--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
18
4/18 2回目の「サラダ水菜」の間引きはギャンブル的!!

[サラダ水菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は若干徒長気味な「サラダ水菜」の双葉が大きくなって混み合い、

小さな本葉が出てきたことから間引きをしたことをお伝えしました。

 

徒長しているためヒョロヒョロとして頼りなさそうなことから

増し土をして補強したのですが、その後の様子が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から23日目を迎えた「サラダ水菜」

早くも草丈を1(cm)ほどに伸ばし、双葉もより大きくなっていました。

ペトさい(サラダ水菜・改)20

 

近くに寄って見てみますと、小さな本葉が1~2枚に増えていて、

徒長している様子も見られませんでした。

 

さらに一週間が経過しますと、

「サラダ水菜」は比べものにならないほど大きく生長していました。

ペトさい(サラダ水菜・改)21

 

草丈は殆ど変わりませんでしたが、

本葉の数が3~4枚に増え化け物みたいに大きくなっていたのです。

 

大分暖かい日が続くようになったことから

飛躍的に大きく生長したのは想像つくのですが、

鉢からはみ出るほど大きく生長するのはスゴすぎます。

 

どの芽も大きく生長したため再び込み合ってきましたので、

2回目の間引きをすることにしましょう。

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚に増え、込み合ってきた頃を目安に間引く。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・生育のよさそうな芽を一株だけ残すようにして間引くこと。

ペトさい(サラダ水菜・改)22

 

とりあえず、2回目の間引きを終えましたが、

今回は一番元気の良さそうな芽を一つだけ残し、

それ以外の芽を間引きました。

ペトさい(サラダ水菜・改)23

 

このため、これから新たな鉢に植え付けるまでの間は

緊張感を持って育てていかないとこの栽培は終了となってしまいます。

 

かなりギャンブル的な感じもしますが、

ここは残した「サラダ水菜」に賭けて大事に育てていきたいと思います。

 

最後に、「サラダ水菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「サラダ水菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が6~7枚出てきた頃を目安に、新しい鉢に植え付けること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

芽がある程度の大きさに育つまでの間は

水の入った霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(サラダ水菜・改)24

 

 

★サラダ水菜の栽培データ★

ペトさい(サラダ水菜・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

黄金株の無傷の収穫おめでとうございます。
無傷とはすばらしい。
やっぱりハウスの中なんでしょうか。
そのせいなんでしょうか、水菜の葉っぱの色が少し薄いのが気になりますけど大丈夫でしょうか。
こちらも葉っぱモンなので無傷で収穫したいですよね。

旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

黄金かぶは今年2月位までは簡易温室で育てていましたが、
ペトさいの写真撮影をする度に簡易温室から出さないといけなく、
その時によく葉を折ることがあったものですから
3月頃からは屋外に出して育てていました。

サラダ水菜についても同様で、
ある程度の大きさに生長したら屋外に出すつもりです。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金