--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
31

[作付け計画] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 計画

こんばんは、M.Ishiiです。

 

早いもので8月も今日で終わり、明日から9月になります。

 

以前に比べると涼しくなったように感じますが、

まだまだ厳しい残暑は続きそうですので、お体にはお気をつけ下さい。

 

さて、月が変わりますので作付け計画表を更新しました。

ペットボトル栽培計画2013年09月

[画像クリックで拡大します]

 

上図をご覧の通り、現在栽培中の野菜たちは収穫期を迎えており、

9月いっぱいで終了となるものが大半を占めております。

 

これに伴い、新たに作付けする野菜が続々と出てくることになりますが、

既に告知しているとおり、本ブログで公開する野菜も少なくなり、

新ブログに移行することになります。

 

今後育てる野菜の多くは葉物野菜ですが、

根菜類も小カブ以外にももう一種類くらいはやりたいと考えています。

 

本ブログで公開する野菜は数を数えるほどしかありませんが、

これらの野菜が無事に収穫を果たすまでは引き続きお伝えしますので、

楽しみにしていて下さい。

 

と言ったところでみなさんには恐縮致しますが、

9月1日から少しの間、お休みをさせて頂きます。

 

以前からご心配頂いている体調面のことだけでなく、

PC・通信環境、および新ブログの整備等に日数を要するため、

皆さんにはご迷惑をお掛け致します。

 

新ブログは当初アメブロで運用する予定でしたが、

予期せぬトラブル発生に伴い、ブログサービスを以前使用していた

ライブドアブログにて運用することになりました。

 

本ブログの更新は一時的にお休みしますが、

再開した暁にはそれまでに書き貯めた記事をまとめて公開しますので、

楽しみにお待ち頂けると嬉しいです。

 

いつもながら、ご心配とご迷惑をお掛けしておりますが、

ご理解のほどよろしくお願い致します。

2013.08.31

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

08月
31

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

初収穫を果たしたミニトマトの「シュガぽん」

栽培開始から144日目を迎えたのですが、

以前までとは違ってスッキリした姿になりました。

ペット栽培III(ミニトマト)40

 

実のところ、これまでの「シュガぽん」は

枝葉がワサワサとしていて強風の抵抗を受けやすかったのですが、

これを解消するべく、可能な範囲で支柱に誘引したのです。

 

枝葉を誘引したことで「シュガぽん」の栽培管理は楽になり、

日光も入りやすくなりますので今後の生長にプラスとなると思います。

 

そんな「シュガぽん」は株元付近の第1果房になる実が熟し始め、

そのほかの果房には小さな実を着けているものや開花しそうな蕾があり、

今後の生長が楽しみです。

ペット栽培III(ミニトマト)41

 

「シュガぽん」の中間部には今回も赤く熟した実がなっており、

これから熟す実や実を着けるものも見られました。

ペット栽培III(ミニトマト)42

 

上端部に目をやりますと、あちらこちらと続々と新たな蕾ができ、

黄色い花が咲いているものや小さな実を着けているものがありました。

ペット栽培III(ミニトマト)43

 

今後の生長が益々楽しみになってきた「シュガぽん」なのでした。

 

とりあえず、赤く熟した実を収穫してみたのですが、

思っていたよりもたくさん収穫することができ、

テンションが上がりました

ペット栽培III(ミニトマト)44

 

如何せん、収穫した実の一部には房採りしたものがありましたので...

 

これだけたくさん収穫できますと、

料理の付け合わせより何らかの料理に使ったほうが良さそうですね。

 

というわけで、今回は収穫した'ミニトマト'を使った

ナポリタンを作ってみました。

ペット栽培III(ミニトマト)45

 

収穫した'ミニトマト'は程良い酸味と甘みがあるため、

ナポリタンに活かされていて美味しかったです。

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
30

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

蕾が膨らみ始めてきた「エダマメ」

栽培開始から37日目を迎えました。

 

草丈の伸びは少し落ち着いてきましたが、

それでも(cm)近く伸びていました。

ペット栽培III(エダマメR)21

 

本葉のほうはさらに増えたように感じ、

所々に莢が着いているのを確認できます。

ペット栽培III(エダマメR)22

 

近くに寄って見てみますと、

膨らんだ蕾からは小さな白い花が咲いており、

莢も少し膨らんでいるように感じます。

 

ところで、「エダマメ」の根には根粒菌と呼ばれる微生物がたくさん存在し、

エダマメの光合成によって作り出した物質をもらい、

その代わりに土に含まれる窒素を作り、エダマメの生長を促しています。

 

このため、'エダマメ'栽培には追肥をする必要がないのですが、

ペットボトル栽培の場合、土内に含まれる栄養分は限られ

不足しがちになりますので、蕾から花が咲き始めた頃を目安に、

リン酸系肥料を一摘み与えるようにします。

 

栽培開始から44日目になりますと、

「エダマメ」草丈をさらに数(cm)伸ばし、

元気に育っていました。

ペット栽培III(エダマメR)23

 

また、若干葉数が少なくなったように感じますが、

肝心の莢は順調に数を増やし、微妙に膨らんできました。

ペット栽培III(エダマメR)24

 

今後の「エダマメ」の生長から目が離せませんね。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
29

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 ミニトマト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から117日目を迎えた比較対象用の'レジナ'は、

立て続けに収穫してしまったためにその後に続く実が着いてくれず、

なんとも寂しい姿になってしまいました。

ペット栽培III(レジナ・改)62

 

とは言っても、1.5(cm)ほどの大きさになる実はポツポツと熟しており、

一般的なレジナの「あかレジ」と黄色いレジナの「きぃレジ」

しっかりといい仕事をしてくれています()

ペット栽培III(レジナ・改)63

 

収穫できそうな実は数少ないですが、

それぞれの色に熟していますので収穫しました。

ペット栽培III(レジナ・改)64

 

この日に収穫したレジナは赤い実を5つ、黄色い実を2つと

これまででもっとも少ない量でした。

 

このため、これらの実は次の収穫まで冷蔵庫に保存しました。

心ひとつに キャンドルナイト

08月
28

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  15  16  

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から153日目を迎えたししピーの「シッピィ」ですが、

草丈をさらに十数(cm)伸ばし、枝数も増えていました。

ペット栽培III(ししピー)35

 

既に、「シッピィ」は支柱の上端を30(cm)近く越えていましたので、

少し長めの支柱に差し替えました。

 

そんな順調に生長する「シッピィ」新芽が続々と出てきており、

開花しているものやこれから開花する蕾を見られるようになりました。

ペット栽培III(ししピー)36

 

「シッピィ」の上端部を近くに寄って見てみますと、

中間部と同様、小さな蕾がたくさん出てきていて、

その一部からは白い花が咲いていました。

ペット栽培III(ししピー)37

 

これまでのような鬼の暑さは和らぎ、

「シッピィ」にとって生長しやすい気候になってきましたので、

開花した蕾が着果することを期待します。

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
27

[黄花コスモス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

おはようございます、M.Ishiiです。

 

まずまずのスタートを切ることができた「黄花コスモス」

栽培開始から13日目を迎えました。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)10

 

「黄花コスモス」は草丈を数(cm)伸ばし、

順調に生長しているようです。

 

が、近くに寄って見てみますと、

一部の芽は水やりの際に種が流されたのか、

株間が(mm)ほどに狭まっていたのです。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)11

 

このような状態は徒長の原因になりますので、

早めの間引きがひつようになります。

 

本来、「黄花コスモス」の間引きは草丈10(cm)程度で、

本葉を数枚着ける頃を目安に行うのですが、

今回は特例として、株間を2(cm)開けるように間引くことにしました。

 

間引く際は生育の悪そうな芽の株元に園芸用ハサミを入れ剪定します。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)12

 

こうして間引いた「黄花コスモス」

ひょろっとして頼りなさを感じますが、

しっかりと根付いてくれさえすれば真っ直ぐに伸びてくれますので、

今は我慢のしどころのようですね。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)13

 

最後に、黄花コスモスの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)07

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
27

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  

[ジャンビーノ] ブログ村キーワード:食物連鎖、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から107日目を迎えたつるなしインゲンの「ビノっち」ですが、

生長の変化は見られず、元気に育っているように感じます。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)45

 

近くに寄って見てみたのですが、

相変わらず、ピンク色をしたカワイらしいお花は健在で、

その近くには小さな莢がたくさん着いていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)46

 

定期的に追肥を行っていることもあり、

莢付きがよくなったように感じますが、

これらの莢が大きくならずにいるのは心配なところ。

 

せっかく莢をたくさん着けてくれましたので、

これらが大きく育ち、収穫できるといいのですが...

次回に続く

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
26

[バジル] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ハーブ

おはようございます、M.Ishiiです。

 

中型ペットボトル鉢に植付けた「バジル」は栽培開始から32日目を迎え、

草丈が10(cm)ほどに伸び、葉数もさらに増えて順調に育っています。

ハーブのペット栽培(バジルR)23

 

植付けた時からしっかりと根付き、

新しい環境に馴染んでくれるかが心配でしたが、

これだけ大きく生長していますので大丈夫でしょう。

 

さらに、栽培開始から39日目になりますと、

「バジル」はさらに草丈を倍近くに伸ばし、葉数も倍に増えていました。

ハーブのペット栽培(バジルR)24

 

見た目には少しヒョロッとして頼りなさそうに感じます。

 

が、草丈と葉は順調に生長しており、

葉数をさらに増やすことを考えますと摘心したほうが良さそうです。

 

摘心する目安は草丈1520(cm)で本葉8枚程度とされていますので、

今の「バジル」はこの条件に当てハマるのです。

 

よって、株元から枝を数えて3~4本目のところを剪定します。

ハーブのペット栽培(バジルR)25

 

今回は上図の点線部分に園芸用ハサミを入れ、摘心しました。

ハーブのペット栽培(バジルR)26

 

結果としてバッサリと剪定しましたので可哀想な気もしたのですが、

この鬼のような手入れが後々よい結果を導くことになります。

ハーブのペット栽培(バジルR)27

 

最後に、バジルの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ハーブのペット栽培(バジルR)07

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  

[きゅうり] ブログ村キーワード:植林・植樹、生態系

こんばんは、M.Ishiiです。

 

収穫間近に迫ったミニきゅうりの「キュウ三」

栽培開始から46日目を迎えていました。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)28

 

「キュウ三」はさらに草丈を伸ばし、

株の先端に大きな葉がたくさん着いていました。

 

さて、「キュウ三」を近くに寄って見てみたところ、

新たに着けた実に黄色い花が咲いているものを多く見るようになり、

既に着いていた実は一段と大きくなっていました。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)29

 

中には長さ10(cm)太さ1.5(cm)ほどの実まであったのです。

 

この程度の大きさであれば十分収穫することができますので、

早速、収穫することに...

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)30

 

収穫できそうな'ミニきゅうり'は他の鉢のものを含め

園芸用ハサミを使って収穫してみたところ、

5本も収穫することができました。

 

ペットボトルで'ミニきゅうり'を育てることはできないと思った貴方、

キュウリ栽培のテクニシャン(自称)である私に土下座して下さい()

 

今回収穫した'ミニきゅうり'の使い道は後ほどお伝えするとして、

「キュウ三」の上端部を見てみたところ、

キュウリタワーの先端を10(cm)近く越える位置まで伸びており、

この先の行き場がない状態でした。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)31

 

このため、今後は「キュウ三」の生長を見ながら

下に垂らして育てたいと思います。

 

とはいっても、キュウリタワーの支柱に誘引させますけどね。

 

それではお待ちかねの収穫した'ミニきゅうり'の使い道ですが、

今回初めて初めてにしては収穫量が多かったため、

一本は味噌を付けてかぶりつき、

残りは全て冷やしジャージャー麺に使いました。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)32

 

収穫して間もない'ミニきゅうり'は甘みがあり、

瑞々しくて美味しかったです。

次回に続く

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

一回目の間引きを終えてから一週間が経過した「芽キャベツ」栽培ですが、

その後、草丈を1(cm)ほど伸ばし、本葉も2枚着いていました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)15

 

「芽キャベツ」は今のところ順調に生長しているようで、

二回目の間引きの条件をクリアしています。

 

このため、生育の悪そうな芽を一株間引くことにしました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)16

 

生育のよい株を一株残した「芽キャベツ」ですが、

徒長はしていないもののちょっとした風に煽られて、

株を傷めてしまう恐れがあります。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)17

 

よって、下図に示す道具を使って支柱を立てることにしました。

【用意するもの】

芽キャベツの鉢、割り箸(長さ15cm)、麻ヒモ、ガーゼ

ペット栽培III(芽キャベツ・改)18

 

【支柱立て作業手順】

ペット栽培III(芽キャベツ・改)19

ペットボトル鉢の3箇所に「割り箸」を挿し入れる。

 

ペット栽培III(芽キャベツ・改)20

割り箸を立てた後ペットボトル鉢にガーゼを被せ、

風に飛ばされないように麻ヒモで結びます。

 

この作業は防虫対策として施すもので、

本来は寒冷紗を用いるところを安価で購入できるガーゼで代用しました。

 

ガーゼを被せ麻ヒモで固定したら支柱立て作業は完了です。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)21

 

ガーゼを被せた「芽キャベツの鉢」は下図に示すようなトレイに入れ、

日当たりのよい場所に置いて育てるようにします。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)22

 

最後に、芽キャベツの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から137日目を迎えたミニトマトの「シュガぽん」ですが、

ここにきて、草丈をさらに10(cm)近く伸ばしていましたが、

葉のほうは若干少なくなり寂しく感じます。

ペット栽培III(ミニトマト)35

 

そうは言っても、肝心の実のほうは赤く熟しているようで、

なんとか育っているようです。

 

近くに寄って見てみますと、

株元付近にある第一果房の実は1.5(cm)ほどの大きさになり、

近々熟しそうな気配を感じました。

ペット栽培III(ミニトマト)36

 

株の中間部を見てみますと、第2果房になる実は真っ赤に熟し

第3果房の一部の実も熟していました。

ペット栽培III(ミニトマト)37

 

第3果房には赤く熟しそうな実もあり、

今後の収穫が楽しみです。

 

最後に、株の上端部にある第4~第6果房には

(cm)強の実が鈴なりになっており、

新たにできた第7果房には黄色い花が咲いており、

着果が期待される状態にありました。

ペット栽培III(ミニトマト)38

 

今後も、「シュガぽん」の生長から目を離せない日は続きそうです。

 

というわけで、今回は第2果房と第3果房に熟した実を収穫しました。

ペット栽培III(ミニトマト)39

 

今回収穫した'ミニトマト'は一般的なミニトマトより小さく、

サクランボのようにカワイらしいです。

 

こんなに小さいとちょっとした料理の付け合わせに使うのは

無理ですので、そのまま食べてしまいました。

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
23

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  15  

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から148日目を迎えたししピーの「シッピィ」ですが、

さらに草丈を数(cm)伸ばし、葉数も倍近くに増えてワサワサです。

ペット栽培III(ししピー)33

 

定期的に追肥しているとはいえ、

ここまで葉がワサワサと茂ってしまうと、

肝心の実のほうに栄養が行き渡らず心配になります。

 

そんな「シッピィ」を近くに寄って見てみますと、

続々と白い花が咲くようになり、新たな蕾も出てきていました。

ペット栽培III(ししピー)34

 

順調に育っているように見える「シッピィ」ですが、

一番果を摘心してからというものの

開花した花が着果せずに落ちてしまうことが多く、

しばらくは収穫から遠ざかりそうな予感がします。

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
22

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 ミニトマト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から110日目を迎えた比較対象用に育てているレジナですが、

株の大きさに変化はなく、赤と黄色に熟した実が目立っていました。

ペット栽培III(レジナ・改)57

 

一般的なレジナの「あかレジ」は青かった実のほとんどが赤く熟し

葉をかき分けると(cm)大の実が鈴なりになっていました。

ペット栽培III(レジナ・改)58

 

一方、黄色いレジナの「きぃレジ」黄色く熟した実が多く

まだ熟していない実はあまりありませんでした。

ペット栽培III(レジナ・改)59

 

いずれにしても、この栽培の最大の目的である

赤と黄色のレジナを同時に収穫することが実現したのです。

 

収穫する前に二種類のレジナを見比べてみたのですが、

「あかレジ」「きぃレジ」よりも実が大きく、

葉に覆われていた中でよく大きく生長したものと感動しました。

ペット栽培III(レジナ・改)60

 

赤と黄色のレジナを並べるととてもキレイなので、

収穫するのが惜しくなります。

 

でも、せっかく育ったのですから収穫しちゃいました()

 

今回はどちらの実もたくさん収穫することができました。

 

早速、収穫した'レジナ'を食べてみたところ、

炭酸水栽培の効果からなのか甘くてジューシーで、

まるでフルーツトマトを食べているようでした。

 

このため、揚げ物の付け合わせに使って食べる機会が増えました。

ペット栽培III(レジナ・改)61

 

二種類のレジナにはまだまだ収穫予備群といえる実が着いており、

もうしばらくしたら再び収穫を楽しめるかもしれません。

次回に続く

ペット栽培III(レジナ・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
21

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  

[ジャンビーノ] ブログ村キーワード:食物連鎖、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

この栽培も早いもので100日目という節目を迎えました。

 

つるなしインゲンの「ビノっち」は衰えることなく

元気に育っています。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)45

 

ですが、ここのところ目立った生長を見せないのが悩みどころ。

 

近くに寄って見てみますと、

ピンク色をしたカワイい花が咲き、莢も鈴なりになっています。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)46

 

ところが、咲いた花の半数は強風で飛ばされてしまい、

莢もなかなか大きくなれずにいて、いつになったら収穫できるのかと

シビレを切らしているのです。

 

定期的に追肥をしているので肥料不足になることはなく、

絶えず新たな蕾を着けてくれているのですが、

これらがちゃんと育ってくれないと困りますね。

次回に続く

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
20

[黄花コスモス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

おはようございます、M.Ishiiです。

 

花栽培用中型ペットボトル鉢に種を蒔いてから5日目を迎え、

「黄花コスモス」は早くも小さな芽を出してくれました。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)08

 

まだ2箇所からしか発芽していませんが、

まだ目安となる発芽日数を過ぎているわけではありませんので、

気長に待つことにしましょう。

 

栽培開始から11日目になり「黄花コスモス」の様子を見てみますと、

発芽した芽はさらに増え、それぞれの芽からは本葉が出ていました。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)09

 

順調に育っているように見えますが、

実際には蒔いた種の2/3しか発芽しておらず、

残りの種は不発に終わってしまったようです。

 

最後に、黄花コスモスの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)07

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
20

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[パセリ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

一部の枯れ葉を手入れしたパセリの「パセどん」

栽培開始からちょうど130日目を迎えました。

 

「パセどん」は手入れしてから葉数を増やし

草丈も少し伸びて順調に育っているようです。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)30

 

ただでさえ葉数が少ない中での手入れをしたため、

一株に着く葉数が1~2枚だったことから、

「パセどん」の生長が心配されましたが、

思っていたよりも葉数が増えていたので安心しました。

 

栽培開始から152日目になりますと、

「パセどん」草丈を数(cm)伸ばし葉も少し大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)31

 

ただ、厳しい暑さの中で育てていることもあり、

葉焼けしているものが見受けられました。

 

このため、大きさとしてはもう少し伸ばしてからの収穫を

考えていたのですが、今後の「パセどん」の生育のことを考え、

少し早めの収穫をしました。

 

今回で三度目となる収穫ですが、

これまでと同様、一株に数枚の葉を残すようにして収穫しました。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)32

 

今回収穫した'パセリ'は乾燥パセリにして

チャーハンに振りかけました。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)33

 

相変わらず、小降りの葉を収穫している状況が続いていますが、

そろそろ一般的なサイズのパセリを収穫したいものです。

ハーブのペット栽培(パセリ・改)34

次回に続く

ハーブのペット栽培(パセリ・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
19

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  

[きゅうり] ブログ村キーワード:植林・植樹、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から39日目を迎えたミニきゅうりの「キュウ三」

劇的に大きく生長し、写真撮影泣かせな姿に仰天です。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)25

 

たったの8日間で草丈を軽く1()越えですから、

ある意味で恐ろしい奴です()

 

いやいや、大のキュウリ好きである私の照れから

この様なことを書いてしまいましたが、

本当のところはムチャクチャ嬉しくてテンションが上がっているのです。

 

そんな生長な「キュウ三」ですが、

近くに寄って見てみますとさらにアゲアゲになることが...

 

それは「キュウ三」の脇芽から小さな実を着けていて、

一部の実には黄色い花が咲いているものがあったのです。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)26

 

また、「キュウ三」の上端部はキュウリタワーの先端に届きそうな状態で、

今にも蔓を伸ばして到達しそうです。

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)27

 

言うまでもなく順調に育っていますので、

この調子でしっかりと水やりと追肥を続けていれば

これらの実は間違いなく収穫できる大きさに生長します。

 

ミニきゅうり栽培のテクニシャン(自称)である

私が言うのですから間違いない!!

次回に続く

ペット栽培III(ミニきゅうり・改)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
17

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

蒔いた種全てから発芽したことを確認した翌日のこと。

 

「芽キャベツ」草丈を2(cm)に伸ばし、

双葉がきれいに開いていました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)12

 

「芽キャベツ」が発芽した時にもお伝えしたように間引きは二回行い、

最初の一回目は双葉が開いた時に行います。

 

発芽して間もない「芽キャベツの芽」ですが、

生育の良さそうな株を2株残すようにし、

間引く芽を株元から園芸用ハサミで剪定しました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)13

 

少々可哀想な気もしたのですが、

今回の間引きにより、「芽キャベツ」の生育はよくなると思います。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)14

 

二回目の間引きは本葉を2~3枚出てきた頃を目安に行います。

 

最後に、芽キャベツの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
17

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  

[花ニラ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から132日目を迎えた花ニラの「テンちゃん」ですが、

以前よりも葉数が増え、それぞれの葉がさらに伸びたように感じます。

ペット栽培III(花ニラ)16

 

近くに寄って見てみますと、

しっかりとニラらしい平べったい葉になっており、

葉の太さも少し太くなったように感じました。

 

また、株元付近を見た感触ではしっかりと根付いているように感じ、

これでしたら葉の長さを考慮しても収穫してもよさそうです。

 

というわけで、善は急げとばかりに

早速園芸用ハサミで収穫しました。

ペット栽培III(花ニラ)17

 

'花ニラ'の収穫をする際は土面から(cm)程度離れた所で剪定する事で、

その後も葉を再生させ、収穫を楽しむことができます。

 

今回は初めての収穫ということもあり、

ボリューム的には物足りなさを感じますが、

ちょっとした料理には使えそうです。

 

今回は私の大好きな味噌ラーメンの具材に使ってみました。

ペット栽培III(花ニラ)18

 

'花ニラ'の風味は一般的なニラとさほど変わらず、

違和感なく美味しく頂きました。

 

今回収穫した「テンちゃん」は散髪したようにスッキリしていますが、

しばらくしたらニョキニョキと葉が再生してくれることでしょう。

ペット栽培III(花ニラ)19

次回に続く

ペット栽培III(花ニラ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から23日目を迎えた「エダマメ」栽培ですが、

草丈がグンと伸び50(cm)近くになりました。

ペット栽培III(エダマメR)17

 

また、本葉も比較にならないほど増えており、

「エダマメ」の急生育ぶりには脱帽です。

ペット栽培III(エダマメR)18

 

近くに寄って見てみますと新芽が続々と出ていることに気付き、

また、小さな蕾を持っているものもありました。

 

栽培開始からちょうど30日目になりますと、

「エダマメ」の草丈はさらに20(cm)ほど伸びており、

支柱の先端に届きそうな状態になっていました。

ペット栽培III(エダマメR)19

 

本葉のほうはさらに数を増やし、青々としていました。

ペット栽培III(エダマメR)20

 

また、小さかった蕾は少し膨らみ、

花が咲きそうな状態になっていました。

 

ということは近々、待望の莢が着くことになりそうです。

 

最後に、エダマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(エダマメR)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11

[マリーゴールド] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から84日目を迎えた黄色いマリーゴールドの「キィまり」

以前よりもさらに一回り大きく花数も増えたように感じます。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)35

 

'マリーゴールド'はデリケートなお花ですので、

いつ立ち枯れ病にならないかと不安でいっぱいだったのですが、

葉色は濃い緑色をしていて、ポツンポツンと黄色い花が咲き、

このコントラストがとても絵になります。

 

一方、橙色のマリーゴールドの「ダイまり」のほうですが、

こちらも'キィまり'と同様、株が一回り大きくなり、

橙色の花があちこちに咲いていてキレイです。

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)36

 

小さなペットボトル鉢でここまで咲かせることができることは

正直なところ想像しませんでしたので、

今回の栽培は'大成功'と言ってもよいかもしれません。

 

二種類のマリーゴールドにはまだまだ蕾を着けていますので、

しばらくの間はきれいな花を観賞することができそうです。

【花のペットボトル栽培II~マリーゴールド・改~ 完】

花のペット栽培II(マリーゴールド・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
15

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

13  14  

[ししピー] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

一番果を収穫したししピーの「シッピィ」

栽培開始から139日目を迎えました。

 

「シッピー」は以前にも増して葉数が増え

元気に生長しています。

ペット栽培III(ししピー)31

 

茹だるような暑さが連日のように続いていますので、

一部の葉に枯れているところがあっても不思議ではありません。

 

ですが、今の「シッピィ」にはそのような様子は微塵も感じられず、

むしろ新芽が続々と出てきていて、キレイな葉色をしていました。

ペット栽培III(ししピー)32

 

ししピーが暑さに強いことは理解しているつもりでしたが、

ここまで暑さに強いとは「シッピー」恐るべし()

 

小さな蕾があちこちから出てきていますので、

これらがちゃんと着果してくれることに期待します。

次回に続く

ペット栽培III(ししピー)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
14

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培 ミニトマト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から102日目を迎えたレジナの「レジちゃん」ですが、

連日の猛暑の影響からなのか葉色がやや黄色くなっていました。

ペット栽培III(レジナ・改)50

 

毎週1回は葉の生育を促す'発酵油かす'

実付きを良くする'バットグアノ'を追肥として与えていますので、

土の栄養不足で衰えているとは考えにくいのです。

 

とは言っても、「レジちゃん」にはまだまだ鈴なりに実を着けており、

今回も赤く熟した実が見られました。

ペット栽培III(レジナ・改)51

 

このため、少量ながらも収穫してみました。

ペット栽培III(レジナ・改)52

心ひとつに キャンドルナイト

08月
13

[黄花コスモス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今回はペットボトルで「黄花コスモス」を育てたいと思います。

お花をペットボトルで育てることができるの?

 

という疑問を感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、

草丈が2030(cm)程度まで伸び小さめのお花でしたら

問題なく育てることができます。

 

そんな中で、今回は「黄花コスモス」を育てることにしました。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)01

 

今回の栽培では花栽培用に作成した専用の

'花栽培用中型ペットボトル鉢'を使って育てます。

 

早速、黄花コスモスの種を蒔くことにしましょう!!

 

まず、今回の種蒔き作業で使用する道具を下図に示しますので、

各自でご用意下さいね。

【用意するもの】

黄花コスモスの種、花栽培用中型ペットボトル鉢、

ジョウロ、花用培養土、移植ゴテ

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)02

 

上記の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「黄花コスモスの種」を蒔きます。

 

【黄花コスモスの種蒔き手順】

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)03

「花栽培用中型ペットボトル鉢」の縁から2(cm)下まで培養土を入れ、

「黄花コスモスの種」を点蒔きします。

 

種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)開けるようにして下さい。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)04

 

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)05

培養土を覆土し、ジョウロのハス口に手を添えて

たっぷりと水を与えて完了です。

 

今回の栽培では「黄花コスモス」を二株育てたいと思い、

下図に示すようなトレイに入れて育てます。

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)06

 

今回育てる「黄花コスモス」は地温20℃前後

播種後5~10(cm)日程度で発芽します。

 

このため、日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう!!

 

最後に、今回の「黄花コスモス」の種蒔き作業にかかった費用と、

黄花コスモスの栽培データを以下に示しますのでご参照下さい。

◆黄花コスモスの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

黄花コスモスの種

1

189

189

花栽培用中型ペットボトル鉢

1

661

661

ジョウロ

1

105

105

花用培養土<粒状>(14)

1

345

25
(1L使用)

移植ゴテ

1

105

105

合計金額 

1,085

 

花のペット栽培II(黄花コスモス・改)07

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
13

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  

[花ニラ] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始からちょうど80日目を迎えた花ニラの「テンちゃん」ですが、

以前に比べて葉が横に広がりを見せるようになりました。

ペット栽培III(花ニラ)13

 

そんな「テンちゃん」は株元付近の葉が太くなり、

葉の形もどことなくニラに似て平べったくなっていました。

 

これまで目立った生長の変化がなく、

地味に育っているように感じていたのですが、

少しずつ立派な花ニラに近付いているのかもしれません。

 

栽培開始から101日目を迎えた「テンちゃん」

葉が少し伸びたように感じます。

ペット栽培III(花ニラ)14

 

パッと見では分かりにくいのですが、

株元付近の葉が少し太くなっていて、

葉の形もより平たくなっていました。

 

厳しい暑さが続く中、順調に生長してくれると嬉しいですね。

 

そして、栽培開始から115日目

「テンちゃん」はさらに葉を伸ばし、横に靡いていました。

ペット栽培III(花ニラ)15

 

これまで近くに寄らないと分からなかった葉の形状は

離れた場所でもよく分かるようになり、一段と平たくなりました。

 

また、葉数も増えたように感じ、この調子で生長してくれたら、

収穫もそう遠くない時期にできそうです。

次回に続く

ペット栽培III(花ニラ)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
12

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12話

[ジャンビーノ] ブログ村キーワード:食物連鎖、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から93日目を迎えたつるなしインゲンの「ビノっち」ですが、

以前に比べると葉数が少なくなったように感じます。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)43

 

これは自然に葉が枯れ落ちたわけでなく、

葉が黄色くなっているものやハモグリ虫に寄生されたことにより

摘み取った結果、このような寂しい姿になってしまったのです。

 

とは言っても、葉の色つやはとてもよく元気に育つ「ビノっち」なのです。

 

さて、近くに寄って見てみますと、

小さかった蕾からは再びスイートピーに似たカワイらしい花が咲き、

その近くには小さな莢が鈴なりに着いていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)44

 

一度は撤収しようと決めた「ビノっち」でしたが、

その後、定期的に追肥をするようにしたら再び元気を取り戻して、

たくさんの花と莢を着けるまでに回復してくれたのです。

 

今回莢が鈴なりに着いていましたので、

再び収穫するのが今から楽しみです。

次回に続く

ペット栽培III(つるなしインゲン・改)03

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
10

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

おはようございます、M.Ishiiです。

 

小型ペットボトル鉢に「芽キャベツの種」を蒔いてから5日目が経過し、

'芽キャベツの芽'がガーゼから透けて見えていました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)10

 

このため、ペットボトル鉢に被せたガーゼを取り除き、

「芽キャベツ」の様子を見てみることにしました。

 

すると、ペットボトル鉢の真ん中から

4つの芽が出ているのを確認することができました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)11

 

しかも、双葉は閉じた状態で、発芽して間もないことが伺えます。

 

「芽キャベツ」は生長に合わせて二回間引きを行うのですが、

まだ双葉が開いていませんので少しの時間様子を見たいと思います。

 

最後に、芽キャベツの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)09

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
10

[栽培] ブログ村キーワード:レアメタル NPO 棚田

おはようございます、M.Ishiiです。

いつも本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

毎月コンスタントに色々な野菜を収穫することができ、

少しニンマリすることのある今日この頃。

 

7月も6月に引き続いてペットボトル栽培の管理体制を見直すため、

強制撤去した野菜がありましたが、

それでもなんとか形になって育った野菜を収穫することができました。

 

その代表的な野菜は半年以上の栽培期間を経て収穫した「長ネギ」

収穫したペットボトル野菜2013_07月01

 

そのほかにも幾度となく収穫した後、

無事に種を採取することができた「わさび菜」など。

収穫したペットボトル野菜2013_07月02

 

その5日後には「パセリ」を収穫し、

リベンジに燃えた「時なし小カブ」も収穫することができました。

収穫したペットボトル野菜2013_07月03

 

6月に綺麗に開花した2種類の「マリーゴールド」は今も健在で、

一段と花数を増やして鮮やかに咲いています。

収穫したペットボトル野菜2013_07月04

 

そして、7月のトリを飾ったのは一番の注目野菜の

「つるなしインゲン」「レジナ」

収穫したペットボトル野菜2013_07月05

 

どちらもペットボトル野菜四天王に属していますので、

今月は7月よりもさらなる収穫に期待を持てる野菜たちです。

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
09

◆これまでのお話◆

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

第7話  第8話  第9話  10  11  12

[ミニトマト] ブログ村キーワード:フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

栽培開始から122日目を迎えたミニトマトの「シュガぽん」ですが、

一段と枝や葉の数が増え、元気に育ってくれています。

ペット栽培III(ミニトマト)32

 

過去にも同じ品種のミニトマトを育てたことがあるのですが、

ここまで大きな株に生長したことはなく、

毎週1回の追肥と脇芽取りを行っているからもしれませんね。

 

そんな「シュガぽん」ですが、

ようやく第一果房に小さな実を付けてくれました。

ペット栽培III(ミニトマト)33

 

他のところを見てみますと、

第2果房には15(mm)ほどの大きさになる実が着いており、

その上の第3果房には(cm)近い実を着けていました。

ペット栽培III(ミニトマト)34

 

さらに、第4果房には(mm)ほどの実を着け、

第5果房には小さな蕾から黄色い花が開花しそうな状態になっていました。

 

ペットボトル鉢という狭い空間では

「シュガぽん」がなかなか実をたくさん着けるまでには

生長しないと諦めかけていましたが、

今後も週1回の追肥をしながら大事に育てたいと思います。

 

もう少しで収穫できますからね()

次回に続く

ペット栽培III(ミニトマト)02

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
08

[イチゴ] ブログ村キーワード:砂漠化、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

試験録(イチゴ)28

 

採種した市販イチゴの「四代目メイちゃん」

栽培開始から273日目を迎えていたのですが、

見た目には葉数が少し増えた程度でさほど変わらないように感じます。

試験録(イチゴ)68

 

ところが、近くに寄って見てみますと、

相変わらず、ランナーを数本出しており、

親となった「四代目メイちゃん」は元気に育っていました。

試験録(イチゴ)69

 

一方、ツイン型ペットボトル鉢に植え付けた子株の

「メイちゃんJr.ですが、こちらも葉が大きくなり、

親譲りのランナーを出していました。

試験録(イチゴ)70

 

しかも、ペットボトル鉢の横から見てみたところ、

小さな根が張っているのを確認でき、ようやく根付いてくれたようです。

 

「メイちゃんJr.」を少し引っ張って根付いていることを確認し、

いよいよ、親離れをするときがやってきました。

 

「メイちゃんJr.の根元から伸びる

親株である「四代目メイちゃん」が繋がっているランナーを

園芸用ハサミで剪定しました。

試験録(イチゴ)71

 

これからも親株と子株の関係である「四代目メイちゃん」は

今と変わらず育てることになりますが、

「メイちゃんJr.」が親離れしたことは感慨深いものがあります。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金