--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
06
9/ 6 二度目の「バジル」の収穫&摘心

[バジル] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ハーブ

おはようございます、M.Ishiiです。

 

可哀想だと思いつつもバッサリと摘心した「バジル」

一週間が経過しました。

 

早速、「バジル」の様子を見てみますと、

摘心した所から脇芽が伸び、綺麗な葉っぱを5~6枚着けていました。

ハーブのペット栽培(バジルR)28

 

株の先端に集中して葉を着けているため、

強風などに煽られたら茎を折られそうな気がしましたので、

安全な場所に待避させました。

 

栽培開始から53日目になりますと、

「バジル」の葉はさらに数を増やし、ワサワサと茂っていました。

ハーブのペット栽培(バジルR)29

 

近くに寄って見てみますと、

摘心した箇所からキレイに二つに枝分かれしていて

それぞれの枝に葉を着けていました。

 

葉の大きさもちょうどよく二度目の収穫をすることにしました。

 

が、葉を収穫するだけでなく、

葉数をさらに増やすために摘心も行いました。

 

今回の摘心は枝分かれした所から枝を数えて

3~4本目のところを剪定します。

ハーブのペット栽培(バジルR)30

 

よって、上図の点線部分に園芸用ハサミを入れ、摘心しました。

ハーブのペット栽培(バジルR)31

 

またもやバッサリと剪定した上に収穫できそうな葉も採りましたので、

まるで毛を刈った羊のような寂しい姿になってしまいました。

 

鬼のような手入れをしたことに可哀想な気持ちを感じますが、

この荒作業がよい結果を導くことになりますので少しの辛抱です。

 

最後に、バジルの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ハーブのペット栽培(バジルR)07

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

お久しぶりです。
ほんと、間引きや摘心は心が痛みますよね(^^;)。
これだけはなかなか慣れませんね...

No title

バジルは摘心&収穫で、どんどん増えて行きますね。
寂しい姿になったかも知れませんが、すぐにワサワサになりますよ♪
我が家は花穂が付き始め、終盤を迎えています。

No title

わが家でいろいろハーブを育てていますが
このバジルが一番重宝してます。
育てるのは難しいと聞いていたのですが
(虫に弱いなど)ほぼ雑草状態でワッサ。ワッサ。
香りもいいし、いまはメニュー開発を頑張ってます。
花がとってもとっても咲きまくってくるのですが
どの時点で終わりとなるのでしょう?

TOTOさん、お兄さんさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●TOTOさん
 お久しぶりです。
 
 いつも間引きや摘心するときは
 今後の生長のために必要なことはわかっていても
 躊躇してしまいますね。
 
 私もこの作業だけは抵抗がありますね。


●お兄さんさん
 そうですね。
 
 収穫や摘心を繰り返すことで
 どんどん増えることは嬉しいのですが、
 やはり可哀想なことをしたかなと
 少し感情が入ってしまいます(^^;。

marupotetoさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

仰る通り、バジルはハーブの中でも
パセリに次いで重宝していますね。

育てるのはそれほど難しくなく、
あまり手をかけなくても育ってくれるので楽ですよ。

バジルの花が咲き始めたら終盤戦に突入ですが、
花が咲きまくっているのでしたら
後は種を採るまで見守るだけですね。

なんだか、marupotetoさんのバジルは
種をたくさん採れそうですね(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金