--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

09月
28
9/28 これまでと一味違う「シカクマメ」栽培をお見せします!!

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は地味な生長を続けつつも蕾が大きくなり、

待望のお花も咲かせるようになったことをお伝えしました。

 

これまであまり乗り気にならずに育ててきた「シカクマメ」ですが、

早いもので栽培開始から102日目を迎えていました。

 

「シカクマメ」は葉が少し大きくなり葉数も若干増えたように感じ、

ブツブツ言いながら育てているものの順調のようです()

ペトさい(シカクマメ)63

 

株元付近に寄って見てみたところ、葉が以前より増えたことを実感し、

青々とした葉の合間から薄い青色をした花を咲かせていました。

ペトさい(シカクマメ)64

 

しかも、キレイに咲く花の近くには長さ8(cm)位の莢を着けていたのです。

 

「シカクマメ」の莢を生で見るのは初めてでしたのでマジマジと見てしまい、

テンションが上がってしまいました。

 

株の中間部の様子を見てみますと葉がさらにワサワサと茂っていて、

その葉に隠れるようにして莢があちこちにぶら下がっていたのです。

ペトさい(シカクマメ)65

 

こんなにたくさん莢を着けてくれると、

これまであまり乗り気でなかった気持ちが一変して

早く収穫したい気持ちと大事に育てたい気持ちが芽生えてしまいました。

 

私はなんて単純な奴なんでしょう()

 

ここまで莢を着けているのを目撃してしまったら、

株の上端部にも期待を持ってしまいます。

 

早速覗いてみますと、青々とした葉が密集している中に黄緑色の莢が見え、

その近くにも小さな莢を見つけました。

ペトさい(シカクマメ)66

 

ただ、20日前に見たときには花が咲いているのを見かけましたので、

さぞかし大きな莢を着けているものと思ったのですが、

実際には長さ5(cm)程度の大きさの莢しか着けておらず

物足りなさを感じてしまいました。勝手すぎる()

 

そうは言っても、思っていたよりも莢をたくさん着けていましたので、

今後の収穫が楽しみになりました。

 

というわけで、今回の「シカクマメ」には想像よりもたくさんの莢を着け、

しかも収穫できそうな莢もありました。

 

今後の「シカクマメ」の生長を考えますと、

あまり株に負担をかけるわけにはいきませんので、

収穫できそうな莢を収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・莢の長さが12(cm)くらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは莢の付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(シカクマメ)67

 

今回は初めてということもありますが、計5莢収穫することができました。

 

収穫した「シカクマメ」はちょっとした料理に使えそうですので、

後ほど使い道を考えたいと思います。

 

今の「シカクマメ」には小さな莢をたくさん着けていることもありますが、

これからも長い期間収穫を楽しむためにも、収穫した後にはお礼肥として

実着きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(シカクマメ)68

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(シカクマメ)69

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちしてシカクマメの生育がよくなります。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ)16

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

立派に育っていますね~。
ペットボトルでも、こんなに大きくなるんですね。
愛情をたっぷり注いでいるのがよくわかります!

No title

こんばんは
四角豆、昨年栽培しましたが、ちょっと小さ芽がおいしいですね
見逃して大きくなると美味しくなかった
女房はもういらんと拒絶反応
インゲンがあればいいと・・・
次を仕込んでいますよ。。。

No title

なかなか面白いものを栽培していますね。
どんな料理に活用されたのでしょう。
その報告はまた後日ってことですね?

No title

M.Ishiiさん おはようございまーす♪

シカクマメって旺盛に蔓を伸ばす野菜でしょ。
ペットボトルで収穫までいけるなんて、凄いですよ。
シカクマメは天麩羅が美味しいとか♪
M.Ishiiさんは、どのように食されるんですか~

ありがとうございます。

いつも、勉強させて頂いておりますm(__)m
ありがとうございます。
これからも、いろいろ学ばせてください。

拙いブログなのに、リンクしていただき、感謝です(^O^)

sano-jiさん、畑のまあちゃんさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●sano-jiさん
 あまり乗り気で育てていたわけではなかったので愛情は湧きませんが、
 なんだかんだ言ってそれらしい形に育ってホッとしています。
 
 
●畑のまあちゃんさん
 シカクマメは初めて育てるので分からないことだらけで、
 小さめの莢を収穫するのが美味しいのは初めて知りました。
 
 今度収穫する時は少し意識したいと思います(^o^)。

旋次郎さん、らうっちさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●旋次郎さん
 シカクマメ栽培は当初ペットボトルで育てるつもりは全くなく
 大きめのプランターで育てるつもりだったのですが、
 ひょんなことからペトさいでやる羽目になってしまい
 だらだらと育てていたら収穫してしまいました(^^;。
 
 これほど無気力な栽培は初めてだったのですが、
 今は収穫できるようになったのでテンションが上がっております。
 
 収穫したシカクマメの使い道は色々考えているのですが、
 なかなか決められずにいます(^^;。
 
 
●らうっちさん
 この栽培を始め前に色々な情報を収集していて、
 グリーンカーテンができるくらい蔓が伸びるとのことだったので、
 あまり乗り気じゃなかったのにこの栽培専用のペットボトル鉢を作って
 だらだらと育ててきました(^^;。
 
 やはり、シカクマメは天ぷらが美味しいのですね。
 ありがとうございます(^o^)。

とまとさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

こちらこそ、色々なことを勉強させて頂きたいと思いますので、
これからもよろしくお願いします。

リンクの件、ありがとうございました(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金