--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
19
9/19 「ベランダきゅうり」はそうじゃないだろう?バカヤロー!!

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はやっと「ベランダきゅうり」を初収穫できたことをお伝えしました。

 

本来なら1ヶ月前に初収穫を迎えていなくてはいけませんでしたので、

収穫した「ベランダきゅうり」のできがよくてもダメなのです。

 

それだけ、キュウリ大好き人間の私には強いこだわりがあり、

キュウリ道を極める者として栽培期間に見合った質の良さを追求するため、

常に厳しくなくてはならないのです。

 

そんな駄作な「ベランダきゅうり」栽培期間から101日目を迎え、

一週間前に比べて若干葉の色が鮮やかになったように感じます。

ペトさい(ベランダきゅうり)84

 

株元付近に寄って見てみたところ、

上端部から下向きに誘引していた子蔓がさらに伸び

長さ4(cm)太さ5(mm)程度の実を着けていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)85

 

栽培期間から見てもそろそろ撤収させたほうが良さそうな時期なのですが、

こうも私の意向に従うように悪あがきをされると、

撤収させたくても撤収できず、収穫させたいと思ってしまいます。

 

なんだかんだ言っても、親バカならぬきゅうりバカな私は

「ベランダきゅうり」を甘やかしてしまうのかもしれませんね()

 

株の中間部を見てみますと相変わらず大きくなった葉が茂っていて、

脇芽から伸びる子蔓がたくさん出ていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)86

 

現在の「ベランダきゅうり」は寿命が近づいているように感じるため、

小さな子蔓を何本も出すだけの力が残っていることに驚かされます。

 

しかし、せっかく出てきた子蔓は今の株の状態では負担がかかり過ぎるため、

剪定して無駄な栄養分の消費を解消させました。

 

ただでさえ、一部の葉には葉焼けの症状が出ており、

長さ4(cm)程度の実も着けていますので、当然の処置と言えます。

 

最後に、株の上端部を見てみたところ、

特別変わったところは見当たりませんでした。

 

というのは嘘で、親蔓は元気に伸びていてたくさんの蕾を持ち、

黄色い花を咲かせていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)87

 

そして、葉に隠れて見えないところにミニきゅうりとは思えない大きさの

どデカい「ベランダきゅうり」がぶら下がっていました。

 

「ベランダきゅうり」の標準のサイズは長さ1013(cm)なのですが、

このキュウリは目測で1718(cm)程度あるため、

如何にどデカいかがお分かりになるのではないでしょうか。

 

キュウリは実が大きければ良いというわけではなく、

口にした時にしっかりとした歯ごたえがあって、

かつ、キュウリに甘みがなければまったく意味を成しません。

 

実際に口にしてみないと分かりませんが、

キュウリ大好き人間である私の経験による見立てでは

「ベランダきゅうり」そのものには甘みがあるものの

サクッとしたイマイチな食感があるように感じています。

 

その理由は実が熟してから少し日が経ってしまい、

実が標準よりも大きくなってしまったから...

 

従って、これ以上この実を放置するわけにはいかないのと、

これからも収穫予備軍と見られる実を着けていることから

これらの実に栄養を行き渡らせるために収穫することにしましょう。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ15(cm)前後、太さ15(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ベランダきゅうり)88

 

今回はもう一つの鉢で育てているほうにも実を着けていたため

一緒に収穫してみたのですが、あまりにも実の大きさが違い過ぎてしまい、

小さな実の方は標準のサイズであるにも関わらず、

こうして並べてみると未熟な「ベランダきゅうり」に見えてしまいました。

 

私の最後の悪あがきがまだ通用しているようですが、

そろそろ、追肥した'リン酸系肥料'の効果がなくなってきていますので、

次の収穫が最後になるかもしれません。

 

最後に、「ベランダきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ベランダきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓がある程度伸びてきたら螺旋状に誘引すること。

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ベランダきゅうり)89

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちしてベランダきゅうりの生育がよくなります。

 

 

★ベランダきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ベランダきゅうり)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

まだ青々とした葉っぱが残っているキュウリってすごいと思います。

旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

私の中では失敗作であるこのキュウリが
ここにきて根性を見せてくれたことに喜びました。

今頃になって実を着け始めるのは遅すぎるのですが、
なんとか、偶数年のジンクスを打ち破ることができそうでよかっです。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金