--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
10
6/10 「五寸ニンジン」は最後の間引きをしました!!

[ニンジン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、五寸ニンジン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は2回目の間引き後も順調に葉数を増やしながら

生長を続けていることをお伝えしました。

 

この栽培も早いものでちょうど80日目を迎え、

気付けば真夏のような暑さを感じる季節になっていました。

 

栽培日数から見ても終盤戦に突入していてもおかしくありませんが、

この日もペットボトル菜園で育てている「五寸ニンジン」の様子を

見てみることにしました。

 

すると、一段と葉が大きくなり横に広がりを見せていました。

ペトさい(五寸ニンジン)27

 

近くに寄って見てみますと「五寸ニンジン」の葉がワサワサとしていて

一株あたりの葉数を数えるのが大変な状態になっていました。

 

とりあえず、「五寸ニンジン」の間引きの目安になることから

葉数を数えてみたところ、一株あたり6~7枚着いていました。

 

そして、ついでに株元付近の土を少し掘り返して

根の肥大具合を見てみたところ、目測で直径1(cm)ほどの根の肩

見ることができました。

 

「五寸ニンジン」の生育適温は20℃前後ですので、

ここ最近の気温と比べるとやや低いのですが、

汗ばむ陽気が連日続いていたことから急生長したのかもしれません。

 

梅雨入りしたとはいえ、今後も25℃を下回ることは考えにくく、

さらなる生長が予想されることから3回目の間引きを行いましょう。

 

★3回目の間引きのポイント★

・本葉の数は7~8枚になり、葉が込み合ってきた頃を目安に間引く。

・間引く際は生育の悪そうな芽を軽く摘まんでやさしく引き抜くこと。

・生育の良さそうな株を1株残して間引くこと。

ペトさい(五寸ニンジン)28

 

皆さん、3回目の間引きも無事に終わらせることができたでしょうか?

 

今回間引いた芽も間引き菜として利用することができますので、

ちょっとした料理に使ってみてはいかがでしょう。

 

今回の間引きはこれで終わりになるのですが、

根の肥大が始まっていることに加え、複数の芽を密集した状態で

育てていたことにより土の栄養素が不足した状態のため、

根の肥大を促進させる'草木灰'一摘みずつ追肥しておきましょう。

ペトさい(五寸ニンジン)29

 

こうすることで、根の肥大が進み立派な「五寸ニンジン」に育ちます。

 

「五寸ニンジン」の間引き作業は今回で最後となるのですが、

ここ最近の温度上昇により徒長しやすい状況にありますから、

水やりのコントロールをしながら本葉の色が黄色く変色してきた時には

'発酵油かす''草木灰'を一摘みずつ追肥するようにしましょう。

ペトさい(五寸ニンジン)30

 

最後に、五寸ニンジンの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

また、これから「五寸ニンジン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、草木灰と発酵油かすを一摘みずつ追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(五寸ニンジン)31

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★五寸ニンジンの栽培データ★

ペトさい(五寸ニンジン)04

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

こんにちは。

我が家の五寸人参も間引きして来ました。
ちょうど同じタイミングですね(^^)
我が家は2回目の間引きですが・・・(^_^;)
間引くタイミングって結構適当にしていましたが、
M.Ishiiさんの細かい説明を見て、あ~そうなんだ。。。と
改めて勉強になります。
私が適当すぎたから、人参がちゃんと生長しなかったのかもしれないと反省です(+o+)

No title

M.Ishiiさん こんにちはー♪

ニンジンの追肥には、発酵油粕し草木灰がいいんですね。
草木灰までは思いつかなかったです。
次のニンジン栽培の時には、試して見たいと思います。

ねいみゅさん、らうっちさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●ねいみゅさん
 
 先ほどブログを拝見させてもらいましたが、
 ねいみゅさんの五寸ニンジンは立派に育っていると思うので、
 あとは間引くことなく定期的に追肥してあげれば、
 収穫できるかと思いますよ(^o^)。
 
 
●らうっちさん
 はい。油かすはどの野菜にも共通して追肥として使いますが、
 今回のニンジンのように根菜類は肥大させなくてはならないため、
 草木灰を追肥してあげる必要があるんです。
 
 ぜひとも、次回のニンジン栽培の時に試してみてくださいね。

No title

毎回、思うのですがペットボトル栽培で
写り込む手つきを見てると野菜作りというよりも
まるで盆栽を手入れしているような丁寧な手つき
出来上がる野菜も上品な味になったりして。

No title

こんにちは(*^-^*)

水耕栽培ではやはり、根菜は難しい(そして、美味しそうに見えない w)ので、このやり方で育ててみたいです。そろそろ夏の種まき時期ですもんね♪

ところで。ベランダを掃除してたら、古いゴールデン培養土(一度使ったやつ)が出てきたんですが、M.Ishiiさんは再生使用のとき、専用のリサイクル剤を入れていらっしゃいますか?
再生したいのは少量なので、わざわざ買うのも何だなぁ…と。 r(^ω^*)))

プランター栽培は初心者同様ですので、今後もココでお勉強させて頂きますねー!

marupotetoさん、Naomiさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●marupotetoさん
 アハハ。各作業での手の写り込みなんですけど、
 撮影するときは結構不自然な体制で撮っているんですよ。
 
 なので、撮影時に人に見られるのは恥ずかしいんです(^^;。
 
 
●Naomiさん
 水耕栽培で根菜類を育てるのは限定されたものになってしまうと思うのですが、
 この時期に根菜類を育てるならニンジンがお勧めだと思います。
 
 で、ご質問のあった土の再生材の使用についてですが、
 以前は使用済みのゴールデン粒状培養土からゴミを取り除き、
 熱湯をかけて殺菌処理した後に乾燥させてから土の再生材を
 混ぜて再使用していました。
 
 最近は引越しした場所の関係で熱湯での殺菌処理ができないため、
 新しい土を使うようにしています。
 
 本当は再生処理したほうが経済的でいいんですけどね(^^;。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金