--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
24
8/24 「エダマメ」を収穫して、乾杯!!

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は莢が大きくなりプックリと膨らんできたことをお伝えしました。

 

いよいよ収穫が間近に迫った「エダマメ」

栽培開始からちょうど60日目を迎えました。

 

若干葉が少なくなったように感じる「エダマメ」ですが、

元気に育っていることに変わりはありませんでした。

ペトさい(エダマメ・改)49

 

株元付近にはあまり葉を着けていませんでしたが、

莢の方は大きくなり、プックリと膨らんでいました。

ペトさい(エダマメ・改)50

 

どの莢を見ても収穫できそうな状態で、

ビールを用意することを考えてしまいました()

 

上端部では株元付近より多く葉を着けており、

収穫できそうな状態の莢も多数見られました。

ペトさい(エダマメ・改)51

 

若干莢着きが悪いのが気になるところですが、

莢がほど良く膨らみましたので一斉に収穫することにしましょう。

★収穫のポイント★

・莢が膨らみ、押すと飛び出すくらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(エダマメ・改)52

 

皆さんは、無事に「エダマメ」を収穫することができたでしょうか?

 

今回の栽培では、予想よりも多くの「エダマメ」を収穫することができました。

ペトさい(エダマメ・改)53

 

収穫した「エダマメ」時間が経つにつれて鮮度が落ちるため、

お湯を沸かした鍋に速攻で茹で上げましょう。

 

ほど良い具合に茹で上げた「エダマメ」を小皿に盛りつけ、

ビールと一緒に頂きましょう。

ペトさい(エダマメ・改)54

 

今回育てた「エダマメ」の品種名である'ピアフレンド'の名に相応しく、

ビールのお供にピッタリで美味しく頂きました。

 

今回、ペットボトルで「エダマメ」を育てましたが、

特に目立ったトラブルがなく順調に育てることができました。

 

若干莢着きに気になるところはありましたが、

ほぼ完璧な出来だったと思いますので栽培レシピに追加したいと思います。

 

「エダマメ」は比較的簡単に育てることができますので、

ご興味を持たれた方は是非お試し下さい。

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメ・改)19

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

M.Ishiiさん こんばんはー♪

自家採種枝豆のお味は最高でしょ♪
いつもより飲みすぎたんじゃないですか~
採れたて新鮮な枝豆の味は、格別ですね(^^)v

No title

こんばんは(´▽`*)
エダマメ ・ビアフレンドの収穫おめでとう!
美味しく頂けた様子で何よりですね。
まだ此方へは届いておりませんが・・・(笑)
栽培時の予想より 収穫量が多くて M.Ishiiさんの
技量を実感しましたよ。 乾杯(^_^)v

らうっちさん、まん丸さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●らうっちさん
 実は今回収穫したエダマメを食べた後に
 市販の枝豆とで食べ比べをしたんですけど、言うまでもなく、
 ペトさいの枝豆のほうが格段に豆の味が濃厚で
 甘みもあって美味しかったです。
 
 あの味は育てた方にしかわからないですね(^o^)。
 
 
●まん丸さん
 そりゃもう、文句のつけようがないほど美味しかったです。
 
 収穫量で言ったらもう少し欲しかったのですけど、
 これは栽培する場所に依存する話なので仕方がないと思っています。
 
 来年もまた、ビアフレンドを育てたいと思います(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金