FC2ブログ
--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

07月
19
7/19 「キャベツの芯」栽培(2)

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証したいこの企画。

 

今回は、この企画のメインとなる「キャベツの芯」

栽培するための準備作業についてお伝えしたいと思います。

 

早速、この企画のために、

近くのスーパーで1玉のキャベツを購入!!

キャベツの芯栽培02

 

まずは、「キャベツの芯」を栽培するために、

スーパーで購入したキャベツを下の写真に示すように、

縦、横ともに約2~3(cm)高さ10(cm)くらいの大きさに

芯が残るようにカットしました。

キャベツの芯栽培03

 

'キャベツの芯'を取り除くために

キャベツの葉の部分をカットしたのはいいのですが、

正直なところ、キャベツの葉の部分の使い道については

まったく考えおらず、結構な量になってしまったキャベツを

どのようにして使おうか悩む私...

 

しかし、もう一つのブログで環境問題を語っている私が

このキャベツを無駄にするわけがなく、

ちゃんと、焼きそばや鮭フライのつけ合わせ、

私の好きなインスタント麺の具材用の野菜炒めなどに使い、

なんとか3日間で使い切ることができました。

キャベツの芯栽培04

 

ところで、今回の「キャベツの芯」栽培における

一連の流れについて、ご説明します。


まずは、先ほど一玉のキャベツから取り除いたキャベツの芯を

小さめの容器に入れ、少量の水を与えて育てます。

 

やがて、キャベツの芯から大きな葉がつくようになり、

小さめの容器からはみ出るほどに大きくなっていくようです。

 

この状態になったら、第二段階である[植木鉢での栽培]

移行し、ペットボトル鉢に移植したキャベツの芯を

苗に仕立てることになります。

 

そして、ある程度キャベツの苗に仕立てることができたら、

最後の[第三段階・直植え]に移行し、一玉のキャベツに

育てあげるという流れになります。

 

さて、先ほど取り除いた「キャベツの芯」は、

ペットボトル鉢の製作で余った容器を使うことにしました。

(本来は、市販のプリンの容器などを使ったほうがよいです。)

 

「キャベツの芯」を小さなペットボトル鉢の中に、

立てかけるように入れた後、

水を深さ1.01.5(cm)位まで入れて、

今回の栽培の準備は完了しました。

キャベツの芯栽培05

 

これより、「キャベツの芯」の先端から小さい葉っぱが

出てくるまで、水を交換しながらこの鉢で育てていきます。

 

果たして、「キャベツの芯」は腐ることなく、

無事に育ってくれるのかが楽しみです。

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金