--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

05月
31

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[ペチュニア] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

本葉が少しずつ大きくなってきたペチュニアの「チュニー」

栽培開始から48日目を迎えたのですが、

本葉がさらに増え、大きくなっていたのです。

花のペット栽培II(ペチュニア)10

 

もの凄く細かな種からは想像できないほどの葉の大きさに驚きました。

 

さらに、栽培開始から55日目になりますと、

「チュニー」鉢の縁からはみ出るほど葉を大きくし、

生長の軌道に乗ったように感じました。

花のペット栽培II(ペチュニア)11

 

こんなにドデカくなるとは思わなかったのですが、

「チュニー」が元気に育つ様子を見ると嬉しくなります。

 

今度見るときはどの程度大きくなっているのかな?

【次回に続く】

花のペット栽培II(ペチュニア)03

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

05月
31

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から48日目を迎えたししピーの「シッピィ」

草丈を1(cm)ほど伸ばし、本葉も双葉より大きくなり、

順調に育っていました。

ペット栽培III(ししピー)11

 

間引いたことが逆に「シッピィ」を弱らせてしまうのではないかと

少し心配でしたが、間引きによる影響は良くも悪くもなさそうです。

 

栽培開始から55日目を迎えた「シッピィ」ですが、

草丈をさらに1(cm)以上伸ばし、葉もより大きくなっていました。

ペット栽培III(ししピー)12

 

だいぶ'ししピー'らしい株になってきた印象を受けるようになり、

今後の「シッピィ」の生長が楽しみになってきました。

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
30

◆これまでのお話◆

第1話  

[レモンバーム] ブログ村キーワード:オゾン層破壊、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

'レモンバーム'栽培を始めると言ってから2ヵ月が経過しましたが、

ようやく準備が整いましたので種蒔き作業を行いたいと思います。

 

今回の栽培で使用する種は比較的安価で購入することのできる

タキイ種苗社のものを採用しました。

ハーブのペット栽培(レモンバーム・改)04

 

'レモンバームの種'は粒が小さく、発芽するまでに

二週間程度かかることから直播きして育てることはせず、

'小型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育苗させた後、

その苗を'中型ペットボトル鉢'に植え付けたいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢13_3

 

今回の栽培では各工程において培養土を使い分けするため、

育苗時には粒の細かい'粒状の種蒔き用培養土'を使います。

ペット栽培III・ツール07

 

粒の細かい土を使用することで種と土を密着させ、

発芽しやすくします。

 

'レモンバーム'の種蒔き作業は下記のポイントに注意し、

下図に示す手順で行いました。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように水を与えること。

レモンバームの種蒔き作業II

 

とりあえず、小型ペットボトル鉢に種を蒔きましたが、

種が小さく発芽するのに日数がかかりますので、

まずは無事に発芽するように霧吹きを使って水を与えたいと思います。

次回に続く

◆「レモンバーム」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

レモンバームの種

1

210

210

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

6
(200ml使用)

炭酸飲料のペットボトル(500ml)

1

98

98

合計金額 

314

※ ジョウロと霧吹き、移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

ハーブのペット栽培(レモンバーム・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
30

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10

[スナップえんどう] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から69日目を迎えたスナップえんどうの「スナぴん」ですが、

草丈を伸ばすことなく葉数を増やし元気に育っています。

ペット栽培III(スナップえんどうR)18

 

近くに寄って見てみますと、開花した箇所には莢が付いていて、

どの莢も(cm)ほどの大きさになっていてプックリと膨らんでいました。

ペット栽培III(スナップえんどうR)19

 

莢が膨らみ始めると、市販の'スナップえんどう'のような

大きさになるまで収穫するのを頑張りがちですが、

これまで何度育ててもそのような大きさになったことはありません。

 

私がいつも愛読している園芸本にも記されていましたが、

莢は少し小さくても収穫したほうが長く収穫を楽しむことができるので、

「スナぴん」少し早めの収穫をすることにしました。

 

これまでの'スナップえんどう'栽培同様、

プックリと膨らんだ莢の付け根を園芸用ハサミで剪定し収穫。

ペット栽培III(スナップえんどうR)20

 

すると収穫量が微妙な量だったことにショックを受けました、

如何せん、今回の栽培の目的は収穫量を増やすことでしたからね...

 

とりあえず、'スナップえんどう'を収穫しましたので、

料理を作ることにしました。

 

今回は私の退院祝いというわけではありませんが、

ちらし寿司に使ってみました。

ペット栽培III(スナップえんどうR)21

 

'スナップえんどう'をちらし寿司に使ったのは初めてなのですが、

思っていたよりも食感がある分美味しく頂くことができました。

 

ところで、収穫後の「スナぴん」を見てみたところ、

蕾らしきものをみることができず、今後の収穫は微妙なところです。

 

とりあえず、様子を見たいと思いますが、

おそらく、今回の収穫を最後に「スナぴん」は勇退することになりそうです。

【ペットボトル栽培III~スナップえんどうR~ 完】

ペット栽培III(スナップえんどうR)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 ミニトマト

こんにちは、M.Ishiiです。

 

皆さんのご期待に応える形で始めた'レジナ'栽培

栽培開始から13日目を迎えました。

 

ツイン型ペットボトル鉢に種を蒔いた'レジナ'ですが、

鉢の真ん中から小さな芽を出してくれました。

ペット栽培III(レジナ・改)06

 

まだ双葉が開いて間もない'レジナの芽'は小さくてカワイらしいです。

 

無事に発芽したことを受けて、

今後は'レジナ'のことを「レジちゃん」と呼ぶことにします。

 

さらに3日が経過しますと、「レジちゃん」は双葉が大きくなり、

小さな本葉を2枚出してくれました。

ペット栽培III(レジナ・改)07

 

気温のほうは幾分低かったので「レジちゃん」の生長を心配したのですが、

少しくらい気温が低くてもちゃんと生長する根性のある奴です。

 

ところで、今回の栽培では「レジちゃん」の他に、

もう一つの鉢で育てている仲間がいます。

 

その仲間は'レジナ'の品種間による比較対象用に育てているもので、

一つの鉢で2品種のレジナを育てています。

 

一つは'レジちゃん'と同様の赤いレジナの「あかレジ」で、

もう一つは黄色いレジナの「きぃレジ」です。

ペット栽培III(レジナ・改)08

 

以前育てたときに、2品種のレジナを並べてみたら

とても綺麗だったことから、今回は一つの鉢で育てることにしました。

 

そんな比較対象用のレジナの生長を見てみたところ、

どちらも双葉が大きくなっていて、小さな本葉が出てきていました。

 

まだ、発芽して間もないこともあり、

品種間による生長の違いはありませんが、

こちらの生長も楽しみです。

次回に続く

ペット栽培III(レジナ・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[パックン丸] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

半ば諦めていたため、少し放置状態にしていた

パックン丸の「ぱくま」は栽培開始から69日目を迎えていたのですが、

汗ばむような日が続いたため葉数を増やして大きくなりました。

ペット栽培III(パックン丸)11

 

頼りなさそうな小さな株も大きく育っていて、

諦めていた私は情けなくなりました。

 

ブログ仲間のsemireyさんから貴重な種を頂いたのにね...

 

栽培開始から76日目になりますと、

「ぱくま」は一段と大きくなり、順調に育っていました。

ペット栽培III(パックン丸)12

 

大きな株の株元を少し掘り返してみたところ、

根が(cm)ほどに肥大しているのを確認できました。

ペット栽培III(パックン丸)13

 

いよいよ、「ぱくま」は立派なミニにんじんになるべく肥大を始めたので

今後の生長から目が離せなくなりました。

次回に続く

ペット栽培III(パックン丸)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
28

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[きゅうり] ブログ村キーワード:植林・植樹、生態系

こんにちは、M.Ishiiです。

 

驚かせるつもりはありませんが、

'ミニきゅうりの種'を蒔き直しました。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)08

 

あれだけ順調に育っていたミニきゅうりの「キュウ次」がどうして?と

思われた方も少なくないと思います。

 

育てている私自身も「なぜ?」と疑いなくなる気持ちはあるのですが、

時は遡り栽培開始から34日目のこと...

 

いつものように、ペットボトル菜園で育苗中の「キュウ次」

水やりをしようとしたときに問題が発覚しました。

 

「キュウ次」は神隠しにあったかのように、

苗が根こそぎ消えてしまったのです。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)09

 

これを見た瞬間、何が起きたのかが分からなかったのですが、

ペットボトル鉢の周囲を見渡すと干からびた苗が見つかりました。

 

私がキュウリ大好き人間であることはご存知の通りかと思いますが、

あまりのショックでほかの野菜への水やりができなくなるほど放心状態。

 

数日経って、「キュウ次」が消失した原因を考えてみたところ、

水のやりすぎによる根腐れか、それとも強風による影響で

契れてしまったかの二つの要因を推測できます。

 

どちらも考えられることではありますが、

実際のところ何が原因で消失してしまったかは分からず、

未だに謎です。

 

今回育苗した「キュウ次」には同じ環境で別の鉢で育苗している

'ミニきゅうり'があるのですが、「キュウ次」が存在していたら

この'ミニきゅうりの苗'と同じ大きさに育っていたので、

今頃は縦ロング型ペットボトル鉢への移植をしていたかもしれません。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)10

 

そう思うと非常に悔しいのですが、

このような摩訶不思議な悲劇を受けてもめげずに

気持ちを切り替えて新たな小型ペットボトル鉢に

'ミニきゅうりの種'を蒔いたのでした。

次回に続く

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
28

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ようやく頂花蕾が出てきた茎ブロッコリーの「ブロりん」

栽培開始から105日目を迎えたのですが、

草丈は少し伸び葉がより大きくなっていました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)18

 

そして、頂花蕾はさらに大きくなり、(cm)くらいになりました。

 

'茎ブロッコリー'は2~3(cm)の大きさになった頂花蕾を摘芯することで

脇から出る側花蕾を増やすことができますので、

摘芯するなら今でしょ!!

 

ということで、頂花蕾を園芸用ハサミで摘芯しました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)19

 

ほかの株も同様に摘芯したのですが、

摘芯した頂花蕾はお湯で茹でてマヨネーズを付けて食べました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)20

 

今回、'茎ブロッコリー'栽培の大事な作業を行いましたが、

今後、脇から側花蕾が出てきてくれるのが楽しみです。

次回に続く

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

少し早めの間引きをしたミニトマトの「シュガぽん」の近況です。

 

「シュガぽん」は栽培開始から39日目を迎え、

間引いた時の不安を払拭するように大きく育っていました。

ペット栽培III(ミニトマト)09

 

草丈は(cm)ほど伸び、本葉も双葉よりも大きくなり、

ミニトマトらしい形になってきました。

 

至って順調に生長している「シュガぽん」ですが、

栽培開始から46日目を迎えますとさらに大きく育ってくれました。

ペット栽培III(ミニトマト)10

 

草丈は(cm)近くになり、本葉は葉数を増やして大きくなり、

そして、少し茎も太くなったように感じます。

 

気温のほうは20℃を越すようになり、

「シュガぽん」にとっては育ちやすい環境になりましたから、

今後も飛躍的な生長を見せてくれることでしょう。

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[京水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

アブラムシが寄生するようになり、

丁寧な栽培管理が求められるようになった京水菜の「キョウさん」

 

この栽培は早いもので82日目を迎えたのですが、

相変わらず、「キョウさん」はワサワサと葉を茂らせ、

元気に育っていました。

ペット栽培III(京水菜)17  

 

ただ、株の大きさとしてはあまり大きくなく、

生長が緩やかな感じもします。

 

さて、「キョウさん」に付いていたアブラムシの状態が気になり、

株元付近を見てみますと依然として人目に付かないところなどに

膜を張って居座っていました。

 

「キョウさん」のようにワサワサと葉が茂るところで

アブラムシを駆除するのは骨の折れる作業です。

 

前回お伝えしたように、秘密兵器を使いたいところなのですが、

「キョウさん」の生長具合を見てみると

今後も緩やかな生長を続けそうな気配を感じるのですが、

このまま育てずに収穫してしまったほうがよさそうな気もします。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[山東菜] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

山東菜の「サトちん」は栽培開始から39日目を迎え、

大きくなった葉が一枚増えて順調に育っていました。

ペット栽培III(山東菜)17

 

汗ばむような日が続くようになり、

「サトちん」にとっても生長しやすい環境になったようです。

 

栽培開始から46日目

順調に育っているように見えた「サトちん」でしたが、

様々なところに異変が見られました。

ペット栽培III(山東菜)18

 

近くに寄って見てみますと、

一部の葉が折れてしまって腐りかけていたり、

別のところではアブラムシが付いていたのです。

 

よく見てみると、「サトちん」は日数的にそれほど大きくなっておらず、

生長に黄色信号が灯っているようでした。

 

気になるところを改善して生育を促すことは考えたいところですが、

時期的にも栽培管理が難しくなることは想像でき、

このまま育て続けても悪化させる恐れがあるため、

不本意ながら「サトちん」収穫することにしました。

 

今回収穫した'山東菜'は栽培途中ということもあり、

種袋の写真とは似ても似つかない姿ですが、

今回の栽培を教訓にして新たな環境でリスタートしたいと思います。

ペット栽培III(山東菜)19

 

収穫した'山東菜'は他の葉物野菜と一緒に調理して

味噌ラーメンにして食べました。

ペット栽培III(山東菜)20

【ペットボトル栽培III~山東菜~ 完】

ペット栽培III(山東菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  

 [正月菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から39日目を迎えた正月菜の「ショウ次」

入院前に間引いた時に比べると葉が大きくなっていましたが、

少し萎れていて元気がありませんでした。

ペット栽培III(正月菜)24

 

近くに寄って見てみますと、

大きな葉にあってはならないものを発見!!

 

そう、ハモグリバエが寄生した痕跡です。

 

葉物野菜にこのような症状が現れることは致命的でショックです。

 

栽培開始から46日目になりますと、

さらなる悲劇を目の当たりにしました。

 

ハモグリバエの寄生が拡大するだけでなく、

株元付近にアブラムシがくっ付いていたのです。

ペット栽培III(正月菜)25

 

もうWショックで「ショウ次」を育てる気が失せてしまいました()

 

このまま育て続けても悪化の一途を辿るだけだと思い、

渋々収穫することにしました。

 

「ショウ次」を収穫している時にアブラムシがボロボロ落ちてきましたが、

なんとか振り払ってザルに入れてみました。

ペット栽培III(正月菜)26

 

収穫した'正月菜'を見てみると惜しいことをしたなと思いましたが、

折角収穫しましたので具だくさん味噌ラーメンに使いました。

ペット栽培III(正月菜)27

 

何度も種を蒔き直しては育てている'正月菜'ですが、

もう少し栽培方法を考え直した上でリベンジしたいと思います。

【ペットボトル栽培III ~正月菜~ 完】

ペット栽培III(正月菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  15  

[野沢菜] ブログ村キーワード:絶滅動物、生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

入院前に間引きした野沢菜の「ノザっち」の様子が気になる今日この頃。

 

栽培開始から39日目を迎えた「ノザっち」は飛躍的に大きく育っていて、

絶不調だっただけに嬉しかったです。

ペット栽培III(野沢菜)23

 

しかし、栽培開始から46日目になりますと、

「ノザっち」に天敵のアブラムシが付いたり、

一部の葉が折れたり枯れたり

そして、葉色が黄色くなっていたのです。

ペット栽培III(野沢菜)24

 

あの大きく生長した「ノザっち」の姿は幻だったのかと

錯覚してしまいましたが、これは紛れもない現実。

 

このまま、アブラムシを駆使したり追肥したりして

育てることを考えましたが、この状況から判断して

「ノザっち」が元気に回復してさらなる生長を見せるとは思えないため、

苦渋の収穫に踏み切ることにしました。

 

今回の栽培で収穫した'野沢菜'は葉色が悪いため見栄えが悪く、

写真を撮るのも嫌になるほどでした。

ペット栽培III(野沢菜)25

 

ですが、折角収穫した'野沢菜'を廃棄するのはもったいないので、

他の葉物野菜と一緒に具だくさん味噌ラーメンにして食べました。

ペット栽培III(野沢菜)26

 

今回は残念な結果に終わってしまった'野沢菜'栽培でしたが、

栽培環境が整い次第、もう一度育てたいと思います。

【ペットボトル栽培III~野沢菜~ 完】

(ペット栽培III(野沢菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:菜園 野菜 お花

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ゴールデンウィーク前から検査入院しましたので、

一ヵ月近く病室で退屈な日々を過ごしていたことになりますが、

おかげさまを持ちまして退院することができました。

 

皆様にはご心配をお掛けしたことを申し訳なく思うのと同時に、

お気遣いを頂きましてありがとうございました。

 

今日から自宅のPCからブログを更新しますので、

引き続き、お付き合い頂きますようよろしくお願い致します。

 

さて、退屈な入院生活の中でペットボトル栽培のことを考えていました。

 

思えば、ペットボトル栽培を始めたのは7年前の4月で、

環境活動の一環として取り組んだのがキッカケでした。

 

あれから月日が流れ、不慣れな野菜作りをする中で、

園芸に関する知識やノウハウを吸収し、

少しは様になったのかなと思ったりしました。

 

今年に入り、新体制で取り組み始めたペットボトル栽培でしたが、

あまりにも多くの野菜に手をかけてしまったために、

本来なら立派に育つ野菜を育てることができず、

不完全な状態で終わらせる結果となり、反省することが多々ありました。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[マリーゴールド] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から15日目を迎えた'マリーゴールド'栽培の近況です。

 

黄色いマリーゴールドの「キィまり」双葉が大きくなり、

本葉も数枚出てきていました。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)09

 

草丈は2(cm)ほどに伸び、順調に育っているように感じます。

 

一方、橙色のマリーゴールドの「ダイまり」」は'キィまり'と同様、

大きくなった双葉の間から本葉が出ていました。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)10

 

今のところ、品種間による生長の違いは見られませんが、

今後の二品種の生長が楽しみですね。

次回に続く

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  

[パセリ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から47日目を迎えたパセリの「パセどん」

葉が大きくなり混み合ってきました。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)09

 

発芽させるまでが大変な'パセリ'ですが、

本葉がある程度の大きさに生長すると

このように大きくなるのに日数はかかりません。

 

実のところ、少し放置気味に育てている「パセどん」なのですが、

一応、今後の生育のことは気にしていますので、

混み合っているこのタイミングで少しだけ間引くことにしました。

 

今回の間引き作業では生育の良さそうな株を数株残すよいにして、

それ以外の株は株元付近から指で軽く摘んでやさしく引き抜きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)10

 

今回の間引き作業を終えた結果、

3株の元気の良さそうな'パセリ'が残りました。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)11

 

今後はこの株を大事に育てるようにして、

一日も早く収穫したいですね。

次回に続く

ハーブのペット栽培(パセリ・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
23

◆これまでのお話◆

第1話  

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 ミニトマト

こんにちは、M.Ishiiです。

 

皆さんのご期待に応えて始めた'レジナ'栽培ですが、

早速、'レジナの種'を蒔きたいと思います!!

 

'レジナ'は草丈1520(cm)ほどの持ち運びしやすいミニトマトなので、

観賞用として育てるのも楽しいかもしれません。

 

というわけで、今回育てる品種選びや種蒔き作業の手順については

以下に示しますので皆さんも育ててみては如何でしょうか?

次回に続く

◆「レジナ」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

レジナの種

1

378

378

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

6
(200ml使用)

天然水のペットボトル(2L)

2

88

176

合計金額 

482

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

 

ペット栽培III(レジナ・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
23

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  

[花ニラ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

花ニラの「テンちゃん」は栽培開始から32日目を迎え、

相変わらず、地味な生長を続けていました。

ペット栽培III(花ニラ)07

 

蒔いた種の半数近くが発芽しましたが、

これらはみな、葉数を2本に増やしていました。

 

栽培開始から39日目になりますと葉の長さが1213(cm)ほどに伸び、

一株から出る葉数も2~3枚に増えており、

順調に育っているように感じました。

ペット栽培III(花ニラ)08

 

「テンちゃん」は地味な生長を見せていますので

近くに寄って見ないと分からないのですが、

ちゃんと生長しているようですので安心できます。

次回に続く

ペット栽培III(花ニラ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
22

◆これまでのお話◆

第1話  

[バーベナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 花栽培

こんにちは、M.Ishiiです。

 

久しぶりに「家族愛」の花言葉を持つ'バーベナ'栽培のお話をしますが、

けして忘れていた訳ではなく、ブログに公開するネタがたくさんあって

なかなか更新することができずにいました。スミマセン。

 

さて、'バーベナ'の播種時期としては今が適期ですので、

早速、種を蒔くことにしました。

 

今回の栽培で使用する'バーベナの種'

サカタのタネ社の'バーベナ ベスタミックス'という品種で、

その名から想像できるとおり混合種ですので、

何色のお花が咲くのかは育ててみないと分かりません。

花のペット栽培II(バーベナ)03

 

今回の栽培で使用する'バーベナ'の種粒は細かいこともあり、

'小型ペットボトル鉢'を用いて育苗させ、

ある程度の大きさに育った苗を'花栽培用ペットボトル鉢'に植え付け、

キレイなお花を咲かせてみたいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢20_2

 

まずは育苗させるところから始めますので、

小型ペットボトル鉢に'種蒔き用培養土'を入れ、

'バーベナの種'を蒔いてみました。

ペット栽培III・ツール07

 

'バーベナ'の種蒔き作業では注意する点がありますので、

下記をご参考の上、下図の手順で種を蒔いて下さい。

[種蒔き作業でのポイント]

・播種後にかける粒状培養土は細かく砕いたものを使うこと。

・播種後の覆土は5(mm)ほどの厚さにすること。

・発芽するまでの水やりは必ず霧吹きで行うこと。

バーベナの種蒔き作業

 

とりあえず、種蒔き作業を無事に終えることができて

ホッとしたいところですが、発芽するまでは霧吹きを使って

水やりを念入りにやる必要があります。

 

'バーベナの種'を蒔いていたときに愛称が閃きまして、

発芽する前から早々と決めてしまいました。

 

気になる'バーベナ'の愛称は「ベナちゃん」です()

次回に続く

◆「ペチュニア」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

バーベナの種

1

210

210

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

炭酸飲料のペットボトル(500ml)

1

98

98

合計金額 

324

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

花のペット栽培II(バーベナ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
22

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から91日目を迎えた茎ブロッコリーの「ブロりん」の近況です。

 

「ブロりん」は草丈の目立った伸びを見ることができませんでしたが、

葉のほうの生長が顕著に現れ、葉数が倍近くに増え、

一枚一枚の葉が大きくなっていました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)16

 

一週間でここまで葉数を増やすことは想像しておらず、

葉だけでなく草丈のほうも生長してもらいたいものです。

 

栽培開始から98日目

「ブロりん」は私の願いが通じたのか草丈を数(cm)伸ばし、

葉も数を増して大きくなっていました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)17

 

しかも、「ブロりん」の生長の変化はこれだけではなく、

近くに寄って見てみたところ、待望の花蕾が出ていたのです。

 

「ブロりん」の草丈からは想像できませんでしたが、

花蕾が出てきたということはそろそろ'アレ'をやらないといけませんね。

次回に続く

ペット栽培III(茎ブロッコリー・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
21

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[きゅうり] ブログ村キーワード:植林・植樹、生態系

こんにちは、M.Ishiiです。

 

今年は寒暖の差が激しく、野菜作りが例年よりシビアな感じがします。

 

栽培開始からちょうど20日目を迎えた

ミニきゅうりの「キュウ次」も例外ではなく、

この激しい気温差に翻弄されています。

 

一週間前に双葉を二枚開いていましたので、

例年なら既に本葉を二枚ほど出している頃なのですが、

「キュウ次」はそのようにはならず、双葉が微妙に大きくなり、

本葉が出てきそうな状態にあったのです。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)06

 

やはり、例年よりも気温が低かったことから

「キュウ次」は大きくなれずにいたのでしょう。

 

栽培開始から27日目を迎え、肌寒い日々から一転して

汗ばむような陽気に変わりました。

 

この激しい寒暖の差は我々人間にとっても体に負担がかかり、

風邪を惹きやすい状態かと思います。

 

しかし、「キュウ次」にとっては生長しやすい気候となりましたので、

それを裏付けるように本葉が双葉よりも大きくなり、

さらにもう一枚の本葉も出てきていました。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)07

 

'ミニきゅうり'は意外とデリケートな野菜ですので、

激しい寒暖差は歓迎しないのですが、

今後は極端に冷え込むようなことはなさそうですので、

立派な苗を育てて植え付けにたどり着きたいものです。

次回に続く

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
21

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[ガーデンレタス] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ガーデンレタスの「オッくん」は栽培開始から69日目を迎えました。

 

一株に間引いてから緩やかな生長見せていた「オッくん」でしたが、

この日は違って、ハッキリと分かるくらいに大きく育っていました。

ペット栽培III(ガーデンレタス)17

 

葉数も数枚増えたみたいで、

いい感じに生長してくれてニンマリ。

 

栽培開始から76日目になりますと、「オッくん」さらに大きくなり、

縮れたチマサンチュかと思ってしまいました。

ペット栽培III(ガーデンレタス)18

 

ここにきて急に大きくなり出した「オッくん」はさらなる生長が期待でき、

栽培当初は大株にして収穫しようかと思ったのですが、

チビチビと葉を収穫したほうがよいのか迷っています。

次回に続く

ペット栽培III(ガーデンレタス)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
20

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

こんにちは、M.Ishiiです。

 

ミニトマトの「シュガぽん」は栽培開始から32日目を迎え、

小さかった本葉が大きくなりトマトらしい形になってきました。

ペット栽培III(ミニトマト)06

 

株そのものは小さいのですが、

それぞれの芽が鉢の中央に集中して出ているため、

今後の生長を考えたときに、この時期に間引いたほうがよいと思い、

少し早めの間引き作業を行うことにしました。

 

今回の間引き作業では本葉が二枚出ていて元気そうな株を残し、

それ以外の株を指で軽く摘んで引き抜きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(ミニトマト)07

 

間引いた「シュガぽん」草丈が数(cm)と小さくてカワイらしく、

まだ、時折強い風が吹くときがありますので

この芽を大事に育てたいと思います。

ペット栽培III(ミニトマト)08

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
20

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[京水菜] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から68日目を迎えた京水菜の「キョウさん」

'サラダ水菜'ほど株は大きくありませんが、

葉数が増えてワサワサと茂っていました。

ペット栽培III(京水菜)15

 

順調に生長していると思われた「キョウさん」でしたが、

株元付近を見てみると付いてほしくないアイツの姿が…。

 

そう、宿敵のアブラムシです。

 

この場には応急処置できるものがありませんでしたので

手で潰して駆除しました。

 

栽培開始から75日目になりますと、

「キョウさん」は葉が横になって萎れてしまい、

少し元気がありませんでした。

ペット栽培III(京水菜)16

 

アブラムシの被害を受けている可能性があると思い、

株元付近を念入れに調べてみるとまだまだアイツが暴れていました。

 

しかも、この日に見たアブラムシは少し大きく生長したみたいで、

きちんとした処理が必要のようです。

 

アブラムシがウジャウジャと出てきていましたので、

今年もあの秘密の出番がやってきたようですね。

次回に続く

ペット栽培III(京水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
19

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から41日目を迎えたししピーの「シッピィ」ですが、

本葉が双葉と同じくらいの大きさになり、順調に育ってくれています。

ペット栽培III(ししピー)08

 

それぞれの芽が鉢の中央に密集していることもあり、

大きくなった葉が触れ合うようになり、混み合ってきました。

 

このまま放置してしまうと順調に育っている

「シッピィ」の生育が悪くなりますので、

元気そうな芽を一株残して間引くことにしました。

 

今回の栽培における間引きでは生育の悪そうな芽の株元付近を

指で軽く摘んでやさしく引き抜きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(ししピー)09

 

今回の間引きで残した「シッピィ」はすっきりとして風通しがよくなり、

土の栄養分を奪い合う心配もなくなりましたので、

今後の生長が楽しみです。

ペット栽培III(ししピー)10

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
18

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

 

おはようございます、M.Ishiiです。

 

サラダ水菜の「ずうサラ」は栽培開始から68日目を迎えたのですが、

一段と葉数が増えワサワサと茂っています。

ペット栽培III(サラダ水菜)14

 

株が日を追うごとに大きくなり、

ちょっとしたことで茎が折れそうな気がして

鉢を動かすのは慎重になってしまいます。

 

栽培開始から75日目になりますと、

「ずうサラ」さらに株を一回り大きくし、

葉が鉢を被い隠すようになってしまいました。

ペット栽培III(サラダ水菜)15

 

おまえは妖怪かとツッコミを入れたくなってしまう「ずうサラ」ですが、

一枚の葉の長さは20(cm)以上ありそうですので

もう少しで収穫できるかもしれませんね。

次回に続く

ペット栽培III(サラダ水菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
17

[チャイブ] ブログ村キーワード:LED、太陽光発電、風力発電

こんにちは、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ハーブのペット栽培(チャイブ)01

 

前回、ちょっとした料理に使えるほどの量を収穫した、

チャイブの「チャビくん」は再び寂しい姿に戻ってしまったジョ。

 

そんな「チャビくん」は栽培開始からちょうど340日目を迎え、

早くも葉が(cm)ほど伸びていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)50

 

さすが、'チャイブ'の葉は再生が早いから、

「チャビくん」はワサワサの状態になるべく

活発な生長を見せ始めたようだジョ()

 

栽培開始から344日目

「チャビくん」は葉をさらに伸ばし、

目測で10(cm)を軽く越す長さになっていたジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)51

 

さらに、栽培開始から351日目になると、

「チャビくん」20(cm)ほどの長さに葉を伸ばし、

再生の勢いが止まることを知らない状態になっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)52

 

わずか二週間ほどの間にここまで葉を再生することができたのは、

やはり、ポカポカ陽気が続いたことによるもので、

今後も汗ばむような日が続くことを考えると

「チャビくん」はどこまで伸びるのかすんごく気になるジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

05月
17

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  

[ペチュニア] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

(mm)もない極小な種から発芽したペチュニアの「チュニー」

栽培開始から34日目を迎えていました。

 

無事に発芽してくれてもまだ小さな芽ですので、

水やりには気を使う場面があるのですが、

その甲斐があってなのか小さな本葉を数枚出してくれました。

花のペット栽培II(ペチュニア)08

 

大きさにして(mm)あるかどうかという

プチサイズの本葉に癒されています()

 

栽培開始から41日目になりますと、

「チュニー」一段と葉を大きくし、順調に育ってくれていました。

花のペット栽培II(ペチュニア)09

 

後から出た芽は続々と自然消滅してしまっているのですが、

自然消滅した芽の分も含め、「チュニー」が元気に育っておくれよ!!

次回に続く

花のペット栽培II(ペチュニア)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
17

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[山東菜] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から32日目を迎えた山東菜の「サトちん」は、

ポカポカ陽気が続いていることもありますが、

葉が想像していたよりも早く大きくなり、

株同士が触れ合うようになっていました。

ペット栽培III(山東菜)14

 

二度目の間引きはまだまだ先のことだろうと思っていたので、

「サトちん」の生長ぶりには感服します。

 

葉が触れ合っていましたので、

元気そうな株を一株残して間引くことに...

 

今回の間引きでは一回目の時と同様に株元付近を指で軽く摘んで

やさしく引き抜きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(山東菜)15

 

今回の間引き作業で残った株は葉が大きく鉢から出ており、

株元付近からは小さな葉も出ていて、今後の生長が楽しみです。

ペット栽培III(山東菜)16

次回に続く

ペット栽培III(山東菜)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
16

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[ニンジン] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

 

栽培開始から62日目を迎えたニンジンの「キャロっち」ですが、

葉が一段と大きくなり根の肥大も進んでおり、順調に育っています。

ペット栽培III(ニンジン)13

 

栽培開始から69日目になりますとさらに葉が大きくなり、

順調に育っているように見えましたが、

強風の影響を受けてしまったのか、葉の一部が折れていました。

ペット栽培III(ニンジン)14

 

一番大きかった葉の茎が折れてしまったことはショックで、

写真を撮る際にもバランスが悪くなり、大変残念でなりません。

 

とはいえ、根の肥大のほうはさらに進み、

目測で1(cm)の太さとなりましたのでよいことにしました。

 

根のほうが太く育ってくれることが大事ですからね()

次回に続く

ペット栽培III(ニンジン)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金