--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

02月
05
2/ 5 旧正月前に「正月菜」を育てるなんて…

[正月菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

こんにちは、M.Ishiiです。

 

今年の正月にお雑煮にして食べることを目指し、

昨年秋冬向けの目玉野菜として育てた「正月菜」。

ペット栽培III(正月菜)01  

 

ところが、防寒をきちんとやっていなかったことから生育不良を起こし、

栽培開始から1ヵ月足らずで断念し、お雑煮の夢は叶わなくなりました。

 

あれから2ヵ月が経過し、栽培適期となったことから

「正月菜」栽培を再開することにしました。

 

偶然にも、今年の旧正月は2月10日のようで、

「正月菜」とは名ばかりで正月とは全く縁がないですね()

次回に続く

ペット栽培III(正月菜)02  

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

こんにちはo(^▽^)o
正月菜ってがんばってたやつですよね。
今は良い感じに育ってるんですか?
旧正月に食べれれば良しとしましょうよ(笑)
ポチっと

こんばんは。

覚えてます。覚えてます。前回の正月菜。
お雑煮にはこれっ!て感じの野菜。
前回は残念な結果になってしまいましたね。
冬とか夏とか気温が大きく変化する時は
注意が必要なんですね。
わたしも今、実感しています。

ベランダ★ライフさん、marupotetoさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●ベランダ★ライフさん
 アハハ。気合いは入れて育ててましたけど、
 頑張りは今一つでしたね(^^;。
 
 これから、前回の教訓を活かして育てたいと思います。
 今度はそれほど気合を入れずに頑張ります(^o^)。


●marupotetoさん
 覚えていて下さったんですね、ありがとうございます(^o^)。
 
 前回は初めて育てたこともあり、
 やってはいけないことを立て続けにやってしまいました。
 
 今回はその時のミスを改善し、
 新たな栽培環境で育てたいと思います。

No title

確か、種袋には「冬に強い」って書いてあったと思います。
ウチでも全く冬には向かない葉っぱだったと記憶しています。
旧正月に向けて頑張ってください。間に合います?

No title

おはようございます♪
まぁー、そういうこともありますね♪
それぞれの種袋に書かれている収穫開始目処の収穫開始時期なんて、絶対ありえないー。
プロの腕が必要でしょう!と私は思う。

No title

こんにちは。

葉物系もほんと色んな種類があるんですね。

正月菜の画像みる限り、葉が柔らかそうですね。

寒さで生育不良おこしちゃったのは残念ですが、
次こそは元気に育って欲しいですね。

No title

リベンジ栽培頑張って下さいね!
春に正月気分でお雑煮を作ってみては^^

旋次郎さん、らうっちさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●旋次郎さん
 葉物野菜は冬に強いものが多いんですけど、
 さすがに、真冬の寒さには耐えられず生長が鈍化しますね。
 
 今年の旧正月は来週ですから、
 これから種を蒔こうとしているのでまず間に合いませんね(^^;。


●らうっちさん
 う~ん、たしかに種袋に書かれている収穫開始時期は
 あまり参考にはなりませんよね。
 
 私は基本的に、種袋に書かれてる栽培開始時期よりも、
 生育適温を参考にしています(^o^)。

タッキンさん、お兄さんさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●タッキンさん
 仰るとおり、葉物野菜って色々な品種がありますよね。

 正月菜は小松菜に似ているようで小松菜ではなく、
 小松菜よりも葉が柔らかいそうなので、
 早く収穫できるくらいに育てたいです(^o^)。


●お兄さんさん
 特別、これっと言う秘策は用意していませんが、
 リベンジ栽培頑張ります。
 
 仰る通り、収穫した暁にはお雑煮を作りたいと思います(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金