--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
25
6/25 「エダマメ」は発芽したんですけどね…

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は「エダマメ」の種蒔き作業を行った後に

暑さ対策の保冷バッグを被せたことをお伝えしました。

 

種を蒔いてから6日が経過した「エダマメ」ですが、

豆野菜は比較的発芽しやすいことから順調に発芽させることができれば、

地温2530℃で播種後5~7日で発芽します。

 

よって、日数的には発芽してもおかしくないため、

ペットボトル菜園に行って様子を見てみることにしました。

 

トレイに入れた「エダマメ」の鉢を運び出し、

鉢に被せたガーゼ越しから確認して見たところ、

発芽している様子を伺うことはできませんでした。

ペトさい(エダマメ・改)15

 

このため、ガーゼを取り除いて確認することにしました。

それでは皆さん、いつもの掛け声をお願いします。

 

Open the ガーゼ!!

 

ありがとうございました。ガーゼを取り除いて様子を見てみますと、

ポツポツと芽らしきものが出ているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)16

 

しかし、発芽して間もないようで双葉は開いておらず、

本当に生まれて間もない赤ん坊のような状態だったのです。

 

このため、数日間様子を見ることにしました。

 

栽培開始から11日目を迎え、「エダマメ」の様子を見てみますと

蒔いた種の2/3が発芽して双葉を開き本葉が1~2枚出ていました。

ペトさい(エダマメ・改)17

 

なんとか発芽してくれたことは喜ばしいのですが、

発芽したどの芽も草丈が4~7(cm)ほどに伸び、徒長していたのです。

 

'徒長'とは草丈がヒョロヒョロと長く伸びる症状のことで、

この原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

これらに加えて、土の温度が高い場合でも起こりやすい症状です。

 

徒長すると、正常に育った植物と比べて病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減ってしまう恐れがあるのです。

 

今回の場合は必要以上に水を与えていなかったことに加え、

想定していた以上の温度上昇により徒長してしまったものと考えられます。

 

このため、発芽して間もなく徒長してしまいましたので、

今後の「エダマメ」の生長を考える上で最も厳しい栽培になることは

覚悟する必要があります。

 

発芽後の徒長を防ぐために播種時に暑さ対策の保冷バッグを被せたことは、

結果として無意味なものになったことは非常に悔やまれます。

 

しかしながら、徒長の原因は水やりや暑さだけではなく、

「エダマメ」を密集させて育てなければならない状況にもあったのです。

 

実は、「エダマメ」共生して生長する野菜なので、

株間をある程度狭くして育てないと大きく育たないのです。

 

このため、徒長させずに育てるには様々な条件をクリアしないと

実現させることは難しいのです。

 

今回は残念ながら徒長させてしまいましたが、

このまま栽培を続行させたいと思います。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が2~3枚になったら、生育の悪い株を一株間引くこと。

・草丈が1015(cm)くらいになったら支柱を立てること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「エダマメ」は無事に発芽しましたので、

これからの水やりは水の入った霧吹きで吹き付けずに

ジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)18

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金