FC2ブログ
--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
03
4/ 3 「キャベツの芯」栽培(20)

[キャベツ] ブログ村キーワード:食育、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツを育てることが

できるのかを実証するこの企画。

 

前回、何者かに食べられた「三代目キャベツ」の葉は、

マルチングを施したことにより少しずつではありますが、

復活の兆しを見せ始めました。

 

元々は何者かによる食害から「三代目キャベツ」を守る目的で

マルチングを施したのですが、防寒対策にもなったことが

功を奏したのではないかと思います。

 

「三代目キャベツ」は栽培開始から85日目を迎え、

マルチングによる効果もあって元の状態に戻りつつありました。

キャベツの芯栽培69


栽培開始から92日目になりますと

「三代目キャベツ」ほぼ完全復活した状態になり、

これから一玉のキャベツに育ってくれることを願うばかりです。

キャベツの芯栽培70

 

ただ、完全復活したと言っても一つ気になることは

下のほうの葉が黄色く変色していて、

このことが今後の「三代目キャベツ」の生長に

影響しないとよいのですが...

 

一方、「紫キャベツ」のほうは栽培開始から97日目を迎え、

葉が少し大きくなったように感じますが、

ペットボトル鉢で育てたときのような生長ぶりは見られませんでした。

キャベツの芯栽培71

 

マルチを施したことで幾分寒さを和らげることは

できたと思ったのですが、しばらくの間は忍耐強く

育てていかないといけないようです。

 

栽培開始から112日目になりますと、

「紫キャベツ」は一段と葉数を増やしていて、

株が一回り大きくなった印象を受けました。

キャベツの芯栽培72

 

しかし、大きくなっているとは言っても、

依然として、ペットボトル鉢で育てていたときのような

飛躍的な生長は確認できませんでした。

 

そして、栽培開始から125日目

「紫キャベツ」は目立った生長の変化が見られませんでした。

キャベツの芯栽培73

 

マルチングしたことによる保温効果を期待していたのですが、

ここ最近、雨が降り続いて日照時間が短くなったことに加え、

気温も真冬並みに寒くなっていたこともあって、

大きくなれずにいたのかもしれません。

 

「紫キャベツ」に限った話ではありませんが、

どの植物も、光合成を行うことにより生長するわけですから、

日照時間と適度の水分、土の三大栄養素の条件が揃わないと、

今後の「紫キャベツ」の生長は困難を極めるかもしれません。

 

さて、話を「三代目キャベツ」に戻しましょう。

 

「三代目キャベツ」は栽培開始から99日目を迎え、

たった一週間しか経過していないにもかかわらず、

飛躍的に大きくなっていました。

キャベツの芯栽培74

 

しかし、「三代目キャベツ」をよく見てみると、

葉の生え方が以前とは違い、一枚の葉が小振りで、

芯を包み込むように生えていないのです。

 

なんだか怪しい雰囲気を感じたのですが、

栽培開始から105日目その予感が的中してしまいました。

キャベツの芯栽培75

 

もはや、キャベツの面影はほど遠く、

私が想像し得ない姿に変わり果ててしまい、

一玉のキャベツなどになるはずもありません。

 

これまで様々な難局を乗り越えてきた「三代目キャベツ」ですが、

またしても失敗に終わってしまうことは残念でなりません。

 

「三代目キャベツ」よ、お前はどこへ向かおうとしているの?

 

次回、変わり果てた「三代目キャベツ」がさらに進化する?!

次回に続く 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金