--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

03月
19
3/19 さあ、「小松菜」収穫のお時間ですよ!!

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

大雪に見舞われる中、順調に生長を続ける「小松菜」

栽培開始から86日目を迎えていました。

 

以前に比べると春の陽気を感じられるようになってきましたが、

まだ朝晩は肌寒いため、「小松菜」にとっては忍耐の日々を

送っているに違いありません。

 

そんな「小松菜」は順調に葉を大きくし、

小さな葉も続々と出てきていました。

ペトさい(小松菜)25

 

ただ、厳しい寒さの影響からなのか一部の葉が黄色くなっていました。

 

このため、それらの葉は摘み取り、

葉色を良くするために'発酵油かす'を一摘み与えました。

 

その甲斐があったからなのか、

5日が経過しますと「小松菜」葉数を倍近くに増やし、

それぞれの葉が大きくワサワサとしてきました。

ペトさい(小松菜)26

 

葉の色も以前よりも濃い緑色に変わり、

元気に育っていることが伺えこの変わりように驚きました。

 

さらに8日が経過しますと「小松菜」一段と大きくなり、

草丈も目測で20(cm)以上はあるように感じました。

ペトさい(小松菜)27

 

市販されている「小松菜」に比べるとまだまだ小さいですが、

ペットボトル栽培の場合は少し早めの収穫が望ましく、

草丈2025(cm)になった頃を目安に株ごと収穫したほうが

柔らかくて美味しい「小松菜」を収穫できます。

 

よって、今回育てた「小松菜」収穫することにしましょう!!

 

「小松菜」の収穫は株元付近から園芸用ハサミで切り取ります。

ペトさい(小松菜)28

 

今回収穫した「小松菜」は一部枯れている箇所があったものの、

概ね立派な株を収穫することができ、株数も多かったと思います。

ペトさい(小松菜)29

 

これだけたくさん収穫することが出来れば、

ちょっとした料理に使えそうですね。

 

さて、今回「小松菜」を収穫しましたので、

栽培レシピに追加するかを考えたいと思います。

 

今回の栽培では全体的に目立ったトラブルがなく、

ほぼ順調に育ってくれたと思います。

 

しかしながら、一部の葉を枯れさせた点については

改善の余地があると考えます。

 

このことを踏まえ、今回の「小松菜」栽培は

栽培レシピに追加することに決めました。

 

但し、次回育てるときは今回の問題点を改善することを条件とします。

 

「小松菜」は比較的簡単に育てることが出来る葉物野菜ですので、

初心者の方にお勧め出来る野菜と言えます。

 

これから「小松菜」を育ててみたいと思われた方は、

以下に示す小松菜の栽培データをご参照の上、

こちらに示す手順で種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(小松菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

こんにちは。

立派な小松菜の収穫ですね。
小松菜は本当に良く育ってくれる、有り難い野菜です。
黄色い葉っぱになったのは改善点なんですね〜(@0@)
我が家の小松菜は黄色い葉っぱいっぱいでした。。。
M.Isiiさんの目指す所は高い所なんですね(^^)

ねいみゅさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

葉を少し枯らしてしまいましたが、
なんとか収穫することができました。

仰る通り、我が家でも小松菜はよく食べる野菜なので
今回の収穫は大変重宝しました(^o^)。

葉を黄色くしてしまった原因は私のミスによるものなので
改善することはできると思っています。

けして完璧を求めているわけではないのですが、
栽培レシピへの追加とムック本の出版を考えると
妥協することができないのが本当のところです(^^;。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金