--月
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

03月
29

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ほぼ順調に収穫することができた「小松菜」栽培でしたが、

これまでの間に間引きした芽や収穫した「小松菜」の使い道については

お伝えしていませんでした。

ペトさい(小松菜)30

 

そこで、今回はこれらの使い道について一挙にご紹介したいと思います。

 

まず、今回の栽培では2回の間引きを行った後に

「小松菜」の生長を見ながら追肥をしました。

 

その2回の間引きで採った芽は間引き菜として活用しました。

 

1回目の間引きでは本葉が1~2枚で小さかったこともあり、

豚汁にチョコッと加えてあげました。

ペトさい(小松菜)31

 

2回目の間引きでは本葉の数が3~4枚に増え、

双葉と同じくらいの大きさに生長していたことから、

間引き菜を細かく刻んでチャーハンに使ってみました。

ペトさい(小松菜)32

 

少しでも緑があると彩りがきれいで美味しさが増します。

 

そして、収穫した「小松菜」ですが、

想像していたよりも多く収穫することができましたので、

小松菜とベーコンのバター醤油パスタお浸しに使いました。

ペトさい(小松菜)33

ペトさい(小松菜)34

 

前者のパスタについては種を蒔くときから模索していたものでして、

私のいつものパターンに落ち着きました()

 

後者は無性にシンプルなものが食べたかったことから、

茹でた小松菜に鰹節をかけたお浸しを作りました。

 

小松菜を使った料理は他にも色々と考えていたんですけど、

今後もツケナ系野菜を育てますのでその時まで残しておきたいと思います。

 

というわけで、今回の栽培では色々な料理に使うことができ、

新鮮な「小松菜」の味を堪能することができました。

 

「小松菜」をペットボトルで育てる場合は

市販のものより若干小さいうちに収穫するのがポイントとなりますが、

初心者でも比較的簡単に育てることができる葉物野菜だと思います。

 

これから「小松菜」を育てたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、

こちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

03月
28

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

イレギュラーな2回目の下葉取りをした「芽キャベツ」ですが、

早くも一週間が経過しました。

 

ここのところ、気温がぐんと上がり春の陽気を感じられるようになって、

「芽キャベツ」のさらなる生長に期待が集まります。

 

そんな「芽キャベツ」の様子を見てみますと、

株の先端に残っていた葉が少し大きくなり葉数も増え

そして、草丈も数(cm)伸びているように感じました。

ペトさい(芽キャベツ)55

 

これだけ大きく生長していても草丈が伸びるのはちょっと複雑です。

 

というのも、この時期は寒暖の差が激しいため、

急激に気温が上昇しますとトウ立ちしてしまう恐れがあるからなのです。

 

トウ立ちとは花を咲かせる茎が伸びる現象のことで、

花が咲くと種子に栄養が行ってしまい葉が固くなってしまうのです。

 

近くに寄って見てみますと蕾らしきものができていて、

一番恐れていたことが現実のものとなってしまい、

しばらくの間フリーズ状態で何も考えることができませんでした。

ペトさい(芽キャベツ)56

 

けしてあってはならないものが出てしまったことへのショックは大きく、

'なぜこうなってしまうんだろう?'とうな垂れるだけでした。

 

栽培時期から見てみますと秋口に種を蒔いた場合は

3月中旬頃には収穫できるまでに生長していないといけないのですが、

実際にはそこまで大きく生長していませんでした。

ペトさい(芽キャベツ)57

 

定期的に追肥してもなかなか大きくなれずにいたことを考えると、

栽培方法に問題があったのか、それとも根本的にペットボトル鉢で

「芽キャベツ」を育てようとすること自体が無謀な行動だったのか、

色々なことを考えてしまいました。

 

ただ一つだけ思い当たる節があるとするならば、

けして水やりをしていなかったわけではないのですが、

毎回の水やりをする際に土面が乾燥気味になっていたことでしょう。

 

「芽キャベツ」はほかの植物に比べて水を多く吸収するのかと

気になっていたことは間違いありません。

 

いずれにせよ、このような状態になってしまいましたので、

「芽キャベツ」強制的に撤収することにしました。

 

半年以上育ててきてこのような結果に終わったことは残念であり、

今回の栽培における問題点を洗い出さないといけませんね。

 

最後に、芽キャベツの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(芽キャベツ)09

 

また、これから芽キャベツを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
27

[チマサンチュ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、かきチシャ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

寿命が近付いていると言われながらも5回目の収穫をした

「チマサンチュ」栽培開始から139日目を迎えていました。

 

「チマサンチュ」は早くも枚数を倍近くに増やし大きくなっていました。

ペトさい(チマサンチュ)43

 

それから8日が経過しますと「チマサンチュ」葉数は4~5枚増え

それぞれの葉が大きくなりワサワサと茂っていました。

ペトさい(チマサンチュ)44

 

まだ厳しい寒さが続いている中での栽培であるにも関わらず、

気持ちのいいくらい大きく生長する姿を見ると嬉しくなります。

 

さらに一週間が経過しますと

「チマサンチュ」ほとんどの葉が収穫できそうな大きさになり、

株の中心には新たな葉が数枚出ていました。

ペトさい(チマサンチュ)45

 

ここまで目立ったトラブルもなく順調に育った「チマサンチュ」ですが、

時期的にもトウ立ちが心配される時期に差し掛かってきたことに加え、

やはり、葉が横に広がるようになってきたことで寿命が近付いているため、

今回の収穫を最後にこの栽培を終わりにすることにしました。

 

まだ現役で頑張らせることはできるのですが、

ここまで順調に収穫を繰り返しながら育てている中で

後々トウ立ちさせて後悔するのは避けたいのが正直なところです。

 

よって、最後の収穫をすることにしましょう!!

 

今回の収穫もこれまでと同様に収穫できそうな葉を中心に

園芸用ハサミを使って切り取りました。

ペトさい(チマサンチュ)46

 

今回収穫した「チマサンチュ」は前回よりも葉が大きく

葉数も多かったことから最後にふさわしい形で満足できました。

ペトさい(チマサンチュ)47

 

これまでに計6回収穫してきた中でも最高の出来でしたから...

 

今回の収穫で最後となりましたが、

収穫後の「チマサンチュ」を見てしまうと

また収穫に向けて育てたくなってしまい未練タラタラになります。

ペトさい(チマサンチュ)48

 

でも、どの栽培にも終わりがありますし、

最高の形で終われる状態が用意されていますので心を鬼にして勇退します。

 

それでは、めでたく「チマサンチュ」栽培を終える決心をつけたところで

栽培レシピに追加するかを決めたいと思います。

 

今回の栽培では先述の通り目立ったトラブルはなく、

また葉に害虫が着くこともなくコンスタントに収穫する事ができました。

 

これを踏まえると、ほぼパーフェクトに近い出来だったと思いますので、

今回の「チマサンチュ」栽培については栽培レシピに追加したいと思います。

 

「チマサンチュ」はサラダ系野菜の中でも簡単に育てることができますので、

初心者の方にお勧めしたい野菜の一つです。

 

これから「チマサンチュ」を育ててみたいと思われた方は

以下に示すチマサンチュの栽培データをご参照の上、

こちらに示す手順で種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(チマサンチュ)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
26

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

子株と孫株の生長に差が出てきた「採種イチゴ」栽培。

この栽培も早いもので栽培開始から459日目を迎えていました。

 

子株のほうは相変わらず元気に生長しているようで、

ここに来て草丈を少し伸ばし葉数も増えてきたように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)89

 

また、所々に蕾を見かけるようになり、

人工受粉して結実した実も少し大きくなっていました。

 

厳しい寒さが続く中で順調に生長する子株は安心して見ていられます。

 

一方、孫株のほうは追肥したにも関わらず茶色く枯れた葉がさらに増え

一段と衰弱の一途を辿っていました。

ペトさい(採種イチゴ)90

 

植え付けてからしばらくの間は順調に生長していた孫株でしたが、

ここまで枯れ果てた姿に変わってしまっては手の施しようがありません。

 

よって、人工受粉して実を結びそうな状態にありますが、

この先新芽が出てくる気配を感じないため、

残念ながら撤収することにしました。

 

これからは再び子株のみの栽培となりますが、

孫株の分も含め大事に育てることを誓うのでした。

 

孫株を失ってから5日が経過し、独りぼっちとなった子株は

葉が少し横になり元気がなさそうに感じました。

ペトさい(採種イチゴ)91

 

子株からすれば失った孫株は子株ですので

元気をなくすのは当然かもしれません。

 

しかしながら、結実した実は着実に大きくなっており、

少しの間は静かに見守りたいと思います。

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
25

[ニンジン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、五寸ニンジン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

種蒔きシーズンが到来したということで、

我がペットボトル菜園でも春夏向け野菜を育てていきたいと思います。

 

早速、その第一弾として「五寸人参」を育てます。

 

一言に'五寸人参'と言っても様々な品種がありますし、

その中からペットボトル栽培に適した品種を選ばなければなりません。

 

ペットボトル栽培に適した「五寸人参」選びのポイントは

・根の長さが18(cm)前後

・形が揃いやすく裂根しにくい

の2点になります。

 

裂根とは、カブやニンジンなどの根が収穫遅れや急激な土壌水分の

変化などにより割れることをいいます。

 

このことを踏まえ、今回の栽培で育てる品種は

サカタのタネ社の「あじわい五寸ニンジン 金洋五寸2号」です。

ペトさい(五寸ニンジン)01

 

この品種は根の長さが20(cm)程度あるものの裂根が少なく、

根色や芯色が濃紅橙色をしているのが特徴の「五寸ニンジン」です。

 

根の長さが多少長くなる品種になりますが、

ペットボトル栽培では限られた土の栄養分で育てなくてはならず、

菜園で育てるよりも根が太りにくくなることから、

あえて少し長めの品種を選びました。

 

この種には下図に示すような緑色をした薬剤が塗布されています。

ペトさい(五寸ニンジン)02

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから種を守るために

予め緑色の薬剤を塗布したもので、このような薬剤処理された種には

必ず種袋の裏側にどのような薬剤を塗布したかが記載されています。

 

今回は一つの鉢に長さ約20(cm)の「五寸ニンジン」を1株育てますので、

「縦型ペットボトル鉢」を用いたいと思います。

 

ただ、今回の栽培では種を1(cm)間隔にスジ蒔きし、

生長を見ながら計3回の間引きを行いますので、

多少の手間が掛かることをご承知下さい。

 

それでは、「五寸ニンジン」の種蒔き作業を始めたいと思いますので、

次回までに下記に示す道具を用意して下さい。

【用意するもの】

五寸ニンジンの種、縦型ペットボトル鉢、ジョウロ、移植ゴテ、

野菜用培養土、ガーゼ(もしくは寒冷紗)、麻ヒモ

ペトさい(五寸ニンジン)03

 

最後に、五寸ニンジンの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(五寸ニンジン)04

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
24

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、'レジナエロー'に関する貴重な情報を頂いたことをお伝えしましたが、

早速その情報をもとに「黄金トマト」を購入してきました。

 

事前にネットでどのお店のどの売り場に置いてあるのかを調べたのですが、

確実に入手できそうなお店は東急ハンズの

バラエティーコーナーであることが分かり、

運良く近所に2店舗ある東急ハンズへ足を運ぶことにしました。

 

1店舗目は東急ハンズ町田店だったんですが、

前あった場所から移転して店舗全体の規模が小さくなったことから

本当に「黄金トマト」が置いてあるのか半信半疑の状態で、

そのお店の中に入りました。

 

早速バラエティーコーナーに行ってみますと、

呆気なくペットマトを探すことができ、

様々な種類の中に「黄金トマト」がありました。

 

いとも簡単に目的のものを見つけてしまい拍子抜けしてしまいましたが、

一発で見つけることができましたので間を入れずに購入しました。

購入した黄金トマト01

 

が、「黄金トマト」の価格は税込みで500円ということで、

種の購入目的としては割高感が歪めない金額ではあるのですが、

事情が事情なだけに仕方のないものとして割り切ることにしました()

 

さて自宅に戻り、購入した「黄金トマト」の外装を見てみますと、

裏側に育て方や種の詳細などの記載があり、

その中に品種名が'レジナイエロー'であることが記されていました。

購入した黄金トマト02

 

よって、先日貴重な情報を提供して下さった方の仰っていたとおり、

「黄金トマト」は'レジナイエロー'であると共に、

私が求めている「レジナエロー」であることが分かったのです。

 

今回の「レジナエローの種」の件はこれにて解決しましたが、

せっかく「黄金トマト」を購入しましたのでそのセット内容を見てみました。

 

外装を開けて同梱されているものを見てみますと、

下図に示すようにペットマトホルダーや黄金トマトの種、アップサンド、

微粉肥料、計量スプーンなどが入っていて、

500(ml)サイズのペットボトルと水を用意すれば

水耕栽培が即できるものとなっていました。

購入した黄金トマト03

 

で、今回は'レジナエロー'を育てようと思っていますので、

種袋を開けて数量を数えてみたところ14粒入っていて

少し得した気分になりました。

購入した黄金トマト04

 

このためは本家の赤いレジナを育てるときまで大事に保管したいと思い、

小袋に入れて種の情報を記入しておきました。

購入した黄金トマト05

 

本来、「黄金トマト」は同梱されたセットで水耕栽培するものですが、

今回はこれまでに培ってきたペットボトル栽培の技術を結集し、

以前育てたときのように一般的な赤いレジナと一緒に育てます。

レジナの種04

 

私のゴッドハンドで再現させますのでご期待下さい!!

 

最後に後日談ですが、先ほど仕事道具を購入するついでに

もう一店舗の東急ハンズに寄って見たところ、

こちらにも「黄金トマト」がしっかりと置いてありました()

 

改めて、「黄金トマト」に関する貴重な情報を提供して下さった方に

感謝致します。ありがとうございました。

2014.03.24

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
24

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

来る3月9日から3月22日までの二週間に開催した

「第1回野菜投票2014~カブ編~」ですが、

お忙しい中、投票にご協力頂きましてありがとうございました。

 

先日告知したとおり、今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

栽培レシピへの追加条件として新たな'カブ'を育てることを決めたことから、

この春にその約束を果たすため、下図に示す3品種の候補の中から

一つだけ育てることにしました。

野菜投票2014_01

 

しかしながら、上図の候補はどれも惹かれるものばかりで

一つだけを選ぶことが難しいことから皆さんのお力をお借りするべく

今回の投票開催に至りました。

 

先週、その中間結果発表をした段階では5票差で「黄金カブ」が

首位となりましたが、後半の一週間で後続の「小カブあやめ雪」や

「本紅丸かぶ」がどこまで差を縮めることができるのかが注目されます。

 

それでは、早速最終的な投票結果を発表したいと思います。

 

まず、3月9日~3月22日までの投票数は合計109となり、

多くの方にご投稿頂きましてありがとうございました。

 

その投票数に対する投票結果ですが、下図に示すとおり、

小カブあやめ雪は48本紅丸かぶは24黄金カブは37となりました

野菜投票結果2014_01-2

 

この結果からお分かりの通り、「小カブあやめ雪」が

残り一週間で30票も増やし、首位だった「黄金カブ」にも

11票も差を広げる結果となりました。

 

この大きな変動には驚きましたが、

結果としてカブ栽培には「小カブあやめ雪」を育てることになりましたので、

これから大事に育てていきたいと思います。

 

それでは、早速「小カブあやめ雪」の種を買って来ますので、

楽しみに待っていて下さいね。

 

改めまして、今回開催した「第1回野菜投票2014~カブ編~」に

ご協力下さいましてありがとうございました。

2014.03.24

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
23

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

記録的な大雪が降る中葉数を増やしながら大きく生長を続ける

「ちょうほう菜」栽培開始から95日目を迎えていました。

ペトさい(ちょうほう菜)25

 

「ちょうほう菜」はさらに葉数を増やし大きくなり、

ワサワサと茂っていました。

 

株の大きさ的には収穫できそうな状態になってきたのですが、

葉をもう少しだけ大きくしたいと思い、一週間様子を見ることにしました。

 

この選択が過ちだとも知らずに...

 

一週間が経過し、「ちょうほう菜」の様子を見てみますと、

葉は微妙に大きくその数が増えたせいもあって

株にボリュームが出てきたように感じます。

ペトさい(ちょうほう菜)26

 

しかし、一週間待った甲斐があったと喜ぶのも束の間、

近くに寄って見てみますと「ちょうほう菜」にあってはいけないものを

目にしてしまいました。

ペトさい(ちょうほう菜)27

 

それは、ずばり''です。

そう、「ちょうほう菜」はトウ立ちして蕾を持ってしまったのです。

 

トウ立ちとは花を咲かせる茎が伸びる現象のことで、

花が咲くと種子に栄養が行ってしまい葉が固くなってしまうのです。

 

このトウ立ちは急激な温度上昇により植物が生長しやすい状態となり、

冬から春に変わるちょうど今の時期に起きやすいのです。

 

「ちょうほう菜」をよく見てみますと、

蕾は持っているものの茎はそれほど伸びておらず、

トウ立ちが始まって間もない状態のように感じました。

 

一週間前に収穫していればこのようなことにはならずに済んだのですが、

不幸中の幸いなのか蕾は小さく葉もまだ柔らかかったため、

菜花として収穫することにしました。

 

「ちょうほう菜」の収穫は株元付近から園芸用ハサミで切り取ります。

ペトさい(ちょうほう菜)28

 

収穫した「ちょうほう菜」は思っていたよりも大きく、

蕾を持ってしまった株元は数株しかありませんでした。

ペトさい(ちょうほう菜)29

 

これだけたくさん収穫できますとちょっとした料理に使えそうですね。

 

なんとかギリギリのラインで収穫を終えた「ちょうほう菜」栽培ですが、

先述のとおり、最後の最後に大きなミスを犯してしまいましたので、

栽培レシピへの追加は見送ることにしました。

 

当然の結果ではありますが、

欲をかき過ぎるとこのような結果になることを教訓にし、

もう一度、再挑戦したいと思います。

 

これから「ちょうほう菜」を育ててみたいと思われた方は

ちょうほう菜の栽培データとこちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(ちょうほう菜)08

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
22

[春菊] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

初収穫を兼ねて摘心した「春菊」栽培開始から97日目を迎えました。

ペトさい(春菊)32

 

「春菊」は草丈がそれほど伸びていないものの

葉のほうは少し大きくなったように感じます。

 

近くに寄って見てみますと、

摘心した近くの脇から新芽が出ているのを確認でき、

これからの葉の生長に期待が持てそうです。

 

一週間が経過し、「春菊」草丈を数(cm)伸ばし、

葉も新芽を含めて大きくなりワサワサとしてきました。

ペトさい(春菊)33

 

また、新たな脇芽も続々と出てきており、

今以上にワサワサと茂ってきそうな予感がします。

 

さらに一週間が経過しますと「春菊」草丈を数(cm)伸ばし、

葉のほうも予想通りに大きく茂っていました。

ペトさい(春菊)34

 

また、厳しい寒さが続いているにも関わらず

新芽が5~6(cm)ほど伸びており、この調子で生長してくれたら

2回目の収穫はそう遠くない時期に行えそうです。

 

最後に、春菊の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(春菊)09

 

また、これから春菊を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
21

[パセリ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、パセリ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

2回目の収穫をしてから6日が経過した「パセリ」ですが、

収穫時に残した葉は大きくなり草丈も数(cm)伸びていました。

ペトさい(パセリ)27

 

また、近くに寄って見てみますと新芽も続々と出ていました。

 

いつもながらに、「パセリ」の生長ぶりには感心します。

 

栽培開始から131日目になりますと、

「パセリ」草丈をさらに伸ばし新芽を含めて葉が大きくなりました。

ペトさい(パセリ)28

 

土面に目をやりますと、葉がワサワサとしていて

土面が葉で隠れて見えなくなってきました。

 

さらに8日が経過しますと「パセリ」新芽の草丈が5(cm)近くまで伸び、

葉も大きくなってきたことで株全体が賑やかになってきました。

ペトさい(パセリ)29

 

近くに寄って見てみますとチリチリとした葉が土面を覆うようになり、

そろそろ収穫を考えてもよさそうな状態になってきました。

 

栽培開始から159日目を迎えた「パセリ」ですが、

この20日の間に草丈は8~10(cm)に伸び葉数も倍近くに増え、

葉がワサワサと茂っていました。

ペトさい(パセリ)30

 

少しの間放置したためにこのような状態にしてしまったのですが、

日数的にもやや遅い収穫をすることにしました。

 

今回の収穫はこれまでと同様に小さくて若い芽を数株残すようにし、

株元付近を園芸用ハサミで切り取って収穫しました。

ペトさい(パセリ)31

 

このようにすることで新芽がニョキニョキと出てきて

「パセリ」の収穫を長い間楽しむことができます。

 

今回通算3回目となる収穫ではこれまでの過去2回の収穫よりも

たくさんの葉を収穫することができました。

 

まぁ、少しの間放置してしまったからというのもありますが...

 

何はともあれ、3回目の収穫を無事に行うことが出来ましたので、

次の収穫に向けて一摘みの'発酵油かす'を与え、

大事に育てていきましょう。

ペトさい(パセリ)32

 

最後に、パセリの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(パセリ)09

 

また、これからパセリを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
20

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

なんとか、ブログ記事を毎日更新し続けていることから、

以前のように色々な方々からコメントを頂くことができ、

大変感謝するとともに、少しずつではありますが、

ペットボトル栽培へ積極的な取り組みができるようになりました。

 

これも日々の皆様からの応援の力によるものだと思っております。

本当にありがとうございます。

 

これからもブログを毎日更新すると供に、

ペットボトル栽培に関する情報を発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

さて、前置きが長くなってしまい申し訳ありませんでしたが、

しばらくの間、ブログを更新していなかったこともあり、

その間に収穫したペットボトル野菜をお伝えできずにいましたので、

今回、それらの野菜を一挙にご紹介したいと思います。

 

時は今から3ヵ月ほど前に遡る12月中旬のことですが、

寒さが厳しくなってきた中で「チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月01

 

この頃の「チマサンチュ」は今とは違い葉が逆立っていて元気ハツラツで、

この時から比較的大きめの葉を収穫していました。

 

その翌日にはペットボトル野菜四天王の一つである

「時なし小カブ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月02

 

四天王の名に恥じないプックリとした立派な小カブを収穫し、

色々な料理に使うことができました。

 

年が明けた1月下旬には一回目の「パセリ」の収穫を行いました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月03

 

この時はまだ草丈が5(cm)ほどしかなく、

葉だけが大きくなっていたことから収穫したのでした。

 

2月に入りますと、「ベビーキャロット」を収穫することができました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月04

 

私の中ではこれまで鬼門とされてきたニンジン栽培だったのですが、

栽培レシピに追加したいという想いから気合いを入れて育てたことを

今でもハッキリと覚えています。

 

もうニンジン栽培は鬼門ではないので、

これから新たな品種を育てようと思っています。

 

「ベビーキャロット」を収穫した10日後には

再び、「チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月05

 

「チマサンチュ」は通算3回目の収穫となるのですが、

2回目の時と比べて、葉が細長くなっていました。

 

一応、収穫後には毎回葉の生育を良くするために

'発酵油かす'を一摘み与えているのですが、

この頃から葉の形が少しずつ変わってきたように感じます。

 

というわけで、昨年12月から今年2月までに収穫した野菜を

振り返ってみたのですが、厳しい寒さが続いているにも関わらず

これらの野菜は立派に生長し収穫することができました。

 

今後も色々な野菜をたくさん収穫できそうですので、

これからのブログ記事を楽しみにしていて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
19

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、鉢植え専用ミニトマトのレジナで

黄色い実を着ける「レジナエロー」についてお話ししました。

 

私としては、既にペットボトル栽培の作付け計画に記載されている通り、

今年も「レジナ」を育てるのですが、昨年とは違い、

本格的に育てたいと思っているのです。

 

そこで、今年は3年前と同じように赤い「レジナ」と

黄色い「レジナエロー」を同時に育てたいと考えているのです。

 

3年前は栽培用炭酸水だけで育てたのですが、

あれから色々な野菜を育てる過程で土づくりの重要さに気づき、

今年は「レジナ」に適した土を作り水やりには栽培用炭酸水を使って、

一段とクオリティの高い栽培を目指すつもりです。

 

ちなみに、栽培用炭酸水とは色々な作り方がある中で

最も簡単な方法として市販されている炭酸水と水道水を

1:1の割合で混ぜ合わせた水溶液のことです。

 

この栽培用炭酸水を使って栽培するによって、

植物の根が分泌する有機物の効力が向上し肥料の吸収もよくなるのです。

 

「レジナ」に関していえば、栽培用炭酸水を使うことによって

ジューシーで甘い実を育てることができるのです。

 

そんな「レジナ」栽培に黄色い「レジナエロー」を育てることで、

2種類の「レジナ」を並べたときにとても綺麗に見えることから、

鑑賞用としての楽しみ方もできることをお見せしたいと思っています。

レジナの種04

 

このことから、「レジナ」については種の手配ができたのですが、

もう一方の「レジナエロー」についてはネット検索で調べた結果、

販売中止とのことで入手が極めて困難なことがわかり、

断念せざるを状況となりました。

 

ところが、「レジナエロー」について色々な情報を寄せてくれる中、

もの凄く興味深く貴重な情報を目にすることができました。

 

それはペットボトルの水耕栽培で野菜を育てることができるキットの中に

「レジナエロー」と思われるものがあるというもの。

ペットマト・黄金トマト

 

このキットは'ペットマト'というもので、

ミニトマトの「レジナ」も育てることができるようなのです。

 

肝心の「レジナエロー」と思われるものは'黄金トマト'という商品名で

今年2月に販売を開始したそうで、情報を提供して下さった方の話によると

この商品を購入した際に付随の品種説明に'レジナイエロー'

表記されているようなのです。

 

'黄金トマト'について調べてみたのですが、

この品種が'レジナイエロー'であるとの確証を得ることができず、

実際に購入して確認してみるしかなさそうです。

 

ご提供頂いた方の貴重な情報を信用しないわけではないのですが、

実際に自分の目で確かめてみないと納得できないというか、

安心できないというのが正直なところなのです。

 

何はともあれ、入手困難な状態に希望をもたらしてくれた

情報提供者に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

私も早速、'黄金トマト'を購入したいと思います。

2014.03.19

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
19

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

大雪に見舞われる中、順調に生長を続ける「小松菜」

栽培開始から86日目を迎えていました。

 

以前に比べると春の陽気を感じられるようになってきましたが、

まだ朝晩は肌寒いため、「小松菜」にとっては忍耐の日々を

送っているに違いありません。

 

そんな「小松菜」は順調に葉を大きくし、

小さな葉も続々と出てきていました。

ペトさい(小松菜)25

 

ただ、厳しい寒さの影響からなのか一部の葉が黄色くなっていました。

 

このため、それらの葉は摘み取り、

葉色を良くするために'発酵油かす'を一摘み与えました。

 

その甲斐があったからなのか、

5日が経過しますと「小松菜」葉数を倍近くに増やし、

それぞれの葉が大きくワサワサとしてきました。

ペトさい(小松菜)26

 

葉の色も以前よりも濃い緑色に変わり、

元気に育っていることが伺えこの変わりように驚きました。

 

さらに8日が経過しますと「小松菜」一段と大きくなり、

草丈も目測で20(cm)以上はあるように感じました。

ペトさい(小松菜)27

 

市販されている「小松菜」に比べるとまだまだ小さいですが、

ペットボトル栽培の場合は少し早めの収穫が望ましく、

草丈2025(cm)になった頃を目安に株ごと収穫したほうが

柔らかくて美味しい「小松菜」を収穫できます。

 

よって、今回育てた「小松菜」収穫することにしましょう!!

 

「小松菜」の収穫は株元付近から園芸用ハサミで切り取ります。

ペトさい(小松菜)28

 

今回収穫した「小松菜」は一部枯れている箇所があったものの、

概ね立派な株を収穫することができ、株数も多かったと思います。

ペトさい(小松菜)29

 

これだけたくさん収穫することが出来れば、

ちょっとした料理に使えそうですね。

 

さて、今回「小松菜」を収穫しましたので、

栽培レシピに追加するかを考えたいと思います。

 

今回の栽培では全体的に目立ったトラブルがなく、

ほぼ順調に育ってくれたと思います。

 

しかしながら、一部の葉を枯れさせた点については

改善の余地があると考えます。

 

このことを踏まえ、今回の「小松菜」栽培は

栽培レシピに追加することに決めました。

 

但し、次回育てるときは今回の問題点を改善することを条件とします。

 

「小松菜」は比較的簡単に育てることが出来る葉物野菜ですので、

初心者の方にお勧め出来る野菜と言えます。

 

これから「小松菜」を育ててみたいと思われた方は、

以下に示す小松菜の栽培データをご参照の上、

こちらに示す手順で種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(小松菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
18

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続く中、脇芽に着いた「芽キャベツ」は順調に大きくなり、

栽培開始から212日目を迎えていました。

 

「芽キャベツ」は見た目にはあまり変わらないように感じるのですが、

近くに寄って見てみますと株の先端にある葉が一段と纏まっていて、

完全に結球しているように感じました。

ペトさい(芽キャベツ)50

 

一方、脇芽にある「芽キャベツ」は微妙に大きくなっていました。

 

栽培開始から226日目になりますと、

「芽キャベツ」は色々なところに少し変化が見られるようになりました。

ペトさい(芽キャベツ)51

 

まず、株の上端部にある葉は少し広がっており、

すべての葉が纏まって結球するようなことはなくなりました。

 

ただ、株の先端には葉が纏まっていてまん丸とした球状になっていました。

 

一方、脇芽に着いた「芽キャベツ」のほうは

相変わらず微妙に大きくなっていましたが、

葉の色が以前よりも濃い緑色に変わってきたように感じます。

 

さらに、葉の脇にも小さな芽が着いているのを確認でき、

今後の生長を考えますと再び下葉取り作業を行うことも

考えたほうがよいかもしれません。

ペトさい(芽キャベツ)52

 

とはいえ、一般的に「芽キャベツ」の下葉取りは一回だけ行うものなので、

このような状況で下葉取り作業を行うのはごく稀なことなのです。

 

早速、下葉取り作業に取り掛かることにしたのですが、

今回も一回目のときと同様に芽の着いた葉を

園芸用ハサミで切り取りました。

ペトさい(芽キャベツ)53

 

今回切り取った下葉は株の上端部に近いところにあったため、

葉の大きさが比較的小さめで柔らかかったです。

 

このため、ちょっとした料理に使えるかもしれませんね。

 

下葉を取った「芽キャベツ」は毛を刈った羊のような姿になり、

株の先端にある結球した葉の固まりが目立っていました。

ペトさい(芽キャベツ)54

 

この先、「芽キャベツ」はさらなる生長を見せてくれることに期待します。

でも、既に3月半ばになりますからね…(苦笑)

 

最後に、芽キャベツの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(芽キャベツ)09

 

また、これから芽キャベツを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
17

[チマサンチュ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、かきチシャ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

市販のものとさほどの差がないほどよい出来となった「チマサンチュ」

4回目の収穫を果たしましたが、収穫量が3回目の時より少なめでした。

 

何度もコンスタントに収穫している「チマサンチュ」ではありますが、

少し寿命が来ているのを感じるようになりました。

 

4回目の収穫から9日が経過し、

「チマサンチュ」は早くも新たな葉が出ていて大きくなっていました。

ペトさい(チマサンチュ)39

 

厳しい寒さが続いているにも関わらず、

もう少しで収穫出来そうな葉が数枚あるというのは素晴らしく、

本当に寿命が近付いているの?と疑いたくなるほどの生長ぶりでした。

 

栽培開始から134日目を迎えると「チマサンチュ」さらに葉数を増やし

収穫できそうな大きさに育っていました。

ペトさい(チマサンチュ)40

 

「チマサンチュ」の生長ぶりには感心させられますが、

やはり、葉が横に広がるようになり、

どことなく寿命が近付いているように感じてなりません。

 

まぁ、収穫できそうな葉がたくさんありますので、

収穫することにしましょう。

 

今回もこれまで同様、若くて小さな葉を数枚残すようにし、

株元付近から園芸用ハサミで収穫します。

ペトさい(チマサンチュ)41

 

今回は少し小振りの葉もありますが、まずまずの収穫となりました。

 

収穫後に、残した葉を見てみますと若干黄色みがかっていましたので、

葉の生育を良くする'発酵油かす'を一摘み与えました。

ペトさい(チマサンチュ)42

 

「チマサンチュ」は本当に寿命が来ているのかは分かりませんが、

明らかに一番初めに収穫したときは葉のツヤや生長の仕方も

変わってきましたので、時期的なことを考えて育てる必要がありそうです。

 

最後に、チマサンチュの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(チマサンチュ)09

 

また、これからチマサンチュを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
16

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

来る3月9日から開催している「第1回野菜投票2014~カブ編~」ですが、

お忙しい中、投票にご協力を頂きましてありがとうございます。

 

先日告知したとおり、今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

新たに'カブ'を育てることを条件に栽培レシピへの追加を果たしました。

 

これを受け、この春に新たな'カブ'栽培を始めるべく、

下図に示す3品種の候補の中から一つだけ育てることにしました。

野菜投票2014_01

 

()小カブあやめ雪

白と紫の色合いがとてもキレいなのが特徴で、

家庭菜園で小カブを育てている方に人気のある小カブです。

 

盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり紫色も入るとのことで、

ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。

 

()本紅丸かぶ

寒さに強く生育旺盛でつくりやすく、根の皮から葉、茎まで

鮮紅色の赤カブです。肌はなめらか、根の内部は白色でち密な肉質で

甘みがあり、酢漬け・塩漬けに適し、全体がきれいな紅色になります

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

しかしながら、上図のカブはどれも惹かれるものがあり、

一つだけ選ぶことが難しいことから皆さんのお力をお借りするべく

今回の投票開始に至りました。

 

本日は投票開始から一週間が経過しましたので、

投票結果の中間発表をしたいと思います。

 

まず、3月9日()~3月15()までの投票数は58となり、

改めて投票にご協力頂きましてありがとうございました。

 

投票結果についてですが、

下図に示すとおり、小カブあやめ雪は18本紅丸かぶは17

黄金カブは23となりました。

野菜投票結果2014_01-1

 

現時点では5票差で'黄金カブ'が一位となっていますが、

まだ投票期間は一週間残っていますのでまだまだ分からないと思います。

 

というわけで、野菜投票は3月22()まで行っていますので、

先ほど示した3品種のカブの中から興味を持たれたものを一つお選び頂き、

左カラムの[野菜投票2014~カブ編~]にあるツールから投票して下さい。

(上記の投票ツールにて集計を行うため、コメント欄に投票したい

 野菜を書き込まれた場合は無効扱いとなりますのでご注意下さい。)

 

一人でも多くの方にご投稿頂けますようよろしくお願い致します。

2014.03.16

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
15

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ミニトマト、黄色い

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、ペットボトル栽培の作付け計画を更新しましたが、

それに伴い、早ければ来週にも種蒔きするための種を購入しました。

 

その他にも、栽培に必要な培養土や肥料、防虫ネットなどの備品も

少しずつ用意しているところです。

 

そんな中、夏野菜の種をボチボチ用意していこうかなと思っていて、

まずは一番の本命となる「レジナの種」を買おうかと思っています。

 

私のペットボトル栽培で一番の売りといっても過言ではないほど

この栽培には力を入れているのです。

 

「レジナ」を初めて育て始めたのは今から4年ほど前のことでして、

鉢植え専用ミニトマトである「レジナ」に実を付けてくれるのかが

不安でいっぱいでした。

 

実際のところ、下の写真に示すとおり実を着けてくれて

たくさん収穫できたことを今でもよく覚えています。

レジナの種01

 

今年もあのときの感動を味わいたいと思い、さらに改良を加えた

栽培技術を駆使して「レジナ」を育てたいと思います。

 

この「レジナ」なんですが、以前は黄色い実を付ける品種がありまして、

過去にも育てたことがありました。

レジナの種02

 

これは「レジナエロー」という品種なんですけど、

園芸店やホームセンターなどで簡単に入手することができない

稀少な品種なのです。

レジナの種03

 

このため、私が育てたときはネットで注文して買いました。

 

今回もこの「レジナエロー」を育てようと思い、

ネットでの注文を試みたのですがなぜか販売中止になってしまい、

新たに入手することが極めて難しいものになってしまったのです。

 

私としてはもう一度一般的な赤い「レジナ」と黄色い実を着ける

「レジナエロー」を並べてみたいと思っています。

 

なぜなら、ご覧のとおり大変キレいなんですよ。

レジナの種04

 

これをもう一度再現したいと思うのですが、

今の状況では極めて入手困難でどなたかが「レジナエローの種」を持っていて

お譲り下されば実現できるのですが...

 

これからも色々な種を買いたいと思うのですが、

今は「レジナエローの種」がめちゃくちゃ欲しいです!!

2014.03.15

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
15

[ソラマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続く中、順調に生長を続ける「ソラマメ」は分枝が始まり、

今後の生長に期待が強まる存在となりました。

 

そんな「ソラマメ」は栽培開始から83日目を迎え、

いつものように様子を見てみることにしました。

 

すると、そこには目を疑うような姿がありました。

下の画像に示すとおり、茶色く枯れ果てた「ソラマメ」の姿が...

ペトさい(ソラマメ)31

 

あまりの変わりようにしばらくフリーズ状態で、

なぜ枯れてしまったのかを考えることができずにいました。

 

簡易温室内で育てていたことから気温が屋外よりも高かったからなのか、

それとも、水やりに問題があったのかは分かりませんが、

このような状態になったのは重大なミスをしたことに間違いありません。

 

不幸中の幸いというべきなのか分枝した芽のほうは元気なご様子で、

枯れていなかったことに最後の望みをかけることにしました。

 

栽培開始からちょうど90日目を迎え、

「ソラマメ」は完全に茶色く枯れ果ててしまい、

分枝した芽も少し黄色みがかっていて怪しい状態になっていました。

ペトさい(ソラマメ)32

 

さらに一週間が経過しますと、

「ソラマメ」の分枝した芽は一段と黄色みがかるようになり、

葉も少し縮んでしまったように感じます。

ペトさい(ソラマメ)33

 

本枝が完全に枯れ果ててしまっているため、

分枝した芽の方に多少なりとも影響が及んでいるのかもしれません。

 

このままでは今回の栽培を断念せざるを得なくなりそうです。

 

最後に、ソラマメの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ソラマメ)10

 

また、これからソラマメを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
14

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

この栽培を開始以来初めて適果という作業を行った「採種イチゴ」栽培。

 

適果した実は小さく一個だけでしたのでそのままお口にペロリ。

ちゃんとイチゴの甘みがあって美味しく頂きました。

 

そんな「採種イチゴ」の適果から8日が経過しました。

 

「採種イチゴ」の子株はパッと見した限りでは

生長の変化がないように見えたのですが、

近くに寄って見てみますと、新たに白い花が咲いているものや

人工受粉して実が大きくなっているものがあり、

順調に育っているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)84

 

一方、孫株のほうは以前に比べると葉色が黄色みがかっているように感じ、

一部の葉については茶色く枯れているものが見られました。

ペトさい(採種イチゴ)85

 

これまで順調に生長していたので、この変わりようは少し心配です。

 

葉が黄色みがかっていましたので葉の生育を良くする'発酵油かす'

一摘み与えて様子を見ることにしましょう。

 

栽培開始から451日目を迎え、「採種イチゴ」たちの様子を見ました。

 

子株は全体的に草丈が伸び葉も大きくなっていて、

新たに出た芽が伸びて鉢からはみ出ていました。

ペトさい(採種イチゴ)86

 

また人工受粉して結実した実は微妙なペースで大きくなっていて、

順調に生長している様子は伺えました。

 

厳しい寒さが続いているにも関わらず元気に育つ子株とは対照的に、

孫株のほうはさらに葉の枯れ具合が拡大していて、

8日前に見たときは青々としていた葉が茶色く枯れかかっていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)87

 

'発酵油かす'を追肥しているので少しは良くなると思っていたのですが、

実際には悪化の一途を辿っており、最悪な状況になってきました。

 

そんな中、株元付近には白い花がかわいらしく咲いました。

 

孫株にとっては最初で最後になるかもしれませんが、

元気に生長してくれることを願って人工受粉をしました。

ペトさい(採種イチゴ)88

 

なんとか、元気な姿を見せてくれるといいのですが...

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
13

[] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、作付け

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、作付け計画表を最新のものに更新しましたが、

その流れを受けて早速、春夏向け栽培で使用する種を買ってきました。

 

野菜の種を買うと早く蒔きたくなるのですが、

種以外にもペットボトル鉢や培養土なども用意しないといけないので、

準備することがまだまだあるのです。

 

今回買った種は葉菜類から根菜類まで計6種類です。

色々な種01

 

ん?

6種類って一つ多い気がするのですが、気のせいでしょうか。

気のせいなどではありません。

 

私の悪い病気のせいで作付け計画表にはない種を買ってしまったのです。

 

余計な種とは何かについては皆さんで探してみてほしいのですが、

やはり、種蒔きシーズンになると色々な野菜を育てたくなるのは

仕方のないことではあるのですけど…。

 

とはいえ、無計画に育ててしまうと後々栽培の管理が大変になりますので、

よく考えて買わないといけませんね。

 

って、なんだか説得力のない話をしてしまいスミマセンでした。

 

今後はこれに懲りずに野菜の種を買い続けます(ウソです)

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
12

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ブログ更新、ランキング

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

ブログ記事を毎日更新することを宣言してから早一週間が経ちました。

 

相変わらず、拙い文章を書き連ねてしまいお恥ずかしい限りですが、

皆さんからのお気遣いのお言葉を多数頂き、なんとか持続できています。

 

本当にありがとうございます。

 

また皆さんからの温かいコメントと同時に、

ブログランキングへの応援クリックもして下さり、

おかげさまでブログ村のプランター菜園ランキングで

2位に入ることができました。

 

まだまだ本調子ではありませんが、

今後も引き続き、ブログ記事を毎日更新していきます。

 

ただ今までとは異なり、ツイッターの呟きのような

少しざっくばらんな話もしたいと思っていますので、

よろしくお願い致します。

2014.03.12

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
12

[山東菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

約3ヵ月で収穫することができた「山東菜」は、

収穫するまでの間に間引きを2回行いました。

ペトさい(山東菜)28

 

しかし、これまでの栽培の中で間引きした芽や収穫した「山東菜」の

使い道についてはお伝えしてきませんでした。

 

そこで、今回はこれらの使い道についてお話ししたいと思います。

 

まず、1回目の間引きでは本葉が1~2枚出てきた頃に行ったので、

メインディッシュとなる料理に使うことはできませんでした。

 

このため、少し前菜的な料理として茶碗蒸しに使ってみました。

ペトさい(山東菜)29

 

本当はミツバなどを使うのですが、

間引き菜として活用した「山東菜の芽」も美味しく頂くことができました。

 

続いて2回目の間引きでは本葉が3~4枚に増え、

ある程度の大きさの葉に生長していました。

 

このため、間引いた芽は煮込みうどんに使おうと思ったのですが、

肝心のうどんが冷蔵庫になかったため急遽味噌汁の具に使いました。

ペトさい(山東菜)30

 

ちょっと予定外の使い方をしてしまい残念な気持ちもあったのですが、

これはこれで美味しく頂くことができましたのでヨシとしました。

 

最後に、収穫した「山東菜」ですが、

思っていた以上にたくさん収穫することができましたので、

使い道には少し悩みました。

 

とは言っても、私の中では中華系使いたかったので、

チャチャッとサンマー麺を作ってしまいました()

ペトさい(山東菜)31

 

本当は白菜のほうが食感も楽しめて美味しいのですが、

「山東菜」は白菜の仲間でもあるため作ったのでした。

 

収穫した「山東菜」は葉が柔らかくて少し甘みもあり、

これはこれでアリかなと思いました。

 

というわけで、今回の栽培では色々な料理に使って

「山東菜」の味を堪能することができました。

 

「山東菜」は葉が大きくするために何度かの追肥を要しますが、

初心者でも比較的簡単に育てることができる野菜だと思います。

 

これから「山東菜」を育てたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
11

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

寒さがより厳しさを増す中大きく生長を遂げた「ちょうほう菜」

栽培開始から76日目を迎えていました。

 

「ちょうほう菜」は一段と葉が大きくなり、

葉の数も増えボリュームが増したように感じます。

ペトさい(ちょうほう菜)22

 

毎回見るたびに大きく生長していることが分かると

育てていて嬉しくなりますね。

 

さらに5日が経過しますと、

「ちょうほう菜」はさらに葉のボリュームが増し

ワサワサと茂った状態に生長していました。

ペトさい(ちょうほう菜)23

 

「ちょうほう菜」の特徴とも言えるまん丸い葉はより大きくなり、

キレイな緑色をした葉には害虫が付いている様子はなく

順調に育っている様子が伺えます。

 

さらに一週間が経過し、我が横浜では記録的な大雪に見舞われる中、

「ちょうほう菜」は簡易温室内で元気に育っていました。

ペトさい(ちょうほう菜)24

 

その甲斐もあってか、葉はさらに数を増やしワサワサと茂っており、

どこまで大きくなるのか気になるほどの大きさに生長していました。

 

完全に土面は葉で隠れてしまい、株間も塞がってしまっているため

収穫するときに苦労しそうな予感がします。

 

が、一枚一枚の葉がより大きくなってほしいと願う今日この頃です。

 

最後に、ちょうほう菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ちょうほう菜)08

 

また、これからちょうほう菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
11

[東日本大震災] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、大地震 ボランティア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

あの経験したことのない大地を揺るがした震災から3年が経ちました。

 

この3年という年月は人により感じ方が異なると思うのですが、

私はけして時が経つのが早いとは言えないと思っています。

 

思えば、震災が発生した3年前、私は自宅で仕事をしていたのですが、

地震の初期微動を感じた時は普段と変わらない地震だとなめていました。

 

しかし、普段より揺れの時間が長く尋常じゃないと感じた瞬間、

横揺れが激しくなり半分焦りながらも残りの冷静さで部屋の窓を全開にし、

当時、厳しい寒さが続いていたことから自室に取り込んでいた

ペットボトル野菜たちを必死にかばっていたことを

今でも鮮明に覚えています。

 

でも、尋常ではない地震の揺れにより立っているのが精一杯で、

一部のペットボトル野菜の鉢を床に落としてしまい、

水やり用に用意していたバケツの水も半分くらい零れてしまいました。

 

落ちた物を拾い集め床を掃除している間にも激しい揺れの余震が続き、

地震で停電になってしまったことからテレビやネットを使うことができず

ラジオだけが情報源だったことも記憶しています。

 

あの震災の甚大な被害の数々を知ることになったのは

震災のあった当時の夜のことで、テレビを付けたときは

まるで映画を見ているような錯覚に陥り、

しばらくの間現実に起きたことを理解できずにいました。

 

あの震災が発生した当初はボランティア精神MAXで

被災された方々のためにできることを考え、取り組んでいました。

 

が、今では非常に情けないことに

被災された方々への手助けをしたい気持ちは持ちつつも

行動が伴っておらず、本ブログと同様の体たらくぶりです。

 

つい先日、ネットニュースの記事で東日本大震災の被災地に入る

ボランティアの人数が現在では発生時の1割強に激減しているとのことで、

この震災のことを風化させてはならないといっている中、

風化の一途を辿っているのではないかと感じてしまいました。

 

実際にはまだ復興が思うようには進んでいないものの、

少しずつ前進しているようですのでボランティアの人手が減るのは

仕方のないことですね。

 

なんだか、私自身も震災のあった当時はペットボトル栽培で

被災された方々にできることがないかと考えた末、 

取り組みの一つとして、某園芸誌での掲載をさせてもらいました。

 

基本的に、私が取り組むペットボトル栽培は環境活動の一環として

行っているものですので、前述のネットニュースの記事を読んだときに

震災当時に感じたボランティア精神が薄れていることに気づき、

これではいけないという思いを強く持つようになったことから

先日のご報告の通り、本ブログの毎日更新を宣言しました。

 

三年前の今日に東日本大震災が発生したからというわけではありませんが、

私にしかできないことを少しずつ前に進めつつ、

被災された方々に楽しんでもらえるような栽培をご提供したいと

強く思う今日この頃です。

 

改めまして、東日本大震災により被災された方々が

一日も早くごく普通の生活を送れるようになりますことを祈り、

心よりお見舞い申し上げます。

2014.03.11

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
10

[春菊] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続く中ぐんぐんと大きく生長する「春菊」

栽培開始から89日目を迎えていました。

 

下の写真をご覧の通り、「春菊」は一段と草丈を伸ばし葉も大きくなり、

そして、新たな葉も続々と出てきていたのです。

ペトさい(春菊)27

 

草丈は5~7(cm)伸びて目測で1520(cm)ほどあり、

「春菊」の生長ぶりには驚かされます。

 

ただ、草丈が伸びたことで見た目にどこか頼りなさを感じますが、

現時点で順調に育っていることを考えますと

株の先端を摘心し葉数をさらに増やすようにするのが良さそうです。

 

摘心とは株の先端にある花芽を摘み取ることで側枝を伸ばし、

よい花や実を着けるために行う処置のことです。

 

今回の「春菊」栽培では株ごと収穫することができるのですが、

収穫を長く楽しみたいので摘心を行うことにしました。

 

「春菊」を摘心する目安は主枝の草丈が1520(cm)になったら行います。

 

よって、現在栽培中の「春菊」はこの条件に当てはまりますので、

収穫を兼ねて主枝を摘心することにしたのです。

ペトさい(春菊)28

 

早速、「春菊」の摘心を始めたいと思いますが、

摘心する箇所は株の先端から15(cm)ほどのところを

園芸用ハサミで切って収穫します。

ペトさい(春菊)29

 

切り取った「春菊」は大きさ的に小さいながらもちょっとした料理に

使えそうですので、捨てずに活用して下さいね。

ペトさい(春菊)30

 

今回バッサリと摘心しましたので多少なりとも可哀想な気もしますが、

この鬼のような手入れが後々良い結果に導くこととなりますので、

摘心後に葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘み与えて

「春菊」の様子を見守ることにしましょう。

ペトさい(春菊)31

 

最後に、春菊の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(春菊)09

 

また、これから春菊を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今年も色々な野菜を育てたいと考えているのですが、

私が育てたいと思う野菜だけではなく、

本ブログをご覧の皆さんから頂いたご要望の野菜を育てることを

小さな目標としたいと思います。

 

基本は栽培レシピを一つでも増やすことですからね。

 

というわけで、今年も皆さんのご協力の下、野菜投票を開催します。

 

第1回目となる今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

条件として提示していた'カブ'を新たに育てたいと思います。

 

今回育てる「カブ」はプランター栽培に適する小カブではなく、

一般的な大きさのカブも視野に入れて育てたいと考えています。

 

ただ、一般的な白いカブを育てるのでは面白味に欠けるため、

少し変わった品種の「カブ」を育てたいと思い、

下図に示す3品種の候補に挙げました。

野菜投票2014_01

 

()小カブあやめ雪

白と紫の色合いがとてもキレいなのが特徴で、

家庭菜園で小カブを育てている方に人気のある小カブです。

盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり紫色も入るとのことで、

ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。

 

()本紅丸かぶ

寒さに強く生育旺盛でつくりやすく、根の皮から葉、茎まで

鮮紅色の赤カブです。肌はなめらか、根の内部は白色でち密な肉質で

甘みがあり、酢漬け・塩漬けに適し、全体がきれいな紅色になります

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

これらはどれも興味深い品種で一度育ててみたいと思うものばかりで、

皆さんにはこの中から一つを選んで頂くことをお願いしますので

恐縮するところです()

 

ですが、この中から選ばれる品種は皆さんの期待度が最も高いものとなり、

これから育てる私も気合いが入ります。

 

というわけで、上図に示す3品種の中から興味を持ったものを一つ選び、

左カラムの[野菜投票2014~カブ編~]にあるツールから投票して下さい。

(上記の投票ツールにて集計を行うため、コメント欄に投票したい

 野菜を書き込まれた場合は無効扱いとなりますのでご注意下さい。)

 

今回の投票期間は3月9日()~3月22()までとし、

投票結果の発表は3月23()に本ブログ上にて行います。

 

一人でも多くの方にご協力頂きまして、

今回の投票に清き一票を投じて頂けますよう、お願い致します。

2014.03.09

ブログ管理人 M.Ishii


心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、コメント返信

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日のブログの毎日更新を公言した際にお伝えしましたが、

4ヵ月ほど溜め込んでいたコメントについて返答しましたので

お知らせします。

 

今から4ヵ月も前にコメントを入れて下さっているにも関わらず、

ご返答が遅れましたことを改めお詫びいたします。

 

皆さんから頂いたコメントは全て拝読させて頂きまして、

改めて本ブログを応援して下さっていることを痛感しました。

 

それと同時に、コメントを返しているときに感極まりまして、

これからはきちんとした対応を取らなければいけないと思いました。

 

皆さんからのコメントは本当に励みになり、元気をもらいました。

ありがとうございます。

 

最後に、4ヵ月もの間にコメントをされていることもあり、

コメント投稿したことをお忘れの方も少なくないと思いますので、

以下にコメント投稿の対象となる記事と投稿者を示します。

 

12/ 3 「ちょうほう菜」が発芽しました!!

 (投稿者):旋次郎さん、ねいみゅさん、ワビイさん、

      sano-jiさん、marupotetoさん

 

12/12 「時なし小カブ」を収穫しましょう!!

 (投稿者):ワビイさん、marupotetoさん、旋次郎さん、

      お兄さんさん、てつさん

 

1/ 4 あけましておめでとうございます!!

 (投稿者)marupotetoさん、ワビイさん、旋次郎さん

 

1/12 「ミニ大根」の一回目の間引きを行いましょう!!

 (投稿者):旋次郎さん

 

1/18 「ベビーキャロット」は収穫間近です

 (投稿者):旋次郎さん

 

2/ 5 「ベビーキャロット」を収穫しましょう!!

 (投稿者):旋次郎さん

 

3/ 6 気持ちを入れ替えて、ブログを書き続けます!!

 (投稿者):旋次郎さん、ワビイさん

 

3/ 8 「小松菜」は収穫間近かな?

 (投稿者):葉っぱさん

 

10/14 「採取イチゴの種」を蒔きましょう!!

 (投稿者):畑大好き爺さんさん

 

今後とも、本ブログをご覧頂けますようよろしくお願い致します。

2014.03.09

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[作付け計画] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、種蒔き

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

まだまだ寒い日は続いておりますが、

3月に入り、春夏向け栽培の季節がやってきました。

 

この時期は秋冬とは違って果菜類から根菜類まで

バラエティーに富んだ野菜を育てることができますので、

何を育てようか考えるだけでもワクワクしてきますよね。

 

そんなワクワク感に浸っているときは野菜を育てたい気持ちが

高揚しますので、無計画に色々な野菜に手を出しがちになり、

注意が必要です。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、

私はホームセンターに行くのが好きで時間のあるときには

近所に数店舗あるホームセンターによく寄ります。

 

主なお目当てはDIYや自転車関連などですが、

もちろん園芸関連も物色しているのでこの時期は目移りするものが多く、

無計画に種や苗などに手を出してしまう誘惑との闘いです()

 

そのようなことをできるだけ避ける意味もありますが、

野菜を育てる際には育てる場所や栽培期間を決め、

大まかな計画を立てることが重要です。

 

私の場合は毎月末に栽培計画を見直していまして、

本ブログでも公開している「作付け計画」を立てています。

 

ご参考までに最新の「作付け計画」を以下に示しますが、

昨年秋冬に育ててきた野菜は続々と収穫していることもあり、

現在栽培中の野菜は最盛期の半分以下に減ってしまいました。

Petsai_Plan.png

[画像クリックで拡大します]

 

このため、これから育てる予定(候補)の野菜を列挙し、

大まかな栽培計画を立ててみました。

 

現在予定している野菜は'べんり菜''わさび菜''赤葉チマサンチュ'

'五寸ニンジン''カブ''スナップえんどう'です。

 

これに加え、春夏向け栽培の第一弾として'レジナ''ミニきゅうり'

'青しそ''つるなしインゲン'を予定しています。

 

これらの中で'カブ'については育てる品種を3品種に絞っているのですが、

いずれも興味深いものばかりで決めるのが困難を極めています。

 

そこで、旧ブログをご覧の方はご存知かもしれませんが、

久々に皆さんに育てる野菜を決めて頂く「野菜投票」を開催し、

育てる'カブ'の品種を決定したいと思っています。

 

野菜投票の詳細については後ほど本ブログにて告知しますが、

毎回悩ましいものばかりを候補に投票しておりますので、

皆さんにはご負担をお掛けし申し訳なく思っております。

 

ですが、協力して何か一つの物を作り上げるのは楽しいものですので、

ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

少し話が脱線してしまいましたが、

野菜を育てるなら楽しみながら育てたほうがよいと思いますので、

育てる野菜の時期や場所を考え、無理のない作業を行えるような

計画を立てるように心がけましょう。

 

私自身に言い聞かせる意味でもホームセンターで目移りして

興味を持ってしまったものをホイホイ買って仕舞わないように気を付けます。

2014.03.09

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
08

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

間引きしてからぐんぐんと大きく生長する「小松菜」

早くも栽培開始から62日目を迎えていました。

 

そんな「小松菜」の生長は止まることを知らず、

葉が7~10(cm)ほどの大きさに育っていたのです。

ペトさい(小松菜)22

 

しかも未だに害虫による食害の痕跡は見当たらず、

キレイな緑色の葉をしていたのです。

 

「小松菜」が厳しい寒さに耐えながらも元気に育っている姿を見ると

育てているものとしては嬉しくなります。

 

栽培開始からちょうど70日目になりますと、

「小松菜」は一部の葉に萎れているものが見られましたが、

殆どの葉はさらに大きくなり新たに出てきた葉が増えたことで

株にボリュームが出てきました。

ペトさい(小松菜)23

 

さらに8日が経過しますと、

「小松菜」さらに2~3(cm)大きくなり、順調に生長していました。

ペトさい(小松菜)24

 

まだ収穫するには葉の大きさがあと5(cm)ほど必要となりますので、

葉の生育を促進する'発酵油かす'を一摘み与えておきましょう。

 

「小松菜」が順調に育ってくれれば収穫もそう遠くない日に行えそうです。

 

それでは最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
07

[パセリ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、パセリ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さに耐えながらも順調に葉を増やす「パセリ」

栽培開始から109日目を迎えていました。

 

「パセリ」は照れ屋さんなのか皆そっぽを向いていますが、

アングルを変えると草丈が5~7(cm)ほどに伸び、

葉も収穫できそうな大きさに育っていることが分かります。

ペトさい(パセリ)24

 

このまま放置して葉数を増やすことはできますが、

葉が固くなってしまいますのでこの段階で収穫することにしましょう。

 

今回の収穫はこれまで同様に小さくて若い葉を数枚残すようにして

園芸用ハサミで収穫します。

ペトさい(パセリ)25

 

若い葉を数枚残すことで新たな葉が出てくるようになり、

長い間収穫を楽しむことができます。

 

今回収穫した「パセリ」は少し小振りでしたが、

ちょっとした料理に使いやすそうですね。

 

今回の収穫で再び寂しい姿に戻ってしまいましたが、

新たな葉を出しやすくするためにもお礼肥として葉の生育を促す

'発酵油かす'を一摘み与えておきましょう。

ペトさい(パセリ)26

 

最後に、パセリの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(パセリ)09

 

また、これからパセリを育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金