--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

01月
07
1/ 7 播種時期が遅いけど、「黄金かぶ」は発芽するかな?

[黄金かぶ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は播種時期としてはやや遅い中で種を蒔いたことをお伝えしました。

 

一応、様々な防寒対策は施したのですが、

「黄金かぶ」の種は一般的なカブの種よりも粒が細かいため、

発芽には地温20℃前後で播種後2~6日ほどかかることから

順調に発芽してくれるのかが気になるところです。

 

種を蒔いてから二週間以上が経過し、

ペットボトル菜園は朝晩の気温が一桁代まで下がるほど冷え込み、

「黄金かぶ」の生長にはやや厳しい環境にありました。

 

このため、当然ながら発芽している様子は伺い知ることができず、

半ば諦めムードが漂っていました。

 

栽培開始から18日目を迎え、

「黄金かぶ」の鉢をいつまでも同じ場所に放置して置くわけにも行かず、

ダメもとで発芽の様子を確認してみることにしました。

 

まず、ガーゼを被せた状態で見てみたところ、

ガーゼから発芽する様子を伺うことができませんでした。

ペトさい(黄金かぶ)15

 

ガーゼから透けて見えるわけでも芽がガーゼを押し上げる形跡もないため、

ガーゼを取り除いて確認することにしました。

 

すると、パッと見では分かりづらいのですが、

小さな芽がポツポツと出ているのを確認できました。

ペトさい(黄金かぶ)16

 

発芽した芽の状態から推察してみると、

発芽してからそれほど日数が経っていないように感じ、

少なくとも、厳しい温度環境の中で二週間程かけ発芽したように感じます。

 

双葉も光合成できずにいたこともあって黄緑色をしていて、

少々土に埋もれているようにも見えました。

 

それから一週間が経過し、再び「黄金かぶ」の様子を見てみたところ、

蒔いた種の殆どが発芽し、双葉もしっかり光合成できているようでした。

ペトさい(黄金かぶ)17

 

元気そうに見える「黄金かぶ」ですが、

近くに寄ってみますと草丈が1~2(cm)ほどに伸びていて

若干徒長しているのが気になりました。

 

'徒長'とは草丈がヒョロヒョロと長く伸びる症状のことで、

この原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

これらに加えて、土の温度が高い場合でも起こりやすい症状です。

 

徒長すると、正常に育った植物と比べて病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減ってしまう恐れがあるのです。

 

このため、少しの間は水やりの間隔を開けるようにして様子を見るようにし、

これ以上徒長するようなら間引きや増し土などで対応することにしましょう。

 

最後に、「黄金かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「黄金かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉1~2枚になったら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(黄金かぶ)18

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★黄金かぶの栽培データ★

ペトさい(黄金かぶ)19

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金