--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

03月
25
3/25 「ニンジン」が発芽しているのですが…。

[ニンジン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、オゾン層破壊

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は7ヵ月前に不甲斐ない結果で幕を閉じた

'五寸ニンジン'の教訓を活かし、新たな栽培に着手するべく

「ニンジン」の種を蒔いたことをお伝えしました。

 

種を蒔いてからというものの気温が急激に下がり、

「ニンジン」が発芽するにはかなり厳しい寒さとなり、

静かに見守ること15日が経過しました。

 

ようやく春の陽気を感じられるほど暖かくなってきたことから

ペットボトル菜園で栽培中の「ニンジン」の様子を見てみました。

 

すると鉢に被せたガーゼ越しからは発芽している様子を窺うことができず、

ガーゼを取り除いて見てみることにしました。

ペトさい(ニンジン)17

 

ガーゼを取り除いてみたところ、

鉢の中央にポツポツと小さな芽が出ているのを確認できました。

ペトさい(ニンジン)18

 

しかし、発芽した芽は双葉を開いて元気そうだったのですが、

蒔いた種の一部がまだ発芽していなかったのです。

 

「ニンジン」地温1525℃で播種後5~14日で発芽するため

概ね予定通りに発芽しているのですが、

残りの種が発芽するのを静かに見守ることにしました。

 

それから8日が経過して「ニンジン」の様子を見てみたところ、

発芽した芽の双葉が大きくなり本葉が出てきそうな状態になっていました。

ペトさい(ニンジン)19

 

順調に生長しているように見える「ニンジン」ですが、

まだ残りの種からは発芽している様子を確認することができず、

発芽不良を起こしているような感じがしました。

 

もうしばらく様子を見たいと思いますが、

なんとか無事に発芽してくれることを願うところです。

 

最後に、「ニンジン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立て下さい。

 

なお、これから「ニンジン」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ニンジン)20

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★ニンジンの栽培データ★

ペトさい(ニンジン)21

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

おはようございます。私のブログにコメント
ありがとうございました。

ニンジンって発芽が難しいですよね。
うちも、小さなポットに丸ニンジンの種を
撒いているのですが、発芽までに水を
やり過ぎたみたいで、絶不調です。
慌ててミニ畝を作ってみたけど、
ほぼ諦めています。

べえさんへ

初のブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

ニンジンの発芽はそれほど難しいものではないのですが、
今回は気温が低すぎたことが発芽を遅らせてしまったと思っています。

たしかに、ニンジンは発芽させるまでので間は
乾燥させないように水やりをする必要があるのですが、
逆に水を与えすぎてしまうと種が酸欠してしまい
発芽しなくなってしまうので注意が必要ですね(^^;。

べえさんのニンジンが無事に発芽してくれるといいですね(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金