--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

12月
23
12/23 「ミニカリフラワー」の中心部が気になって…

[ミニカリフラワー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットシア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に育っていた「ミニカリフラワー」の下葉の一部が

下を向いて萎れてしまい、何者かの食害に遭ったことをお伝えしました。

 

葉の生育をよくするために'発酵油かす'を追肥しましたが、

その効果がじわりと効いてくる間に食害の犯人が現れるとよいのですが…。

 

あれから8日が経過して栽培開始から119日目を迎えた

「ミニカリフラワー」は依然として外葉の一部が下を向いて萎れていました。

ペトさい(ミニカリフラワー)51

 

'発酵油かす'の効果を期待したいところですが、

萎れた葉は黄色く変色してしまいました。

ペトさい(ミニカリフラワー)52

 

また、葉の食害は8日前に比べるとさほど変わった様子がなく、

食害の犯人の姿を見つけぬまま収束しそうな状況でスッキリしません。

 

殆どの葉は株の中心に集まっていて中心部の様子を伺うことができず、

完璧なまでに葉でガードされていました。

 

しかし、これだけたくさんの葉で中心部の様子をガードされてしまうと、

余計に中心部の様子が気になってしまうのは当然のことです。

 

そこで、ガードしている葉を開いて中心部の様子を見ることにしました。

 

なんだか、パンドラの箱を開けるようにドキドキ感がありますが、

一枚一枚丁寧に開いていくと株の中心部の様子が分かりました。

ペトさい(ミニカリフラワー)53

 

なんと、直径3~4(cm)ほどの大きさになる葉に覆われた球状の塊があり、

花蕾らしきものは見られませんでした。

 

球状の塊を覆っている葉を剥がせば花蕾があるのかもしれませんが、

さすがにそこまで踏み込んで葉を剥がす勇気はありませんでした。

 

しかしながら、株の中心部に球状の塊があること分かり、

この塊が花蕾であることを信じたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「ミニカリフラワー」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニカリフラワー」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ミニカリフラワー)54

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ミニカリフラワーの栽培データ★

ペトさい(ミニカリフラワー)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

こんにちは(^-^)

我が家のカリフラワー、葉っぱの中に花蕾がありました(^-^)
もう少ししたら花蕾が顔を覗かせるかもです(^_^)v

coconut punchさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

coconut punchさんのカリフラワーも順調に育っているようで
自分のことのように嬉しいです。

お互いに、立派なカリフラワーを収穫できるといいですね(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金