--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

02月
12
2/12 まさかの「キャベツの芯」に結球の動きが…。

[キャベツの芯] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はヒヨドリによる食害の痕が生々しく残る一方で、

株の中心に集まる葉が大きくなり結球に向けた動きを

見せていることをお伝えしました。

 

防鳥対策だけでなく防寒対策を兼ねて不織布を被せた「キャベツの芯」は

元気に生長してくれているのか気になるところです。

 

あれから12日が経過して栽培開始から159日目を迎えた「キャベツの芯」

不織布を被せた状態で簡易温室に入れて育てていました。

 

その甲斐があったからなのかは分かりませんが、

余裕を持たせて被せた不織布がパンパンに張った「キャベツの芯」の姿に

驚きと期待を感じました。

ペトさい(キャベツの芯)66

 

不織布越しからも微かに「キャベツの芯」の姿が見えるのですが、

葉が大きくなっていることは間違いなさそうです。

 

「キャベツの芯」の姿を直接見てみたいため不織布を外してみたところ、

あまりの変わりように驚きました。

ペトさい(キャベツの芯)67

 

未だにヒヨドリによる食害の痕は残しつつも、株の中心に集まる葉が

さらに大きくなり、キャベツらしい姿に生長していたのです。

 

別の角度から見ると結球しているようにも見えたのですが、

近くに寄って見てみたところまだ完全には結球していませんでした。

ペトさい(キャベツの芯)68

 

しかしながら、株の中心に集まる小さな葉の集まりは

直径5(cm)ほどの大きさがあり、これを覆うように外葉がありました。

 

よって、上手いこと結球するように再び不織布を被せて

様子を見ることにしたいと思います。

 

いずれにしても、「キャベツの芯」は見事に再起してくれましたね。

 

最後に、「キャベツの芯」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「キャベツの芯」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(キャベツの芯)69

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★キャベツの芯の栽培データ★

ペトさい(キャベツの芯)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

おはようございます(^-^)

もう5cmにもなったんですね~ヽ(^o^)丿

我が家は先日植木鉢に移し替えましたが、
あまり成長が見られません(T_T)

早くM.Ishiiさんのキャベツのように大きくなって欲しいです。
今後が楽しみですね(*^ー゚)b

coconut punchさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

そうなんです。ついこの間までは食害に遭って葉がなかったのですが、
色々手をかけてあげたら結球していたのでビックリしました。

この調子で育ってくれるといいのですが・・・。

coconut punchさんのキャベツ君も順調に育っているようですね。
これから暖かくなりますので急成長してくれると思いますよ。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金