--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

10月
07
10/ 7 最高難度と言われた「シカクマメ」栽培はラストだよ!!

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はこれまであまり乗り気になれずに育ててきた「シカクマメ」に

大きくなった莢を着けたため初収穫したことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し、「シカクマメ」は若干葉数を増やしたからなのか

青々として元気に育っているように感じました。

ペトさい(シカクマメ)70

 

しかし、実際には違っていたのですが…。

 

株元付近の様子を見てみますと、

少し枯れかかっている葉を見かけるようになり、

これを背景として莢をぶら下げていました。

ペトさい(シカクマメ)71

 

この様子は中間部でも見ることができ、

葉は若干葉焼けしたようにも見える状態で小さな莢も着けていました。

ペトさい(シカクマメ)72

 

さらに株の上端部では葉がワサワサとして茂っていて、

大小様々な莢をあちらこちらにぶら下げていました。

ペトさい(シカクマメ)73

 

全体的に葉焼けのような症状が見られ莢を着けていたのですが、

どこを見渡しても蕾らしいものは見られず、

やや寿命が近付いているようにも感じられました。

 

ただ、一週間前の初収穫後にお礼肥をしましたので、

その効果を期待してみるのもいいのかなと思うとのですが、

昨日の台風のことを考えると今回の収穫を最後にするのがよいか迷います。

 

もの凄く難しい選択ですので結論を考えている間に

収穫できそうな莢を収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・莢の長さが12(cm)くらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは莢の付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(シカクマメ)74

 

今回は少し大きめの莢を計6莢収穫することができ、

ちょっとした料理に使いたいと思います。

 

さて、「シカクマメ」にはまだ小さな莢を着けており、

一週間もあればまた収穫することができそうです。

ペトさい(シカクマメ)75

 

それを考えると、今すぐに撤収するのは時期尚早だと思いますので、

「シカクマメ」栽培のお話をするのは栽培計画上今回を最後とし、

この栽培はその莢が大きくなり収穫した時点で終わらせることにしました。

 

元々は私の知人の勘違いで始まった栽培ですので、

栽培レシピの対象から外していたこともあり、

ようやく肩の荷を降ろせそうです。

 

しかし、「シカクマメ」をペットボトルで育てることができることを

証明できたことは今後の蔓性野菜の栽培にプラスになると思いました。

 

今回の栽培で様々な課題が見えてきましたので、

問題解決に向けて頑張りたいと思います。

 

よい子の皆さんはけしてペットボトルで「シカクマメ」を育てようなんて

考えてはいけませんよ。その前にやらないかぁ()

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ)16

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

こんばんは(^-^)

ありゃりゃシカクマメは今回が最後ですか(T_T)

形が面白くて好きな豆でしたが残念(@_@;)

また面白い野菜に期待してポチポチ!!

coconut punchさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

シカクマメ栽培はあまり乗り気になって育てていなかったので、
めちゃくちゃしんどかったです。

でも、その記事を楽しまれていることに感謝します。

う~ん、こういう蔓性の野菜はペトさいでもできますが、
できることなら育てたくないですね(^^;。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金