--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

12月
03
12/ 3 「ちょうほう菜」が発芽しました!!

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

種を蒔いてから一週間が経過した「ちょうほう菜」ですが、

ペットボトル鉢に被せた不織布から芽らしきものが透けて見えました。

ペトさい(ちょうほう菜)09

 

鉢に被せた不織布を取り外して様子を見てみますと

蒔いた種の半数近くが発芽しており、双葉も開いていました。

ペトさい(ちょうほう菜)10

 

発芽した芽を見た感触では1~2日前に発芽したように感じ、

標準の発芽日数からは数日遅い発芽となったものの

発芽適温に満たない環境下で発芽したことを踏まえますと、

まずまずのスタートを切ることができたと思いますね。

 

発芽を確認した日から4日が経過「ちょうほう菜」の様子を見てみますと、

蒔いた全ての種からほぼ発芽双葉も大きくなっていました。

ペトさい(ちょうほう菜)11

 

「ちょうほう菜」の特徴ともいえる葉の色は濃い緑色になり、

しっかりと光合成して元気に育っている様子が窺えます。

 

今後も気温15℃前後の環境下で育てますので、

しっかりと防寒対策をした上で本葉を1~2枚着けるように育てましょう。

 

最後に、ちょうほう菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ちょうほう菜)08

 

また、これからちょうほう菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

この寒空によくあれこれと発芽しますね。温室内発芽でしょうか。ウチも明日にでも炬燵内発芽を仕込んでみます。

No title

こんにちは。

寒くなりましたね~
寒い時期の発芽は、がんばったね~と声を掛けたくなります。
ちょうほう菜は小松菜の様な野菜ですか?
双葉からすると、アブラナ科なのかな?
大きくなった姿が楽しみです。

No title

こんにちは。

「ちょうほう菜」初めて知りました。
暑さ、寒さに強い野菜ですか。
種を見かけたら育ててみたいです。
まだ間にあいますかね?

No title

ちょうほう菜というのは、先日こちらのブログで初めて知りました。
太陽に当たった双葉が気持ちよさそうですね。
すくすく育ちますように~☆

No title

ちょうほう菜。ベランダ向きの野菜ですね。
それに栄養満点でいろんな料理に使えそう。
最近やっと分かってきました。
野菜の難易度のことが。
思い知らされて一年。
来年はもう少し考えて挑戦するつもり。

んっ、どこかで鬼の笑い声が。

旋次郎さん、ねいみゅさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●旋次郎さん
 この時期、色々な野菜の種を蒔きましたので、
 続々と芽がでています。
 
 だいぶ寒くなってきましたので、
 今年も簡易温室に入れて育てています。


●ねいみゅさん
 仰る通り、この時期に小さな芽を出してくれると
 嬉しくなり、頑張ったねと声をかけたくなりますね(^o^)。
 
 ちょうほう菜は小松菜と同じ漬け菜系の野菜で、
 アブラナ科に属しています。

ワビイさん、sano-jiさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●ワビイさん
 ちょうほう菜って、珍しい野菜ですよね。
 私も最初は興味本位で育ててみたんですけど、
 小松菜より甘みがあって美味しかったので
 再度育ててみました。
 
 コメント返信が遅くなり恐縮ですが、
 ちょうほう菜は暑さや寒さに強い野菜なので
 ほぼ一年中育てることができますよ!!


●sano-jiさん
 私もちょうほう菜を知ったのはタキイ種苗社のサイトでして、
 大きくなった時にカワイらしい形をした葉に育ちますので
 最初は興味本位で育てました。
 
 この時期、ちょうほう菜にとっては日向ぼっこをして
 気持ちよくなってもらっても立派な葉を着けてくれることを
 切に願っています。

marupotetoさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

そうですね。
小松菜同様、プランター栽培が容易な野菜で、
しかもその名の通り、色々な料理に重宝しますので
収穫するまでの楽しみがありますよね。

ちょうほう菜は比較的簡単に育てることができますので、
もしよろしければ育ててみてはいかがでしょうか?
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金