--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

05月
04
5/ 4 種蒔き作業手順の検証~俺は何をやってるんだよ~

[種蒔き] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、作業手順

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先月の中頃にペットボトル栽培における種蒔き作業について問題提起し、

これに基づいて一部の手順を見直しました。

 

一番の問題点となっていた発芽の問題について、

従来ではどの場合でも粒状野菜用培養土をそのまま使用していましたが、

粒状野菜用培養土の隙間ができることにより排水性と通気性に優れても、

種と土が密着しないことから発芽不良の原因になると考えました。

 

このことから種と土の密着性に着目し、粒状野菜用培養土を

粉末状にしたものを播種時の覆土として使用しました。

種蒔き作業手順の検証01

 

その結果、キレイに発芽が揃っているものがあれば

発芽が疎らなものもあり、粒状野菜用培養土を粉末状にしたことによる

効果はけしてあるとはいえない状況になりました。

種蒔き作業手順の検証02

 

このことから改めて再考察してみたところ、

発芽が揃っていた場合と疎らだった場合の違いは

覆土に問題があることに気付きました。

 

一つは覆土の厚さで、薄めに覆土した場合は発芽率がよく、

逆に厚く覆土した場合は殆ど発芽していなかったのです。

 

覆土を厚めにしたと言っても1(cm)程度であり、

ごく普通の厚さですから土の掛け過ぎという厚さではありません。

 

実のところ、覆土にはもう一つの問題点がありました。

 

それは土の質にありまして、元々粒状だった野菜用培養土は水を弾き、

ある程度水やりを重ねると水を吸収する性質があります。

 

この性質は粉末状にした場合も同様で、以下に示す写真をご覧の通り、

何度か水やりした後に1日放置した場合に粉末状の土が固まって層ができ

土面にひび割れしている箇所が見られるようになったのです。

種蒔き作業手順の検証03

 

おまけに、蒔いた種は全部で25箇所ある内一つしか発芽しませんでした。

 

即ち、土が固くなってしまったことにより

発芽できるはずの芽が土面に出ることができずに

発芽不良を引き起こしていたのです。

 

実際、種を蒔き直す際に土面に直径および深さ5(mm)ほどの穴を開け、

その穴に種を蒔いたところ数日で発芽してくれました。

 

従って、発芽率を向上させるために粒状野菜用培養土を粉末にしたのが

かえって逆効果をもたらす結果となってしまったのです。

 

しかしながら、発芽した芽はきちんと根を張っていましたので、

覆土する際の土の掛け方を改善すれば改善できると考えられます。

 

そこで、改めて種蒔き作業の手順を以下のように見直しました。

 

まず、種を蒔く前の下敷きになる部分には粉末状の培養土を

厚さ1(cm)程度掛けることで種と土を密着するようにします。

種蒔き作業手順の検証04

 

続いて、播種後の覆土では粉末状の培養土を使わず、

粒状野菜用培養土を厚さ1(cm)弱掛けるようにしました。

種蒔き作業手順の検証05

 

これにより、覆土した部分には再び土の隙間ができてしまいますが、

土が固まってしまうことはないため発芽しやすくなります。

 

また、粉末状の培養土を覆土しないことから

粒状野菜用培養土の利点である排水性と通気性を損なう恐れも軽減され、

植物の生育は向上するものと考えています。

 

ただ、これは理論上での話であり実際に試してみないと分かりません。

 

本ブログにおけるペットボトル栽培は栽培レシピを完成させるために、

様々な野菜をキレイな状態で育てた上で収穫しなくてはなりません。

 

このため、先日公開した'栽培計画表'に示すとおり、

一部の野菜については今季の栽培を一時中断し、

今秋以降への見送ることを決めました。

 

また、栽培レシピに追加する候補の野菜は以下に示す計12種類であり、

これらは種を蒔き直すか元々種を蒔く予定のもののいずれかになるため、

順次、改めて改善した方法で種を蒔いていきます。

【栽培レシピ追加候補の野菜】

べんり菜、ビタミン菜、わさび菜、青シソ、チャービル、

レジナ、ベランダきゅうり、内藤とうがらし、小かぶ・あやめ雪、

スナップえんどう、つるなしインゲン、黄花コスモス

 

上記の野菜は栽培レシピへの追加候補ですから、

これ以上の失敗は絶対に許されませんので培養土の覆土以外でも

細心の注意を払って取り組みたいと思います。

 

これに伴い、上記の野菜に関する記事はより分かりやすく追記するなど、

ブログ記事の再構成を図り、できるだけ早い時期に公開できるように

鋭意制作しておりますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

なんだか、今回のことで私自身が自分で色々な問題を作って

勝手にトラブっていることに情けなく感じてしまい、

バカ丸出しで本当にスミマセン(苦笑)

2014.05.04

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

ウチの発芽不良も覆土が超粉末状で水やりとともに硬くなってしまうせいかもしれません。ウチの場合メイン肥料が鶏糞なので、成分的に土が固くなりやすいと聞いたことがあります。もっと牛糞系や落ち葉系の土壌改良材を増やしていきたいと思っています。

旋次郎さんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

今回の検証は粒状野菜用培養土を粉末状した場合のことですので、
一般的な野菜用培養土では水やりをしたぐらいで
固くなることはないと思います。

ただ、以前庭の菜園で野菜を育てた時に、
石灰を入れすぎてしまった土に水をやったら固くなってしまい
水はけが悪くなったことがありました。

もしかすると、粒状野菜用培養土にも石灰が含まれている
可能性はあるかもしれませんね。

いずれにせよ、固くなった土はよく耕して腐葉土などを入れて
ふかふかの状態にしたほうがいいですね(^o^)。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金