--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

12月
01
12/ 1 急展開?! 「正月菜」の身に何が起きたの?

[正月菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(正月菜)01

 

前回、大きく生長したので元気そうな芽を数本残して間引きした、

正月菜の「ショウちゃん」は栽培開始から28日目を迎えていました。

 

間引きした時には双葉とほぼ同じ大きさだった本葉は、

比べものにならないほど大きくなり、葉の色も良くなってきました。

ペット栽培III(正月菜)13

 

少しずつ冬に近づいているのを感じる中、

「ショウちゃん」は順調に育っているようですね。

 

しかし、この状態が長く続かないことをまだ知る由もなく...


栽培開始から35日目

気温も10℃を下回るようになり、秋から冬に移り変わったようです。

 

毎朝布団から出るのが億劫になるほど寒い毎日を迎える中、

ペットボトル菜園で育つ野菜たちは厳しい寒さに耐えていることでしょう。

 

そろそろ、防寒してあげないといけないと思い、

「ショウちゃん」の様子を見てみたところ、

これまでのような元気な姿はなく、葉が萎れて黄色く変色し、

一部の葉は枯れているものがあったのです。

ペット栽培III(正月菜)14

 

この一週間に「ショウちゃん」の身に何があったのかは分かりませんが、

少なくとも厳しい寒さの影響で、

「ショウちゃん」は衰弱してしまったのかもしれません。

 

栽培開始から一ヵ月以上が経過しているため、

発酵油かすを追肥するついでに、

徒長気味だった「ショウちゃん」に土寄せしようとしたとき、

とんでもないことが起きました。

 

それは、「ショウちゃん」の根が浅くちゃんと根付いていないために、

スポッと抜けてしまったのです。

ペット栽培III(正月菜)15

 

手を添えただけでほとんど力を入れていないのに、

「ショウちゃん」が抜けてしまったことは大変ショック!!

 

正月のお雑煮に使う目標が費えてしまったことは残念ですが、

この出来事で「ショウちゃん」が衰弱した理由が分かりました。

 

葉物野菜は基本的にしっかりと根付かせないと大きく生長させられず、

根付かせるためには地温を生育適温程度に保っていないといけません。

 

今回の場合、ワラを敷いて保温効果を高めていましたが、

それ以外の防寒対策はしていませんでした。

 

そのため、温度計で地温を測ってみたところ12℃しかなく、

とても根の生長を促進させることができる環境ではありませんでした。

 

つまり、今の状態では「ショウちゃん」を復活させることは難しく、

これから新たに種を蒔いて育てるにしても

土の温度を保てる環境を用意しないといけないのです。

 

さて、どうしましょう。

このような形でこの栽培をチャンチャンと言って

幕を閉じるわけにはいきません。

 

前述したように、正月にお雑煮に使うという夢はなくなりましたが、

私はここで諦めることが出来ませんでした。

 

リベンジを果たすための一つの策としては簡易温室を用意し、

その中で育てるという方法をとりたいところです。

 

しかし、肝心の簡易温室は骨組みが錆び付いていたこともあり、

引越しの際に処分してありません。

 

このため、新たな簡易温室を購入するまでの間、

色々な知恵を絞って、新たな'正月菜'栽培を始めることにしました。

 

まず、新たに始める栽培では'ツインペットボトル鉢'を使い、

前回は一鉢に4株育てようとしましたが、

今回は2株に減らし鉢の数を倍に増やしました。

 

そして、新たに蒔いた種を発芽させるまでの間は、

ペットボトル鉢の縁にラップをして保温効果を高めるようにしました。

 

ラップには予め画鋲などで通気穴を開けていますので、

窒息させる心配はありません。

ペット栽培III(正月菜)16

 

遅れ馳せながら、新たに育てる正月菜のことを

「ショウ吉」と呼ぶことにします。

 

正月菜の発芽日数は地温25℃前後で3~5日程度ですので、

発芽させるまでは日当たりのよい屋内で育てることにしました。

 

種を蒔いてから3日が経過し、

「ショウ吉」の様子を見てみますと、

モヤシのような小さな芽をたくさん出してくれました。

ペット栽培III(正月菜)17

 

なんとか、無事に発芽させることに成功し、

これからは屋外で育てていかないといけませんので、

次なる応急処置的な防寒対策を講じなくてはなりません。

 

次に私が考えたものは、

「ショウ吉」に少し大きめのレジ袋を被せる方法。

 

この方法がどこまで通用するかは分かりませんが、

簡易温室を購入するまでの二週間は耐えてもらわないといけません。

 

「ショウ吉」にただレジ袋を被せるだけでは、

今後の生長に影響が及びますので、鉢の四隅に長さ40(cm)の支柱を立て、

その上からレジ袋を被せ、レジ袋の角をカットして通気穴を作りました。

ペット栽培III(正月菜)18

 

これにより、「ショウ吉」が元気に育ってくれることを願うばかりです。

【次回に続く】

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

私も明日は防寒対策をするつもりです。
雨降らないでね。。。f(^^;)

No title

こんにちは!
地温が根の発育にそんなに影響してくるとは。
でも再チャレンジで見事発芽して良かったですね^^
ショウちゃん残念でしたが・・・
後継のショウ吉には頑張って貰いましょう!

こんにちはo(^▽^)o
プチプチとか、巻きつけとくと保温効果があるのでは?
俺は水耕用にアルミみたいなスポンジのついたやつを巻きつけてますよ。
教えていただいたんですがね(^◇^;)
しょう吉頑張れ〜

akkyanさんへ

いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

ここのところ、急に冷え込むようになり、
明日には我が横浜も初雪が降るとのことです。

なので、この時期の防寒は必須ですよね。

どうか、雨が降らないといいですね(^o^)。

お兄さんさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

そうなんです。
地温は野菜の生長にはとても重要で、
根の発育を促さないと大きく育ってくれないんです。

「ショウちゃん」はご覧の様な結末を迎えましたが、
二代目の「ショウ吉」には頑張ってもらいたいです(^o^)。

ベランダ★ライフさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

基本的に、私のペットボトル栽培では
環境活動の一環として行っていることに加え、
ワンコインで育てることをスローガンに掲げ、
育てています。

ですので、プチプチを巻き付けると
保温効果があるというのは存じていますが、
どの家庭にもプチプチってあるでしょうか?

ご家庭にプチプチがあったとしても、
全栽培にかかる費用はオーバーすると思うので
残念ながら無理ですね。

アルミをペットボトル鉢に巻き付けるというのなら
いいかもしれませんけど、いずれにしても、
二週間後には簡易温室に入れて育てますので、
それまで、「ショウ吉」には頑張ってもらいます。

No title

v-22ご無沙汰しておりました
なんとか復活してきましたw

ショックですね
一か月もの時間・・・取り戻せないけれど、へこまないところがさすがです
こういうことを農家では体験しているんだろうなと思うと、根気強さが大事なんだな、と思い知らされます

うちもまだ種まきできていないものがあります
頑張ります

ではではいつもどおり、ポチっと

葉っぱさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

ご体調のほうはよくなったみたいで安心しました。
でも、あまり無理はなさらないで下さいね。

ショウちゃんが1ヵ月足らずでこのような結末を迎え、
ショックは大きかったのですが、私の不注意が原因でもあるので、
新たな気持ちで「ショウ吉」を育てたいと思います(^o^)。

No title

根腐れとはまた違うのかしら?
急激に寒くなったので生命力の強い野菜も
厳しいのかもしれませんねぇ。。

うちはあまり手をかけてませんが
それが原因で育たないってことになってるのかも(-_-;)
今度はぜひ成功してほしいですね♪

さやちゃんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

原因としては色々考えられますが、
地温が低かったことだけでなく、
さやちゃんが仰る通り、
根腐れを起こしていた可能性はありますね。

如何せん、「ショウちゃん」の栽培に使っている鉢は
新たに作ったペットボトル鉢でして、
排水性に問題があることが後から分かったので...。

今度の「ショウ吉」はかなり神経を集中させて
頑張って育てています(^^;。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金