--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

10月
14
10/14 「採取イチゴの種」を蒔きましょう!!

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

市販される「イチゴ」から種を採りましたので、

今回はその種を蒔きたいと思います。

ペトさい(採種イチゴ)09

 

今回の栽培では'小型ペットボトル鉢'に採取した種を蒔いて育苗し、

育った苗を'横型ペットボトル鉢'に植え付けて育てます。

 

その後、植え付けた「イチゴ」は大きく生長して子株を出しますので、

その頃に子株を'ツイン型ペットボトル鉢'に植え付けて育てます。

 

ここまで育てるには相当な月日がかかると思いますので、

まずは「イチゴの種」をしっかりと蒔くことから始めましょう!!

 

今回の種蒔き作業で使用する道具は下図に示しますので、

各自でご用意下さい。

【用意するもの】

採取したイチゴの種、小型ペットボトル鉢、ジョウロ、

種蒔き用培養土、ワラ、移植ゴテ

ペトさい(採種イチゴ)10

 

上記の道具を用意できましたら、

以下に示す手順に従って「イチゴの種」を蒔きましょう!!

 

【採取イチゴの種蒔き手順】

ペトさい(採種イチゴ)11

「採取イチゴの種」を種を蒔く半日前に水に浸しておきます。

 

「イチゴの種」の種殻は固いために発芽しにくいので、

あらかじめ種を水に浸して発芽しやすくします。

 

ペトさい(採種イチゴ)12

「小型ペットボトル鉢」の縁から3(cm)下まで種蒔き用培養土を入れ、

「採取イチゴの種」を点蒔きします。

 

種を蒔く際の注意点としては、

種と種の間隔を2(cm)ほど開けるようにして下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ)13

種蒔き用培養土を覆土し、「ワラ」を敷き詰めます。

 

「ワラ」を敷き詰めることで鉢内の培養土の乾燥や地温の低下を防ぎます。

 

ペトさい(採種イチゴ)14

「ジョウロ」のハス口に手を添えてたっぷりと水を与えて完了です。

 

「採種イチゴ」地温1525℃で播種後1420日程度で発芽しますので、

まずは日当たりの良い場所に置いて観察することにしましょう。

ペトさい(採種イチゴ)15

 

最後に、今回の「イチゴ」の採種作業にかかった費用と

採種イチゴの栽培データを以下に示したいと思います。

◆イチゴの採種作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

採取したイチゴの種

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

6
(200ml使用)

ジョウロ

1

105

105

ワラ(200)

1

498

13
(5本使用)

移植ゴテ

1

105

105

合計金額 

229

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で作成する場合は別途費用が掛かります。

 

ペトさい(採種イチゴ)08

 

また、これからイチゴ菜を育てたいと思われた方で

市販のイチゴから種を採りたいと思われた方がおりましたら

こちらを参照して種を採ってみて下さい。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

今はまだ苺植えられないね

始めまして、新潟県柏崎市に住んでいる63才の爺さんです。ペットボトルを半分にし、種まき用培養土をどれくらいいれるか解らないけど、そこに苺苗を入れるんですか。時期は、まだまだ早いよね!新潟はまだ雪が降ります。5月頃がいいのかな。植え付けるのは。それとも簡易保温器を作るの?どうやって?いい方法が有ったら教えて下さい。一昨年、貸し農園2ヶ所で約80坪ほど借りて畑を始めましたが、外野がうるさくて、自分の思い通りの畑が出来ませんでした。先生が沢山居すぎて、誰の話を優先させれば良いのか解らなかったから・・・。昨年違う所の畑をもう1つ(約80坪あまり)借りました。この畑の主は、殆ど現れない(?)人なので自分の思い通りに畑がやれそうです。今年の1月よりライブドアで俺的菜園生活(畑大好き爺さん)と題してブログを発信し始めました。暇が有ったら覗きに来てください。気軽にコメントを書いて下さい。私もこれから毎日、あなたのブログを覗きに来ます。

畑大好き爺さんさんへ

初のブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

市販されているイチゴから採種した栽培は初めてなので
手探り状態で育てておりまして、播種後から植え付けまでのお話は
まだ書き上げていないためスミマセン。

少しだけお話しますと、
小型ペットボトル鉢に採取したイチゴの種を蒔き、
ある程度の大きさになるまで自室の日の当たりの良い場所に
置いて育苗させます。

その後、育苗させた苗をツイン型ペットボトル鉢に植え付けるのですが、
ここで使う土は種蒔き用ではなく粒状の野菜用培養土に一摘みの
リン酸系肥料と発酵油かすを混ぜ込んだものを使います。

植え付け後の採種イチゴの鉢は、
基本的に簡易温室内に入れて育てています。

本来、イチゴ栽培は園芸店などでイチゴの苗を購入し育てますが、
今回の栽培では興味本位で市販されているイチゴから採種した種から
イチゴを収穫することができるのかを試してみたかったことから
始めました。

この栽培の最初のほうでもご説明しているのですが、
今回の栽培はあくまでも趣味の範囲で育てているものであって、
種苗法により商用目的では育てるものではありません。

畑大好き爺さんさんはその名の通り、
畑でたくさんのお野菜を育てているようですね。

畑でお野菜を作るとなると、
プランターやペットボトル栽培とは環境が違う分、
色々と大変だと思いますが、栽培する野菜の種類の幅が
格段に増えますから、栽培を楽しめそうですね。

後ほど、ブログのほうにお邪魔させてもらいますので
よろしくお願いします。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金