--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

05月
03
5/ 3 新たな「バイブル」になるかも?

[園芸本] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、水耕栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

以前旧ブログで、私が大事にしている一冊の園芸本をご紹介したのですが、

その本は私にとっては大事な園芸のバイブルなのです。

 

この本はプランター栽培を初めて間もない方には必読してほしい

「有機栽培でもOK!プランター菜園のすべて」という素晴らしい一冊。

新たな園芸本01

 

プランター栽培のいろはが分かりやすく解説されていて

プランター栽培の初心者でも理解できる内容となっており、

現在取り組んでいるペットボトル栽培の礎を築くことができたのは、

このバイブルのおかげと言っても過言ではありません。

 

園芸関係の書物は色々出ていますから読む方にあったものを選ぶのが

一番いい参考書になると思うのですが、

私は今でもこの本をいつでも見られるように傍に置いています。

 

私自身、このバイブル以外にも色々な本を読むことはあるのですが、

基本的に、図書館で借りて読むことが多くて、

内容的に私が求めているものでないと買うことはしません。

 

そんな中、つい先日久々にビビっとくる本を目にしました。

 

その本は水耕栽培の基礎知識や色々なお野菜の生長記録が見ていて楽しい

「水耕栽培だからかんたん!いつでもお部屋で!とれたて野菜」という一冊

新たな園芸本02

 

この本はいつもブログでお付き合いさせて頂いているミーママさん

書かれた一冊で、こちらのブログの告知で初めて知ったのです。

 

私は以前からペットボトル栽培のことでネットを使って調べる中で

'水耕栽培'というキーワードが必ず出てくることから

それ以来、水耕栽培に興味を持っていました。

 

なので、水耕栽培でペットボトル栽培をやろうと思った時期もありましたが、

やられている方が意外と多かったことから、

ネット上であまり深くは野菜を育てているのを見たことがない

土耕栽培に注力しようと思ったのが始めるキッカケの一つでした。

 

って、私のことはどうでもよいのですが、

その水耕栽培における野菜作りには大変興味があったのですが、

ブログからは野菜の生長する様子が分かっても

それまでの過程を知ることはなかなかできなかったので、

図書館で借りることなく買ってしまったのでした。

 

その本は注文して2日後の昨日に届いたのですが、

早速パラパラとページをめくりながら内容の雰囲気を確かめてみまして、

私が思っていた内容でただ今熟読しております。

 

なので、全部読み切ってからでないと感想を述べられないのですが、

印象としては私のペットボトル栽培にも応用が利きそうな部分が多く、

私が取り組むペットボトル栽培を色々な意味で

変えられそうな気持ちにさせてくれる本だと思いました。

 

実のところ、以前から本ブログ上で栽培レシピ(=ムック本)製作を

目標に色々な野菜を育てていることをお伝えしていますが、

この目標を実現させるために野菜作りの基本となる土づくりや

種蒔き作業を確立し、育てる野菜を選ぶ基準も明確化できそうな感覚を

持っていまして、この本を拝読して確固たるものになると感じています。

 

某ネットショッピングサイトのレビューで

完全に水だけを使った栽培ではないので水耕栽培とはいわないと

批判的なコメントが書かれていたのですが、確かに一理あると思いつつも、

水耕栽培の基本は忠実に実行されている事実もありますから、

そのあたりは読者の判断や解釈であり、私は素晴らしい本だと思っています。

 

もしかしたら、第二の園芸のバイブルになるかもしれませんね()

 

興味のある方は千円出してお釣りが返ってくるリーズナブルな価格なので、

ご購入されてみては如何でしょうか?

2014.05.03

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

素敵な本を見付けたようで♪
今度本屋さんで見かけたら目を通してみます。
自分に合ったバイブル本があるといいですね。
私も何か探してみま~す!

No title

M.Ishiiさん おはようございまーす♪

ミーママさんの本、買われたんですね♪
うちも予定にしてるんだけど、まだ手に入れてないです。
楽しみにしてるんですが・・・・
M.Ishiiさんのバイブル書になるかも?
自分にピッタリあった本に出会えることは少ないですから、いい出会いが出来て良かったですね。

No title

おはようございます

本をご購入頂き有難うございます♪
この本は2年前に書いた本のマイナーチェンジ、つまり内容は同じですが、単行本、サイズダウンの本です!
タイトルを変えた理由は知らされていませんが、校正者と編集者の判断と思われます

この批判は友人から聞きましたが、日本に導入された時の方法がほぼ水切りトレー栽培と同じ方法でしたし、この時の名称が水耕栽培だったそうです
歴史を紐解けば初めて考案したドイツの人や大々的に商業ベースに開発したアメリカの人の方法もほぼこの水切りトレーの水耕栽培です

考え方は人夫々でしょうが、私はM.Ishiiさんのおっしゃる通りと受け止めています
この本がお役に立てば本当に嬉しいです♪
これからも宜しくお願い致します

お兄さんさん、らうっちさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

●お兄さんさん
 そうですね。
 自分に合った本ってなかなか見つかるものではないので、
 今回購入した本は第二のバイブルとなりそうです。
 
 まだ全部読み切っていないんですけど、
 今後のペットボトル栽培を占う意味でいい刺激になりました。
 
 
●らうっちさん
 はい、ミーママさんの本ゲットしました(^o^)。
 
 おーぉ、らうっちさんも購入されるようなのでは、
 内容のほうはシークレットにするとして、
 ペットボトル栽培をいい意味で変えてくれるような気がしていて、
 第二のバイブルになりそうです。

ミーママさんへ

いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

いえいえ。
こちらこそ、記事の中で失礼な言葉を数々と並べてしまい
恐縮しております(^^;。

私も某園芸テキストの記事を書かさせて頂いたときに
好意的なコメントを頂く一方で批判的なコメントも頂いていました。

なので、私が意図して書いていることが読む側に伝えることは
100%できないと思ったんです。

逆に、100%同じ考えを持った方がいるほうがおかしいことであり、
批判を受けてさらに自分を成長させることができると思うので、
これからもそのスタンスを変えずに頑張っていきたいと考えます。

ミーママさんの文章力に圧倒されてしまい、栽培のスキルを含めて
私はまだまだ未熟だなぁと感じました(^o^)。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金