--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

03月
23
3/23 まさかの「ちょうほう菜」の収穫!!

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

記録的な大雪が降る中葉数を増やしながら大きく生長を続ける

「ちょうほう菜」栽培開始から95日目を迎えていました。

ペトさい(ちょうほう菜)25

 

「ちょうほう菜」はさらに葉数を増やし大きくなり、

ワサワサと茂っていました。

 

株の大きさ的には収穫できそうな状態になってきたのですが、

葉をもう少しだけ大きくしたいと思い、一週間様子を見ることにしました。

 

この選択が過ちだとも知らずに...

 

一週間が経過し、「ちょうほう菜」の様子を見てみますと、

葉は微妙に大きくその数が増えたせいもあって

株にボリュームが出てきたように感じます。

ペトさい(ちょうほう菜)26

 

しかし、一週間待った甲斐があったと喜ぶのも束の間、

近くに寄って見てみますと「ちょうほう菜」にあってはいけないものを

目にしてしまいました。

ペトさい(ちょうほう菜)27

 

それは、ずばり''です。

そう、「ちょうほう菜」はトウ立ちして蕾を持ってしまったのです。

 

トウ立ちとは花を咲かせる茎が伸びる現象のことで、

花が咲くと種子に栄養が行ってしまい葉が固くなってしまうのです。

 

このトウ立ちは急激な温度上昇により植物が生長しやすい状態となり、

冬から春に変わるちょうど今の時期に起きやすいのです。

 

「ちょうほう菜」をよく見てみますと、

蕾は持っているものの茎はそれほど伸びておらず、

トウ立ちが始まって間もない状態のように感じました。

 

一週間前に収穫していればこのようなことにはならずに済んだのですが、

不幸中の幸いなのか蕾は小さく葉もまだ柔らかかったため、

菜花として収穫することにしました。

 

「ちょうほう菜」の収穫は株元付近から園芸用ハサミで切り取ります。

ペトさい(ちょうほう菜)28

 

収穫した「ちょうほう菜」は思っていたよりも大きく、

蕾を持ってしまった株元は数株しかありませんでした。

ペトさい(ちょうほう菜)29

 

これだけたくさん収穫できますとちょっとした料理に使えそうですね。

 

なんとかギリギリのラインで収穫を終えた「ちょうほう菜」栽培ですが、

先述のとおり、最後の最後に大きなミスを犯してしまいましたので、

栽培レシピへの追加は見送ることにしました。

 

当然の結果ではありますが、

欲をかき過ぎるとこのような結果になることを教訓にし、

もう一度、再挑戦したいと思います。

 

これから「ちょうほう菜」を育ててみたいと思われた方は

ちょうほう菜の栽培データとこちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(ちょうほう菜)08

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

あ・・・あってはいけないものですね~。
私もよくお目にかかります。
それにしても、立派なちょうほう菜が収穫できましたね!
素晴らしい出来ではないですか~?

No title

ウチもミニ白菜から蕪までどんどん蕾ができてしまって、軒並み強制収穫のオンパレードですよ。

No title

おはようございます

ちょうほう菜は何度か栽培した事が有りますが、一年を通じて栽培が出来て、本当に重宝しましたよ♪

花蕾が出て来たのは残念でしたが、ツケナ系は葉っぱが反り返って来たら収獲期だとか!
それを目安に収穫すれば良いのですから、レシピに載せないとは勿体ないですよ!
キチンと栽培が出来ているのですもの

この花蕾が付いた事も掲載すれば良いのではないでしょうか。。。

sano-jiさん、旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●sano-jiさん
 そうなんです。
 欲張ってあってはいけないものを着けてしまいました(^^;。
 
 トウ立ちが進む前に収穫できてよかったのですが、
 蕾を着けてしまったことが心残りです。


●旋次郎さん
 そうなんですよね。
 この時期、主にアブラナ科の野菜がトウ立ちの兆候を
 見せているので、強制撤収せざるを得ない状況にあります。
 
 近々、ちょうほう菜以外の野菜も残念な報告をする予定です(T_T)。

ミーママさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

ミーママさんもちょうほう菜を育てているんですね。

たしかに、ほぼ一年通して栽培できますし、
色々な料理にも使えますのでその名のとおり重宝しますね。

仰る通り、収穫の目安は葉の大きさが15~20(cm)程度で
葉が反り返ってきた頃に行うのがベストなのですが、
今回は欲張ってしまい、ご覧の有り様となりました(T_T)。

今回の栽培はレシピ本(園芸本)に載せるために育てているので、
ちょうほう菜栽培の全てを載せることはできないんです。

もし載せるとしたら、失敗例としてトウ立ちさせた
ちょうほう菜を取り上げるくらいですね(^^;。

近々、ちょうほう菜を再度育てる予定です!!
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金