--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
08
9/ 8 やっと「ベランダきゅうり」を収穫できたよ!バカヤロー!!

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はこれまで小さな実を着けるものの自然消滅してしまうことから、

最後の悪あがきとして'リン酸系肥料'を追肥し、

「ベランダきゅうり」の生長を見守ることにしたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し、

「ベランダきゅうり」は強制撤収を恐れているからか、

葉や花の数が増え黒光りするものが目に入りました。

ペトさい(ベランダきゅうり)78

 

全体的に元気を取り戻したように感じ、気持ち的には期待感を持ちました。

 

株元付近を見てみますと、

これまで上端部から下に垂らしていた子蔓とは別に、

親蔓の脇芽から出る子蔓が伸び少し大きめの実を着けていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)79

 

この実はよほどのことがない限りは大きく育ちそうなので、

収穫に期待が持てそうです。

 

視線を中間部に移しますと一段と葉数を増やし

小さな実をたくさん着けていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)80

 

そして、先ほどから気になる黒光りするものは

一週間前に少し大きくなっていた実が収穫出来るくらいの大きさに育った

「ベランダきゅうり」の姿だったのです。

 

目測で長さ15(cm)、太さ18(mm)ほどの「ベランダきゅうり」が

ようやくできたことに喜びを感じましたが、

あまりにも遅すぎたので第一声は「バカヤロー」でした。

 

この言葉は、本来一ヶ月前にこの大きさの実を着けなければならなかった為

あまりにも実を着けるのが遅かった「ベランダきゅうり」に対し、そして、

私自身の育て方の不甲斐なさから発した言葉だったのです。

 

最後の悪あがきが実を結んだとはけして思いませんが、

結果は結果ですので素直に喜ぶことにし、初収穫をすることにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ15(cm)前後、太さ15(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ベランダきゅうり)81

 

今回収穫した「ベランダきゅうり」はたったの一本でしたが、

今後も期待できそうな実が控えていますので

もう少しだけ収穫を楽しめそうです。

 

本来、「ベランダきゅうり」の収穫後に実着きを良くする'リン酸系肥料'

一摘み与えないといけないのですが、一週間前に与えたばかりですので

今回は見送ることにしました。

 

最後に、上端部の様子を見てみますと青々とした葉がワサワサとしていて、

親蔓はその葉を縫うようにして螺旋状に誘引し、元気に育っていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)82

 

一週間前に確認された実はさらに大きくなっていて、

目測で長さ12(cm)程度、太さ12(mm)くらいあり、

数日後には間違いなく収穫できる大きさに育ちそうです。

 

私の最後の悪あがきがどこまで通用するのかは分かりませんが、

'偶数年のジンクス'を払拭し、最後の大勝負に大喝采といきたいですね。

 

最後に、「ベランダきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ベランダきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓がある程度伸びてきたら螺旋状に誘引すること。

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ベランダきゅうり)83

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちしてベランダきゅうりの生育がよくなります。

 

 

★ベランダきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ベランダきゅうり)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

M.Ishiiさん おはようございまーす♪

焦らされて待たされて綺麗なキュウリが収穫できたんだから、結果オーライですよ。
今年の天候が原因だと思いますよ。
「ありがとう」と声を掛けて、後に続くキュウリを楽しみに待ちましょ♪

No title

キュウリの収穫が羨ましいわ~!
おめでとう!!
私の七夕きゅうりは 結実せず いまだ収穫なし。
あと少ししたら キュウリの形をした物が 見れるかも。

No title

こんばんは。
キュウリおめでとうございます。
今回の「バカヤロー」の言葉に僕は愛情以外の気持ちは感じられませんでしたね(笑)

2本目、3本目・・・どこまで収穫が伸びるか楽しみにしてますね。

No title

おはようございます。

つやつやぴかぴかのきゅうりの収穫 おめでとうございます。

栄養の行き届いていそうな青々とした葉を見ると、栽培がまだしばらく楽しめそうですね。

No title

こんにちは。

キュウリの初収穫おめでとうございます。
M.Ishiiさんの思いが通じたんですね。
諦めなかったから、キュウリもがんばってくれたんでしょう(^o^)
まだまだ株も元気で、あとの続く実もあるご様子なので
これからの収穫が楽しみですね♪

らうっちさん、まん丸さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●らうっちさん
 今回のキュウリ栽培は見事に失敗作だと思っていて、
 今頃になって実を着けていること自体、ダメなんです。
 
 キュウリ栽培だけは好きな野菜だけに妥協できないので
 来年こそはリベンジしたいと思います(^^)。
 
 
●まん丸さん
 一応、キュウリを収穫することはできましたが、
 私の気持ち的には全然納得のいくものではないんです。
 
 本来は一ヶ月前に実を着け、
 収穫できていないといけなかったので…。
 
 う~ん、キュウリ大好き人間の私としては
 七夕きゅうりという企画ではなく、
 普通にキュウリを育ててほしいなぁと思います(^o^)。
 
 そういう意味においてすごく残念です。

ハルオさん、ワビイさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●ハルオさん
 う~ん、あの「バカヤロー」は記事に書いたこと以外にも
 様々な感情が入れ混じった言葉で、
 その中にはもちろん愛情も含まれています(^o^)。
 
 なんとか収穫することはできたものの、
 失敗作であることに変わりがないので来年リベンジします。
 
 
●ワビイさん
 なんとかキュウリを収穫することできましたが、
 けして満足するものではないんです。
 
 失敗作に変わりはないんですけど、
 まだ収穫できそうなので純粋に楽しみたいと思います(^o^)。

ねいみゅさんへ

いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

なんとか、収穫することはできたのですが、
私の栽培管理に問題があったことから1ヵ月も遅れて
収穫することになってしまいました。

そういう意味においては失敗作でして、
来年また、リベンジしたいと思っています。

まずは、収穫できそうなキュウリがまだありますので
楽しみたいと思います(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金