--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
04
8/ 4 「エダマメ」に莢が着いたと思っていたら…

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に大きく生長し、初追肥をしたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「エダマメ」は、

葉数はそれほど増えていないものの草丈が6~7(cm)伸び、

早くも追肥した効果が現れ始めたようです。

ペトさい(エダマメ・改)37

 

近くに寄って見てみますと葉は以前よりも大きくなり脇芽も増え

順調に育っていることが分かりました。

ペトさい(エダマメ・改)38

 

さらに株の中を覗いてみますと小さな莢を着けているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)39

 

小さな莢は着き始めてそれほど経っていないようで、

莢の産毛が柔らかそうだったので撫で撫でしてしまいました()

 

さらに一週間が経過しますと、

「エダマメ」草丈を数(cm)伸ばし葉数も格段に増え

青々として元気を取り戻したように感じました。

ペトさい(エダマメ・改)40

 

株元付近を見てみますと、大きくなった葉の陰にある脇芽から

小さな莢を着けているのを確認できました。

ペトさい(エダマメ・改)41

 

やはり、二週間前に追肥した効果がジワリと効いてきているようで、

葉数や脇芽を増やしていったのでしょう。

 

さらに、株の上端部を見てみますと、

支柱に絡み付いている「エダマメ」の様子を見ることができ、

ちらほらと大きくなった莢の姿も見ることができました。

ペトさい(エダマメ・改)42

 

莢の近くに寄ってみると、莢はただ大きくなっているだけでなく、

ほんのり膨らみ始めていたのです。

 

若干莢付きが悪い感じはしますが、

莢が膨らみ始めて少しゴールが見えてきたように感じました。

 

早く、枝豆のおもちゃのように膨らんでほしいなぁ()

ペトさい(エダマメ・改)43

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメ・改)44

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

枝豆の収穫、楽しみですね!
採れたての枝豆は、どんな高級な物よりも美味しいですからね (*^-^*)
食べる直前に収穫できる家庭菜園の、まさに贅沢な夏の楽しみです。

あとは…カメムシに見つかりませんように!と、お祈り申し上げております。

Naomiさんへ


枝豆の収穫はだいぶ迫ってきたので、
生ビールの手配を使用と準備しています(^^;。

だけど、枝豆をそのまま茹でて食べるべきか、
ちょっと手を加えてビールのおつまみにするか迷っています。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金