--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
06
4/ 6 間引き&収穫した「ちょうほう菜」の使い道

[ちょうほう菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ひょんなことから収穫した「ちょうほう菜」ではあるのですが、

これまでの間には2回の間引きを行い、

その後も「ちょうほう菜」の生長を見ながら追肥を行いました。

ペトさい(ちょうほう菜)30

 

そんな「ちょうほう菜」の間引き菜と収穫したものの使い道について

未だにお伝えしてきませんでしたので、今回一挙にご紹介します。

 

まず、2回の間引きで採った芽についてですが、

1回目は本葉が1~2枚出ていた頃に間引いたこともあり、

葉がまだ小さかったことから味噌汁の具として使いました。

ペトさい(ちょうほう菜)31

 

2回目の間引きでは本葉が3~4枚に増え、

双葉も含めて大きくなっていたことから間引き菜を細かく刻んで

ニンニクとベーコンのペペロンチーノに和えてみました。

ペトさい(ちょうほう菜)32

 

ちょっとでも緑があると彩りがキレイで食欲が出ますね。

 

続いて、収穫した「ちょうほう菜」についてですが、

今だから話せることではあるのですけど、

実は種を蒔くときから'あるもの'を作ることを決めていました。

 

そのあるものとは、ちょうほう菜を使ったグラタン

ペトさい(ちょうほう菜)33

 

イタリアンの中でも比較的よく作るグラタンに

ちょうほう菜を使いたいと思ったのは以前育てた際に

収穫したちょうほう菜をパスタに使って美味しかったので、

きっとグラタンにも合うだろうという好奇心からでした。

 

それで、今回の収穫で実現させたわけですが、

私の想像していたとおり、チーズとホワイトソースがよく絡んで

抜群の美味しさでした。

 

自分で言うのも変な話ですが、

市販のホワイトではちょうほう菜の旨さをここまで引き出すことは

まずできなかったと思います()

 

って、ちょっとした自慢話をしてしまい恐縮しましたが、

今回収穫した「ちょうほう菜」の量は結構な量でしたので、

このグラタンに使っても余っていました。

 

そこで、もう一品を作ることにしたのが煮込みうどんです。

ペトさい(ちょうほう菜)34

 

「ちょうほう菜」は和洋中どんな料理にも使えるのですが、

グラタンに使っていたこともあり胃にやさしいものを作ろうと思い、

煮込みうどんに落ち着きました。

 

というわけで、今回の栽培では色々な料理に使うことができ、

「ちょうほう菜」の新鮮な味を堪能しました。

 

「ちょうほう菜」をペットボトルで育てる場合は、

葉の大きさが5(cm)程度と若干小さい時に収穫するのがベストで、

初心者でも比較的簡単に育てることができる野菜だと思います。

 

これから「ちょうほう菜」を育てたいとお考えの方がいましたら、

こちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

v-22ちょうほう菜・・・初めて聞きました
我が家では今年初めて、かつお菜を言うものを栽培しましたが、色が明るく、くせもないのでこちらも重宝しておりますw
アブラナ科はいろいろっ使い勝手が良いですよね
5cm位だととてもかわいい葉が採れるんですね

葉っぱさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

たしかに、ちょうほう菜って知る人しか知らないので、
初めて知った方は少なくないように感じますね。

このちょうほう菜は小松菜とターサイの中間種で
5cm位の葉っぱがたくさん採れるんですよ。

そう言われてみれば、昨年葉っぱさんから
カツオ菜の種を頂いていましたね。

頂いて恐縮ですが、まだ種を蒔いていないので
栽培スペースが空いたら育てたいと思います(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金