--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

07月
17
7/17 「レジナ」たちに支柱を…

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は二種類の「レジナ」が実を大きくし、

順調に育っていることをお伝えしました。

 

あれから1週間が経過したペットボトル菜園ですが、

肩透かしの台風に翻弄されはしたものの風は強く吹いていたため、

「レジナ」たちの状態が気になるところですので...

 

今日は珍しく黄色い実を着ける「レジナエロー」から先にお伝えしましょう。

 

早速、「レジナエロー」の様子を見てみますと、

横に傾く「レジナエロー」の姿がありました。

ペトさい(レジナ・改)63

 

もしや、強風による影響で倒れてしまったのか心配になります。

 

近くに寄って見てみますと、「レジナエロー」は根こそぎ横に倒れていました。

ペトさい(レジナ・改)64

 

もうレジナエローはダメかもしれないと思われた方、ご安心を!!

 

実は、「レジナエロー」は強風で横に倒れた訳ではなく、

株の上端部に着果していた実が大きくなり、

その重さで横に倒れていたのです。

ペトさい(レジナ・改)65

 

先ほどの写真をご覧になられてもお分かりのように、

株元付近の茎は一つ折れておらず無傷なのです。

 

とはいえ、このままの状態を放置するわけには行きません。

 

本来、「レジナエロー」は支柱を挿す必要のない鉢植えトマトなのですが、

ペットボトルのように細長い容器で育てる場合、

「レジナエロー」の根は横に広がるように張ることができないため、

不安定になってしまい横に倒れてしまうのです。

 

このため、今回の栽培では長さ90(cm)の支柱を株の近くに立てて

「レジナエロー」を支えるように補強したいと思います。

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(90cm)×1、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(レジナ・改)66

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(レジナ・改)67

'レジナエロ―'の周辺に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(レジナ・改)68

'レジナエロ―'の株元から3(cm)のところを「麻ヒモ」で誘引し、

その10(cm)上のところも「麻ヒモ」で固定します。

 

「麻ヒモ」で誘引する際、あまりキツくしないように固定して下さい。

 

この作業が終わったら支柱立ては完了となり、

第4の関門もクリアしたことになります。

ペトさい(レジナ・改)69

 

支柱を立てて補強した「レジナエロー」は正常な姿に戻ることができ、

これからも元気に育ってくれると思います。

ペトさい(レジナ・改)70

 

着果した実は目測で15(mm)ほどの大きさがあり、

あとは黄色く色付くのを待つだけとなりました。

ペトさい(レジナ・改)71

 

もちろん、新たな蕾も大きくなり順調に着果していますので、

こちらの生長も期待が持てそうです。


一方、主役の「レジナ」のほうは一段と草丈を伸ばし

葉数も増えてワサワサとした印象が強くなったように感じます。

ペトさい(レジナ・改)72

 

近くに寄って葉をかき分けるようにして見てみたところ、

開花を始めた蕾や着果した実が鈴なりに成っているのを確認できました。

ペトさい(レジナ・改)73

 

着果した実は「レジナエロー」に比べるとふた周りくらい小さく、

夢の競演には時間がかかりそうな感じがします。

 

「レジナ」に着く実はそれほど大きくないため

株が横に傾くようなことはありませんが、

今後の生長では「レジナエロー」のように横に傾きますので、

早めに支柱を立てて補強しました。

ペトさい(レジナ・改)74

 

そのため、「レジナ」は支柱で補強する前とさほど変わらず、

支柱がアクセサリーのように見えてしまいました。

ペトさい(レジナ・改)75

 

何はともあれ、「レジナ」にも新たに着けた蕾や実がありますので、

夢の競演に向け頑張ってもらいたいと思う今日この頃です。

ペトさい(レジナ・改)76

 

それでは最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナ・改)77

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今回から炭酸水栽培を開始しましたので、

今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにして下さい。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナ・改)18

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

M.Ishiiさん こんにちはー♪

倒れたままでは、根に負担かかっちゃいますもんね。
支柱の支えをしてもらって、レジナイエローも ホッと安心してますよ♪
色づくのも間もなくでしょうかね♪

No title

こんにちは(´▽`*)
お~ポッキンになって無くて良かったね!
支えもしてもらったことだしキット 心置きなく大き
く生長するわよ(^_^)v
イエローの方が育ちがいいのは何か訳でもあるの
かな?
あとは色付きを待つだけ 楽しみがまた増えるわね。
そうだね 夢の競演も楽しみだわぁ♪(^^♪♪

No title

縦長のペットボトルプランターなら、支柱がしっかり立つのですね!
私はいつも、ペットボトルの外側にビニールテープで固定していたのですが、そんな事しなくても良かったんだなぁー(^-^;

レジナ、気温も上がってきたので、きっと一気に色づくと思います。
収穫までもうすぐですね〜♪

らうっちさん、まん丸さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●らうっちさん
 仰る通り、倒れたままだと根に負担がかかってしまうので
 早めに(?)支柱を立ててあげました。
 
 私ができることは水やり時の栽培用炭酸水をあげることだけなので、
 後はレジナエローが黄色く色付くのを見守るだけですね。
 
 早く夢の競演を叶えたいです(^o^)。
 
 
●まん丸さん
 たしかに、水やりをきちんとやっていなかったら、
 ポッキンとやっていたかもしれません。
 
 支柱を立ててあげたので、
 後はレジナエローの頑張りにかかっていますね。
 
 確かに、レジナに限ったことじゃなく、
 実が黄色くなるほうの生長が早いのは気になりますよね。
 
 このあたりは調べてみたいと思います。
 
 まん丸さんも、レジナの夢の競演見たいですよね?
 私も早く見たいです。そのために育ててるんだモン(^o^)。

Naomiさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

ペットボトル栽培の場合、
ペットボトル鉢の形状により支柱を使い分ける必要がありますね。

ペットボトルの外側に支柱を固定するという発想は全くなかったので、
他の栽培で使えるかなと思いましたよ。

でも、ビニールテープで固定するの大変そうですね(^^;。

赤レジナのほうは微妙ですけど、
黄色レジナが色付くのは時間の問題ですね(^o^)。

No title

ハルオです。
いつも、つたないブログを覗いて頂いてありがとうございます。

無事に、まっすぐになって安心です。
僕は心配性のようで支柱を使いまくってます。
オクラにも支柱たててます。あんまり他で見たことないですが^_^;

ハルオさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

ハルオさんのブログ記事は
とても熱心に野菜作りをされているのが伝わるので、
すごく共感できるところがたくさんあります。

オクラに支柱を立てるのは決して珍しいことではなくて、
その株が不安定な場合に支柱を立てることは自然だと思いますよ(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金