--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
22
9/22 花盛りな「内藤とうがらし」が実を着け始めたよ!!

[内藤とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、伝統野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は株の上端部に続々と着く蕾が大きくなり、

その一部の蕾からキレイな花が咲いたことをお伝えしました。

 

これまでのところ、目立ったトラブルもなく順調に育っており、

あと少しで実を着けるところまで来ましたので、

この調子でこの種を頂いたブログ仲間の葉っぱさん

嬉しい報告ができるように頑張りたいと思う今日この頃です。

 

そんな「内藤とうがらし」栽培開始から95日目を迎え、

草丈はいくらか伸びたように感じますが、

それよりも葉数が一段と増えワサワサとしていました。

ペトさい(内藤とうがらし)54

 

どの部位を見ても葉が生い茂っていて青々としており、

株元付近の葉を掻き分けると小さな蕾がたくさん着いていて、

開花しそうな蕾も多く見られるようになりました。

ペトさい(内藤とうがらし)55

 

株の上端部では青々とした葉をバックに白い花が咲いているのを確認でき、

順調に育っている様子が伺えます。

ペトさい(内藤とうがらし)56

 

さらに6日が経過しますと、

「内藤とうがらし」は若干葉数が少なくなったように感じられますが、

けして衰弱しているわけではなく元気に生長していました。

ペトさい(内藤とうがらし)57

 

その証拠に、青々した葉は今も健在で主に株の上端部に集中して

花が咲いており、開花寸前の蕾もたくさん見られたのです。

ペトさい(内藤とうがらし)58

 

そして、白い花が咲く近くには小さな実を着けているのを確認できました。

ペトさい(内藤とうがらし)59

 

実の大きさは目測で長さ2(cm)程度太さ5(mm)ほどですが、

倍ぐらいの大きさに育つのも時間の問題となりました。

 

「内藤とうがらし」は未熟な緑色の実と赤く熟した実のコントラストが

とてもキレイですので、この描写を実現させることができたら

一斉に収穫したいと思います。

 

最後に、「内藤とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「内藤とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ追肥する。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(内藤とうがらし)60

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちして内藤とうがらしの生育がよくなります。

 

 

★内藤とうがらしの栽培データ★

ペトさい(内藤とうがらし)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

ピーマン系って結構晩秋まで引っ張れますよね。ウチもデカチャンプの花がまだ咲いています。いつまでやろうかな。迷っています。

旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

仰る通り、ピーマンやシシトウは晩秋まで収穫を楽しむことができるので、
毎年この系列の野菜は育てている気がしています。

毎年、ちゃんとしたピーマンを育ててみたいと思っているのですが、
なかなか、そこまでに踏み込むことができていないので、
今度は旋次郎さんの直伝でデカチャンプを育ててみようかな?
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金