--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

07月
01
7/ 1 「わさび菜」栽培の危機

[わさび菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、からし菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は2回目の収穫をした後にお礼肥したことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して再び梅雨らしい天気に戻ったこともあり、

「わさび菜」にとっては生長しやすい気候になったように感じ、

その後の生長が楽しみです。

 

早速、ペットボトル菜園で育てている「わさび菜」」の様子を見てみますと、

いつもとは雰囲気が違う「わさび菜」の姿がありました。

ペトさい(わさび菜)38

 

見た目には葉が少し大きくなり新芽も出ているのですが、

葉の色がやや薄い緑色に変わっていて葉の周りに枯れている箇所が見られ、

明らかに、元気に育っているという印象はありませんでした。

 

葉に異常が見られるため葉の生育を促す'発酵油かす'を与えたいのですが、

一週間前にお礼肥として与えていますのでここで与えることはできません。

 

このまま指をくわえて見ているわけにもいかないのですが何もできず、

3日間だけ様子を見ることにしました。

 

栽培開始から59日目を迎え「わさび菜」の様子を見てみますと、

葉がやや下を向いておりさらに元気が失われたような姿になっていました。

ペトさい(わさび菜)39

 

葉の状態を見てみますと、

葉色は黄色みがかり枯れていた箇所が広がっており、

実際に葉を触ってみると固くなっていました。

 

しかし、不幸中の幸いにも脇芽から新たな葉が出てきており、

これまでとは違う育て方をすれば再起できるように感じました。

 

いずれにせよ、枯れかかっている葉は速やかに剪定する必要があるため、

園芸用ハサミを使って剪定することにしました。

ペトさい(わさび菜)40

 

剪定した葉は病気になっている可能性があるため廃棄処分しました。

 

剪定した「わさび菜」は小さな葉を数枚残した状態のため、

これらの葉が病気にならずに大きく育ってくれるかが気になるところ。

ペトさい(わさび菜)41

 

「わさび菜」が再起をかけて大きく生長するか、

逆に大きく育つことなく枯れ果ててしまうかは神のみぞ知るところであり、

この栽培の存続をかけた観察が始まるのでした。

 

最後に、「わさび菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「わさび菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・本葉の大きさが1015(cm)くらいになった頃を目安に収穫する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(わさび菜)42

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★わさび菜の栽培データ★

ペトさい(わさび菜)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

こんにちは(^∀^)
わさび菜の葉っぱ気になりますねぇ~(;´д`)これで新芽がしっかり成長してくれるといいですね~∩^ω^∩

No title

病気の葉っぱはいち早く取り除くことなんですね。
ウチのキュウリやカボチャはうどんこ病だらけです。でも全部取ってしまうと葉っぱがなくなってしまうかも。

ちぃとんさん、旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●ちぃとんさん
 
 わさび菜はかなり危険な状態でして、
 実のところ、新芽も少し枯れているところがあって
 今後の栽培にあまり期待を持てません(T_T)。
 
 
●旋次郎さん
 
 どの野菜にも言える話ですけど、
 病気になった葉は早めに剪定することが大事です。
 
 しかし、キュウリなどの場合はある程度葉を残す必要があるので
 たとえば、ウドンコになった時は難しい選択が迫られますね。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金