--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

11月
21
11/21 「ちょうほう菜」を育ててみましょう!!

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回はツケナ系野菜の「ちょうほう菜」を育ててみたいと思います。

 

今回育てる「ちょうほう菜」は小松菜とターサイの中間種で、

夏の暑さにも冬の寒さにも強いため初心者の方にお勧めの葉物野菜です。

ペトさい(ちょうほう菜)01

 

「ちょうほう菜」はどのタイプの鉢でも育てることができるのですが、

今回は栽培コストを抑えつつ少し多めに収穫したいと思いますので、

「二つ折り型ペットボトル鉢」を使って育てます。

 

それでは早速、「ちょうほう菜の種」を蒔くことにしましょう。

 

まずは今回の種蒔き作業で使用する道具を下図に示しますので、

各自でご用意しましょう。

【用意するもの】

ちょうほう菜の種、二つ折り型ペットボトル鉢、ジョウロ、

野菜用培養土、移植ゴテ、不織布、麻ヒモ

ペトさい(ちょうほう菜)02

 

上記の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「ちょうほう菜の種」を蒔きましょう!!

 

【ちょうほう菜の種蒔き手順】

ペトさい(ちょうほう菜)03

「二つ折り型ペットボトル鉢」の縁から3(cm)下まで野菜用培養土を入れ、

「ちょうほう菜の縁」を点蒔きします。

 

種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)ほど開けるようにして下さい。

ペトさい(ちょうほう菜)04

 

ペトさい(ちょうほう菜)05

野菜用培養土を1(cm)ほど覆土した後にたっぷりと水を与えます。

 

ジョウロで水を与える際の注意点として、

ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株元に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに水を与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

ペトさい(ちょうほう菜)06

水やりをした後、ペットボトル鉢に「不織布」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で結んで、種蒔き作業は完了です。

 

この作業はちょうほう菜などの葉物野菜に共通することですが、

気温の低い時期における軽い霜除けや寒風対策として行うもので、

このように防寒することで葉を傷めずに育てることができます。

 

今回の栽培では「ちょうほう菜」を一鉢でたくさん育てますので、

一鉢で4株収穫可能な'二つ折り型ペットボトル鉢'を2鉢使い、

下図のようなトレイに入れて育てることにしました。

ペトさい(ちょうほう菜)07

 

「ちょうほう菜」は地温2025℃で播種後3~5日程度で発芽しますので、

まずは日当たりのよい場所に置いて育てましょう。

 

最後に、今回の「ちょうほう菜」の種蒔き作業にかかった費用と、

ちょうほう菜の栽培データを以下に示しますのでご参考にして下さい。

◆ちょうほう菜の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ちょうほう菜の種

1

409

368

ジョウロ

1

105

105

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2.5L使用)

移植ゴテ

1

105

105

不織布

1

399

399

麻ヒモ

1

105

105

合計金額 

1,131

※ 「二つ折り型ペットボトル鉢」を新規で作成する場合は別途費用が掛かります。

ペトさい(ちょうほう菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金