--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
22
6/22 最後の「赤葉チマサンチュ」を収穫したんだポン!!

[赤葉チマサンチュ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、京都議定書

ポンポコリン。

いつもブログを見てくれてありがとうなんだポン。

 

おいらはポン吉。人間の言葉が話せるタヌキなんだポン。

おいらの特技は人の真似をすることと、野菜を育てることなんだポン。

 

だから、おいらがM.Ishii親分に変わって「赤葉チマサンチュ」栽培の

お話をするから少しだけ付き合ってほしいんだポン。

 

前回は新たな葉が出ていい感じに大きく育つ一方で

ほんのり赤く色付いていた葉が緑色に戻ってしまうことに悩み、

理想とする「赤葉チマサンチュ」に育つことを期待して

二度目の収穫したことをお伝えしたんだポン。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から148日目を迎えた

「赤葉チマサンチュ」早くも新たな葉が数枚出てきて

ほんのり赤く色付いていたんだポン。

ペトさい(赤葉チマサンチュ)67

 

これまで新しい葉には赤く色付くものが多く見られて、

その度により濃い赤色に色付くことを期待していたんだけど、

結果的に、緑色に戻ってしまってヘコんでいたんだポン。

 

だから、今回は「赤葉チマサンチュ」か赤く色付いても

過度な期待はしないことにしたんだポン。

 

それからさらに一週間が経過して

「赤葉チマサンチュ」の様子を見てみたんだけど、

思っていた通りの結果になっていて悲しかったんだポン。

ペトさい(赤葉チマサンチュ)68

 

上の写真を見ても分かるように

葉は収穫できる大きさに育っていたんだけど、

肝心の葉色のほうは緑色一色に戻ってしまっていて

とても「赤葉チマサンチュ」と言える姿ではなかったんだポン。

 

葉色が悪いと思って葉の生育を良くする'発酵油かす'を与えても

まったく改善する気配を感じず、おいらの育て方の何が悪くて

赤く色付かないのかよく分からないんだポン。

 

このままこの栽培を続けていても結果は同じだと思うので、

おいらは物凄く悔しいんだけど今回の収穫を最後に

この栽培を終わりにすることにしたんだポン。

 

「赤葉チマサンチュ」には収穫できそうな葉をたくさん着けているので、

最後の収穫をすることにしたんだポン。

★収穫のポイント★

・葉の大きさが1520(cm)くらいになった頃を目安に収穫するんだポン。

・収穫するときは株元付近を園芸用ハサミで切り取るんだポン。

ペトさい(赤葉チマサンチュ)69

 

今回の収穫は最後ということもあって小さな葉も収穫したんだけど、

どの葉も張りがなくて緑色をしていたんだポン。

 

だから、まるで一般的な'チマサンチュ'を収穫しているみたいで

悲しかったんだポン。

 

今回、M.Ishii親分が'チマサンチュ'を育てた時みたいに

おいらが「赤葉チマサンチュ」を育ててみたんだけど

思うような結果を出させなくて悔しかったんだポン。

 

見た目には簡単そうに見えた「赤葉チマサンチュ」栽培だったけど、

見よう見真似では上手く育たないことを痛感したんだポン。

 

だから、おいらは友達のキツネのコン太くんと一緒に、

'チマサンチュ'を育てて修行するんだポン。

 

'チマサンチュ'をちゃんと育てることができたら、

もう一度「赤葉チマサンチュ」に再挑戦するから待っていて欲しいんだポン。

 

世の中には'赤いきつね''緑のたぬき'というカップめんがあるように

'チマサンチュ'にも赤と緑色の二種類が存在するから…。

ペトさい(赤葉チマサンチュ)02

 

最後も、カップめん好きなおいらのおかしな喩えでゴメンだポン()

【終わり】

by ポン吉

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金