--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
28
8/28 「芽キャベツ」の一回目の間引きを行いました!!

[芽キャベツ] ブログ村キーワード:オゾン層破壊、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)01

 

前回、小型ペットボトル鉢に蒔いた種から発芽した、

芽キャベツの「きゃべみ」は栽培開始から9日目を迎えました。

 

「きゃべみ」は蒔いた種全てから発芽し、

光合成した双葉を広げていました。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)08

 

栽培開始から17日目

「きゃべみ」は厳しい暑さにも関わらずあまり徒長せず

順調に育っているように感じます。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)09

 

草丈は1(cm)ほど伸び、葉の方も双葉が2倍くらいの大きさになり、

双葉と同じくらいの大きさの本葉も一枚出てきました。

 

立派な苗を育てるためには色々と手間をかける必要がありますが、

その中でも、間引き作業が重要なポイントになります。


というのも、間引き作業が遅れてしまうと、

生長した葉が重なり合って株に日光が十分に当たらず、

徒長の原因になってしまうのです。

 

このため、間引き作業は株の生長を見ながら

数回行う必要があります。

 

一回目の間引きは播種後7~10日ほどで、

双葉が少し大きくなってきたころが目安となります。

 

順調に育っている「きゃべみ」ですが、

一回目の間引きの条件に当てはまります。

 

「きゃべみ」を見たところ、双葉が重なり合ってはいませんが、

このタイミングで生育の悪そうな株を間引きします。

 

今回の間引き作業では、各株が密集していることもあり

強引に引き抜くことはせずに、

生育の悪そうな株の根元を園芸用ハサミで剪定しました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見て、生育の悪そうな株の根元を

 園芸用ハサミを使ってやさしく剪定する。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)10

 

今回の間引き作業では元気そうな二株を残し、

生育の悪そうな一株だけ間引きました。

 

間引き作業はもう一回行うことになりますが、

目安としては本葉が2~3枚出てきた頃に行います。

 

「きゃべみ」の生長ぶりから見ると本葉が数枚付くのは時間の問題で、

二回目の間引き作業は近々行いそうな予感がします。

ペット栽培III(芽キャベツ・改)11

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金