小さな葉が続々と出てきていますので、

今と変わらず大事に育てます()

次回に続く

ペット栽培III(サラダ水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[壬生菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から77日目を迎えた壬生菜の「ミーナ」ですが、

相変わらず、元気に育ってくれています。

ペット栽培III(壬生菜)16

 

葉の長さは15(cm)ほどになり、

株元付近からは小さな葉が出てきていて、

今後の生長が楽しみな「ミーナ」なのでした。

次回に続く

ペット栽培III(壬生菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

◆これまでのお話◆

第1話  

 

[ペチュニア] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんばんは、M.Ishiiです。

 

少しご無沙汰してしまった'ペチュニア'栽培のお話ですが、

けして小倉あんパンを食べていたわけではなく、

種蒔き作業の準備をしていました。

 

ようやく、播種時期としては相応しい気候になりましたので、

早速'ペチュニアの種'を蒔きたいと思います。

 

今回の栽培で使用する'ペチュニアの種'

本ブログによる栽培では珍しく某100円ショップで

購入した種を使いたいと思います。

花のペット栽培II(ペチュニア)04

 

'ペチュニアの種'粒が大変細かいため、

強風が吹き荒れている日における種蒔きはできません。

 

少し話を脱線しますが、'ペチュニアの種'が小倉あんパンに乗っている

つぶつぶに見えるのは私だけでしょうか?

花のペット栽培II(ペチュニア)05

 

大して受けないネタのために、

小倉あんパンを買ってきた私はバカですよね?

 

しょうもない話はここまでにして本題に戻りましょう!!

 

今回の栽培では、種粒が非常に細かいこともあり、

'小型ペットボトル鉢'を使って育苗し、ある程度の大きさに育ったら

その苗を'花栽培用ペットボトル鉢'に植え替えたいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢20_2

 

まずは育苗させることから始めたいと思いますので、

小型ペットボトル鉢に'種蒔き用培養土'を入れ、

'ペチュニアの種'を蒔きます。

ペット栽培III・ツール07

 

'ペチュニア'の種蒔き作業では注意する点がありますので、

下記を参考にして下図の手順で種を蒔いてください。

[種蒔き作業でのポイント]

・播種後にかける粒状培養土は細かく砕いたものを使うこと。

・播種後の覆土は5(mm)ほどの厚さにすること。

・発芽するまでの水やりは必ず霧吹きで行うこと。

ペチュニアの種蒔き作業

 

'ペチュニア'の種蒔き作業はほかの植物の時とは違い、

色々なところで神経を使いますので少し疲れました。

 

とりあえず、種蒔き作業を無事に終えることができたので、

先ほどのネタで使った小倉あんパンを食べてくつろぎます()

次回に続く

◆「ペチュニア」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ペチュニアの種

1

210

210

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

炭酸飲料のペットボトル(500ml)

1

98

98

合計金額 

324

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

花のペット栽培II(ペチュニア)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[本紅丸かぶ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

若干徒長気味なのが悩みの種である本紅丸かぶの「ベイニー」

栽培開始から18日目を迎えました。

 

「ベイニー」は若干草丈が伸び本葉も大きくなってきました。

ペット栽培III(本紅丸かぶ)16

 

発芽した芽が一ヵ所に集中していることが

徒長の原因の一つと考えられますが、

それよりも本葉が大きくなってきたことにより

お互いの葉が触れ合うようになってきました。

 

このため、「ベイニー」の生育を良くすることから

元気そうな芽を数株ずつ残して間引くことにしました。

 

今回の間引き作業では'ベニマル'のときと同様に、

株元付近から指で軽く摘んで引き抜いて間引きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合を見て根元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ペット栽培III(本紅丸かぶ)17

 

とりあえず、間引き作業を終えましたが、

「ベイニー」は徒長していることから増し土をして補強しました。

ペット栽培III(本紅丸かぶ)18

 

これにより少しでも大きく育ってくれることを切望します。

次回に続く

ペット栽培III(本紅丸かぶ)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

◆これまでのお話◆

第1話  

[花ニラ] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

なんだか注目度の低い'花ニラ'ですが、

地味に種を蒔きたいと思います()

 

今回使用する種はサカタのタネ社のものですが、

ネギやニラなどの種は粒の大きさや色が似ているので

見分けが付きませんよね。

ペット栽培III(花ニラ)03

 

今回の栽培で使用するペットボトル鉢ですが、

'花ニラ'は根を深く張らないことから、

'中型ペットボトル鉢'で育てることにしました。

ペット栽培III・ペット鉢12_2

 

また、使用する培養土については、

葉の生育を促進する'葉菜・香菜類用培養土'を作り、

これを使うことにしました。

 

'花ニラ'の種蒔き作業は下記のポイントを参考にし、

下図の手順で行いました。

[種蒔き作業でのポイント]

・花ニラは酸性に弱いため、

 使用する土は苦土石灰などを使って酸度調整する。

・花ニラの種は好光性種子なので、

 種蒔き後の覆土は5(mm)ほどの厚さにしておくこと。

花ニラの種蒔き作業

 

とりあえず、'花ニラ'の種蒔き作業が終わりましたが、

発芽には播種後1014かかりますので、

様子を見ながら水やりをしたいと思います。

次回に続く

ペット栽培III(花ニラ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  

[スナップえんどう] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から41日目を迎えたスナップえんどうの「スナぴん」

草丈を数(cm)伸ばし、順調に育ってくれています。

ペット栽培III(スナップえんどうR)13

 

今回の栽培では鉢の一つのエリアに一株ずつ育てていますので、

ちゃんと生長してくれるのかが心配でしたが、

ちゃんと蔓を支柱に絡ませている「スナぴん」はいい奴です。

 

栽培開始から48日目になりますと、

「スナぴん」はさらに草丈を伸ばし、葉数も増えていました。

ペット栽培III(スナップえんどうR)14

 

そして何よりも、所々に蕾らしきものができていて、

近々、白い花が咲きそうな状態になっていました。

 

ここのところ、寒暖の差が激しい上に強風が吹き荒れており、

「スナぴん」にとっては過酷な状態かもしれませんが、

なんとか生長しやすい状態を作り、サポートしたいと思います。

次回に続く

ペット栽培III(スナップえんどうR)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金