--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

12月
27
12/27 リベンジなるか?「わさび菜」の収穫

[わさび菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットシア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は二度目の間引き後に行った追肥の効果が少しずつ出てきたのか、

草丈がいい感じに伸びて葉も数を増やして大きく生長し、

順調に育っていることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から46日目を迎えた「わさび菜」

さらに葉が大きくなり、生長の勢いは止まることを知らない様子でした。

ペトさい(わさび菜・改)34

 

近くに寄って見てみると、10(cm)近くの大きさの葉が目立つようになり、

新たに出てくる葉も数を増やしていました。

 

さらに一週間が経過しますと、

「わさび菜」一段と大きくなり、ワサワサと茂っていました。

ペトさい(わさび菜・改)35

 

大分冷え込んでくるようになり、

「わさび菜」にとっても過酷な栽培条件にあると思うのですが、

そのようなことはお構いなしなのか殆どの葉が15(cm)ほどの大きさがあり、

見た目にも収穫できそうな感じがしました。

 

というのも、以前に比べて葉脈がくっきり見えるようになったから…。

 

「わさび菜」はあまり欲張って葉を大きくしてしまうと株に負担をかけ

生長しにくくなりますので少し早めに収穫するほうがよいのです。

 

というわけで、今回の栽培では初となる収穫をすることにしましょう。

★収穫のポイント★

・葉の大きさが1520(cm)くらいになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元付近を園芸用ハサミで切り取ること。

ペトさい(わさび菜・改)36

 

今回は初収穫ということもあり収穫量には期待していなかったのですが、

実際に収穫してみると結構な量になりちょっとした料理に使えそうです。

 

さて、初収穫で思い出されるのが、

前回の栽培では思うように収穫することができず、

下図のように株も収穫した葉も寂しいものでした。

ペトさい(わさび菜・改)37

 

これを踏まえると、今回は各段によくなっていることが分かり、

リベンジできたことも一目瞭然だと思います。

 

なんとか、今回の栽培の最大の目的を達成することができましたが、

まだまだ収穫はこれから本番を迎えることになります。

 

よって、今後も多くの葉を収穫できるように育てるために、

お礼肥として'発酵油かす'を一摘み与えておきました。

ペトさい(わさび菜・改)38

 

これでさらなる収穫に期待が持てそうです。

 

とりあえず、今回の収穫では小さめの葉を一株につき数枚残しているため、

順調に育ってくれれば今回よりも多く収穫できるかもしれません。

ペトさい(わさび菜・改)39

 

最後に、「わさび菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「わさび菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(わさび菜・改)40

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★わさび菜の栽培データ★

ペトさい(わさび菜・改)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金